辛いもの 腹痛。 辛いものを食べた後の胃痛、腹痛予防や対処法 効果のある胃薬や漢方は?

辛い食べ物で腹痛になる!対処法は腸疲労を改善すること!

辛いもの 腹痛

夏になると冷たい食べ物を欲する人は多いでしょうが、なかには「暑い夏だからこそ熱いものが食べたい! 辛い物が欲しくなる!」という人も少なくないでしょう。 筆者のかつての同僚がそうでした。 猛暑日が続く中、昼休みになると毎日のように社員食堂でカレーライスを注文し、それに大量の七味唐辛子をふりかけて食べていました。 額に玉のような汗を浮かべて「はふはふ」と言いながら激辛カレーを頬張る同僚を横目に、筆者は冷やし中華を食べていたのを思い出します。 また、別の知人はタイへ旅行に行った際、辛い物を食べすぎて腹痛になりました。 下痢が治まらず、病院で診てもらったところ、胃の内壁がただれていたということがあります。 普段から辛い物を多く食べているメキシコでおこなわれた調査によると、唐辛子の摂取量と胃癌のリスクは比例するというデータも。 やっぱり、辛い物、刺激が強い物を食べ過ぎると腹痛になってしまうのでしょうか。 ここでは辛い物を食べ過ぎると腹痛になるメカニズム、そして知って得する治す方法、予防法などをご紹介します。 じつは「胃酸」が関係しています。 何らかの理由で胃酸の分泌量が増えると、胃や食道を痛めることがあります。 唐辛子には、少量であれば胃酸の分泌を抑え、食欲を増進させる効果があると言われていますが、 食べ過ぎると逆に胃酸の分泌を促進してしまい、結果、胃や食道を痛めてしまうことがあるというのです。 「ストレスで胃が痛くなった」という話を聞きますが、これも胃酸が多量に分泌されている状態ですから、 ストレス発散のために辛い物をドカ食いすることは明らかに無謀と言えるでしょう。 味覚に分類されない「辛味」は、実は〇〇だった! 人間の味覚は大きく5つに分類されます。 塩味 つまり、「辛味」というものは存在しないのです。 私たちが 辛い物を食べて「辛い」と感じるのはじつは「痛み」なのです。 口内炎ができたときに痛いと感じるように、口の中には痛みを感じる神経がたくさんあり、辛い物を食べたとき、その痛みの感覚を「味覚」と錯覚してしまっているだけなのです。 そう考えると、辛い物を食べてお腹が痛くなるという現象も、なかば当然のことのようにも思えます。 辛い物と一緒に口にしないほうがいいものとは? 辛い物を食べても、少しくらいの腹痛ならすぐに治まりますから、それほど気にならないでしょう。 しかし、いつまでも下痢が続く、胃腸の痛みが治まらないという場合があります。 中にはお尻までヒリヒリするといった症状を訴える人もいるようです。 そんな強い症状を訴える人の多くは、 唐辛子などの辛い物と合わせて、脂っこいものやアルコール類を摂取しているものです。 唐辛子の辛み成分であるカプサイシンが脂溶性であるため、油やアルコール類とうまく溶け合って、口から肛門に至る消化器官全体に行き渡ってしまいます。 その結果、口内炎ができたり、胃腸が痛くなったり、お尻までヒリヒリしたりするわけです。 ときには肛門の炎症がもとで痔になる人もいるそうです。 辛い物と脂っこいもの、アルコール類というのはセットみたいなイメージを持ってしまいがちですが、体のことを考えると、じつは良くない組み合わせだということなのです。 そんな人のために、辛い物で胃腸が痛くならないための効果的な予防法や、なってしまったときの対処法をご紹介したいと思います。 水よりヨーグルトのほうが効果的 水を飲んでも辛さやヒリヒリ感が治まらないことがよくあります。 これは、唐辛子に含まれるカプサイシンが水に溶けにくい性質を持っているからです。 そこで効果的なのが カゼインを豊富に含む乳製品です。 激辛料理を食べる前や食べている途中に ヨーグルト、牛乳、チーズといった乳製品を摂取してみましょう。 カプサイシンによる刺激をやわらげてくれる可能性大です。 緑茶やコーヒー、ワインでも効果あり 乳製品は苦手。 牛乳を飲むと下痢をする。 そういう方も少なからずいらっしゃいます。 そんな場合は、緑茶やコーヒー、ワインを試してみてはいかがでしょうか。 タンニンを含む飲み物には整腸作用があると言われています。 乳製品のようにカプサイシンによる刺激をやわらげてくれる効果はありませんが、胃腸環境を整えて、辛さによる影響を多少は軽減してくれると思います。 また、お酢やレモン、ライムなどの酸味は、辛さをやわらげてくれます。 お腹が痛くなった時の対処法 実際にお腹が痛くなってしまったときは、それに見合った処置をするしかありません。 市販の胃腸薬や整腸剤を服用し、合わせて消化の良いものを食べるようにしましょう。 おかゆ• 温野菜• 卵料理• 白身魚• 脂身の少ない肉料理 これらが一般的には良いと言われているメニューです。 他に、整腸作用のある リンゴを食べるのもいいでしょう。 辛い物を食べてお腹をこわしたとしても、普通はそれほど心配ありません。 下痢も1~2日ほどで治まります。 それでも症状が改善されない場合は、すみやかに医療機関を受診するのが賢明です。 まとめ 辛い物って「後を引く美味しさ」がありますが、体に負担のかかるものを多く食べていると、健康被害のリスクもそれなりに大きくなるでしょう。 ですが前もって効果的な予防法や対処法を知っておけば、リスクは軽減されるかもしれません。 この記事の内容が少しでもお役に立てばと願っております。

次の

辛いもので腹痛になる!対処としてヨーグルトが効くか試した!

辛いもの 腹痛

SPONSORED LINK 辛いものを食べてお腹が痛くなるのは、大抵カプサイシンをふくんでいる「唐辛子」を食べた時だろう。 早いところ治してしまいたい! お腹が痛くならない食べ方はないものだろうか? 今回は 辛いものを食べて腹痛になった時の原因と対処法、そして 摂り過ぎるとどうなるか を見ていく. 目次 ・辛いものを食べるとなぜ腹痛になるか? ・「辛味」は「痛み」 ・痛い時の対処法 ・食べ過ぎると癌のリスクがある? スポンサードリンク 辛いものを食べるとなぜ腹痛になるか? なぜ辛いもの、主に唐辛子を食べた時に腹痛が起こるのだろう? 実は唐辛子には、 少ない量であれば 、胃酸の分泌を抑え、食欲を増進する効果がある。 しかし 摂り過ぎると 胃酸の分泌を促進し、胃や食道を痛めることになってしまうのだ。 さらに、ストレスも胃酸の分泌を促進する効果がある。 ストレスで胃が痛くなった経験がある人もいるだろう。 この二つは同じ原理で腹痛を起こしている。 一番いけないのは、「ストレスが溜まったから辛いものをドカ食いする!」ということだ。 ストレス + 辛いもの = 胃酸の過剰分泌 こうなってしまうと厄介。 「単なる食べ過ぎで胃が痛くなったんだろう」と考えてしまう場合があるからだ。 ストレスを発散できるなら、ちょっとくらい胃が痛くなってもいい。 こう考えるようになると非常に危険。 後に説明するが、病気のリスクも高まってしまう。 「辛味」は「痛み」 実は「辛味」と言うのは「味」ではなく「痛み」だった。 「味」に分類されるのは以下の5つ。 辛味は含まれていない。 口の中に口内炎ができた時に感じるように、口には痛みを感じる器官も備えている。 「辛み」を「味覚」と感じてしまう人がいるのもこのためだ。 痛い時の対処法 胃の中を刺激物から守るようにコーティングしておけば、腹痛の大きさも軽減できる。 特に効果があると報告があったものは、 辛いものを食べる前に牛乳を飲んでおく ヨーグルト、チーズでも可 これは、食べてしまった後でも効果は期待できる。 実は唐辛子のカプサイシンは水に溶けにくい!よって水を飲んでも腹痛は治まらないのだ。 食べ過ぎると癌のリスクがある? 辛いものが好きで知られるメキシコでこんな調査が行われた。 唐辛子を一日9~25本分食べた人と、 唐辛子を一日0~3本しか食べなかった人 この二つの場合では、どちらが胃がんになりやすいだろうか? 結果はこうなった。 71 倍高い! 最悪の事態を招く確率が1. 71倍になる だからストレス発散目的で辛いものを食べると取り返しの付かないことになる場合もある。 また、女性に比べ、男性の方が胃腸は弱い傾向にある。 男性は特に気をつけよう。 余談 中でも管理人が盲点だったのは「辛味」とは「味」の一種ではなく「痛み」の仲間だったということだ! 辛いものは我慢大会でも使われているが、やせ我慢してベストを尽くしてまで食べるものではなかったということ。 最近の人気記事• 328,900ビュー• 231,292ビュー• 229,644ビュー• 199,763ビュー• 168,495ビュー• 150,088ビュー• 115,590ビュー• 112,177ビュー• 68,325ビュー• 67,642ビュー• 61,027ビュー• 60,993ビュー• 57,998ビュー• 57,536ビュー• 54,533ビュー• 52,845ビュー• 48,315ビュー• 47,841ビュー• 47,644ビュー• 44,099ビュー• 38,706ビュー• 35,631ビュー• 27,613ビュー• 27,110ビュー• 25,713ビュー• 24,870ビュー• 23,045ビュー• 22,708ビュー• 18,692ビュー• 18,161ビュー• 17,994ビュー• 17,355ビュー• 16,357ビュー• 16,160ビュー• 15,782ビュー• 15,639ビュー• 15,176ビュー• 14,960ビュー• 14,597ビュー• 13,536ビュー• 13,005ビュー• 12,979ビュー• 12,329ビュー• 11,486ビュー• 10,444ビュー• 10,250ビュー• 9,968ビュー• 9,503ビュー• 9,227ビュー• 8,908ビュー• 8,827ビュー• 8,660ビュー• 7,630ビュー• 7,552ビュー• 7,418ビュー• 6,505ビュー• 6,503ビュー• 6,403ビュー• 6,337ビュー• 6,155ビュー 今までの人気記事一覧• - 376,103 views• - 253,941 views• - 232,821 views• - 208,964 views• - 185,779 views• - 168,003 views• - 137,726 views• - 130,504 views• - 79,550 views• - 78,327 views• - 73,082 views• - 69,230 views• - 68,151 views• - 64,489 views• - 62,493 views• - 61,606 views• - 60,675 views• - 59,476 views• - 53,029 views• - 50,924 views• - 45,081 views• - 44,759 views• - 39,894 views• - 36,996 views• - 32,170 views• - 30,379 views• - 30,371 views• - 29,751 views• - 29,359 views• - 25,408 views• - 24,294 views• - 24,080 views• - 22,043 views• - 21,989 views• - 20,870 views• - 19,900 views• - 18,089 views• - 17,421 views• - 17,282 views• - 16,749 views• - 16,522 views• - 16,462 views• - 15,953 views• - 15,549 views• - 15,301 views• - 14,373 views• - 13,908 views• - 13,873 views• - 13,758 views• - 13,419 views• - 13,309 views• - 12,840 views• - 12,647 views• - 12,070 views• - 11,312 views• - 11,121 views• - 10,620 views• - 10,308 views• - 9,894 views• - 9,856 views.

次の

辛い食べ物で腹痛になる!対処法は腸疲労を改善すること!

辛いもの 腹痛

激辛料理を食べる番組 ヒカル先生はあまりバラエティー番組を見ないのですが、先日テレビを付けっぱなしにしていたところ、芸能人が激辛料理を必死に食べている番組を目にしました。 激辛料理とはいえ、唐辛子やタバスコはもちろん ハバネロやそれ以上の辛さの食材や香辛料がこれでもか!という位に使われています。 あまりにも真っ赤に染まった料理を目にし、ヒカル先生は思わず血の池地獄を想像してしまうほどですよ。 これは芸能人があまりの辛さに悶え苦しみ、全身から汗が吹き出しながらやっとの思いで食べるリアクションを視聴者は楽しむ企画なのでしょう。 ヒカル先生は激辛料理を無理やり食べる主旨の企画には賛同できかねますが、怖い物見たさで最後まで観てしまいました。 いや~、ヒカル先生はテレビを観ているだけで辛さを感じてきて、全身に汗がジワッと沸き出てしまいましたよ。 実際にこの激辛料理を食べたとしたら、間違いなくひと口目でギブアップです。 そして確実に お腹を壊しお尻もヒリヒリ、1時間はトイレで苦しむことになるでしょう。 しかしながら芸能人の中には、多少の汗は滲ませても「美味しい~」と言いながら、この激辛料理を食べきってしまう人がいました。 う~ん、この人はいったいどんな身体をしているのか、あとで具合が悪くならないのかとヒカル先生は心配になってしまいます。 さらには、着色料で赤くしているだけで本当は辛くないのでは?なんて猜疑心も覚えてしまいましたよ。 そこで今回のコラムは久々の食事ネタにして、辛い食べ物が体に与える影響について語っていくことにしました。 辛い食べ物の健康効果 ヒカル先生は辛い食材といえば唐辛子が真っ先に思い浮かびますが、 唐辛子に含まれる代表的な辛味成分といえば「カプサイシン」です。 この唐辛子に含まれるカプサイシンを少量摂るだけで、体はポカポカと温まってきます。 これは体内で熱が生産され、血流が良くなった証拠です。 「磁気とカラダの保健室」の読者の皆様ならば、これだけで辛い食べ物の健康効果が分かってしまいましたね。 そうです。 辛い食べ物は体を温め、磁気と同様に血行促進をしてくれますから、身体に様々な良い影響が現れます。 例えば、体が熱を生産するということは体温の上昇に繋がりますから、体を冷えから守ってくれます。 そして辛いものを食べると汗が出てくるように、新陳代謝が活性化します。 新陳代謝が良くなれば、肌がきめ細かくなるなどの美容効果も生まれます。 辛いものは食欲を増進させても消化機能を高めますので、栄養素を効率よく吸収して、疲労回復効果が見込めるでしょう。 もちろん体脂肪の分解だって促進しますので、ダイエットにも効果的です。 このように少量の辛味成分を摂取するだけで、磁気も顔負けの健康効果が期待できると考えれば、辛い食べ物がクセになってしまう人の気持ちも分かります。 でもこのような健康効果は、辛味成分は「適量」という条件が付きます。 辛味成分には磁気と同じ血行促進効果があると言っても、過剰な摂取は厳禁です。 辛い食べ物には強い刺激がありますから、大量の辛い食べ物や激辛料理を食べれば健康被害を引き起こしかねません。 辛いものを食べすぎると 激辛料理を食べると強い腹痛に苦しむことも多いように、マイナス面にも目を向けなければなりません。 まずは 腹痛を引き起こす仕組みを説明しましょう。 少量のカプサイシンには血行を促進して胃酸の分泌を抑える効果がありますが、適量を超えて摂取すると大量の胃酸を分泌します。 胃酸は強力な酸ですから、ときには粘膜で保護されている胃でさえも溶かしてしまい、胃炎や胃潰瘍などを発症してしまう危険があります。 そしてカプサイシンは腸の蠕動運動を活発化しますが、腸がグニュグニュと動き回って、食べ物の栄養素や水分を十分に消化吸収できません。 結果、消化不良を起こしお腹が痛くなってしまうのです。 次に お尻がヒリヒリする理由を説明します。 カプサイシンという物質は、全身の感覚神経に作用して焼け付くような痛みをもたらしますが、実は人間の消化酵素では分解できません。 つまり口から入ったカプサイシンは、胃や腸などの消化器官を流れ最終地点の肛門に至るまで、ずっと刺激を与え続けます。 でも内臓には痛みを感じる受容体が少ないですので、お腹の中にあるうちはほとんど痛みを感じません。 問題は便として排出されるときです。 なぜなら、 肛門は皮膚の一部につき痛みを感じる受容体が豊富だからです。 少量のカプサイシンが混じった便でもお尻はヒリヒリしますから、大量の辛い食べ物、または激辛料理を食べた後の便は、お尻に相当なダメージを与えるでしょう。 なお食べ物の味は、舌やノドにある味蕾と呼ばれる小さなブツブツで感知します。 しかし味蕾で感知するのは、五味と呼ばれる「甘味、旨味、塩味、酸味、苦味」のみ。 辛味は、痛覚や温覚を伝える三叉神経で感知します。 そのため、「辛味は神経を介して感知するから味蕾は壊れない、味覚障害はおこらない」と言う見解があります。 ですが、辛い食べ物を食べ続ければ神経の感覚はマヒしてきますし、熱さで味蕾が火傷することもあります。 加齢によって味蕾は自然に減少しますが、ヒカル先生は辛味成分を過剰に摂取すれば味蕾の減少速度を速めてしまうと考えていますよ。 辛味成分で味蕾が破壊されないとしても、三叉神経を始めとする脳神経が侵されることになって、さらに大変なことになりそうですが・・・ 美味しい物を味わうことは人生の喜びのひとつと考えるヒカル先生としては、味が分からなくなる事態は避けたいです。 そのため、いくら辛い食べ物が美味しいと言っても、極端に辛いものを食べすぎることはお勧めできません。 味覚や味蕾について知りたい人はコチラをどうぞ まとめ いかがでしたか。 この度ヒカル先生は激辛料理を食べるテレビ番組をみて、ちょっとこれは危険だなと思い、今回のコラムを皆様にお送りしました。 辛い食べ物が大好きという方には耳の痛い話もあったかと思いますが、ヒカル先生は皆様の健康を考えてのことですから、ここはご容赦ください。 なにしろ、辛い食べ物を食べても腹痛だけで治まれば良いのですが、 世界では激辛料理が元で死亡してしまった人もおります。 中国で起きた20代男性は、激辛の火鍋を食べたあとに胃痛を訴えて吐血、病院に運ばれたものの死亡してしまいました。 イギリスの30代男性は、友達といかに辛いソースを作れるか競いあった結果、心臓発作を起こして死亡、おそらくアドレナリンの過剰分泌により心臓に大きな負担がかかったものとみられています。 アメリカの40代男性は幸いにも命を取り留めましたが、激辛料理を食べるコンテストで食べた激辛ハンバーガーが元で食道が裂傷、緊急手術を受け3週間以上も入院するはめになりました。 2019年7月には日本でも、高校生が文化祭で激辛調味料のデスソースを飲んで緊急搬送、なんて事件もありましたね。 このように激辛料理は劇薬になりかねませんので、くれぐれもご注意ください。 しかしながら、それでも激辛料理を食べたい!という方もいらっしゃるでしょう。 そのような方は、 食事の前に牛乳を飲んでください。 バリアのように食道や胃に幕を張ることができますから、辛味成分の刺激を多少なりとも抑えることができます。 少しでも辛味成分の刺激をマイルドにするために、ライスや生野菜を一緒に食べることも忘れずにお願いします。 ちなみに、カプサイシンなどの辛味成分はお水に溶けませんが、お水は口の中から辛味成分を洗い流す効果はあるでしょう。 しかし、お水の飲み過ぎは腹痛を引き起こしますし、ヒカル先生のように乳糖不耐性の人は牛乳を飲むとお腹を下してしまいます。 う~ん、どんな激辛対策をしても腹痛は避けられないかも知れません・・・ね。 適量ならば血行促進に良い辛い食べ物ですが、辛味成分の取り過ぎは大きな危険を伴います。 血行促進を目指す場合ならば無難に運動やお風呂、そしてヒカル先生が毎度おススメしている電気磁気治療器を使った方が良さそうですね。

次の