平泳ぎ ひと かき ひと けり。 【ひとかきひとけりのコツ】平泳ぎのスタートで頭一つリードする3つのコツを全国王者が徹底解説

平泳ぎの泳ぎ方!フォームのコツやポイントとは?【水泳上達ガイド】

平泳ぎ ひと かき ひと けり

今回のポイント• 1.しっかりとした水中姿勢を作るために• 2.全力でストロークしない• 3.浮き上がりに向けて 1.しっかりとした水中姿勢を作るために 今回の映像では最初に間違ったひとかきひとけりを説明してくれています。 足があがってしまっていたり、抵抗になることだらけですね。 良い姿勢とは真横から見たときにまっすぐの姿勢が取れている状態のことです。 この姿勢を作るためには、しっかりと腹筋背筋が鍛えられていることが必要です。 また、水中姿勢をとる上で、急な方向転換をすることなく、なめらかな曲線を描くように浮上することも重要です。 2.全力でストロークしない ひとかきひとけりをしっかりとやろうとしている選手の大半が、全力でストロークしようとしていて、 ひとかきひとけり全体が力みすぎて抵抗を生み出している選手が非常に多いです。 全力でストロークしないということを前提で、読み進めてください。 さて、ひとかきひとけりする上で、いくつかのポイントを注意しましょう。 1.真横から見たときに身体の幅が狭いようにする これは簡単ですね、抵抗を受けないようにすることが重要です。 2.たくさん水をかこうと身体から遠くをかこうとしない 意外と勘違いされがちですが、腕をたくさん遠くに伸ばしてかこうとするのは良くありません。 身体の近くであるほどパワーはこめやすく、遠くであるほど力は込めづらいものです。 なので、遠くをかこうとしすぎると疲れるのにぜんぜん進まないひとかきになってしまいます。 3.浮き上がりに向けて さてひとかきひとけりが終わり、ついに浮き上がりです。 しっかりと加速したそのスピードを失速させないように浮き上がらないといけません。 ただ、今から出来ることはほどんど少なく、スタート後にどれくらいの水深でひとかきひとけりをしているか、 どれくらいの角度で浮き上がってくるかが重要になってきます。 さて、とはいえ、最後の浮き上がりで失敗しないようにするコツをひとつ。 それは、顔を上げないということです。 どうしても水面との距離が知りたいのか顔を上げようとしてしまう選手が大半ですが、それは失速の原因となってしまうので ひとかきひとけりが終わったあとは、下を向いたまま後頭部からあがるくらいの意識で浮き上がるようにしましょう。 あなたにおすすめの記事• 2015. 27 平泳ぎにとってかなり重要となるひとかきひとけり。 なかな […] Posted in , ,• 2016. 14 アンダーウォーターの練習って皆さんどれ位やっていますか? […] Posted in• 2015. 17 今日は初心者の方向け、ひとかきひとけりを解説していきます。 […] Posted in• 2016. 02 平泳ぎはいかにパワーを上げるかというよりもいかにして抵抗を […] Posted in• 2016. 24 平泳ぎでかなり重要になってくるのが、スタート後のひとかきひ […] Posted in• 2015. 14 ターンが出来ると個人メドレーが楽しくなる 個人メドレー、 […] Posted in ,.

次の

平泳ぎでのひとかきひとけりのコツ

平泳ぎ ひと かき ひと けり

スタート時に足を曲げたまま入水すると失格になる場合があります。 ひとかきひとけりで15m制限を超えることはよほどの上級者ですが、気をつけてくださいね。 ひとかきひとけりで大切な4つのコツ それではここからひとかきひとけりのコツについて紹介してきたいと思います。 ひとかきひとけりに重要な局面としては主に4つあって、具体的には入水直後、ドルフィンキックのタイミング、ひとかき後、ひとけりの直前です。 入水直後からいきなりひとかきしてしまうと スタートの勢いを殺してしまいます。 ですが、逆にストリームラインを維持しすぎると今度はスタートの勢いがなくなった状態でひとかきしなければならないので、これもタイムが落ちることに繋がります。 スタートの勢いが少しなくなってきたかなぁというタイミングでひとかきひとけりに移動しましょう。 本来はこのタイミングでドルフィンキックを打つものではないですが、このタイミングでドルフィンキックを打った方が確実に距離が伸びるとともに、タイムも伸びます。 ここで気をつけなければならないのが、ストリームラインの姿勢でドルフィンキックを打ってしまうと失格になるということです。 少しでも手のひらが離れている状態なら、ひとかきひとけりの動作中と見なされるため失格とはなりません。 水泳関係者曰く、ここの失格を見分けることのできる審判は日本に数人しかいないそうですが、万が一ということもあるので気をつけましょうね。 ストリームラインから少し手を離した状態でドルフィンキックを1回打つ このとき、ストリームラインだと失格になる恐れがありますよ。 ひとかきに関しては、バタフライのストロークを水中で行う感じでいいかと思います。 重要になってくるのは、 ひとかきをした後です。 ひとかきをした後に、肩をすぼめることで正面からの体の面積を減らすことができ、結果的に抵抗を減らしてタイムが伸びます。 このテクニックは、北島康介選手や、ピーティ選手など日本のトップ選手や海外のトップ選手も実践しています。 ひとかきを終えたら肩をすぼめる ぜひ実践戦してみてくださいね。 ひとかきの後に両手を前に持っていく必要がありますが、このときに体の中心ラインをなぞってくように手を前に持っていくとより抵抗を減らすことができます。 意外と見落としがちな部分なので、意識するだけで周りのライバルに差をつけることができますよ。 日々の練習の中で、平泳ぎを泳ぐ機会があると思いますがその時に毎回ひとかきひとけりをすることがもっとも上達に近づきます。 特に、 呼吸が苦しい時にテキトーになってしまうことだけは避けましょうね。 まとめ:ひとかきひとけりでライバルに差をつけよう! 今回は、ひとかきひとけりのコツについて紹介しました。 ひとかきひとけりは、ブレストスイマーにとってはスタート時・ターン後に毎回行うとても大切な動作です。 特に短水路の場合はレースに大きく影響してくるので日々の練習で今回紹介したコツを意識してみてくださいね。 以上: 【ひとかきひとけりのコツ】平泳ぎのスタートで頭一つリードする3つのコツを全国王者が徹底解説でした。

次の

平泳ぎのひとかきひとけりとは?|水泳が上達する練習メニュー

平泳ぎ ひと かき ひと けり

平泳ぎではひとかきひとけりが最初のストロークになり、これに続いて普通の平泳ぎのストロークをして泳ぎます。 一般にひとかきひとけりと言われていますが、これはどのような形で行われるのか説明したいと思います。 平泳ぎの流れ 平泳ぎの流れとしましては、壁からひとかきひとけりをして平泳ぎのストロークをはじめます。 これは最初にダイブしたときとターンをした後つまり壁から平泳ぎをするときに行われます。 平泳ぎを泳ぐときに、壁を両足で蹴り、ケノビの腕の状態から両腕を水面に押し、体の両脇に両腕をそろえます。 これがひとかきになります。 それと同時に足をそろえてドルフィンキックをします。 これがひとけりになります。 そして両腕をリカバーして、最初の平泳ぎのストロークに入ります。 平泳ぎを泳ぐときになぜこのようなひとかきひとけりをするのでしょう。 それは平泳ぎをはじめるときに体を小さくまたコンパクトにし、水の抵抗を受けない為にし、壁を蹴ったあとのスピードを保ことができるからです。 平泳ぎのひとかきひとけりのポイントとしましては、壁を両足で蹴ったあとに、目を下にして後頭部を水面と平行にし、両脇をしめて両腕をきちんと体の横にそろえます。 そしてつま先は伸ばします。 この時に前へ進むように意識しながら行います。 そのあと両腕をリカバリーするわけですが、これは指先で体をこするような感じで行い、肘は高くあげすぎないようにします。 指先がアゴを通るときに、キックした両足をリカバリーの状態にはいります。 そして両脇をしめながら、指先は頭の上に持ってくるようにし、このとき目線はまだプールの底です。 両腕を伸ばしながら、両足も伸ばします。 そして、両足が終わったと同時に両腕を平泳ぎのプルをはじめます。 両腕が前で広い範囲まできたら、頭を水面にあげ息継ぎをしながら平泳ぎのストロークにはいります。 これを上達させるには体を長く、コンパクトにしながら、パワーのあるひとかきひとけりの水泳練習を繰り返し行います。 ひとかきひとけりの効果 平泳ぎのひとかきひとけりを正しく行いますと、水の抵抗がなくなりスピードが出て、最初の平泳ぎのストロークが効果的に行うことができます。 正しいひとかきひとけりは水面にあがったときに他のスイマーとの差をつけることができ、タイムを競いあう場合は有利になります。 ひとかきひとけりを意識せず、やっている場合は効果がなくなり、水泳に大敵な水の抵抗をうけ、スイマーのエネルギーを失い水面にあがったときに遅い平泳ぎになってしまいます。 ひとかきひとけりは腕の動きがカギになります。 両腕のひとかきつまりプルの練習を繰り返し行うと上達につながります。 その方法はプルブイやビート板を足にはさみ、キックさせないようにし、両腕を前にだして、体の横につけそのあとリカバリーポジションにします。 ちろんドルフィンキックも効果的に強く行うことで100パーセントの効果を出すことができます。 平泳ぎが驚くほど上達する練習メニュー教材.

次の