エクセル アクセス 権 を 付与。 特殊なアクセス許可を設定、表示、変更、または削除する

Windowsファイルサーバーにおけるアクセス権の設定

エクセル アクセス 権 を 付与

ファイルアクセス権のエラーのため保存できません 現象 Wordで文書を作成し、新規保存をしようとすると「ファイルアクセス権のエラーのため保存できません」というエラーメッセージが表示されることがあります。 また、既存の文書に変更を加えて、上書き保存をしようとすると同じエラーメッセージが表示される場合もあります。 どちらも保存ができない状態になってしまうため、最新の情報が反映された内容ではWord文書を閉じることが出来なくなってしまいます。 原因 エラーメッセージが表示される原因には、以下のような可能性が挙げられています。 パソコンの空き容量不足。 Word文書を複数立ち上げていたり、その他のMicrosoft Windowsのプログラムを同時に多数立ち上げていると、ディスクの空き領域が大幅に使われてしまいます。 その結果、保存する領域が無くなってしまいエラーメッセージが表示されることがあります。 最近のパソコンは大容量で容量が不足することなんて無いと思われるかもしれませんが、動画や音楽、画像ファイルも、時代とともに、1ファイルあたりの容量が増えています。 いつの間にか空き容量が無くなっていたということもありえます。 保存先の空き容量不足。 1 と似ていますが、Word文書の保存先に選んだ、例えばUSBなどのハードディスクにの空き領域が無かった場合に、エラーメッセージが表示されることがあります。 ウイルス対策ソフトとの相性。 お使いのパソコンにウイルス対策ソフトウェアをインストールしていて、常駐サービスが実行中の場合、ファイル保存時にエラーメッセージが表示されることがあります。 対処法 エラーメッセージが表示されてしまった場合、以下のような手順を行った後、もう一度保存を行うことで解決できることがあります。 保存しようとしているWord文書以外に立ち上げている、別のWord文書を全て一旦閉じます。 同時に立ち上げている他のMicrosoft Windowsのプログラムを全て一旦閉じます。 Word文書の保存先に選んでいるUSBなどのハードディスクの中にある、不要なファイルを削除または一時的に別の場所へ移し、空き領域を作ります。 Word文書の保存先を、最初に指定していた場所から別の場所へ変更します。 ウイルス対策ソフトウェアを一時的に終了します。 やや詳しくまとめています• 最近のエントリ• 人気ページ• 168267 views• 97505 views• 79060 views• 70580 views• 63312 views• 41660 views• 37381 views• 36709 views• 33326 views• 31269 views• 27414 views• 23166 views• 19750 views• 18179 views• 18046 views カテゴリ• 117• 206• 25 月別記事•

次の

特殊なアクセス許可を設定、表示、変更、または削除する

エクセル アクセス 権 を 付与

症状 Windows の フォルダ NTFS アクセス権に管理者 administrator が無いため、 フォルダにアクセスできない。 また、 アクセス権の変更 administratorの追加 もできない。 具体的には、まずアクセスしようとダブルクリックすると「 このフォルダーにアクセスする許可がありません。 [続行]をクリックすると、このフォルダーへの永続的なアクセスを取得します。 」と表示される。 『続行』ボタンを押すと、「 このフォルダーへアクセスするアクセス許可が拒否されています。 このフォルダーへのアクセスを取得するには セキュリティ タブ を使用する必要があります。 」と表示される。 対策 フォルダの所有者を変更する Windows NTFS ファイルシステム では administrator 等の 管理者ユーザではフォルダやファイルの 所有者の変更ができます。 フォルダやファイルの所有者には、そのフォルダもしくはファイルのアクセス権変更を自由に行える権限が与えられます。 つまり、実質フルコントロールの権限も与えられます。 『 このオブジェクトのアクセス許可の設定を表示または編集するアクセス許可がありません』と表示されてたり、『 このオブジェクトのプロパティを表示するには、読み取りアクセス許可が必要です』と表示されるケースにもこれで対応可能です。 対策詳細手順 1. 該当フォルダもしくはファイルを右クリックし、『プロパティ』をクリックします。 『セキュリティタブ』をクリックし、下部の『詳細設定』をクリックします。 『所有者』の『現在の所有者を表示できません。 』の横にある『変更』をクリックします。 (所有者が表示されているケースもあります。

次の

Office 365 MacのExcelで、「アクセス権の付与」と出てファイルが開けない

エクセル アクセス 権 を 付与

これもそこそこの頻度で使うことになるのですが、その度に忘れてネットを検索したりするのでメモ。 よくあるのは、移動ユーザープロファイルを使っている環境で削除したユーザーのプロファイルを消すときとかかな。 (というか、GPOで「Administrators セキュリティグループを移動ユーザープロファイルに追加する」とかを最初から設定しておけば…) 対象フォルダの所有者でもなくアクセス権もないので、エクスプローラだとどうにもならない(不可能ではないけど操作が非常に煩雑で手間がかかる)。 そのため、コマンドプロンプトを使う。 V2"フォルダに対して"Administrator"ユーザーでフルコントールできるようにする。 まずは所有権を変更する。 管理者としてコマンドプロンプト(またはPower Shell)を起動し、以下のコマンドを実行。 1020@管理人 都内を彷徨っているインフラエンジニアとかいう雑用係。 いつだって眠い…。 とりあえず目の前の支払いを優先したい。 カテゴリーリスト• リンク集• uramiraikan. net.

次の