ソフトバンクエアー 5g 2g。 2020年次世代通信5G実現はすぐそこ!ソフトバンクの取り組みを紹介 │ SoftBankAirメディア

PS4が速くなるのはどっち?ソフトバンクエアーの2Gと5G|ソフトバンクエアー丸わかりガイド

ソフトバンクエアー 5g 2g

ソフトバンクエアーを契約してWi-Fiに接続するときは、2つのSSIDのどちらかを選ぶようになっています。 それぞれのSSIDの末尾には、「2G」と「5G」という文字が表記されています。 どちらのSSIDを選んでも、利用するインターネット回線はソフトバンクエアーです。 しかし、「2G」と「5G」のそれぞれには長所と短所があり、インターネットを利用する場所によって使い分けが必要です。 そこで、ここではソフトバンクエアーの「2G」と「5G」の違いについて、わかりやすく解説します。 どちらのSSIDに接続すればいいのか悩んでいる人は、参考になるので読んでみてくださいね。 ソフトバンクエアーの2Gと5Gの違い6つを解説! スマホやタブレットをソフトバンクエアーに接続するときに、側面にあるシールを見るとSSIDが2つ書かれていることがわかります。 どちらのSSIDを利用しても、利用するインターネット回線はソフトバンクエアーであることに間違いありません。 しかし、 末尾に書かれている「2G」と「5G」は、それぞれ持っている性質が違います。 「2G」と「5G」のどちらを使うか判断するには、それぞれの性質を知る必要があります。 違いその1. 通信の規格が違う! 「2G」と「5G」はWi-Fiの電波の周波数を意味する数字で、正確には「2G」は「2. 4GHz」、「5G」は「5GHz」と表記します。 わかりやすく言えば、「2G」はWi-Fiの電波の中でも旧規格で、「5G」は新しい規格になっています。 これだけを読むと、ほとんどの人は「新しい規格の5Gを使ったほうがいいじゃん!」と思うのではないでしょうか? しかし、「2G」と「5G」にはそれぞれ長所と短所があり、単に新しい規格の「5G」を使えばいいわけではありません。 違いその2. 通信速度が違う! 現在の形状のソフトバンクエアーには「2」と「3」の2種類があり、最大の下り速度がそれぞれ違います。 ソフトバンクエアー 通信速度 種類 最大速度 ソフトバンクエアー2 下り261Mbps 上り7Mbps ソフトバンクエアー3 下り350Mbps 上り7Mbps どちらも、最大値と実際に出る速度は、ウェブサイトの閲覧からインターネット動画の視聴まで難なくこなせるものになっています。 しかし、 「2G」と「5G」では実際に出る通信速度が大きく違い、新しい規格である「5G」のほうが「2G」よりも速度が優れています。 ただ、「2G」は「5G」よりも速度が遅い代わりに、「5G」にはない長所を持っています。 違いその3. Wi-Fiの飛ばせる距離が違う 「2G」と「5G」は、Wi-Fiの電波を発信できる距離が違います。 「2G」は通信速度が遅い代わりにWi-Fiを発信できる距離が長くなっていて、「5G」は通信速度が速い代わりにWi-Fiを発信できる距離が短くなっています。 違いその4. 障害物への強さが違う ソフトバンクを始めとした携帯電話キャリアは、あらゆる周波数帯の電波を発信しています。 数値が大きい周波数帯は、通信速度が速い代わりに建物などの障害物に弱い特徴があります。 数値が小さい周波数帯は、通信速度遅い代わりに建物などの障害物に強い特徴があります。 これは、ソフトバンクエアーの「2G」と「5G」にも同じことが言えます。 「5G」は通信速度が速いですが、壁などの障害物には強くありません。 「2G」は通信速度が遅いですが、壁などの障害物があっても安定したWi-Fi接続が可能になっています。 ちなみに障害物は以下の記事で解説している通りソフトバンクエアーの電波が遅くなる原因になりやすいので、特に気をつけた方がいいですよ。 違いその5. 他の家電との相性が違う 「2G」はWi-Fiだけでなく、電子レンジをはじめとしたさまざまな家電で利用されている周波数帯です。 同じ周波数帯が飛んでいると、複数の電波が干渉して通信速度が遅くなるリスクがあります。 また、 マンションやアパートなどで利用すると、隣の部屋から発信されている電波の影響を受ける恐れもあります。 「5G」は、Wi-Fiルーターの他の製品では使われていない周波数帯なので、他の電波と干渉することがありません。 そのため、とても安定したWi-Fi接続ができるようになっています。 違いその6. 接続できるデバイスの種類が違う 「2G」はWi-Fiの中でも古い規格なので、古いモデルから新しいモデルまでの幅広いデバイスで利用することができます。 「5G」は新しい規格なので、ある程度新しいモデルのデバイスでなければ使うことができません。 インターネットを利用するデバイスが古いモデルのため、「2G」しか利用できないという事例は少なくありません。 実際にソフトバンクエアーを使っている人たちの感想は、以下の記事で詳しく紹介しています。 こちらも参考にしてみてください。 2Gと5Gを使い分ける方法を知ろう! 「2G」と「5G」はそれぞれ長所と短所があるので、 状況に合わせた使い分けをするとソフトバンクエアーをより快適に使うことができます。 それぞれを使い分ける方法を知っておくと、ソフトバンクエアーの通信速度が遅くなる問題を解消できることがあります。 2Gを使ったほうがいいとき2つ 「2G」は通信速度が遅い代わりに、Wi-Fiが飛ばせる距離が長いうえに障害物に強くなっています。 また、 古い規格なので、幅広いデバイスで利用可能です。 なので、「2G」はこんなときに使うといいでしょう。 ソフトバンクエアーから遠い場所でネットを使うとき 「2G」の強みは、ソフトバンクエアーから遠い場所でもWi-Fiが利用できることです。 「2G」はWi-Fiを発信できる距離が長く、壁などの障害物にも強いので、ソフトバンクエアーを設置しているところと別の部屋でWi-Fiを使うときに活用できます。 古いモデルのデバイスでネットを使うとき Wi-Fiに接続できるデバイスは、全てが「2G」と「5G」の両方を使えるわけではありません。 古いモデルのデバイスの中には、新しい規格である「5G」が使えないものがあります。 スマートフォンやパソコンで「5G」に接続できない場合は、「2G」にしか対応していない可能性があります。 なので、こんなときは「2G」に接続してインターネットを使いましょう。 5Gを使ったほうがいいとき3つ 「5G」は「2G」よりも通信速度が速いことがメリットです。 しかし、 「5G」の弱点となる場所で利用すると、本来の力を発揮してくれません。 「5G」の力をフルで発揮できる状況を覚えておきましょう。 とにかく高速でネットが使いたいとき 2Gと5Gは通信速度が違うといっても、そこまでたいして変わらないと思う人は多いのではないでしょうか? しかし、 実際にそれぞれの通信速度を計測してみると、違いがハッキリと見えてきます。 たとえば、ソフトバンクエアーで「5G」を利用すると、下り速度は90~100Mbps出ますが、 「2G」で利用すると、50Mbpsの下り速度になります。 これを見れば、2Gと5Gで通信速度がどれだけ違うのかが見えてきますね。 この結果から、通信速度を求めるなら5Gを使うべきだということがわかるでしょう。 電子レンジなどの家電が多い場所や、集合住宅でネットを使うとき 「2G」はWi-Fiルーターだけでなく、電子レンジをはじめとしたさまざまな家電で利用されています。 そのため、家電が多い場所で「2G」を利用すると、複数の電波が干渉して通信速度が遅くなってしまいます。 また、 マンションやアパートでは、他の部屋から発信されている電波と干渉することも考えられます。 「5G」はWi-Fiルーターでしか利用されていない規格なので、他の電波と干渉することがありません。 なので、電子レンジなどの家電が多い場所や、集合住宅では「5G」を使えば安定したインターネット通信ができるようになります。 ソフトバンクエアーから近い場所でネットを使うとき 「5G」はWi-Fiを発信できる距離が短く、障害物に弱い欠点があります。 しかし、 ソフトバンクエアーに近い場所にいるときは、「5G」が持つ本来の力が発揮され、とても速い通信速度がインターネットが利用できます。 なので、ソフトバンクエアーが設置されている部屋にいるときは、「5G」を使うといいでしょう。 これらを工夫しても電波がよくならない場合は他の原因が考えられます。 詳しくは以下の記事をご参照ください。 まとめ ソフトバンクエアーのSSIDに表記されている「2G」と「5G」は、Wi-Fiの電波の周波数帯を表しています。 数値が小さい周波数帯「2G」は通信速度こそ遅いですが、Wi-Fiを発信できる距離が長いうえに障害物に強いメリットがあります。 数値が大きい周波数帯「5G」は通信速度が速いですが、Wi-Fiを発信できる距離が短く、障害物に弱くなっています。 なので、インターネットを利用する場所にあわせて「2G」と「5G」を使い分けるといいでしょう。 他にもソフトバンクエアーについては以下の記事がございます。 興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

次の

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)って5Gに対応している?非対応でも大丈夫なの?

ソフトバンクエアー 5g 2g

ソフトバンクエアーを契約してWi-Fiに接続するときは、2つのSSIDのどちらかを選ぶようになっています。 それぞれのSSIDの末尾には、「2G」と「5G」という文字が表記されています。 どちらのSSIDを選んでも、利用するインターネット回線はソフトバンクエアーです。 しかし、「2G」と「5G」のそれぞれには長所と短所があり、インターネットを利用する場所によって使い分けが必要です。 そこで、ここではソフトバンクエアーの「2G」と「5G」の違いについて、わかりやすく解説します。 どちらのSSIDに接続すればいいのか悩んでいる人は、参考になるので読んでみてくださいね。 ソフトバンクエアーの2Gと5Gの違い6つを解説! スマホやタブレットをソフトバンクエアーに接続するときに、側面にあるシールを見るとSSIDが2つ書かれていることがわかります。 どちらのSSIDを利用しても、利用するインターネット回線はソフトバンクエアーであることに間違いありません。 しかし、 末尾に書かれている「2G」と「5G」は、それぞれ持っている性質が違います。 「2G」と「5G」のどちらを使うか判断するには、それぞれの性質を知る必要があります。 違いその1. 通信の規格が違う! 「2G」と「5G」はWi-Fiの電波の周波数を意味する数字で、正確には「2G」は「2. 4GHz」、「5G」は「5GHz」と表記します。 わかりやすく言えば、「2G」はWi-Fiの電波の中でも旧規格で、「5G」は新しい規格になっています。 これだけを読むと、ほとんどの人は「新しい規格の5Gを使ったほうがいいじゃん!」と思うのではないでしょうか? しかし、「2G」と「5G」にはそれぞれ長所と短所があり、単に新しい規格の「5G」を使えばいいわけではありません。 違いその2. 通信速度が違う! 現在の形状のソフトバンクエアーには「2」と「3」の2種類があり、最大の下り速度がそれぞれ違います。 ソフトバンクエアー 通信速度 種類 最大速度 ソフトバンクエアー2 下り261Mbps 上り7Mbps ソフトバンクエアー3 下り350Mbps 上り7Mbps どちらも、最大値と実際に出る速度は、ウェブサイトの閲覧からインターネット動画の視聴まで難なくこなせるものになっています。 しかし、 「2G」と「5G」では実際に出る通信速度が大きく違い、新しい規格である「5G」のほうが「2G」よりも速度が優れています。 ただ、「2G」は「5G」よりも速度が遅い代わりに、「5G」にはない長所を持っています。 違いその3. Wi-Fiの飛ばせる距離が違う 「2G」と「5G」は、Wi-Fiの電波を発信できる距離が違います。 「2G」は通信速度が遅い代わりにWi-Fiを発信できる距離が長くなっていて、「5G」は通信速度が速い代わりにWi-Fiを発信できる距離が短くなっています。 違いその4. 障害物への強さが違う ソフトバンクを始めとした携帯電話キャリアは、あらゆる周波数帯の電波を発信しています。 数値が大きい周波数帯は、通信速度が速い代わりに建物などの障害物に弱い特徴があります。 数値が小さい周波数帯は、通信速度遅い代わりに建物などの障害物に強い特徴があります。 これは、ソフトバンクエアーの「2G」と「5G」にも同じことが言えます。 「5G」は通信速度が速いですが、壁などの障害物には強くありません。 「2G」は通信速度が遅いですが、壁などの障害物があっても安定したWi-Fi接続が可能になっています。 ちなみに障害物は以下の記事で解説している通りソフトバンクエアーの電波が遅くなる原因になりやすいので、特に気をつけた方がいいですよ。 違いその5. 他の家電との相性が違う 「2G」はWi-Fiだけでなく、電子レンジをはじめとしたさまざまな家電で利用されている周波数帯です。 同じ周波数帯が飛んでいると、複数の電波が干渉して通信速度が遅くなるリスクがあります。 また、 マンションやアパートなどで利用すると、隣の部屋から発信されている電波の影響を受ける恐れもあります。 「5G」は、Wi-Fiルーターの他の製品では使われていない周波数帯なので、他の電波と干渉することがありません。 そのため、とても安定したWi-Fi接続ができるようになっています。 違いその6. 接続できるデバイスの種類が違う 「2G」はWi-Fiの中でも古い規格なので、古いモデルから新しいモデルまでの幅広いデバイスで利用することができます。 「5G」は新しい規格なので、ある程度新しいモデルのデバイスでなければ使うことができません。 インターネットを利用するデバイスが古いモデルのため、「2G」しか利用できないという事例は少なくありません。 実際にソフトバンクエアーを使っている人たちの感想は、以下の記事で詳しく紹介しています。 こちらも参考にしてみてください。 2Gと5Gを使い分ける方法を知ろう! 「2G」と「5G」はそれぞれ長所と短所があるので、 状況に合わせた使い分けをするとソフトバンクエアーをより快適に使うことができます。 それぞれを使い分ける方法を知っておくと、ソフトバンクエアーの通信速度が遅くなる問題を解消できることがあります。 2Gを使ったほうがいいとき2つ 「2G」は通信速度が遅い代わりに、Wi-Fiが飛ばせる距離が長いうえに障害物に強くなっています。 また、 古い規格なので、幅広いデバイスで利用可能です。 なので、「2G」はこんなときに使うといいでしょう。 ソフトバンクエアーから遠い場所でネットを使うとき 「2G」の強みは、ソフトバンクエアーから遠い場所でもWi-Fiが利用できることです。 「2G」はWi-Fiを発信できる距離が長く、壁などの障害物にも強いので、ソフトバンクエアーを設置しているところと別の部屋でWi-Fiを使うときに活用できます。 古いモデルのデバイスでネットを使うとき Wi-Fiに接続できるデバイスは、全てが「2G」と「5G」の両方を使えるわけではありません。 古いモデルのデバイスの中には、新しい規格である「5G」が使えないものがあります。 スマートフォンやパソコンで「5G」に接続できない場合は、「2G」にしか対応していない可能性があります。 なので、こんなときは「2G」に接続してインターネットを使いましょう。 5Gを使ったほうがいいとき3つ 「5G」は「2G」よりも通信速度が速いことがメリットです。 しかし、 「5G」の弱点となる場所で利用すると、本来の力を発揮してくれません。 「5G」の力をフルで発揮できる状況を覚えておきましょう。 とにかく高速でネットが使いたいとき 2Gと5Gは通信速度が違うといっても、そこまでたいして変わらないと思う人は多いのではないでしょうか? しかし、 実際にそれぞれの通信速度を計測してみると、違いがハッキリと見えてきます。 たとえば、ソフトバンクエアーで「5G」を利用すると、下り速度は90~100Mbps出ますが、 「2G」で利用すると、50Mbpsの下り速度になります。 これを見れば、2Gと5Gで通信速度がどれだけ違うのかが見えてきますね。 この結果から、通信速度を求めるなら5Gを使うべきだということがわかるでしょう。 電子レンジなどの家電が多い場所や、集合住宅でネットを使うとき 「2G」はWi-Fiルーターだけでなく、電子レンジをはじめとしたさまざまな家電で利用されています。 そのため、家電が多い場所で「2G」を利用すると、複数の電波が干渉して通信速度が遅くなってしまいます。 また、 マンションやアパートでは、他の部屋から発信されている電波と干渉することも考えられます。 「5G」はWi-Fiルーターでしか利用されていない規格なので、他の電波と干渉することがありません。 なので、電子レンジなどの家電が多い場所や、集合住宅では「5G」を使えば安定したインターネット通信ができるようになります。 ソフトバンクエアーから近い場所でネットを使うとき 「5G」はWi-Fiを発信できる距離が短く、障害物に弱い欠点があります。 しかし、 ソフトバンクエアーに近い場所にいるときは、「5G」が持つ本来の力が発揮され、とても速い通信速度がインターネットが利用できます。 なので、ソフトバンクエアーが設置されている部屋にいるときは、「5G」を使うといいでしょう。 これらを工夫しても電波がよくならない場合は他の原因が考えられます。 詳しくは以下の記事をご参照ください。 まとめ ソフトバンクエアーのSSIDに表記されている「2G」と「5G」は、Wi-Fiの電波の周波数帯を表しています。 数値が小さい周波数帯「2G」は通信速度こそ遅いですが、Wi-Fiを発信できる距離が長いうえに障害物に強いメリットがあります。 数値が大きい周波数帯「5G」は通信速度が速いですが、Wi-Fiを発信できる距離が短く、障害物に弱くなっています。 なので、インターネットを利用する場所にあわせて「2G」と「5G」を使い分けるといいでしょう。 他にもソフトバンクエアーについては以下の記事がございます。 興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

次の

【ソフトバンクエアーが遅い】5つの原因と対処法10選を徹底紹介!

ソフトバンクエアー 5g 2g

5G(ファイブ・ジー)とは5th Generation(第5世代)のことで、「第5世代移動通信システム」の略称です。 私たちが今スマートフォンやタブレットなどで利用しているのは「4G」で、第四世代移動通信システム。 5Gは、4Gの次の世代の通信規格ということになります。 この通信規格は、世界的に基準が定められ、ITU(国際電気通信連合)で導入方法を検証・決定しています。 日本では、総務省を中心に大手通信事業者(NTT・ソフトバンク・KDDI)や有意識者などが中心となっているのです。 5Gでは利用可能な電波(周波数帯)を増加し、2020年頃を目途に本格始動を目指しています。 5G通信速度の目安 1G 2G 3G 4G 5G 一番の違いは通信速度。 世代交代をするにあたり、いかに進化を遂げてきたか、上記の例をみるとわかるでしょう。 5Gでは、1Gbps~50Gbpsの速度が実現することが予想されています。 VR・AR・MR VR AR MR 仮想現実 拡張現実 現実と仮想現実の融合 VRは、聞いたことがある方も多いかもしれませんが、AR・MRは聞きなれない言葉ですよね。 これらの技術で、5Gの高速・大容量・低遅延を活かし、商品開発や科学研究・医療など、通信業界に縛られず幅広い分野での活躍が期待されています。 こちらに関しては、ちょっと想像しがたい未来図になりそうです。 ドローン活用 5Gの多接続と低遅延によって、コントロールが可能な台数や範囲が拡大し、宅配サービスをはじめとする物流への活用が期待できます。 ドローンの活用に関しても、Amazonなどの企業で実験的に行われているニュースを見ますよね。 どのような形で実用化するのか、楽しみですね。 自動運転 5Gでの信頼度の高さ、低遅延の実現により、超高速通信で、リアルタイムで車を制御できる技術も。 これにより、隊列走行や完全自動運転の実現が期待されています。 自動運転に関しては、ANAが羽田空港で自動運転バスを導入実証実験を行ったことなどで、先日ニュースになっていました。 来年には自動運転の車に乗る未来が待っているのかと思うと、わくわくしますね。 商品管理(IoT) 5Gの多接続により、ショップに陳列されている商品の在庫状況をリアルタイムで把握できるようになります。 更には、注文が入ってから自動発送を行うことも。 従来のアンテナ本数(FD-LTE・・・2本/TD-LTE・・・4本or8本)よりも大幅に増量した、最大128本の圧倒的なアンテナ本数を持ちます。 大量のアンテナとビームフォーミングなどの技術を活用し、ひとりひとりに専用の電波を割り当てることができるので、通信速度が遅くなりがちな駅や繁華街でも、ストレスフリーな通信速度を実現できます。 それにより、基地局同士が連携するように。 多重空間を、複数の通信路を基地局が協調しながら実現します。 これによって、複数の基地局からの電波を利用できるだけでなく、電波干渉による低速化を防止することができます。 身近にある、全ての「モノ」が通信する基地局からコアネットワークを経由でインターネットに繋がり、全国のソフトバンクの通信エリアで展開可能に。 低コストであり、尚かつ低消費電力でネットワークに繋がることができ、前述してきた自動運転や物流に限った話ではなく、無限の可能性が期待できます。 2020年東京オリンピックは5Gで 2020年の東京オリンピックを目途に、ソフトバンクに限らず、国を挙げて5Gの通信インフラ整備を推し進めています。 5Gの通信速度は、現在のLTEの約10倍の速度になることが見込まれています。 速さはもちろんのこと、大容量化・低コスト・低消費電力・人手不足解消・多数端末接続対応など、幅広いネットワークシステムが見込まれる5G。 2020年代は、通信量は現在の1000倍以上に増大することも予測されているようで、ますます5Gに期待がかかります。 ソフトバンクエアーも5Gで高速に・・・? Softbankのワイヤレス置き型WiFiのソフトバンクエアー。 Softbankの携帯電話の電波を拾ってWiFi環境を整えるものです。 もちろん、2020年にソフトバンクの通信規格が5Gになれば、ソフトバンクエアーでも5Gに対応したWiFiルーターが登場するかもしれません。 Softbankの5Gプロジェクト、ますます楽しみですね。

次の