ニッスイ マリン 工業。 なつしま

ニッスイマリン工業株式会社の年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)|エン ライトハウス (6262)

ニッスイ マリン 工業

NSTCは、本年2月にSTCW条約基本訓練のカリキュラムであるIMOモデルコース1. 19(個々の生存技術=いわゆるシーサバイバル)が改訂されたことを受け、最新の内容を受講者の皆様にご提供できるよう、訓練の内容を刷新し、NKからIMOモデルコース1. 19 2019年改訂版に即した内容である認証を受けました。 同基本訓練は、IMOモデルコース1. 19(個々の生存技術)の他、1. 13(基本応急処置)、1. 20(防火と消火)、1. 21(個人の安全と社会的責任)で構成されており、今後1. 19に引き続き他のコースも順次改訂されていくものと思われ、NSTCは今後もモデルコース改訂に伴い速やかに最新の内容をご提供できるよう対応していく所存でございます。 NSTCは、2011年に OPITO *2の認証を取得し、主として、海洋調査船や洋上石油産業施設等で働く人々へのサバイバルトレーニングを提供してきました。 その後、環境マネジメントシステム(ISO14001:2015:NKKKQA認証)及び品質マネジメントシステム(ISO9001:2015:Class NK認証)の認証も取得して、訓練品質の向上に努めてきました。 2014年3月27日にNKによるSTCW条約に定める基本訓練の認証を取得して以来、1300名以上の方にご受講いただいております。 2015年10月にはマーシャルアイランド海事局からもSTCW条約に基づいた船員の基本訓練として認証され、英語での訓練提供も実施しており、今後は国際的にも発展して参りたいと思っております。 2017年からは5年毎に義務付けられている更新講習もNK認証を受け、2日間で技能の再確認が必要とされる全ての項目を網羅する訓練が好評を博しております。 本年度の訓練のスケジュールや訓練内容につきましては、ホームページにて随時ご確認・ご予約いただけます。 ニッスイおよびニッスイグループは、環境・安全・安心に配慮した訓練提供に取り組んでおりますが、これを機会に、更なる訓練品質の向上に努めて、船員を初めとしてあらゆる海洋産業に従事する人々の生命の安全を守る取り組みに貢献していきます。 また、2010年のマニラ改正においては、「教育及び訓練を修了した者に対しての修了証の発給」及び「5年毎の更新講習」が規定され、2012年1月1日に施行されています。 「5年毎の更新講習」では船員の能力基準や資格証明に関して、船員として身につけておかなければならないシーサバイバルや防火等の基本訓練の実施や有資格者に対する能力証明の更新が求められています。 OPITOは英国だけでなく、2019年1月現在、48か国、210の訓練施設を認証しています。

次の

グループ会社一覧

ニッスイ マリン 工業

1332 1949年5月14日 - 2013年7月12日 略称 日水、ニッスイ 本社所在地 〒105-8676 一丁目3番1号 設立 (18年) (日本海洋漁業統制株式会社)(創業:(明治44年)) 事業内容 水産事業 食品事業 ファイン事業 物流事業 代表者 (代表取締役会長) (代表取締役社長執行役員) 資本金 306億8,500万円 発行済株式総数 2億7,721万277株 売上高 連結:6,900億1,600万円 単独:3,909億7,700万円 (2020年3月期) 営業利益 連結:228億3,400万円 単独:29億2,200万円 (2020年3月期) 経常利益 連結:258億700万円 単独:66億4,600万円 (2020年3月期) 純利益 連結:147億6,800万円 単独:54億3,800万円 (2020年3月期) 純資産 連結:1,,723億円 単独:610億6,100万円 (2020年3月期) 総資産 連結:4,915億3,300万円 単独:3,452億7,400万円 (2020年3月期) 従業員数 連結:9,065名 単独:1,203名 (2020年3月31日現在) 決算期 3月31日 会計監査人 主要株主 株式会社 3. (44年) - 総帥・の兄であるが「田村汽船漁業部」をに創立、國司浩助らと経営を始める(日本水産株式会社の創業)• (8年) - 「田村汽船漁業部」が組織変更し、「共同漁業株式会社」と改称、が社長として就任• (大正9年) - 下関に早鞆水産研究会(日本水産株式会社中央研究所の源流)を創立• (大正15年) - カニ母船「神宮丸」「厳嶋丸」が出漁(「カニのニッスイ」の始まり)• (4年) - 漁業根拠地を下関からへ移転• (昭和9年) - 「日本捕鯨株式会社」(のちの日本水産株式会社捕鯨部門)が南氷洋捕鯨に初出漁• 1936年(昭和11年)- 「共同漁業株式会社」が「日本捕鯨株式会社」および「日本合同工船株式会社」を合併• (昭和12年) - 「共同漁業株式会社」が「日本食糧工業株式会社」を合併し「日本水産株式会社」と改称• (昭和17年) - 水産統制令に基づき「帝国水産統制株式会社」(後の株式会社)を設立、冷蔵・販売部門を譲渡• (昭和18年) - 水産統制令に基づき漁労部門を中心に「日本海洋漁業統制株式会社」を設立• (昭和20年) - 「日本海洋漁業統制株式会社」を水産統制令廃止に伴い「日本水産株式会社」の社名に復帰• (昭和24年) - 東京証券取引所に株式を上場• (昭和49年) - 北米での調達・販売の拠点としてNippon Suisan(U. )社をワシントン州シアトルに設立• 同年 - 北米での生産・調達・販売の拠点としてUniSea社をワシントン州レドモンドに設立• (昭和51年) - 捕鯨部門を分離、日本共同捕鯨株式会社に統合• 同年 - 海運事業を日水海運株式会社に集約し、のちに「日水船舶株式会社」に改称• (昭和53年) - 南米のトロール漁業拠点としてEMDEPES社をチリに設立• (昭和56年) - 東南アジアの調達拠点としてNISSUI SINGAPORE社を設置• 同年 - アルゼンチン・パタゴニア沖漁業の拠点としてPESPASA社をブエノスアイレスに設立• (昭和62年) - により部(遠洋漁業)の船員・事業員38名が殉職• (昭和63年) - アルゼンチン沖での洋上すりみ生産のため、PESANTAR社をブエノスアイレスに設立• (元年) - ヨーロッパの販売拠点としてNISSUI EUROPE社をオランダ・アムステルダムに設立• (2年) - を主成分とする治療薬「エパデール」が医療用医薬品として承認され、共同開発先のより発売開始• (平成7年) - ベトナム国営企業GIRIMEXとの合弁でMINH HAI NIGICO社を設立• (平成10年) - コンビニエンスストアチェーン向けの米飯工場・麺工場(ニッスイの子会社4社)を再編統合し、日本クッカリー株式会社を設立• 1997年(平成9年)10月 - コーポレートブランドマークを統一。 1999年(平成11年)6月 - 84期(99年3月期)年間3円の復配を決議。 (平成13年) - の水産会社シーロード社の株式を50%を取得。 (平成13年)10月 - 北米の家庭用水産調理冷凍食品ブランド「ゴートンズ」「ブルーウォーターシーフーズ」を取得。 平成14年)3月 - アラスカ・オーシャン・シーフーズ社に資本参加。 (平成16年)1月 - 国内ぶり養殖の黒瀬水産株式会社を設立。 2004年(平成16年)10月 - スペインに水産物販売会社ユーロパシフィコ社を設立(ヴィーゴ)。 (平成17年)7月 - 米国の業務用水産調理冷凍食品会社 キング・アンド・プリンス社を取得。 (平成18年) - の事業再生のため業務提携• 同年 - のNordic Seafood社、のF. BRYCE社、のNordsee社の株式をそれぞれ取得• (平成19年) - グループの物流機能を集約して日水物流㈱を設立• (平成21年)4月 - 日本化学飼料株式会社より全面的に事業譲渡を受け、受け皿となる子会社を設立して、ファインケミカル事業の拡大を開始• (平成23年)8月 - 創業100年記念事業の一環として、に「ニッスイパイオニア館」を開設• (平成26年)8月 - 本社が入居していたビルの建て替えのため、本社を東京都港区西新橋の西新橋スクエアへ移転• 株式会社北九州ニッスイ• ニッスイマリン工業株式会社• 日水物流株式会社• 金子産業株式会社• 共和水産株式会社• キャリーネット株式会社• 大分中央水産株式会社• 日豊食品工業株式会社• 長崎造船株式会社• 黒瀬水産株式会社• 株式会社北陸フレッシュフーズ• ケイ低温フーズ株式会社• 山津水産株式会社• 株式会社群馬フレッシュフーズ• ニッスイ・エンジニアリング株式会社• ニッスイ・フード・システム株式会社• 株式会社チルディー• 横浜通商株式会社• 株式会社ハチカン• ライブフィッシュキャリアー株式会社• モガミフーズ株式会社• ファームチョイス株式会社• 株式会社北海道日水• 株式会社(北海道FC)• 株式会社マルサ笹谷商店• 西南水産株式会社• 株式会社東京キタイチ• 博多まるきた水産株式会社• 株式会社水産流通• 丸魚水産株式会社• 株式会社クラハシ• 広島水産株式会社• デルマール株式会社• 株式会社十味惣• クニヒロ株式会社• 株式会社金子食品• 東京水産運輸株式会社• 弓ヶ浜水産株式会社• さつま水産株式会社• 稚内東部株式会社.

次の

なつしま

ニッスイ マリン 工業

1332 1949年5月14日 - 2013年7月12日 略称 日水、ニッスイ 本社所在地 〒105-8676 一丁目3番1号 設立 (18年) (日本海洋漁業統制株式会社)(創業:(明治44年)) 事業内容 水産事業 食品事業 ファイン事業 物流事業 代表者 (代表取締役会長) (代表取締役社長執行役員) 資本金 306億8,500万円 発行済株式総数 2億7,721万277株 売上高 連結:6,900億1,600万円 単独:3,909億7,700万円 (2020年3月期) 営業利益 連結:228億3,400万円 単独:29億2,200万円 (2020年3月期) 経常利益 連結:258億700万円 単独:66億4,600万円 (2020年3月期) 純利益 連結:147億6,800万円 単独:54億3,800万円 (2020年3月期) 純資産 連結:1,,723億円 単独:610億6,100万円 (2020年3月期) 総資産 連結:4,915億3,300万円 単独:3,452億7,400万円 (2020年3月期) 従業員数 連結:9,065名 単独:1,203名 (2020年3月31日現在) 決算期 3月31日 会計監査人 主要株主 株式会社 3. (44年) - 総帥・の兄であるが「田村汽船漁業部」をに創立、國司浩助らと経営を始める(日本水産株式会社の創業)• (8年) - 「田村汽船漁業部」が組織変更し、「共同漁業株式会社」と改称、が社長として就任• (大正9年) - 下関に早鞆水産研究会(日本水産株式会社中央研究所の源流)を創立• (大正15年) - カニ母船「神宮丸」「厳嶋丸」が出漁(「カニのニッスイ」の始まり)• (4年) - 漁業根拠地を下関からへ移転• (昭和9年) - 「日本捕鯨株式会社」(のちの日本水産株式会社捕鯨部門)が南氷洋捕鯨に初出漁• 1936年(昭和11年)- 「共同漁業株式会社」が「日本捕鯨株式会社」および「日本合同工船株式会社」を合併• (昭和12年) - 「共同漁業株式会社」が「日本食糧工業株式会社」を合併し「日本水産株式会社」と改称• (昭和17年) - 水産統制令に基づき「帝国水産統制株式会社」(後の株式会社)を設立、冷蔵・販売部門を譲渡• (昭和18年) - 水産統制令に基づき漁労部門を中心に「日本海洋漁業統制株式会社」を設立• (昭和20年) - 「日本海洋漁業統制株式会社」を水産統制令廃止に伴い「日本水産株式会社」の社名に復帰• (昭和24年) - 東京証券取引所に株式を上場• (昭和49年) - 北米での調達・販売の拠点としてNippon Suisan(U. )社をワシントン州シアトルに設立• 同年 - 北米での生産・調達・販売の拠点としてUniSea社をワシントン州レドモンドに設立• (昭和51年) - 捕鯨部門を分離、日本共同捕鯨株式会社に統合• 同年 - 海運事業を日水海運株式会社に集約し、のちに「日水船舶株式会社」に改称• (昭和53年) - 南米のトロール漁業拠点としてEMDEPES社をチリに設立• (昭和56年) - 東南アジアの調達拠点としてNISSUI SINGAPORE社を設置• 同年 - アルゼンチン・パタゴニア沖漁業の拠点としてPESPASA社をブエノスアイレスに設立• (昭和62年) - により部(遠洋漁業)の船員・事業員38名が殉職• (昭和63年) - アルゼンチン沖での洋上すりみ生産のため、PESANTAR社をブエノスアイレスに設立• (元年) - ヨーロッパの販売拠点としてNISSUI EUROPE社をオランダ・アムステルダムに設立• (2年) - を主成分とする治療薬「エパデール」が医療用医薬品として承認され、共同開発先のより発売開始• (平成7年) - ベトナム国営企業GIRIMEXとの合弁でMINH HAI NIGICO社を設立• (平成10年) - コンビニエンスストアチェーン向けの米飯工場・麺工場(ニッスイの子会社4社)を再編統合し、日本クッカリー株式会社を設立• 1997年(平成9年)10月 - コーポレートブランドマークを統一。 1999年(平成11年)6月 - 84期(99年3月期)年間3円の復配を決議。 (平成13年) - の水産会社シーロード社の株式を50%を取得。 (平成13年)10月 - 北米の家庭用水産調理冷凍食品ブランド「ゴートンズ」「ブルーウォーターシーフーズ」を取得。 平成14年)3月 - アラスカ・オーシャン・シーフーズ社に資本参加。 (平成16年)1月 - 国内ぶり養殖の黒瀬水産株式会社を設立。 2004年(平成16年)10月 - スペインに水産物販売会社ユーロパシフィコ社を設立(ヴィーゴ)。 (平成17年)7月 - 米国の業務用水産調理冷凍食品会社 キング・アンド・プリンス社を取得。 (平成18年) - の事業再生のため業務提携• 同年 - のNordic Seafood社、のF. BRYCE社、のNordsee社の株式をそれぞれ取得• (平成19年) - グループの物流機能を集約して日水物流㈱を設立• (平成21年)4月 - 日本化学飼料株式会社より全面的に事業譲渡を受け、受け皿となる子会社を設立して、ファインケミカル事業の拡大を開始• (平成23年)8月 - 創業100年記念事業の一環として、に「ニッスイパイオニア館」を開設• (平成26年)8月 - 本社が入居していたビルの建て替えのため、本社を東京都港区西新橋の西新橋スクエアへ移転• 株式会社北九州ニッスイ• ニッスイマリン工業株式会社• 日水物流株式会社• 金子産業株式会社• 共和水産株式会社• キャリーネット株式会社• 大分中央水産株式会社• 日豊食品工業株式会社• 長崎造船株式会社• 黒瀬水産株式会社• 株式会社北陸フレッシュフーズ• ケイ低温フーズ株式会社• 山津水産株式会社• 株式会社群馬フレッシュフーズ• ニッスイ・エンジニアリング株式会社• ニッスイ・フード・システム株式会社• 株式会社チルディー• 横浜通商株式会社• 株式会社ハチカン• ライブフィッシュキャリアー株式会社• モガミフーズ株式会社• ファームチョイス株式会社• 株式会社北海道日水• 株式会社(北海道FC)• 株式会社マルサ笹谷商店• 西南水産株式会社• 株式会社東京キタイチ• 博多まるきた水産株式会社• 株式会社水産流通• 丸魚水産株式会社• 株式会社クラハシ• 広島水産株式会社• デルマール株式会社• 株式会社十味惣• クニヒロ株式会社• 株式会社金子食品• 東京水産運輸株式会社• 弓ヶ浜水産株式会社• さつま水産株式会社• 稚内東部株式会社.

次の