二子 玉川 駅 浸水。 二子玉川ライズ 公式サイト

世田谷区洪水ハザードマップ(多摩川版・全区版)

二子 玉川 駅 浸水

浸水確認箇所一覧と浸水確認箇所図について 浸水確認箇所一覧は、過去に区内で発生した浸水被害の状況を記録した資料です。 浸水確認箇所図は、浸水確認箇所一覧の被害箇所を地図上に示した資料です。 いずれも、土地の利用方法や建物の浸水対策を検討する際の参考となるよう公表しています。 このホームページのほか区役所第1庁舎4階でも掲示しています。 共通の注意点は以下のとおりです。 掲載対象は、建物内の床上、床下、地下の被害です。 道路、駐車場、農地、庭、空き地など地表の冠水は対象外です。 記録内容は世田谷区土木部で把握した浸水状況であり、区内浸水被害の全てではありません。 個々の記録の詳細についてのお尋ねにはお答えしていません。 平成元年以降の浸水について公表しています。 従来の「水害被害記録」と「浸水概況図」を令和元年12月に呼称変更しました。 浸水確認箇所一覧 (PDF形式 294キロバイト) 浸水確認箇所一覧の表頭項目ごとの内容は以下のとおりです。 発生期間: 被害をもたらした降雨等のあった日• 区分: "台風"と"集中豪雨"の別• 原因: "氾濫"(=河川の氾濫)と"氾濫以外"の別• 河川名: 溢水の場合は氾濫した河川名、溢水以外の場合は河川流域名• 総雨量: 被害地域の直近の雨量計の観測値• 最大雨量: 同上 (10分間雨量は平成15年度から記載)• 被害住所: 「町名」50音順、「丁目」「番」昇順で表示 ("号"は非公表)• 被害区分: "床上"と"床下"の別 (空欄は非居住部分の被害のみがあったことを示し、その内容を「建物構造」欄に記載)• 建物構造: 地下被害がある場合の被害内容等を記載• 浸水深さ: 床面から水面までの距離• 備考:(1)複数街区の範囲での棟数の記録がある場合はその旨記載 (2)被害家屋が特定できない等の場合にその旨記載 浸水確認箇所図 (PDF形式 6,406キロバイト) (PDF形式 6,290キロバイト) (PDF形式 2,743キロバイト) (PDF形式 2,725キロバイト)• 浸水確認箇所図は浸水確認箇所一覧の浸水箇所を地図に表示したものです。 地図は、世田谷区をあらかじめ1辺25メートルのメッシュ(升目)で区分し、浸水が確認された建物の敷地が属するメッシュを色塗りで表示しています。 地下階の浸水は、該当メッシュに円で表しています。 円の中心は建物敷地の中心を示すものではありません。 また、地下車庫など人が居住しない場所のみへの浸水は円単独で表示し、人が居住する場所への浸水を含む場合は円とメッシュを重ねて表示しています。 ただし、R1台風19号版はこの区別をしていません。 図の凡例中の総雨量及び時間最大雨量は、区設置の雨量観測点のうちで最大となった地点の観測値です。 調査地点に近い雨量計の観測値は「浸水確認箇所一覧」で確認してください。 図上の表示を見やすくするために、適当な年数で区切って別葉で作成しています。 関連リンク•

次の

二子玉川ライズ 公式サイト

二子 玉川 駅 浸水

調整池がなかったのが原因でしょう。 もし 武蔵小杉の近くに「調整池」を作れば 武蔵小杉の被害は少なかったかも・・・ 調整池の活躍を紹介した記事がある。 過去には水害が起きていた地域を守ったのは、地下に設置された防災設備「調節池」でした。 どんな施設なのか取材しました。 新宿区や中野区、千代田区などを流れる神田川は、過去には台風や大雨の時に川が氾濫するなど水害が起きていましたが、今回の大雨では河川の増水による被害はありませんでした。 地域の暮らしを守ったのが調節池と呼ばれる防災施設です。 東京都は2005年、環七道路の下、地下40メートルの場所に「神田川・環状七号線地下調節池」を建設し、神田川流域の水を最大で54万立法メートルためられるようにしました。 これは25メートルプール1800杯分に相当します。 都によりますと、今回の大雨では貯水池の容量のおよそ9割まで雨水がたまったということです。 東京都が運用する調節池は都内に28カ所あり、都は今後も増やしていく方針です。 【動画】二子玉川駅付近。 河川敷がなくなり、まるで茶色く太い帯のように見える 浸水で多くの利用者らが一時孤立した特別養護老人ホームがある埼玉県川越市では、東京湾に注ぐ荒川水系の越辺(おっぺ)川の堤防が決壊しているのが見えた。 確認できたのはカーブの出口で、安田さんは「水が勢いよくぶつかり、堤を削ったのではないか」と話した。 栃木県佐野市では利根川水系の秋山川が決壊。 「堤防が低く、水位が上がると決壊しやすい」との見方を示す一方、流れは比較的直線で詳しい原因調査が待たれると述べた。 安田さんは、より多くの水を集め、流域面積が広い大河川やその支流が各地で氾濫したことを挙げ、「19号が広範に記録的な雨を降らせたことが改めて浮かび上がった」と語った。 その一方、荒川の調整池である彩湖や、利根川水系の渡良瀬川が流入する渡良瀬遊水地にも大量の水が流れ込んでおり、「これらが機能し、下流の首都圏の大洪水を防ぐことができた」との見方も示した。 (浦和経済新聞) 取り残され水没した作業車も 巨大なカマキリ型の遊具があることから通称「カマキリ公園」と呼ばれている同公園。 複数の巨大遊具と広いスペースがあることから、親子連れや中高生にも人気の公園となっている。 荒川を見ながら芝生でピクニックを楽しむ家族連れも多い。 同公園は、調節容量約3,900万平方メートルをもつ荒川第一調節池の一部で、荒川増水時に洪水調節を行い、荒川下流域の水害軽減を図る施設となっている。 建設中の1999(平成11)年8月に洪水が流入したほか、完成後の2007(平成19)年9月にも洪水調節を行った。 今回は、10月12日23時35分に越流提から洪水の流入が始まり、その後、さくらそう水門付近にある流入提からカマキリ公園へ流入したという。 13日16時の時点では、同公園で一番高い巨大遊具のカマキリの頭部、および管理棟の一部が見えるのみで、ほかはすべて水没している。 うわさを聞いた地域の人が多数見に来ており、顔しか見えないカマキリ遊具に驚きの声をあげていた。 南区から来ていた親子は「いつも小学1年の娘を連れて遊びにきている。 カマキリ遊具の後ろにバッタの滑り台があってよく遊んでいるが、今は完全に水没していて見えない」と驚く。 「娘にこういう時に調節池が使われると見せようと思いと来てみた。 ここのお陰で下流への負担が多少でも減ったと思うのでカマキリ公園に助けられた」とも。 国土交通省関東整備局広域計画課の担当は「荒川の水位次第でもあり、公園として再開する時期は未定」と話す。 みんなの経済新聞ネットワーク.

次の

【ホームズ】二子玉川園パーク・ホームズの建物情報|東京都世田谷区玉川2丁目16

二子 玉川 駅 浸水

調整池がなかったのが原因でしょう。 もし 武蔵小杉の近くに「調整池」を作れば 武蔵小杉の被害は少なかったかも・・・ 調整池の活躍を紹介した記事がある。 過去には水害が起きていた地域を守ったのは、地下に設置された防災設備「調節池」でした。 どんな施設なのか取材しました。 新宿区や中野区、千代田区などを流れる神田川は、過去には台風や大雨の時に川が氾濫するなど水害が起きていましたが、今回の大雨では河川の増水による被害はありませんでした。 地域の暮らしを守ったのが調節池と呼ばれる防災施設です。 東京都は2005年、環七道路の下、地下40メートルの場所に「神田川・環状七号線地下調節池」を建設し、神田川流域の水を最大で54万立法メートルためられるようにしました。 これは25メートルプール1800杯分に相当します。 都によりますと、今回の大雨では貯水池の容量のおよそ9割まで雨水がたまったということです。 東京都が運用する調節池は都内に28カ所あり、都は今後も増やしていく方針です。 【動画】二子玉川駅付近。 河川敷がなくなり、まるで茶色く太い帯のように見える 浸水で多くの利用者らが一時孤立した特別養護老人ホームがある埼玉県川越市では、東京湾に注ぐ荒川水系の越辺(おっぺ)川の堤防が決壊しているのが見えた。 確認できたのはカーブの出口で、安田さんは「水が勢いよくぶつかり、堤を削ったのではないか」と話した。 栃木県佐野市では利根川水系の秋山川が決壊。 「堤防が低く、水位が上がると決壊しやすい」との見方を示す一方、流れは比較的直線で詳しい原因調査が待たれると述べた。 安田さんは、より多くの水を集め、流域面積が広い大河川やその支流が各地で氾濫したことを挙げ、「19号が広範に記録的な雨を降らせたことが改めて浮かび上がった」と語った。 その一方、荒川の調整池である彩湖や、利根川水系の渡良瀬川が流入する渡良瀬遊水地にも大量の水が流れ込んでおり、「これらが機能し、下流の首都圏の大洪水を防ぐことができた」との見方も示した。 (浦和経済新聞) 取り残され水没した作業車も 巨大なカマキリ型の遊具があることから通称「カマキリ公園」と呼ばれている同公園。 複数の巨大遊具と広いスペースがあることから、親子連れや中高生にも人気の公園となっている。 荒川を見ながら芝生でピクニックを楽しむ家族連れも多い。 同公園は、調節容量約3,900万平方メートルをもつ荒川第一調節池の一部で、荒川増水時に洪水調節を行い、荒川下流域の水害軽減を図る施設となっている。 建設中の1999(平成11)年8月に洪水が流入したほか、完成後の2007(平成19)年9月にも洪水調節を行った。 今回は、10月12日23時35分に越流提から洪水の流入が始まり、その後、さくらそう水門付近にある流入提からカマキリ公園へ流入したという。 13日16時の時点では、同公園で一番高い巨大遊具のカマキリの頭部、および管理棟の一部が見えるのみで、ほかはすべて水没している。 うわさを聞いた地域の人が多数見に来ており、顔しか見えないカマキリ遊具に驚きの声をあげていた。 南区から来ていた親子は「いつも小学1年の娘を連れて遊びにきている。 カマキリ遊具の後ろにバッタの滑り台があってよく遊んでいるが、今は完全に水没していて見えない」と驚く。 「娘にこういう時に調節池が使われると見せようと思いと来てみた。 ここのお陰で下流への負担が多少でも減ったと思うのでカマキリ公園に助けられた」とも。 国土交通省関東整備局広域計画課の担当は「荒川の水位次第でもあり、公園として再開する時期は未定」と話す。 みんなの経済新聞ネットワーク.

次の