逆転 オセロニア 最強 デッキ。 【オセロニア】クラスマッチ13種の「属性補正」とおすすめデッキを大考察!

【オセロニア】最強Sキャラ(S駒)ランキングTOP20【最新版】|ゲームエイト

逆転 オセロニア 最強 デッキ

上昇したHPを保ちつつも、デバフなどで敵の攻撃を抑え、 毒・吸収・特殊ダメージなどで火力を出していこう。 初手に置くことによってコンボスキルの1,000吸収を最大限活かすことができる。 風車定石の場合、 先攻なら3手目、後攻なら2手目に辺に配置するのが有効だ。 先攻なら2手目にC打ちすることで、毎ターン1,200の毒ダメージを最大限に与えられるぞ。 デバフ駒はコンボが確定した時に置く 「ルシファーデッキ」には、1ターン40%デバフの駒を2体採用するのがポイントになる。 「3周年サキュバス」や「テラーナイト」のデバフキャラは、相手にコンボ導線を作られてしまった際に置くと被ダメージを抑えられるぞ。 手駒ロックは簡単に切らないこと 「ルシファーデッキ」では、手駒ロックをスキルに持つ 「ルキア」と「 ハロウィンアンカード」は、簡単に切らないのが重要だ。 フィニッシャーとなる「サタン」の火力を上げるために 相手の駒を残しつつ、相手のS駒を封じたい場合に使うのが最も有効だ。 ハルは罠回収に使おう 特殊ダメージを持つキャラが少ないため 、「ハル」は罠回収要員として非常に優秀だ。 また、 序盤から中盤にかけての削り役としても活躍が期待できる。 HPを高く保ちつつ、毒・呪い・吸収等で攻めていけるので ライフアドバンテージをとって有利に立ち回ることができる。 メフィスト毒オーラデッキのレシピ コスト200デッキ HP コスト 約29,000 200 納涼メフィスト 【闘化】 ヴィーナス 【闘化】 ラファエル 【進化】 夏シュクレ 【闘化】 イシュケ 【闘化】 アイドルアンナプールナ 【進化】 エンデガ 【進化】 バレンタインウケモチ 【進化】 ヴァイセ 【進化】 夏ブランジェッタ 【進化】 ミサト 【進化】 ブランジェッタ 【闘化】 アルカード 【闘化】 リッチ 【闘化】 イヴェット 【進化】 ルキア 【進化】 入れ替え候補 S駒 ヴィクトリア 【闘化】 クイナ 【闘化】 ティターニア 【進化】 A駒 エルリック兄弟 【闘化】 聖ピリキ 【進化】 夏ピリキ 【進化】 メフィスト毒オーラデッキの使い方 ライフアドバンテージを取り続けよう メフィスト毒デッキ主軸の 「納涼メフィスト」は、手駒にある時に毎ターン700の毒ダメージを与えることができる。 序盤は、「アズリエル」や「リッチ」毒に加えて「ティターニア」や「アルカード」の特殊ダメージスキルでHPを削っていき、中盤以降は「エンデガ」や「ヴァイセ」などのフィニッシャーで大ダメージを与えていこう。 また、合わせて「碧音」から召喚される「妖猫」や、「オルプネー」の吸収スキルで、 ライフアドバンテージを取り続けよう。 手駒ロックに気をつけよう メフィスト毒オーラデッキのリーダーに編成している「納涼メフィスト」は、他のS駒と比較するとATKが低く「ルキア」の手駒ロックで釣られる可能性が高いぞ、対策方法として 「納涼メフィスト」よりATKが低い駒を常に手駒に持ち、ルキアの手駒ロックを回避しよう。 関連記事.

次の

【オセロニア】最強S駒キャラランキング

逆転 オセロニア 最強 デッキ

6倍の追加特殊ダメージという計算。 総合火力はかなりのもの。 また、発動条件のHP50%以下は、同性能のコンボスキルの中では 非常に緩い部類。 1枚でもつなげれば大ダメージを狙えるため、使い勝手のわりに非常に強力な性能となっている。 【あらゆる状況に対応可能】 ハーピストエンジェルは、スキル、コンボスキルともに発動が容易なため、属性を問わずさまざまなデッキに編成できる。 シールドによるダメージ軽減がおもな役割だが、置きかた次第では強力なコンボスキルを発動できるため、いずれにしても 相手からすれば無視できない駒と言える。 最後の1枚に迷ったら、ぜひ編成しておくことをオススメしたい。 そのほかのイベント入手できる神属性オススメ駒 フギンとムニン 使い勝手のよい回復スキルを所持。 高いHPも魅力。 祝融 素出しで安定したダメージを出せるスキルを持つ。 ブリス系コンボスキルの威力も高く、使い勝手バツグン。 無条件で発動できるA駒の毒スキルとしては強力な部類で、状況を選ばず安定したダメージを与えることができる。 【高い汎用性】 ファウストの魅力は、安定した継続ダメージと、強力なコンボスキルの組み合わせ。 とくにコンボスキルは 全レアリティの中でも最強クラス。 属性を問わずさまざまなデッキに編成することが可能だ。 そのほかのイベント入手できる魔属性オススメ駒 マスティマ 魔属性屈指のアタッカー。 魔中心のデッキを組むならばぜひ編成したい。 インフェルノタイガー HPの減少具合に応じて、ダメージを与えるコンボスキルを所持。 最大3500ダメージはA駒としては破格の威力。 ピリキナータ 受けた特殊ダメージの140%を相手に与える罠駒。 返されない位置に仕込んでおけば一発逆転も狙える。 9倍のバフがかかるもの。 HPのリードを奪えることはもちろん、フィニッシャーとしても大活躍できる。 9倍バフで大ダメージを狙える。 【さまざまなデッキでアタッカーとして活躍】 アルンは、コンボスキルこそ相手リーダーに左右されるものの、状況を選ばず火力を出しやすい、非常に優秀な駒。 デッキ構築に悩んだら、とりあえず編成しておいてソンはない。 そのほかのイベント入手できる竜属性オススメ駒 サマー・アルン 表になっている3ターンのあいだ、竜属性に1. 3倍のバフ。 竜メインのデッキには必須。 ブリッツドラゴン 竜のA駒屈指のアタッカー。 タイガー桜井と宮坊が動画で攻略中! 『逆転オセロニア』のお役立ち情報満載!.

次の

【オセロニア】安定の強さ!神統一攻撃デッキ(神パ)の戦い方・おすすめレシピ

逆転 オセロニア 最強 デッキ

コンボ導線を張り巡らしつつ、中盤から終盤に火力で押し切ることが基本的な戦術となります。 闘化ゼルエルや進化ローランなど、竜属性顔負けの高い通常攻撃ダメージを出せるキャラが登場してきたことにより、通常攻撃に応じた特殊ダメージ系コンボスキルを持った駒とのコンボを狙う戦術も一般的になってきました。 また神統一攻撃デッキでは、オーラスキル 攻撃力がアップする を持った駒をリーダーにします。 ATK調整とは ATKの低いオーラスキルを持った駒を手駒ロックによって盤面に引きずり出されないように、リーダー以外の駒をリーダー駒より低いATKになるようにレベルを調整すること。 アラクやウンディーネなど、ATKの高低によってスキル効果に影響が出ないサポートキャラを対象に調整することが多いです。 また、手駒ロックを使われるのは対戦後半の試合を決める一手の直前が多いので、デバフスキルやシールドのスキルの持つ駒で調整するのをお勧めします。 おすすめデッキサンプル コスト200の場合、S駒4枚、A駒12枚の編成が個人的なベストだと思っています。 B駒を編成するとHPがB駒なしの編成より大幅に下がってしまいます。 そのため、あまりおすすめしません。 倍率1. 4倍、かつA駒であるニューイヤー・蘭陵王がベスト。 次点で倍率1. 3倍のA駒蘭陵王 [進化]ムーニアも性能は同じ です。 ニューイヤー・蘭陵王の弱点はATKの低さです。 調整した駒を多く編成しないと手駒ロックで確実に盤面に出されてしまいます。 [闘化]ムーニアも同様のスキルを持っていますが、ニューイヤー・蘭陵王よりさらにATKが低いので、個人的にはあまり使いたくない駒です。 ただニューイヤー・蘭陵王は正月ガチャ限定駒なので、持っていない方も多いですよね…… 【その2】リーダー以外にも攻撃力アップのオーラスキルを搭載した駒があるとベスト [幸せ応援団] フェリタ&プティ リーダー以外のバフオーラ駒は神統一攻撃デッキとの相性は抜群です。 「自分のHPが減少するほど手駒の神駒のATKが上昇し、最大で1. また、 ニューイヤー・蘭陵王よりもATKが低いので、手駒ロックからリーダーを守ることもできます。 B駒ではサマー・アマリアもニューイヤー・蘭陵王よりATKが低く、1. 1倍のオーラバフを持っています。 【その3】盤面で表になっている間攻撃力がアップするスキルでダメージを底上げする [誓約の水合わせ]ウンディーネ 何度も書いてますが、ニューイヤー・蘭陵王や蘭陵王は手駒ロックに弱いです。 発動条件のないルキアは、竜デッキ以外の多くのデッキに採用されていますよね。 なのでその対策として、ニューイヤー・蘭陵王や蘭陵王よりATKの低い駒をデッキに編成する必要があります。 ただ神駒は通常攻撃ダメージに応じた特殊ダメージを与える駒が多いので、ニューイヤー・蘭陵王ほどATKを下げてしまうと、そもそもの火力が失われてしまって本末転倒に…… 先ほども明記したとおり、手駒ロックを使われるのは対戦後半の試合を決める一手の直前が多いので、デバフスキルやシールドのスキルの持つ駒で調整するのをお勧めします。 ATKが低くてもスキルに影響のない駒を調整する必要があるということですね。 代表的な駒をピックアップしました。 ただし、せっかく調整した駒を盤面にポンポン出しては意味がありません。 いつルキアがいいようにリーダーよりATKが低い駒はなるべく手駒に温存しておきましょう。 【その5】バフコンボと強力な特殊ダメージスキルをつなげる [衡奪の監視者]アラク 神統一攻撃デッキの最大の武器は、通常攻撃に応じた強力な特殊ダメージです。 例えばS駒では[闘化]ミアクレル、[闘化]ジークフリート、[進化]ヴィクトリアなど、A駒ではエンデガなどが通常攻撃に応じた強力な特殊ダメージスキルを搭載しています。 それぞれ条件が設定されていますが、単体で発動しても高火力な上に、強力なバフスキルとコンボすることができればかなりの大ダメージを与えることが可能です。 強力なバフコンボスキルを持つ駒としては、S駒では[進化]ローランなど、A駒ではアラク、金色・フギンとムニンなどが代表的ですね。 [進化]ファヌエルが召喚するエスペランサも通常攻撃と特殊ダメージを防御しつつ、強力な囁きバフコンボスキルを持っています。 【その6】特殊ダメージ罠対策用の駒を編成する [降りそそぐ星雲]ミアクレル 神統一攻撃デッキでは、後半にならないとスキルが発動しない半面、発動すれば大ダメージを与えることができる駒が多いです。 S駒では[進化]ヴィクトリア、A駒ではエンデガなどが代表的ですよね。 コンボスキルで言えばブレスドソーディアンやハーピストエンジェルなど。 これらの駒が序盤から手駒にきてしまうと、盤面に出す駒がなくなってしまう状況におちいりやすいです。 そのためにも 序盤からスキルを発動できるアタッカー駒を多くデッキに編成しましょう。 例えば、S駒では[神闘化]フェリヤ、[闘化]ジークフリート、[闘化]ミアクレルなど。 A駒では祝融、アルベルダ、張遼などです。

次の