ご回答いただきありがとうございます。 「ご回答いただきありがとうございます」敬語・使い方・ビジネス例文

素早い対応への感謝の表現「迅速な対応、ありがとうございました」の応用パターン

ご回答いただきありがとうございます

「ご回答いただきありがとうございます」は、謙譲語の「いただく」を組み合わせています。 意味は、回答してもらいありがとうございますと言う意味です。 「ご回答いただきましてありがとうございます」は、謙譲語の「いただく」・丁寧語の「まして」を組み合わせています。 意味は「ご回答いただきありがとうございます」と同じですが、より丁寧な敬語です。 「ご回答くださいましてありがとうございます」は、尊敬語の「くださる」・丁寧語の「ます」を組み合わせています。 意味は、回答してくれてありがとうございますと言う意味です。 回答ありがとうございますは回答に対するお礼の気持ちを表現できる ご回答ありがとうございますは、回答に対するお礼の気持ちを表現できる言葉です。 「回答」は、質問・要求などに答えることを意味します。 接頭語の「ご」をつけると、目上の方にも使える丁寧な言葉になります。 「ありがとうございます」は、相手に感謝の気持ちを伝えるお礼の言葉です。 ご回答ありがとうございますは、回答をしてもらったお礼を伝える言葉です。 「大変ありがとうございます」と言う言葉は、様々な事柄へのお礼に使えます。 そこで、下記記事では「大変ありがとうございます」の意味や敬語、類語・言い換え例などを紹介しています。 誰かにお礼の言葉を伝えたい方は必見です。 例文は、「〇〇の件、早々にご回答いただきましてありがとうございます」です。 「そうそう」と読む「早々」は、急いで・はやばやとなどの意味を持っています。 「早々」と「ご回答ありがとうございます」を組み合わせた使い方は、相手に素早く回答をもらった際に使いましょう。 例文は、「早々にご回答いただきありがとうございます」で、はやばやと回答してもらいありがとうございますと言う感謝の気持ちを伝えられます。 「ご回答ありがとうございます」は、ビジネスメールなどの冒頭の挨拶文にも使えます。 「丁寧」は注意深く念入りであること・細かい点まで注意の行き届いていることなどを意味します。 また、相手に対する敬意を表す意味もある言葉です。 「丁寧な」と「ご回答ありがとうございます」を組み合わせた使い方は、相手を敬いながら、細部まで注意の行き届いた回答をしてもらった場合などに使います。 例文は、「早々にご丁寧なご回答ありがとうございます」で、素早く細部まで注意の行き届いた回答をもらいありがとうございますの意味を表現可能です。 「賜る」は「もらう」の謙譲語で、「ご回答」と「ありがとうございます」の間に入れて使います。 例文は、「ご回答を賜りありがとうございました」で、回答をもらいありがとうございましたと言う意味です。 また、「ご回答を賜り誠にありがとうございました」は、本心から思う気持ちを意味する「誠」をプラスしています。 「ご回答を賜りありがとうございました」よりも、感謝やお礼の気持ちが大きい様子を表現可能です。 「ご回答いただきありがとうございます」や「ご配慮いただきありがとうございます」は、ビジネスメールでも使用頻度の高い敬語です。 そこで、「ご配慮いただきありがとうございます」の意味や使い方などを下記記事でくわしく紹介しています。 相手から配慮を受けた場合に活躍する言葉です。 answerは答える・答えて言う・応じるなどの意味がり、your answerはあなたの答えを意味します。 例文は、Thank you for your answerで、ご回答ありがとうございますのニュアンスを表現可能です。 replyは答える・返事をする・応答するなどの意味があり、your replyはあなたの返事を意味します。 例文はThank you for your replyで、ご回答ありがとうございますの意味を表現可能です。 response toは反応・感応・反響などを意味し、questionは質問・問いなどの意味があります。 例文はThanks for the speedy response to that questionで、早々のご回答をありがとうございますの意味を表現可能です。 「ご回答ありがとうございます」は、「お忙しいところ」や「お忙しい中」など、相手の忙しさを気遣うフレーズと一緒に使われることも多いです。 そこで、下記記事では「お忙しい中」のビジネスでの使い方や英語での表現方法などを紹介しています。 また、「ご多忙」や「お忙しいところ」などについても紹介されています。 「返答」は、問いや呼びかけなどに対して答えることを意味します。 「ご返答いただきましてありがとうございます」は、目上の方にもつかえる敬語です。 例文は、「ご多忙にもかかわらず、ご返答いただきましてありがとうございます」です。 この例文は、大変忙しいであろうに返答してもらってありがとうと言う意味を伝えられます。 「返信」は、手紙やメールの返事をすることです。 「ご返信いただきましてありがとうございます」の敬語なら、目上の方にも使えます。 例文は、「お忙しい中、ご返信ありがとうございます」で、忙しいにもかかわらず返信してもらいありがとうと言うニュアンスを伝えられます。 「ご回答の程」は、回答してもらうよう・回答してくれるようと言う意味を表しています。 「ご回答の程よろしくお願い致します」と言うフレーズは、相手へ柔らかい印象を与えながら回答をお願いする際におすすめです。 「賜りたく」は「もらいたい」と言う意味で、「ご回答賜りたくお願い申し上げます」は回答をもらいたいとお願いしますと言う意味を表現しています。 「ご回答賜りたくお願い申し上げます」は、目上の方にも使える丁寧な表現です。 ご回答ありがとうございますの類語でも紹介した「ご返信ありがとうございます」は、「早速」を組み合わせて使うことも多いです。 そこで、下記記事では「早速のご返信」のビジネスでの使い方や上司など目上の人への連絡メールの例文をくわしく紹介していますので、ぜひご覧ください。

次の

「ご回答ありがとうございます」の敬語・ビジネスメールの言い方

ご回答いただきありがとうございます

「教えて くださり~」のほうは、「 あなたが私に教えて くださりありがとうございます」という形で、「相手」の行為に 直接感謝を述べています。 それに対して「教えて いただき~」は、「 私があなたに教えて いただき、(この状況は)ありがたいものです」という形で、「私」が受けた恩恵に対する感謝の念を 間接的に相手に伝えていることになります。 ただし、「教えて いただき~」のほうはおかしな表現だと考える人もいます。 それはどういうことでしょうか。 「くださる」は「くれる」を敬語の形にしたものなので、たとえば友達に対しては次のように言うことができます。 「教えて くださりありがとうございます。 」 一方「いただく」に対応する「もらう」では、同じように言いかえることはできません。 「教えて いただきありがとうございます。 」 このように、もともと「教えて もらって~」とはふつうは言わないのだから「教えて いただき~」も変なのだ、というのがその根拠になっています。 確かに理屈の上ではそうかもしれないのですが、国が示した『敬語の指針』(文化審議会答申、平成19年)でも、「~いただき」のほうを不適切だと感じる人はいるものの「~くださり」「~いただき」の両方とも適切な表現であると示されているのです。 NHK放送文化研究所でアンケートをおこなったところ、〔「~いただき」を使う(「~くださり」は使わない)〕という回答が、やや多くなっていることがわかりました。 また60代以上では、両方使うけれども「~いただき」のほうが感謝の度合いが高いという回答が多く現れました。 全体的な流れとしては、「~いただき」のほうが優勢になりつつあるようです。 ふぅ、今回はややこしかったですね。 ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。

次の

素早い対応への感謝の表現「迅速な対応、ありがとうございました」の応用パターン

ご回答いただきありがとうございます

と言いたい時。 英語のビジネスメールにおいて、文章は日本語ほど硬くなくても大丈夫なので、 カジュアルな場面で使う表現のほとんどは、実は問題ありません(極端にくだけた表現は流石にNGですけどね)。 例えば、以下のどの文章でも使えます。 Thanks for taking the time to reply. Thanks for getting back to me. Thanks for the response. Great to hear from you. We will likely have to reschedule our meeting until after the Packerman merger. I hope that doesn't pose a problem. (ご返答ありがとうございます。 ミーティングについて、Packerman社との合併の件が落ち着いてからのリスケになるかと思いますが、問題ありませんでしょうか。 ) Regards, Ben P. I miss you. " You can also say, "I appreciate your response" or, if they are helping you with something, "I appreciate your assistance. " If they responded to you quickly, you can say, "thank you for your prompt response" or "I appreciate your quick reply. " In your initial email, you can also thank someone in advance for helping you by ending your email with the phrase "thank you in advance for your assistance. " 返信頂きありがとうございます。 と言い、 "I appreciate your response" 返信して頂き感謝致します。 とも言います。 何かを手伝ってもらった場合は 例文 "I appreciate your assistance. " 手伝って頂き感謝致します。 返信が早かった場合は 例文 "thank you for your prompt response" 迅速に返信して頂きありがとうございます。 "I appreciate your quick reply. " 又は迅速な返信ありがとうございます。 と言います。 最初のメールで以下のフレーズで メールを終わって、手伝って もらったことに対して前もって 感謝の気持ちを伝えることができます。 "thank you in advance for your assistance. " 援助して頂き前もってお礼を申し上げます "Thank You for your reply. " this thanks the person for replying to the message. "Thank you, for replying to the email. " This also thanks the person for replying to the email. "Thank you, for your response. " This politely thanks the person for replying to your email. Response is another word for reply.

次の