千葉 商科 大学 マイ ページ。 千葉商科大学のレベルとは?

千葉商科大学

千葉 商科 大学 マイ ページ

Q 観覧ありがとうございます。 商業高校から進学を考える高3です。 そろそろ受験校を決めなければいけません。 2校まで絞ったんですが 千葉商科大学(商経学部商学科)と東海大学(政治経済学部経営学科)なんですけど、お互い長所と短所があり迷います。 私は将来、税理士になりたいのですが、税理士になるなら一年次からの 資格取得の特別講座を受けられる千葉商科大学で他にも大学内に日商簿記検定・ 税理士試験の合格を目指す瑞穂会があり資格取得サポートが充実しており 簿記の全国大会で優勝した実績もあります。 キャンパス全域無線LANでネットワーク環境もよく設備も良いほうです。 学費も安く、近くのアパートも安く経済的にも助かります。 しかし、チャラそうとか学生の質が低そうなど嫌なイメージがあり 実際ギャル男などが他の大学と比べて多くて世間の評価は低いです。 東海大学は資格取得のサポートは千葉商科よりは充実してませんが、就職サポートは充実してます。 学部も多いですし、設備が良く(湘南)キャンパスがかなり広くて運動場の設備もかなり良いですし、部活も強いです。 大学に入ったらソフトテニスの部活に入部しようと考えているの環境はとても良いです。 オープンキャンパスに行きキャンパスが気に入り入学したいと思いました。 でも、学費が高くて、専門学校にも通わないといけないので、経済的に厳しいです。 将来の夢を考えて、千葉商科大学にするか、部活や設備の良さを選んで、東海大学にするかどちらにするか、迷ってます。 皆さんならどちらにしますか? 是非!参考にしたいので、回答お願いします。 観覧ありがとうございます。 商業高校から進学を考える高3です。 そろそろ受験校を決めなければいけません。 2校まで絞ったんですが 千葉商科大学(商経学部商学科)と東海大学(政治経済学部経営学科)なんですけど、お互い長所と短所があり迷います。 私は将来、税理士になりたいのですが、税理士になるなら一年次からの 資格取得の特別講座を受けられる千葉商科大学で他にも大学内に日商簿記検定・ 税理士試験の合格を目指す瑞穂会があり資格取得サポートが充実しており 簿記の全国大会で優勝した実... A ベストアンサー 千葉商科大学は、学長の加藤寛先生が有名です。 また、経済・商学系を勉強するのであれば千葉商科大学は、講義が充実していると思います。 また、インターンシップ 就業体験 などのプログラムや資格取得講座など1年次という早い段階からキャリア支援をサポートしているようです。 cuc. cuc. html 明海大学では、共通ベースプログラムというものがあるみたいですね。 千葉商科大学同様に、インターンシップ 就業体験 や資格取得などもできるようです。 明海大学では、副専攻・キャリアアッププログラムなどもあるようなので、他学部の講義なども受講することが可能です。 meikai. meikai. meikai. meikai. html 千葉商科大学・明海大学ともに学生への支援などが充実しているようです。 学費やカリキュラムなどを入試パンフなどで、確認して見たりすることも必要かと思います。 教員免許などの取得も考えているのであれば教職課程を履修する必要があるので、どの教員免許がどの学部学科 コース で取得できるかというのも重要です。 あとは、4年間通うキャンパスなので、自分で勉強したい内容や興味・関心などで決めて見るとよいでしょう。 cgi? cgi? また、経済・商学系を勉強するのであれば千葉商科大学は、講義が充実していると思います。 また、インターンシップ 就業体験 などのプログラムや資格取得講座など1年次という早い段階からキャリア支援をサポートしているようです。 文部科学省の現代的教育ニーズ取り組み支援プログラムや特色ある大学教育支援プログラムなどを採択されていたりもする大学なので、学生への支援などしっかりしているのではないでしょうか? ・『千葉商科大学資格検定情報/教職... と考えると、前期で受けて(落ちた)どの学科より低いレベルを 志望しなくては結果がでないのでは・・・・ どなたか教えてください A ベストアンサー 何年か前の受験生です。 私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、 私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、 後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど 前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、 第一志望での再チャレンジ組もいるしで 受験生が集中する傾向にある上、 募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。 そうなると必然的に合格ラインが高くなるので 合格は難しくなる、ということでした。 (結局、ここには前期で合格しましたが) センター試験利用に関しては、 前期で利用する場合、何でこれだけ取れてるのに国立行かないの? と思うような点数を取る人達が利用していたので うちの場合は後期のセンターは更に厳しいでしょう。 合格ラインが上がるのは一般受験と同じ。 質問者さんは日大の後期受験を悩んでおられるようですが 赤本等に後期試験の問題も載っていませんか? 載っていたらその問題を見てみて、 前期試験の傾向と難易度が大きく変わらなければ受けてみる価値はあるように思います。 もちろん、他の回答者の方も仰っているように 前期試験より多少合格は難しくなると思われますが、 第一志望であれば最後まで粘りぬくのも合格への道ではないかと思います。 また、前期試験が終わってから後期試験を視野に入れて休まず勉強を続けて来たのであれば、 前期よりは実力も上がっているのではないでしょうか。 逆に、浪人は出来ない、どうしても現役で入りたい、というのであれば ランクを落とすのがベターかと思いますが…。 HP等に受験の倍率等は出てませんか?時々倍率(募集人数と受験者)が載っている大学もありますよ。 あくまで目安程度ですが、それも参考になります。 ただ、どう机上で計算してみても受験なんて実際に受けてみなければ結果は分かりませんから、 後期日程が重ならなければ他大学も受けてみることや(受験料は余分にかかりますが)、 受験後の予定(浪人が可能か、絶対浪人は回避しなければならないか) も視野に入れて考える必要があるでしょう。 つらつらと書いてきましたが、私は日大は受けたことがないので、 あくまで参考程度に。 一番精神的にも体力的にも辛い時期かとは思いますが 頑張って乗り越えて下さいね。 何年か前の受験生です。 私が受験生の時に予備校の先生に言われたのは、 私の志望校の場合(ある程度名の知れた私立です)、 後期の問題の難易度が桁違いに上がる、という事は少ないのだけれど 前期試験で失敗した人達が他大学からも流れて来るし、 第一志望での再チャレンジ組もいるしで 受験生が集中する傾向にある上、 募集人数は前期よりも少ない訳だから当然倍率が上がる。 そうなると必然的に合格ラインが高くなるので 合格は難しくなる、ということでした。 (結局、ここには前期で合格しまし...

次の

千葉商科大学

千葉 商科 大学 マイ ページ

[画像のクリックで拡大表示] 千葉商科大学は2月27日、2017年度に表明した環境目標のうち、2018年度の1年間(2018年2月度~2019年1月度)の電力における再生可能エネルギー率101. 0%を達成したと発表した。 CAN-Japanが運営する「自然エネルギー100%プラットフォーム」から国内大学として初めて認定を受けた。 同大学では、千葉県野田市の大学所有地にメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設し、2014年4月から東京電力に売電する太陽光発電事業を行っている。 約4万6781m 2の敷地に太陽光パネル1万1642枚を設置した。 太陽光パネルの出力は約2. 88MW、連系出力は1. 99MW。 パネルはシャープエネルギーソリューション製、パワーコンディショナー(PCS)は富士電機製を採用した。 EPC(設計・調達・施工)サービスはシャープエネルギーソリューションが担当した。 大学内に地域エネルギー事業者CUCエネルギーを設立し、メガソーラーの管理運営やキャンパス照明にLEDを採用した。 ソフトウエア面ではEMS(エネルギー管理システム)を導入し学内のエネルギーを可視化した。 さらに、大学とともに再エネ100%を目指す学生団体を発足し、節電パトロールや打ち水イベントなどを企画・実施した。 これらの取り組みにより、直近1年間の消費電力の365万1482kWhに対し、発電量が369万1568kWhと上回った。 なお、メガソーラーで発電した電力をキャンパスに直接供給するのではなく、需要から売買分を相殺した形での100%達成となる。 今後は、2020年度目標として、メガソーラーの発電量とキャンパス内のガスを含むすべてのエネルギー消費が同量になる、日本初の「自然エネルギー100%大学」を目指す。 校舎屋上の太陽光パネル増設による自家発電、キャンパス内のソーラーシェアリング実験などを開始するとしている。

次の

求人公募情報検索 : 研究者人材データベース JREC

千葉 商科 大学 マイ ページ

[画像のクリックで拡大表示] 千葉商科大学は2月27日、2017年度に表明した環境目標のうち、2018年度の1年間(2018年2月度~2019年1月度)の電力における再生可能エネルギー率101. 0%を達成したと発表した。 CAN-Japanが運営する「自然エネルギー100%プラットフォーム」から国内大学として初めて認定を受けた。 同大学では、千葉県野田市の大学所有地にメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設し、2014年4月から東京電力に売電する太陽光発電事業を行っている。 約4万6781m 2の敷地に太陽光パネル1万1642枚を設置した。 太陽光パネルの出力は約2. 88MW、連系出力は1. 99MW。 パネルはシャープエネルギーソリューション製、パワーコンディショナー(PCS)は富士電機製を採用した。 EPC(設計・調達・施工)サービスはシャープエネルギーソリューションが担当した。 大学内に地域エネルギー事業者CUCエネルギーを設立し、メガソーラーの管理運営やキャンパス照明にLEDを採用した。 ソフトウエア面ではEMS(エネルギー管理システム)を導入し学内のエネルギーを可視化した。 さらに、大学とともに再エネ100%を目指す学生団体を発足し、節電パトロールや打ち水イベントなどを企画・実施した。 これらの取り組みにより、直近1年間の消費電力の365万1482kWhに対し、発電量が369万1568kWhと上回った。 なお、メガソーラーで発電した電力をキャンパスに直接供給するのではなく、需要から売買分を相殺した形での100%達成となる。 今後は、2020年度目標として、メガソーラーの発電量とキャンパス内のガスを含むすべてのエネルギー消費が同量になる、日本初の「自然エネルギー100%大学」を目指す。 校舎屋上の太陽光パネル増設による自家発電、キャンパス内のソーラーシェアリング実験などを開始するとしている。

次の