アヒルの空 まどか。 あひるの空(Ahiru no Sora)のネタバレ解説まとめ

【あひるの空】アニメ第4話のネタバレと感想!丸高戦が始まった!

アヒルの空 まどか

あひるの空のアニメ第6話のストーリー要点は、以下の通りです。 久しぶりのクズ校のシュート• クズ校の新たな挑戦:空が動けない• 缶を踏んで転ぶ空• 待ってました!千秋の登場• ゲーム再開• 試合の最後30秒 久しぶりのクズ校のシュート 前回第5話で、両手を使ってシュートすることで1点を得た空でしたが、クズ校 対 丸高の点は、17:60で丸高が圧倒的に勝っています。 しかし、 久しぶりに点を入れた空と百春は嬉しそうです。 さらに、全ての試合で「自分たちのバスケをする」と決めている千葉は、空のディフェンスを変えることにします。 千葉はとことん戦うつもりのようです。 クズ校の新たな挑戦:空が動けない 今まで、空を中心にバスケをしていたクズ校ですが、空のディフェンスに当たっていた常盤に2人加わり、3人がガードする形を丸高は取ります。 空にパスで繋げることができなクズ校チーム、百春がシュートに挑戦します。 しかし、 百春のシュートは千葉によって阻止されてしまいます。 百春は、必死なあまり、自分たちのボールとなるはずのボールを必死に追い、ラインを超えてイスに突っ込みます。 千秋は、必死に頑張るクズ校を見ていましたが、かっこ悪すぎて見ていられないと、帰ろうとします。 そんな千秋に気がついたまどかは、千秋に声をかけます。 「一緒に戦ってあげないの?百春たちの姿を見てもなんとも思わないの?」と問いかけます。 しかし、千秋は、「 めんどくさいじゃん。 めちゃくちゃかっこ悪いって思うよ。 いくら頑張ってもだめなものはある。 それで笑われたんじゃ、たまったもんじゃない。 」と千秋らしい答えを返します。 そんな千秋に、「 私は頑張っている人を笑わない」とまどかは言うのでした。 缶を踏んで転ぶ空 丸高を応援している丸高生徒の中に、試合が面白くないと言う奴がいました。 彼は、クズ校のみんなが頑張っているバスケを見て、「 そういうのが見たかったんじゃない。 なんかムカつく」と言います。 そして、意図的に、 空き缶を2階から落とします。 その空き缶は、1階に落ちると、コロコロと転がって試合中のコートの中に入っていきました。 運悪く、空はそれを踏んで派手に転んでしまいます。 丸高の観客たちは、転んだ空を見て、大笑いしています。 丸高の千葉も、クズ校の百春も、キレる寸前でした。 しかし、「最後までバスケをしたい」と、空は言い、喧嘩にはならずに済むのでした。 待ってました!千秋の登場 バスケが中断された時、登場したのが、体操着(?って今どき言うのかな)を着た千秋でした。 「今しかねぇ」という歌を歌いながらコートに近づいてきます。 そして、折りたたみテーブルを2階に投げ、「私が言えたことではありませんが、戦わない奴らが、戦っている奴らを笑うなよ」と一喝します。 千葉は、千秋を見て、「 あいつ以上のプレーヤーを見たことがねぇ」と言います。 百春は、「どういう風の吹き回しだ」と茶化しますが、どうしてバスケに戻ってきたのかと千秋に問います。 すると千秋は、「俺の寿命は300年だからだ。 無様な思いなど、この先何回味わってもおつりが来る」とよく分からない発言をするのでした。 きっと、「俺の心はタフだ」と言いたかったのだと思います。 ゲーム再開 千秋が新しくゲームに参加することとなり、空は 千秋にチームの司令塔であるポイントガードを頼みますと言います。 空は、以前、クラスの座席を一瞬にして記憶した千秋が、ゲームメイクをすることができると、見抜いていたのでした。 千秋と一緒にゲームができることになって、空は大喜びしています。 千秋は最初、うっかり8秒ルールに引っかかって、相手ボールにしてしまいますが、常盤の裏を読んで、鮮やかにボールを取り返します。 さらに、 エルボーパスを使うことで、パスも相手に読ませません。 また、糸を針の穴に通すように、顔の周りにボールを投げることで、パスを繋げます。 そんなすごいプレーを見せる千秋を、空は天才と呼ぶのでした。 試合の最後30秒 そうはいっても、丸高との点差は大きく開いており、クズ校に勝ち目はありません。 しかし、クズ校チームの目的は、逆転することではなく、 最後の30秒で1点入れること。 千秋も空も、同じ思いで最後まで戦うのでした。 常盤はクロスオーバーという技で千秋を抜こうとしましたが、千秋はボールを奪います。 そのボールを死守した鍋島でしたが、うっかり丸高の沢にパスしてしまいます。 沢はシュートを打ちますが、そのボールはリングにバウンドし、千葉と百春のボールの取り合いとなります。 丸高のゴールしたに選手たちが密集している状態でしたが、沢からのボールがバウンドしているうちに、 空は1人、ゴールに向かって走るのでした。 空は、百春がリバウンドを取ることを信じていたのです。 空の思惑通り、百春はリバウンドを取り、それを千秋がキャッチし、空に繋げます。 そして、空はシュートを打つのですが、試合終了後のシュートだったので、ノーカウントになってしまいました。 結果は 最後の1点を決めることにはならず、146対22で負けてしまいましたが、最後までやり切ったクズ校の皆は、満足したように見えました。 空は、千葉が真剣に試合をしてくれたことで「ありがとうございました!」と頭を下げます。 千葉は、「165cm、俺が中3だった時の身長だ」と言い、「小さくても結構やれるもんだな」と改心しているのでした。 そんな千葉に、「何を食べたらそんなに大きくなるのか」と、空は聞き、千葉は大笑いします。 【あひるの空】アニメ第6話の感想 やっぱり千秋がバスケに帰ってきましたね。 前回第5話で、千秋が帰ってくるならこのタイミングが1番だろうと思っていましたが、やはり、本人もそう思ったらしく、「今しかねぇ」と歌いながら帰ってきましたね。 彼の歌、天才だと思いました。 千秋の声優をしている小西克幸さんは、完全に千秋を理解していると思いました。 さらに、千秋のプレーも凄かったですね。 鋭い洞察力と、華麗なテクニック、チームをまとめる力と元気づける存在で、空が天才というのもうなずけます。 今後、どんなチームプレーをしていくのか、本当に楽しみです。 それと、百春のリバウンドを信じて早々に走り出す空、良かったですね。 仲間を信頼してゲームをするって、素晴らしいことですよね。 バスケは、チームプレイのスポーツの1つなので、仲間との信頼関係が大切になりますが、もうすでに空と百春は信頼関係を築いていますね。 今後は、茶木や鍋島たちの活躍も期待しています。

次の

あひるの空(Ahiru no Sora)のネタバレ解説まとめ

アヒルの空 まどか

挑戦するものを笑うんじゃねぇ! 丸高の新たな戦術は、ディフェンスを強化。 空についたディフェンスの人数は…3人だー! ガッチガチじゃねぇか! シュートどころかパスさえ出来ない状況。 クズ高に他にシュート出来る人はいたっけか…。 百春がなんとかシュートを決めようとするも、丸高のキャプテン・千葉の超ジャンプに阻まれて失敗。 もうダメだぁ…お終いだぁ…。 ボロ負け状態のクズ高を見て千秋も現場から逃走。 しかし円(まどか)が千秋を追い掛け説得。 笑われるのが嫌だ」 と発言する千秋に対し、円は 「どんなに弱くてカッコ悪くても、私は笑わない」 と反論。 『挑戦する者を笑ってはいけない』 って僕も昔に学びました。 2ちゃんで。 円の言葉を受けて考えている千秋の回想シーンによると、千秋も昔はそんな捻くれた性格じゃなく、周りの子供たちに影響されたからってことなのか。 しかし結局千秋は逃走、やっぱりダメだったかー…。 千秋クン、強い(確信) 必死に頑張ってるクズ高の生徒を見て面白く思わない丸高の外野。 外野の不良が空き缶をコートに落とし、偶然にも空が踏んでしまい盛大にすっこけたー! ポイ捨てはするんじゃねぇ! 丸高の外野の態度に、クズ高の百春(ももはる)や丸高バスケ部のキャプテン・千葉もブチ切れ寸前。 しかし丸高の常盤(ときわ)が千葉をなだめ、転んだ本人である空が百春を抑えたおかげでなんとかとどまった様子。 とそこに 「やるなら今しかねぇ!」 とよく分からん歌を歌いながらコートに登場したのは…千秋だー! 千秋は逃げ出したのかと思ったら、着替えるためにその場を去ったってことだったのか。 疑ってすまんな! 「戦わない奴らが戦ってる奴らを笑うんじゃねぇ!」 と千秋が外野に机を投げつけたことで、外野の不良たちは激おこ。 まぁ何はともあれ、これでようやく千秋も参戦かな。 空はかつて千秋が見せた一瞬の認識力を思い出し、チームの司令塔であるポイントガードのポジションを任命。 千秋はこんなガタイしてるけど、結構頭脳派なのかな。 丸高の主将・千葉がクズ高との試合を受けると判断したのも、かつて見た千秋のプレイが気になってとのことで、千秋はかなり強そう。 千秋がボールを手に試合を再開すると…うっかり8秒ルールで相手ボールに。 バスケに限らずゲームとかでも、久しぶりにやると動かし方とか忘れちゃうの、よくある。 丸高の常盤が一気に攻め込むも、千秋がブロック。 しかし常盤の動きはフェイク、千秋を騙してパスしようとするも、再び千秋がブロック。 千秋が常盤の動きに惑わされずにをブロック出来た理由は 『俺だったらそうしたから』 とのこと。 たしかに、相手の立場になって物事を考えるの大事! 千秋はそのまま相手ゴール下までドリブル、空にパスすると見せかけて鍋島にパスを回し、鍋島がゴール。 丸高の千葉曰く、千秋は高校生ではなかなか出来ない『エルボーパス』をしたとのこと。 つまりはテクニックがすごいってことかな。 千秋は常盤のパスミスを誘発し、千秋がそのままゴールまで持っていくと見せかけて空にパスし、再びクズ高の得点が追加。 千秋クン、すごい(小生感) 試合は残り30秒! 試合は残り30秒、点差は24点差でクズ高が勝てる見込みはなし。 だがしかし! 最後に決めて終わろうぜ!と意気込む空。 対する丸高の千葉も、千秋が参戦した時点から点を数え直して勝敗を決めろ! とやる気MAX。 常盤の持つボールをなんとか千秋が弾き、鍋島にボールが渡りパスするも丸高側がキャッチ。 そのままゴールを決められようとするも百春(ももはる)が阻止、しようとするも千葉がガード。 百春 vs 千葉じゃあ百春に勝ち目は…。 と思ったら、百春を信じて逆側に走り出す空。 そしてなんとかボールを弾く百春、やるねぇ! 弾かれたボールは千秋にわたり、常盤たちを騙しボウリングのようなアンダースローで空にロングパス。 最後は空がゴールを決めたー! と思ったら、タイムアップ後のゴールだったー! これはまぁ惜しかったけど、実質もクズ高の負けかぁ。 試合後は空を讃える常盤。 と思ったら空だけじゃなく、皆あちこちで談笑してるわ。 空の空気を変える力すげぇ! 結果は22点 対 146点で圧倒的な試合だったけど、お互い得るものがあったみたいですね。 エンディング後のCパートは、試合後、丸高の千葉の靴紛失事件。 千秋クン、やっちゃいましたねぇ…。 ついに千秋も参戦、強引なパワーだけじゃなくテクニックもかなり高い、なかなかの良人材やん! クズ高は試合に負けたとはいえ、クズ高も丸高も得るものもあったしイイ試合でした。 バスケのルールはほとんど知らないのでアニメ見始める前は結構不安でしたが、バスケ無知な人が見てもめっちゃ楽しめるイイバスケアニメですね! 【DVD】 1巻(1~2話):2020年1月29日発売 2巻(3~5話):2020年2月26日発売 3巻(6~8話):2020年2月26日発売 4巻(9~11話):2020年4月29日発売 5巻(12~14話):2020年4月29日発売 6巻(15~17話):2020年5月27日発売 7巻(18~20話):2020年5月27日発売 8巻(21~23話):2020年7月29日発売 9巻(24~26話):2020年7月29日発売 10巻(27~29話):2020年8月26日発売 11巻(30~32話):2020年8月26日発売 12巻(33~35話):2020年9月30日発売 13巻(36~38話):2020年9月30日発売 14巻(39~41話):2020年10月28日発売 15巻(42~44話):2020年10月28日発売 16巻(45~47話):2020年12月23日発売 17巻(48~50話):2020年12月23日発売.

次の

『海外の反応』あひるの空 第1話「正統派スポーツアニメ?バスケのアニメーションに期待!」

アヒルの空 まどか

Contents• あひるの空8話感想!【ネタバレあり】 、8話視聴 身の上話出してくるのは反則じゃ…一気に夏目が好きになってしまった。 親から煙たがられるぐらいの不良だけど、妹思いで、バスケが死ぬほど好きで…これは人気出るよね!…百春が根は悪い奴じゃないといち早く気づいたのは、同じ不良センサーかな。 — やまと yamato1130 トビくんが使ってはいけない体育館のコートでシュートを決めて、女の子を怪我させてしまいました。 軽い脳震盪をおこしただけだったとのことで、よかったですね・・・(ホッ) 百春くんが土下座をして謝るなど、いろいろと後味の悪い思いを残した感じ。 空くんがいつになく怒っていましたね。 「あんなやつバスケ部と思われたくない!」 しかもこんなとき閃きの一手を出してくれそうな千秋くんは、マネージャー志望の女の子2人が部室にいた千秋くんの顔を見ただけで帰ってしまったらしいですし・・(そりゃショックだわなw) そんな折、空くんがボロボロのバスケットボールを発見します。 安原さんいわく、「それはあのトビってやつのボールだ」とのこと。 「細かい傷がいっぱいあるボール」その真意は、 「皮のボールは外でついてはいけないとちっさいときによく言われた。 傷がつきやすいから。 僕のボールも、コートでつけなかったからそうだった。 バスケやりたいんでしょ?」 トビくんが夜遅く、暗い中でボールを探していたときに言ったセリフです。 これだけのやる気を見せても、トビくんは、 「ワシのバスケは、ボールとゴールだけあればいいんじゃ」と言いすてました。 でも、百春くんも空くんも、あまりトビくんのことを悪く思っていない様子。 しかし、そんな思いもつかのま、トビくんが体育館で不良軍団をボコします。 そこで、みんなに迷惑をかけたと空くんが糾弾してもらちがあかないと思ったのか、 まどかさんがビンタをトビくんにぶちかまします。 生活指導の五月先生がバスケ部の顧問に就任したのもつかのま、この惨状をみて、 「バスケ部は廃部だ」と宣言します。 言葉につまった百春くんに、トビくんの電話を空くんが吹き飛ばします。 (このときわかったのは、トビくんが謹慎あけで学校に来ていたのですね・・」 「ワシはバスケ部じゃない。 こんな連中と一緒にすんなや」という言葉で、バスケ部の廃部は免れます。 (でも、トビくんの電話にかかってきた、「公衆電話」からの着信が気になりますね・・いったい誰から?) コートは使えることになりましたが、なんとなく複雑な思いをかかえる一同(千秋くんなんか「マネージャーが入ってこない」という理由で、廃部になってもよかったなんていう始末、まどかさんもトビくんをビンタしてしまったから「卑怯ではないと思うな、あの人」) 安原さんが、トビくんにやられていた人の名前を聞き出します。 (西原っていう人たち?でもなんか引っ掛かりますね) 学校から帰る途中、空くんはトビくんが、妹?らしき女の子(樹里)と電話で話しているところに遭遇します。 お父さんと何かあったこと(今のお父さんは義理のお父さん?)、広島に妹がいること(肩車して夢を語るほど仲がいい)、インターハイに挑戦する気持ちでいること(高校からスカウトがあったこと)、家庭内のトラブル、そして神奈川にはおばさんのところに預けてもらっていることなど、複雑な家庭の事情があることがわかります。 空くんは断固としてインターハイにいくつもりだけど、トビくんは「あんな奴らと一緒にバスケするくらいなら辞めたほうがましじゃ」と言い捨て、 「どれだけ無力か見せてやる。 全国のレベルを見せてやるけえの」と、1on1の勝負を申し込みます。 これを受ける空くん。 真剣勝負にありますが、トビくんの動きが見えないほどのスムーズさに、一歩も追跡することができません。 非常に華麗で流麗、見た目とは裏腹の美しいバスケに、全然違うレベルに気づかされます。 二人の対決にギャラリーが集まってきだして、空くんも応援されますが、なかなか追いつけません。 この空くんの姿に、トビくんは前のお父さん(鳶職?)との思いでがよみがえります。 懐かしい思い出に、一瞬気をとられ、勝負が決まり空くんの勝ちになります。 ここに、五月先生や安原さん、チャッキーさん、ナベさんたちが、トビくんと昨日喧嘩騒ぎを起こした人たちを連れてきました。 「昨日のケンカの本当のいきさつを話すから、そいつの処分(=退学処分)を考えなおしてほしい」 ・・なにやら、トビくんが一方的にただ暴力をふるったわけではないようです。 いったいどういう事情があったのでしょうか? さてここで、今回のあひるの空8話は終わり、次回に続きます。 #8 アヒルとトビ 問題を起こした場合即廃部を条件に、顧問をつけてもらい活動を許可されたクズ高男子バスケ部。 その矢先、ヤスたちと校舎裏でひと悶着したトビが、女子バレーボール部が練習する中で無理やりバスケの練習をした挙句、部員にけがをさせてしまう。 百春の土下座により何とかその場は収まったものの、翌日には体育館でトビがほかの生徒と暴力沙汰を起こす。 顧問となった五月は惨状を見て廃部をつきつけるが、トビが自分はバスケ部ではないと宣言したことでなんとか廃部は免れた。 しかし、百春や空には釈然としない思いが残る。 校舎裏で華麗なシュートを決める1年生に出会う。 (あひるの空 公式ウェブサイト) 今回放送回はマンガの何巻にあたる? あひるの空8話の放送分は、原作マンガでは、• 3巻19話~4巻21話 のお話です。 読んだ後に解約してしまえば、完全にタダなので、利用しないと損ですよ! スポンサードリンク あひるの空8話を見た人の感想 好意的な声 8話視聴。 完璧すぎる展開。 妹と電話をしている優しい表情と、実の父を思い出してぼーっとしたトビを見てたら何も言えなくなる…彼の退学を翻すどんでん返しはあるのか…? 百春の株が急上昇中。 円ちゃんに打たれるとかトビ役得、いや名キャラじゃんか!華麗で流麗なプレー、幼い妹との約束、本当の親父さんとの思い出、その姿に空がダブった。

次の