メヌエット リコーダー。 アルトリコーダーの運指の簡単な覚え方・問題例|オーラリー

ベートーヴェン「ト調のメヌエット(6つのメヌエット)」演奏と無料楽譜

メヌエット リコーダー

外国民謡 サイモン&ガーファンクルによるカバーで世界的に有名なフォルクローレ。 南米の縦笛ケーナとリコーダーとは相性もよい。 小学校の音楽の授業ではリコーダーと鍵盤ハーモニカで合奏される。 小学校の音楽の授業で鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)やリコーダーなどで演奏される音楽教材曲。 何らかの外国民謡・童謡が原曲と思われるが詳細は不明。 リコーダーや鍵盤ハーモニカで演奏される機会が多いチェコ民謡。 原曲はフォークダンス曲『ドードレブスカ・ポルカ』。 小学校の音楽の授業でリコーダー演奏される伝統的なわらべうた ラブミーテンダー原曲。 エルヴィス・プレスリーもカバーしたアメリカ歌謡。 リコーダーでも演奏しやすいシンプルな哀愁のメロディ。 グレンミラー楽団のジャズナンバーとして有名。 明るく陽気なメロディがリコーダーの明るい音色とよく合う。 ジャズ発祥の地ルイジアナ州ニューオリンズでは葬列マーチ 歌詞の内容がちょっと『グリーン・スリーブス』的なイングランド民謡。 メロディだけ聞けば比較的明るく爽やかな印象でリコーダー演奏にも合いそう。 教育芸術社の中学校向け音楽教科書に掲載されたウェールズ民謡 日本でも有名なドイツ民謡・童謡。 リコーダーで鳥の鳴き声を表現。 ドイツ歌曲。 日本の幼稚園では帰り際・帰宅時間に「さよなら さよなら これできょうは おわかれしましょ」と歌われることもあるようだ。 ドイツ歌曲。 リコーダーの定番曲。 バッハが後妻アンナのために捧げたクラヴィーア曲集より。 20世紀に『ラヴァーズ・コンチェルト』としてポップスカバーされた。 ポップスその他 小学校の音楽の授業でリコーダーで演奏される器楽曲。 チャールズ・チルトン作曲とされるが、詳細は謎に包まれている。 まさに「失われた歌」。 NHK「おかあさんといっしょ」から生まれた小学生向け合唱曲・リコーダー演奏曲。 日本語歌詞は主に二つ。 どっちで歌った? 関連ページ アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ロシアなど、世界各国の有名な民謡・童謡・歌謡の解説と視聴 小学校の音楽の授業で演奏される定番の曲 バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴 『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲.

次の

商品

メヌエット リコーダー

スポンサーリンク メヌエットは宮廷舞曲 メヌエットはもともとは フランスの民族舞踏曲(田園の踊り)として作られましたが、ルイ14世によって1650年くらいから 宮廷舞曲として使用されるようになったそうです。 つまり ヴェルサイユ宮殿などで開かれていた舞踏会で使われていた曲の一つ なんですね。 舞踏会・・・シンデレラなんかをイメージしてみるといいかもしれません。 ・・・が、当時はみんなで一斉に踊るのではなく、王や貴族が観ている中で1組の男女が踊っていたようです。 貴族がカツラをかぶって、儀礼用の刀を腰に差しながら、誇り高く優雅にゆったり踊る曲なのです。 これってすごく緊張しますよね! こんな感じでフランスで流行したメヌエットは、その後ヨーロッパで宮廷舞曲として大流行し、広く一般的になりました。 バロック時代に流行した舞曲は廃れてしまったものが多い一方で、メヌエットだけは生き残り、古典派の時代になるとソナタや組曲、交響曲のなかの1曲として取り入れられるようになっているんですよ。 メヌエットという言葉は 「menuett(独)」「menuet 英 」と書きます。 これは ドイツ語で「小さいステップで踊ること」を意味している ことからも分かるように、あまり大きな動きをしない踊りとなります。 確かにフワフワのドレスを着て大きくステップを踏むことは難しいですよね! メヌエットは3拍子で2小節(つまり6拍)が1つのフレーズとなります。 踊るときは2拍目と6拍目で軽く膝を曲げるようにして踊ります。 実際に見てみよう メヌエットがどんな踊りかは、実際に映像を見てもらった方が分かりやすいと思います!.

次の

店舗案内

メヌエット リコーダー

外国民謡 サイモン&ガーファンクルによるカバーで世界的に有名なフォルクローレ。 南米の縦笛ケーナとリコーダーとは相性もよい。 小学校の音楽の授業ではリコーダーと鍵盤ハーモニカで合奏される。 小学校の音楽の授業で鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)やリコーダーなどで演奏される音楽教材曲。 何らかの外国民謡・童謡が原曲と思われるが詳細は不明。 リコーダーや鍵盤ハーモニカで演奏される機会が多いチェコ民謡。 原曲はフォークダンス曲『ドードレブスカ・ポルカ』。 小学校の音楽の授業でリコーダー演奏される伝統的なわらべうた ラブミーテンダー原曲。 エルヴィス・プレスリーもカバーしたアメリカ歌謡。 リコーダーでも演奏しやすいシンプルな哀愁のメロディ。 グレンミラー楽団のジャズナンバーとして有名。 明るく陽気なメロディがリコーダーの明るい音色とよく合う。 ジャズ発祥の地ルイジアナ州ニューオリンズでは葬列マーチ 歌詞の内容がちょっと『グリーン・スリーブス』的なイングランド民謡。 メロディだけ聞けば比較的明るく爽やかな印象でリコーダー演奏にも合いそう。 教育芸術社の中学校向け音楽教科書に掲載されたウェールズ民謡 日本でも有名なドイツ民謡・童謡。 リコーダーで鳥の鳴き声を表現。 ドイツ歌曲。 日本の幼稚園では帰り際・帰宅時間に「さよなら さよなら これできょうは おわかれしましょ」と歌われることもあるようだ。 ドイツ歌曲。 リコーダーの定番曲。 バッハが後妻アンナのために捧げたクラヴィーア曲集より。 20世紀に『ラヴァーズ・コンチェルト』としてポップスカバーされた。 ポップスその他 小学校の音楽の授業でリコーダーで演奏される器楽曲。 チャールズ・チルトン作曲とされるが、詳細は謎に包まれている。 まさに「失われた歌」。 NHK「おかあさんといっしょ」から生まれた小学生向け合唱曲・リコーダー演奏曲。 日本語歌詞は主に二つ。 どっちで歌った? 関連ページ アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ロシアなど、世界各国の有名な民謡・童謡・歌謡の解説と視聴 小学校の音楽の授業で演奏される定番の曲 バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴 『大地讃頌』、『手紙』、『YELL エール』、『心の瞳』など、小学校や中学校、高校の音楽の授業や校内合唱コンクール、NHK合唱コンクールなどで歌われる有名な合唱曲.

次の