鬼滅の刃こくしぼう。 黒死牟(こくしぼう)の正体や過去が衝撃!本名や鬼になった理由も判明!

鬼滅の刃の十二鬼月の名前一覧

鬼滅の刃こくしぼう

長男といえど実際は「双子」として生まれており「継国縁壱 つぎくに よりいち 」という弟もいます。 当時の考え方として、跡目争いの原因になることから双子は嫌われる傾向にあり、「縁壱」には生まれながらにして謎の痣があり、その痣を持つ「縁壱」を父は不気味に思ったことから、生まれたあとすぐ殺そうと考えました。 これに怒り、阻止したのが母で、10歳になったら出家することを条件に「縁壱」を父から守ったのです。 10歳になるまで二人の生活環境は大きく差をつけられました。 長男であった「巌勝」は家を継ぐため、また本人にも優れた才覚があったため、非常に恵まれ環境に育てられました。 反対に「縁壱」は常に母の傍におり親離れができておらず、7歳になるまで喋らなかったため耳が聞こえないと思われるなど、侍として生きていく資質はないと考えられ育っていました。 Sponsored Link 【弟への嫉妬】 「巌勝」は長男として、継国家を継ぐ者としての自覚を持ち成長していきました。 そしていつまでも母の傍にいる「縁壱」のことを可哀想だと憐れんでおり、その感情から「巌勝」はこっそりと「縁壱」の部屋へ行き手作りの笛をプレゼントしました。 しかしそれでも「縁壱」がほほ笑むことはありませんでした。 7歳になった頃、「巌勝」が庭で素振りをしていると、気配もなく「縁壱」が松の木の陰に立っていることに気が付きます。 『兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか?』 今まで一度も話したことのなかった「縁壱」が突然話し始め、そして初めて笑顔を見せました。 「巌勝」は、握っていた木刀が手から零れ落ちるほど驚き、同時に「縁壱」のことを不気味に思うようになりました。 その日以来、「巌勝」の稽古の現場に「縁壱」が現れるようになり、それを見た父の部下が竹刀を持たせてみることにしました。 その後、簡単に握り方や構えを教え、打ち込んでみろと父の部下が「縁壱」に言うと、「縁壱」は瞬く間に4発打ち込み、失神させてしまったのです。 「縁壱」はその打ち込んだ時の感覚が不快で、二度と侍になりたいと言わなくなりました。 しかし剣の才能を目の当たりにした「巌勝」は、強さの理由を教えてくれと問いただし、「縁壱」には生き物の身体が透けて見える特別な視覚を持っているということを知ります。 不気味な痣と特別な視覚、そして剣士として優れた身体能力、「巌勝」は今まで憐れんでいた者が自分より優れた才能を持つ者だと気付き、「縁壱」に強い嫉妬心を抱き始めるのです。 「巌勝」が鬼となっても厳格である理由は侍の家の長男として生まれたことに起因します。 上下関係、従属関係を重んじ、上弦の鬼が集結した際には、上弦の参である猗窩座の腕を斬り落とし戒める場面があり、その厳格さを特徴づけています。 【弟への憎悪】 優れた才能を持つ「縁壱」の存在を、部下は父に報告しないハズがありません。 そうなれば「巌勝」と「縁壱」の立場は逆転し、「縁壱」が家を継ぎ、自分は寺へ追いやられると、その夜、布団の中で「巌勝」は考えました。 そこへ「縁壱」がやってきて、母が死んだことと今から家を出て寺に行くことを告げます。 『いただいたこの笛を兄上だと思い、どれだけ離れていても挫けず、日々精進致します』 「巌勝」が贈った笛を見せ、「縁壱」はほほ笑みながら別れの挨拶をしました。 その後、「巌勝」は母の日記から、「縁壱」の真意を知ることになります。 常に母の傍にいたのは、病気により身体が不自由になった母を支えるためであったこと。 そして「縁壱」は自分が家を継がされることに気が付き、予定より早く自身の判断で寺へ向かうことにしたのです。 この真意に辿り着いた「巌勝」は、嫉妬で全身が灼けつく音を聞き、「縁壱」に対して心の底から憎悪を抱くようになります。 Sponsored Link 【鬼舞辻無惨との出会い】 父は「縁壱」を連れ戻すため寺に使いを出しますが、なんと「縁壱」は寺にはおらず、消息を絶っていました。 10年余りの月日が経ち「巌勝」は家族ができ、侍として平穏な日々を続けていました。 しかし「巌勝」が仲間と野営しているところを鬼に襲われ、その危機的状況を救ったのが、鬼狩りとなった「縁壱」でした。 また更に剣の腕を上げた姿を見て驚く「巌勝」でしたが、「縁壱」は救援が間に合わず仲間が死んでしまったことを深く詫びます。 剣技を極めているにも関わらず、驕ることのない「縁壱」は、非の打ちどころのない人格者になっていたのです。 自分を超えた存在である「縁壱」に再会した「巌勝」は、子供の頃と同じくその強さを欲しました。 そのため家族を捨て、剣技を極めるため、「縁壱」と同じく鬼狩りの道へと進むようになります。 「縁壱」は呼吸や剣技などを教えていましたが、誰一人「縁壱」のように日の呼吸が使えなかったため、それぞれに合わせ呼吸法を指導していました。 兄である「巌勝」も、日の呼吸を習得することができず、派生する月の呼吸を使用するようになります。 いつか「縁壱」に追いつけるようにと研鑽を積み、「縁壱」と同じく痣が発現しました。 周りの仲間も呼応するように痣が発現しますが、その痣者たちが次々に死に始め、痣は寿命を縮めてしまうのではないかと「巌勝」は気付きます。 そこへ鬼舞辻無惨が現れ、「巌勝」に魅惑的な提案をします。 『ならば鬼になればよいではないか』 「巌勝」は剣技を極めるために、鬼舞辻無惨に頭を下げ、鬼になることを選びます。 すべては弟「縁壱」を超えるという自分の意志のためでした。 Sponsored Link 【十二鬼月となる】 鬼の力を得た後、時が流れた赤い月の夜、「巌勝」またの名を「黒死牟」は七重塔の近くを歩いていました。 そこで齢80を超えている老いた姿の「縁壱」と再会します。 最後に会ってから60年以上経っていました。 『信じられぬものを見た』 痣者は25歳を待たず死んでしまうにも関わらず「縁壱」は生きており、「黒死牟」には嫉妬と憎悪の感情が蘇る。 『お労しや、兄上』 兄を憐れむ弟の一言に、生まれて初めて込み上げるものがあったと感傷を覚えます。 しかし、鬼として歯向かう者は両断せねばならないと「縁壱」に殺意を抱いた次の瞬間、『参る』の呟きと共に「黒死牟」の頸は斬られてしまいます。 鬼であったため致命傷は辛うじて避けつつも、次の一撃で死を覚悟しましたが、その一撃は来ることはなく、「縁壱」は立ったまま寿命で死を迎えました。 ついに「縁壱」に寿命で勝ち逃げを許したまま、果たせぬ嫉妬と憎悪で生きることとなる「黒死牟」 その後は日の呼吸を知る者を鬼舞辻無惨と共に徹底して殺し、時に鬼の仲間を増やしていくこととなります。 ただ、鬼となり妻や子供の顔を忘れたとしても、殺したいほど憎い「縁壱」のことだけは、生涯忘れることなく生きていくことになったのです。 黒死牟は、善逸の兄弟子である獪岳を鬼にした張本人でもあります。 語られてはいませんが、獪岳と善逸の関係を自身の過去と結び付け、獪岳を鬼にスカウトすることを選んだのかもしれません 【「鬼滅の刃」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】 「鬼滅の刃」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス 「U-NEXT」です! なぜ、 「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「鬼滅の刃1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。 登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。 U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 【鬼滅の刃 関連記事】 『黒死牟』は鬼として最強の存在でありますが、その過去には「縁壱」という史上最強の剣士がおります。 炭治郎を始め、鬼滅の刃に登場する長男の多くは、長男であることの責任として家族を守ろうと行動していますが、『黒死牟』は弟に嫉妬し憎悪し、挙句の果てには敵となる存在に堕ちてまで「縁壱」を殺そうと(=超えようと)しました。 しかし『黒死牟』の最期は、無限城での死闘の果てに、「縁壱」に対する憎悪から負けを認めようとしない醜い自分の姿を見たため崩れていきます。 最期の時まで思い出したくもない「縁壱」の顔を思い出していたことから、憎んでいた反面で焦がれていたことに気が付きます。 「巌勝」と「縁壱」が兄弟として生まれていなければ、おそらくこの二人はその時代を代表する剣士となり、鬼を殲滅させていたことでしょう。 『黒死牟』は運命が生みだした悲劇の剣士なのです。

次の

【鬼滅の刃】十二鬼月最強ランキングTOP10!|まんが人気考究

鬼滅の刃こくしぼう

コンテンツ• 鬼滅の刃黒死牟(こくしぼう)の正体 『始まりの呼吸の剣士の兄』 上弦の壱の鬼である彼は、 双子の弟がいました。 その弟が、 「始まりの呼吸の剣士」です。 黒死牟(こくしぼう)の人間時代の名は、 継国巌勝(つぎくに みちかつ)でした。 そして、弟の名は 継国縁壱(つぎくに よりいち)です。 鬼滅の刃黒死牟(こくしぼう)の正体 『縁壱は特別な存在だった』 弟の 縁壱も痣があったため、同じ運命をたどるはずでした。 しかし、彼は 25歳を過ぎても生きています。 彼の振るう剣技は 神業でした。 あの無惨でさえも、追い詰めたのです。 80歳を超えたあたりで、亡くなりました。 老いた体でもその 剣を振るう強さは、若いときと変わりません。 こくしぼうは、弟にいつも 嫉妬していたと語ります。 「あいつだけは特別。 常に神から愛されている。 」 若い頃の彼は、そんな弟が 大嫌いでした。 鬼滅の刃黒死牟(こくしぼう)の正体 『弟縁壱に刀を振るうのをためらう』 こくしぼうは、老いた姿で 泣いている弟に動揺したのです。 縁壱は今まで、一切の 感情を見せたことがありません。 そんな彼に、鬼であるこくしぼうも感情が湧きあがります。 やはり兄弟であり、老人でした。 60年前は、あんなに 恨んでいた相手でも家族です。 刀を振るうことをためらいます。 スポンサーリンク 鬼滅の刃黒死牟(こくしぼう)の正体 『弟が彼を仕留めるはずだった』 こくしぼうを、あと一歩のところまで追い詰めました。 しかし縁壱は、 寿命で戦いの最中に亡くなります。 彼らは60年間、一切会っていません。 赤い月の出る夜に、ようやく再開を果たします。 80歳を超えた弟は、しわの深い老人へと姿を変えていました。 しかしその 剣技は、全く衰えを知りません。 こくしぼうが圧倒されます。 あと 一撃で亡き者にされる確信がありました。 けれども、その攻撃が来ることはなかったのです。 寿命を迎え、立ったまま亡くなりました。 鬼滅の刃黒死牟(こくしぼう)の正体考察 『なぜ彼は鬼になったのか』 おそらく、 肉体と技を保存できるからでしょう。 漫画の中で語っています。 「なぜ、理解しない。 鬼になれば、肉体と技の保存ができる。 」 急所を日輪刀で斬られない限り、永遠に生き続けられますからね。 また、 弟を超えたい対抗心もあったでしょう。 そういう切なる願いがあったと予想します。 鬼は無惨のせいもあって、強さにこだわりを持つ者が多いのです。 強くなければ、お払い箱で消されるので。 しかし、こくしぼうは鬼になる前から、猗窩座(あかざ)のように 強さを求めていたでしょうね。 月の呼吸を、拾ノ型以上に発展させてますから。 鬼滅の刃のアニメを無料で視聴する方法を紹介! 視聴されていた方は多いでしょう。 そんな中で、何話か見逃していませんか? または、最初から見たいなと感じていませんか? そこでおすすめなのが、 「U-NEXT31日間無料トライアル」です。 31日間、 無料でお試しできる動画配信サービスです。 UーNEXTにはレンタル作品と見放題作品があります。 レンタル作品は、別途お金がかかります。 しかし鬼滅の刃は、全話見放題作品なので、 追加料金はかかりません。 また、期間内に解約すれば無料です。 実際に試してみましたが、本当に期間内は無料でした。 解約方法も実に3分ほどで終わります。 鬼滅の刃黒死牟(こくしぼう)の正体 『まとめ』.

次の

【鬼滅の刃】174話ネタバレ!痣の者で25歳超えて生きてたのは黒死牟の弟だった

鬼滅の刃こくしぼう

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【鬼滅の刃】鬼の名前に は由来 や意味が ある? 調べてみたら鬼滅の刃に登場する 鬼達の名前には由来や意味がありました。 とくに強烈な個性と強さを誇る上弦の鬼の名前の意味や由来は鬼になるところ。 言ってしまえば作者のワニ先生が考えた名前ではあるんですが、作中ではどのような思いで名前が付けられたのでしょうか? 関連: 関連: 【鬼滅の刃】鬼の名付け親は鬼舞辻無惨 鬼滅の刃のファンブックによると、 十二鬼月の鬼の名前は鬼舞辻無惨が名付けたといわれています。 鬼たちは元々人間で、鬼になる前は人間としての名前がそれぞれありました。 鬼になると人間の頃の記憶を失う者が多いようなので、鬼化させた後に鬼舞辻無惨が名付けたんでしょうね。 関連: 関連: 【鬼滅の刃】鬼の名前は過去や見た目の特徴が 由来している? 上述した通り、鬼の名前は鬼舞辻無惨が名付けているとのこと。 無惨の血が薄いお堂の鬼や最終選別の手鬼などの名前はおそらくなさそうですが、血が濃い十二鬼月の鬼たちの名前に関しては、何かしらの意味があって命名してそうです。 で、鬼の名前を注意深く見てみると、 鬼が元人間だったときの過去や見た目の特徴が表れていることが分かります。 とくに鬼舞辻無惨の血が濃い上弦の鬼たちは、人間だった頃の記憶や特徴が割と大きく名前に反映されています。 関連: 関連: 【鬼滅の刃】鬼の名前の由来や意味・読み方と漢字を考察! ここでは鬼の名前の意味や由来・意味・読み方などを考察していきます。 鬼の名前に使われている漢字の一つ一つにはそれぞれ意味がありますが、ここでは鬼のキャラに合った漢字の意味をチョイスして書いていきます。 鬼舞辻無惨は産屋敷一族と血の繋がりがあったようなので、鬼になったことをきっかけに自分で改名したのかもしれません。 人にわざわいをもたらすもの。 また、そのような人。 漢字の意味を1つずつ見ても、ちょこちょこ鬼舞辻無惨像が見え隠れしますね~。 「人間以上の力を持つおそろしい存在」「鬼のような人を思うままに動かす」なんてまさに無惨そのものです。 次は無惨という漢字について。 彼の目的は「陽の光を浴びても死なない完璧な生物になること」なので、まさしく欠けている部分を補うために鬼を増殖していました。 いたましいこと。 あわれなこと。 罪を犯しながら心に恥じないこと。 とくに 「罪を犯しながら心に恥じないこと」という意味は鬼舞辻無惨そのものです。 上述したように鬼舞辻無惨の名前は彼の キャラや性格をしっかり表しているのが分かります。 ただ、名前の中で 「辻」という漢字が鬼舞辻無惨の何を表しているのかがちょっと分かりづらいです。 もしかしたら鬼・舞・無・慘の それぞれの意味が「交差するような人物」ということを表しているのかもしれません。 上弦の壱:黒死牟 こくしぼう の名前の意味・由来 続いては上弦の壱である黒死牟の名前の意味について見ていきましょう。 まずは黒死牟も漢字をばらしてみていきます。 どうでしょうか? なんか黒死牟っぽいですよね。 黒死牟の目が6つあるのも漢字の意味にピッタリだし、 300年以上も上弦の鬼の頂点として多くの人間の命を奪い貪ってきたということも「牟」という意味に繋がってきます。 「これほどの比率で人類が死んだ病原菌やウイルスはいまだかつてない」とまで言われた黒死病が、多くの命を奪った上弦の壱の名前に使われている可能性は十分に考えられます。 関連: 関連: 上弦の弐:童磨 どうま の名前の意味・由来 続いては上弦の弐の童磨について見ていきましょう。 まずは童磨の漢字を1つずつ見ていきます。 これを見る限り、童磨に関しては悪い意味にも良い意味にも考えられますね。 例えば、 「能力を磨いた 研いだ 子供」「愚かを磨く」「すり減った子供」などといった意味が名前に由来している可能性も考えられます。 童磨のサイコパス性や、感情の起伏が無さ過ぎることを考えると、 「愚かさを磨いたすり減った子供」という意味合いが強そうです。 また、上弦の弐でありながら、童磨は鬼舞辻無惨にあまり好かれていないという情報もファンブックには載っていました。 それも踏まえて考えると、童磨に対してあまり良い意味合いの名前はつけていない可能性は高そうです。 関連: 関連: 上弦の参:猗窩座 あかざ の名前の意味・由来 猗窩座と言えばもはやネタキャラとして有名で、鬼滅ファンから変なあだ名で呼ばれていますが、名前の意味も気になるところです。 ということで、上弦の参の猗窩座についても見ていきましょう。 猗窩座が鬼化されるときに「もうどうでもいい」と無惨に言っていることを踏まえて無惨が名付けたのかもしれません。 ただ、ファンブックによると猗窩座は無惨のお気に入りの鬼でもあるので、良い意味合いで名付けた可能性もあると個人的には思っています。 ファンブックや他のブログの考察を読んで思ったんですが、無惨は真面目で忠誠心があるものが好きな傾向があります。 それを踏まえると、向上心や忠誠心が高い猗窩座へ無惨は期待していたのではないかとも考えられます。 だとすると、名前の意味も 「姿・動作などが美しくしなやかな様子が集まり隠れている者」という解釈もできます。 「首を切られると消滅する」いう弱点を克服しかけた猗窩座ですが、その秘めたポテンシャルを鬼舞辻無惨は察知していたのではないでしょうか? 関連: 関連: 上弦の肆:半天狗 はんてんぐ の名前の意味・由来 では上弦の肆・半天狗についても見ていきましょう。 半天狗に関してはあまり意味もなさそうですし、出番も比較的に少なかったのでちょっと判断が難しそうですがとりあえずバラして見てみます。 半天狗は人間時代に盲人のフリをして窃盗や人の命を奪うなどの悪行を重ねていました。 ちょっと無理矢理感がありますが、漢字の意味から見ると 「不完全で卑しいもの」といった所でしょうか。 また、天狗と言えば神や妖怪といった伝説上の生き物であることは有名です。 半天狗という名前をそのまま見たら、 「不完全な天狗」「小さい天狗」「分かつ天狗」といった見方ができます。 半天狗の本体がかなり小さかったこと、首を切っても分身し続けることなどを考えると、これらも半天狗の特徴を捉えているのではないでしょうか。 天狗には「自慢すること、うぬぼれること、高慢なこと」といった意味もありますが、半天狗の分身体がこのような特徴を持っていたことも興味深いです。 ちなみに、分身体についても下に簡単にまとめておきますのでどうぞ。 関連: 新・上弦の肆:鳴女 なきめ の名前の意味・由来 半天狗が炭治郎たちに倒されてから、新しく上弦の肆になった鳴女。 非常に謎が多い鳴女ですが、どうやら古事記や日本書紀といった神話から名前が付けられている可能性が高いです。 鳴女に関しては少し長くなったので別記事にまとめました。 玉壺も半天狗同様にあまり登場機会が少なかった鬼ですが、丸い壺に入っていることもあって見た目と名前が一致しやすい鬼です。 それぞれの漢字の意味を見ても、玉壺という名前にそこまで深い意味はなさそうな感じがします。 単純に 「立派な壺に身を隠す」という意味なのでしょう。 その異常行動も相まって鬼舞辻無惨は玉壺という名前を付けたのかもしれません。 壺への執着が凄いことも名前の由来になっているんでしょうが、玉壺は漁村で生まれ育ったという過去を元に、魚の「ぎょ」と子供の「こ」をかけ合わせて 「ぎょっこ」にしたのではないかと個人的には考えています。 玉壺に関しては過去編が全く無いので、なにかの拍子で出てくることを期待したいですね~。 玉壺の過去がわかれば名前の意味や由来も多少変わりそうです。 関連: 関連: 上弦の陸:妓夫太郎 ぎゅうたろう ・堕姫 だき の名前の意味・由来 上弦の陸の妓夫太郎と堕姫はどうでしょうか? 妓夫太郎についてはストーリーの中でも語られているように、 「遊郭で客引きや護衛をする男」を妓夫太郎や牛太郎と呼んだそうです。 名前すら親に与えられなかった彼が遊郭で妓夫の仕事をすることで、「妓夫太郎」と名乗るようになったとのこと。 妓夫の仕事の中には「遊興費の徴収」というものもあり、見た目と喧嘩の強さ恐れられた妓夫太郎は主に取り立ての仕事をしたいたと想像できます。 取り立てることに執念を燃やす貪欲な妓夫太郎に、無惨は人間時代と同じ呼び名を与えたのでしょう。 では今度は妹の堕姫について。 堕姫についても呼んで字のごとくって感じがします。 一文字づつ見て堕姫に当てはめると、「堕ちた女」「落ちぶれた遊女」といった感じでしょうか。 堕姫は人間時代は相当可愛い姿をしていましたが、生きたまま焼かれるという悲惨な目に合っています。 童磨が勧誘したときには丸焦げ状態で美貌の美の字もありません。 その描写を見ていると、 「生まれ持った美貌が焼かれて崩れ落ちるさま」も堕姫という名前に由来している気がします。 下弦の壱:魘夢 えんむ の名前の意味・由来 魘夢は劇場版「鬼滅の刃~無限列車~」のメイン出演する鬼ですね。 男か女かも分かりづらい鬼ですが、下弦の鬼の中ではトップクラスの実力を持っていることが予想できます。 さすが、夢を操る魘夢にピッタリの名前です。 物語中に魘夢が鬼殺隊に見せた夢は現実から離れた想像や心の迷いといったものです。 「心地よさそうな夢を利用して悪夢を見させる」といった意味合いがあるのでしょう。 魘夢自身も、上弦になることや鬼舞辻無惨の血をもっと貰うことを夢みていますので、とにかく夢や想像が多い鬼と印象が強いですね~。 魘夢については別記事でもまとめていますので、そちらもぜひチェックしてみてください。 関連: 関連: 関連: 関連: 下弦の伍:累 るい の名前の意味・由来 下弦の伍である累の名前についても触れていきます。 累の漢字の意味はこのようになっていました。 で、ここで注目したいのが、 累という漢字の意味にあまりポジティブな意味がないということです。 「面倒な関わり合い」や「巻き添えを食らわす」などといったダークな意味合いが強いようで、人名にもあまり使われないのだとか。 確かに鬼滅の刃に登場する累をみていると、偽りの家族を作る中で自分の意思に反した鬼に拷問や体罰的なものをやっていました。 家族を演じる他の鬼からすると、累の独りよがりの繋がりは「面倒な関わり合い」に他なりません。

次の