にんじん お 菓子。 ポン菓子系の駄菓子の岸上製菓「にんじん」

お肌にいいにんじんのお菓子4選

にんじん お 菓子

野菜の煮物 251品 定番 60品 肉じゃが 39品 筑前煮 20品 人参グラッセ 14品 ラタトゥイユ 7品 ポトフ 37品 ロールキャベツ・ロール白菜 20品 かぼちゃの煮物(煮付け) 2品 里芋の煮物 6品 大根の煮物 3品 野菜の煮物 その他 105品 野菜の和え物 142品 定番 3品 もやしのナムル 7品 野菜の白和え 16品 野菜の和え物 その他 119品 野菜の炒め物 134品 定番 5品 チンジャオロース 1品 ホイコーロー 2品 もやし炒め 2品 きのこ炒め 2品 野菜炒め 15品 にんじんしりしり 3品 ニラ玉 1品 ゴーヤーチャンプルー 2品 野菜の炒め物 その他 108品 野菜の炒め煮 29品 八宝菜 3品 野菜の炒め煮 その他 26品 野菜の焼き物 61品 定番 2品 アスパラの肉巻き 1品 野菜の肉巻き 34品 ピーマンの肉詰め 1品 野菜の焼き物 その他 27品 野菜の揚げ物 23品 定番 2品 フライドポテト 1品 野菜の揚げ物 その他 22品 野菜の蒸し物 40品 定番 1品 蒸しなす 2品 野菜の蒸し物 その他 38品 野菜のおひたし 7品 定番 1品 ほうれん草のおひたし 1品 おひたし その他 6品 野菜のきんぴら 57品 定番 21品 きんぴらごぼう 21品 れんこんのきんぴら 4品 にんじんのきんぴら 22品 きんぴら その他 16品 野菜のおかず その他 35品 定番 2品 野菜のマリネ 28品 ゆで野菜 7品 肉のおかず 牛肉 124品 定番 4品 ビーフステーキ 10品 ローストビーフ 5品 ビーフシチュー 23品 肉豆腐 1品 その他 牛肉料理 86品 豚肉 217品 定番 33品 とんカツ 8品 豚の生姜焼き 11品 豚しゃぶ・冷しゃぶ 9品 角煮・煮豚・チャーシュー 12品 酢豚 10品 チンジャオロース 1品 ホイコーロー 2品 ポークソテー 11品 アスパラの肉巻き 1品 野菜の肉巻き 34品 その他 豚肉料理 121品 鶏肉 182品 定番 35品 チキンソテー 13品 照り焼きチキン 5品 鶏の唐揚げ・竜田揚げ 13品 その他 鶏肉料理 151品 挽肉 127品 定番 47品 ハンバーグ 40品 煮込みハンバーグ 3品 メンチカツ 2品 餃子 4品 シューマイ 4品 麻婆豆腐 1品 そぼろ 3品 肉団子 14品 ミートローフ 6品 つくね 4品 ピーマンの肉詰め 1品 その他 挽肉料理 45品 加工肉 28品 定番 1品 ベーコン炒め 1品 ベーコン巻き 1品 その他 ベーコン料理 7品 ウィンナソーセージ料理 13品 スパム料理 2品 ハム料理 4品 ラム肉 1品 その他 ラム肉料理 1品 魚介のおかず 魚介の煮物 29品 定番 2品 カレイの煮付け 1品 さばの味噌煮 1品 アクアパッツァ 1品 魚介の煮物 その他 26品 魚介の焼き物・ソテー 73品 定番 1品 魚介の焼き物 その他 73品 魚介の炒め物 18品 イカ・エビの炒め物 7品 魚介の炒め物 その他 11品 魚介の揚げ物 40品 定番 2品 エビフライ 2品 アジの南蛮漬け 3品 魚介のフリット 1品 魚介の揚げ物 その他 34品 魚介の蒸し物 16品 あさりの酒蒸し 1品 魚介の蒸し物 その他 15品 魚介のカルパッチョ・マリネ 15品 サーモンのマリネ 1品 魚介のカルパッチョ 2品 魚介のマリネ 12品 魚介の漬け・刺身 4品 刺身 その他 3品 魚介の漬け その他 1品 練り物 18品 さつま揚げ料理 6品 ちくわ料理 11品 はんぺん料理 1品 魚介のおかず その他 7品 つみれ 3品 魚介のアレンジ料理 4品 魚介の缶詰 8品 ツナ料理 8品 ごはんもの オムライス 5品 定番 5品 オムライス(プレーン、アレンジ) 5品 カレー 57品 定番 8品 チキンカレー 8品 野菜カレー 4品 シーフードカレー 4品 キーマカレー 9品 ドライカレー 12品 スープカレー 2品 ビーフカレー 1品 ポークカレー 4品 カレー その他 13品 ハヤシライス・ハッシュドビーフ 3品 定番 2品 ハヤシライス 2品 ハッシュドビーフ 1品 寿司 22品 恵方巻き・巻き寿司 6品 ちらし寿司 11品 いなり寿司 2品 混ぜ寿司 2品 炒めご飯・チャーハン 12品 レタスチャーハン 1品 あんかけチャーハン 2品 ナシゴレン 1品 チャーハン その他 8品 炊き込み・混ぜご飯 89品 栗ご飯 1品 ピラフ 12品 パエリア 2品 ビビンバ 17品 炊き込みご飯 その他 47品 混ぜご飯 その他 15品 どんぶり 36品 定番 8品 親子丼 1品 牛丼 1品 天丼 2品 中華丼 6品 海鮮丼 1品 丼もの その他 25品 雑炊・リゾット 16品 定番 3品 おかゆ 5品 お茶漬け 3品 リゾット 3品 雑炊・おじや 1品 クッパ 4品 アレンジご飯 35品 定番 4品 おにぎり 4品 ドリア 7品 タコライス 3品 ロコモコ 2品 アレンジご飯 その他 19品 卵・大豆製品 野菜を使ったサラダ 194品 定番 25品 ポテトサラダ 24品 かぼちゃのサラダ 2品 もやしのサラダ 3品 白菜のサラダ 2品 大根のサラダ 4品 人参のサラダ 102品 野菜サラダ その他 70品 肉を使ったサラダ 48品 定番 3品 バンバンジー 8品 チキンのサラダ 11品 しゃぶしゃぶサラダ 10品 肉を使ったサラダ その他 20品 魚介を使ったサラダ 20品 海鮮サラダ 10品 海藻サラダ 1品 魚介を使ったサラダ その他 10品 マカロニを使ったサラダ 4品 定番 4品 マカロニサラダ 4品 その他のサラダ 46品 定番 19品 春雨サラダ 6品 コールスロー 19品 生春巻き 2品 サラダ その他 19品 ドリンク にんじんの基本情報 にんじんの特徴 赤い色が食欲をそそる、緑黄色野菜の代表。 生で、煮る、炒める、揚げるなど、さまざまな調理法で使われます。 真っ赤な金時にんじん(東洋系の品種で京にんじんなどがある)を除くと、流通するほとんどがオレンジ色のヨーロッパ系のにんじん。 日本全国で栽培され、年じゅう出回ります。 若い葉は食べられるので、かき揚げなどに。 にんじんの選び方ガイド 皮の色つやがよく、ずっしりとしたものを。 葉のつけ根がやわらかいのは、古くなった証拠。 葉のつけ根のあたりが緑色になっているものは、日光に当たったためで、味が落ちていることもあります。 すらりとしておらず、イボイボのあるものは、虫食い状態のことも。 切ると色の薄いしんの部分がありますが、ここはかたいので、芯部の小さいものがよい品です。

次の

にんじん

にんじん お 菓子

『にんじん』といっても、もちろん野菜のニンジンではない。 まったくの無関係というわけではなく、パッケージが野菜のニンジンを模した配色・形状となっていて、その中にポン菓子がみっちり充填されている。 真空処理されているのか、内容物に遊びはほぼない。 商品の名称はシンプルに【菓子】。 製造者は【タカミ製菓】だ。 今回入手した『にんじん』はパッケージの面白さを重視してタカミ製菓のものだが、うまい棒などで有名な『やおきん』のにんじんの中身も、以前から変更されていないかぎりタカミ製菓が製造元。 やおきん版はポップなフォントにかわいらしいウサギのキャラクターが描かれている。 トラディショナルなにんじんをご所望なら、迷わずタカミ製菓版を購入しよう。 賞味期限、値段、ケースのサイズまでタカミ製菓と同じなので、消費者には関わりのないマイナーチェンジなのだろう。 ちなみに、やおきんからは容量が65gになった『でかにんじん』が、もっと食べたい場合はタカミ製菓から『ばくだんあられ』という名前で160g入りが出ている。 ポン菓子とは米をはじめとする穀類全般を膨張させたお菓子のことである。 米だけでなく、麦や粟はもちろん、栗や大豆、珍しいものではマカロニもポン菓子になる。 もちろんニンジン製はない。 地域によって『パン菓子』『ドン菓子』と呼ばれたり、製造時の大きな音から爆弾、大砲とも。 私の地域ではなぜか英語呼びの『パフライス』が主流だった ポン菓子はアメリカ発祥。 見た目や食感が似ているため、たまに『おこし』と混同されるが、こちらは圧力を加えるわけではないので間違わないようにしたい。 膨張する仕組みはポップコーンと同じで、加熱と加圧を同時に行い、急速に減圧することで内部の水分を膨張させるというもの。 これにより、可食部に無数の空洞が生まれ、独特のサクフワッな食感になる。 基本的には専用の機械が用いられるが、ポップコーンはご存知の通り炒るだけで作れる半面、普通のコーンは皮が薄いため圧力に耐えきれず、ポン菓子になる種類は多くない。 個人的にはポンタベールが気になる。 ポン菓子といえば味つきの印象があるが、味がついていない場合もポン菓子と呼ばれる。 その場合はシリアルやおかゆへの転用、サラダに入れたりと幅広く活用できる。 最近では『健康に良いが摂りにくい』ハトムギやキヌア等への技術転用が注目されている等、まだまだ応用できそうだ。 ちなみにポン菓子機はいくつかの企業から購入・レンタルすることができる。 日本で初めて製造した会社が現存しているので、気になる方は問い合わせてみるといいだろう。 音の問題さえクリアにできれば、昔あったポン菓子売りに誰でもなれる。 ピーマン、タマネギ、トマトと共に、子供が嫌いな野菜に名を連ねる根菜『ニンジン』。 その独特な食感や不自然な甘みを全面に出し、日本中の子供から嫌われていたと言っても過言ではないはずだ。 反面、栄養豊富で料理の彩りにも欠かせないことから、いかにして子供のニンジン嫌いを克服させるか、長年多くの親が苦心してきた。 しかし近年、その事情が変わりつつある。 そう、ニンジンが子供たちに好かれだしたのだ。 もちろんアンケートのテーマや対象層によってブレがあるものの、上位五指に数えられることはほぼなくなった。 もう子供はニンジンが嫌いという常識は、常識ではなくなったのである。 ネタばらしをすると、これは品種改良によるところが大きい。 詳細は研究と逸れるため割愛するが、最近のニンジンは本当に美味しくなった。 未だに苦手としている諸兄がいたら、今一度挑戦してみてほしい。 余談だが、鮮度の良いニンジンの皮を剥くと昔は青臭かったが、今はグレープフルーツとライムをあわせてマイルドにしたような香りが心地よい。 こちらも是非確認していただきたい。 そういうことにしておこうではないか!本当は理由が判然としないから。 ゴーヤ・セロリといったクセが強く、そもそも大人も苦手な人の多い野菜は『にんじん』を見習って、もっと食べやすくなってほしい。 やはりというかなんというか、こういった袋から直接食べることを想定した駄菓子を皿に出すと、食べにくいことこの上ない。 久々に購入を思い立った方は気を付けてもらいたい。 そして皿に出して思い当たってしまったのだが、この『にんじん』の包装は、そのまま詰めると容量が少なく見えるのを防ぐためにこの形になったのではないだろうか。 にんじんのパッケージは大人の肘から指先ぐらいの長さがある。 なるほどこれなら子供にはさぞ多く入っているように見えることだろう。 先細っているのも、名前が上手くカモフラージュしているような気が……。 あまり気付きたくない現実だった。 まあこの袋に入れることで食べやすくはなっているし、売り場で目を引くことも確かだ。 邪推はよして、純粋に駄菓子ライフを楽しもうではないか。 本当にどうでも良いことなので末筆に記すが、ニンジンを模したパッケージにでかでかと『にんじん』と描いてあるのはなかなかにシュールだ。 初見の子供はウケること確実なので、やはり良いパッケージなんだろうと思う。

次の

ポン菓子系の駄菓子の岸上製菓「にんじん」

にんじん お 菓子

『にんじん』といっても、もちろん野菜のニンジンではない。 まったくの無関係というわけではなく、パッケージが野菜のニンジンを模した配色・形状となっていて、その中にポン菓子がみっちり充填されている。 真空処理されているのか、内容物に遊びはほぼない。 商品の名称はシンプルに【菓子】。 製造者は【タカミ製菓】だ。 今回入手した『にんじん』はパッケージの面白さを重視してタカミ製菓のものだが、うまい棒などで有名な『やおきん』のにんじんの中身も、以前から変更されていないかぎりタカミ製菓が製造元。 やおきん版はポップなフォントにかわいらしいウサギのキャラクターが描かれている。 トラディショナルなにんじんをご所望なら、迷わずタカミ製菓版を購入しよう。 賞味期限、値段、ケースのサイズまでタカミ製菓と同じなので、消費者には関わりのないマイナーチェンジなのだろう。 ちなみに、やおきんからは容量が65gになった『でかにんじん』が、もっと食べたい場合はタカミ製菓から『ばくだんあられ』という名前で160g入りが出ている。 ポン菓子とは米をはじめとする穀類全般を膨張させたお菓子のことである。 米だけでなく、麦や粟はもちろん、栗や大豆、珍しいものではマカロニもポン菓子になる。 もちろんニンジン製はない。 地域によって『パン菓子』『ドン菓子』と呼ばれたり、製造時の大きな音から爆弾、大砲とも。 私の地域ではなぜか英語呼びの『パフライス』が主流だった ポン菓子はアメリカ発祥。 見た目や食感が似ているため、たまに『おこし』と混同されるが、こちらは圧力を加えるわけではないので間違わないようにしたい。 膨張する仕組みはポップコーンと同じで、加熱と加圧を同時に行い、急速に減圧することで内部の水分を膨張させるというもの。 これにより、可食部に無数の空洞が生まれ、独特のサクフワッな食感になる。 基本的には専用の機械が用いられるが、ポップコーンはご存知の通り炒るだけで作れる半面、普通のコーンは皮が薄いため圧力に耐えきれず、ポン菓子になる種類は多くない。 個人的にはポンタベールが気になる。 ポン菓子といえば味つきの印象があるが、味がついていない場合もポン菓子と呼ばれる。 その場合はシリアルやおかゆへの転用、サラダに入れたりと幅広く活用できる。 最近では『健康に良いが摂りにくい』ハトムギやキヌア等への技術転用が注目されている等、まだまだ応用できそうだ。 ちなみにポン菓子機はいくつかの企業から購入・レンタルすることができる。 日本で初めて製造した会社が現存しているので、気になる方は問い合わせてみるといいだろう。 音の問題さえクリアにできれば、昔あったポン菓子売りに誰でもなれる。 ピーマン、タマネギ、トマトと共に、子供が嫌いな野菜に名を連ねる根菜『ニンジン』。 その独特な食感や不自然な甘みを全面に出し、日本中の子供から嫌われていたと言っても過言ではないはずだ。 反面、栄養豊富で料理の彩りにも欠かせないことから、いかにして子供のニンジン嫌いを克服させるか、長年多くの親が苦心してきた。 しかし近年、その事情が変わりつつある。 そう、ニンジンが子供たちに好かれだしたのだ。 もちろんアンケートのテーマや対象層によってブレがあるものの、上位五指に数えられることはほぼなくなった。 もう子供はニンジンが嫌いという常識は、常識ではなくなったのである。 ネタばらしをすると、これは品種改良によるところが大きい。 詳細は研究と逸れるため割愛するが、最近のニンジンは本当に美味しくなった。 未だに苦手としている諸兄がいたら、今一度挑戦してみてほしい。 余談だが、鮮度の良いニンジンの皮を剥くと昔は青臭かったが、今はグレープフルーツとライムをあわせてマイルドにしたような香りが心地よい。 こちらも是非確認していただきたい。 そういうことにしておこうではないか!本当は理由が判然としないから。 ゴーヤ・セロリといったクセが強く、そもそも大人も苦手な人の多い野菜は『にんじん』を見習って、もっと食べやすくなってほしい。 やはりというかなんというか、こういった袋から直接食べることを想定した駄菓子を皿に出すと、食べにくいことこの上ない。 久々に購入を思い立った方は気を付けてもらいたい。 そして皿に出して思い当たってしまったのだが、この『にんじん』の包装は、そのまま詰めると容量が少なく見えるのを防ぐためにこの形になったのではないだろうか。 にんじんのパッケージは大人の肘から指先ぐらいの長さがある。 なるほどこれなら子供にはさぞ多く入っているように見えることだろう。 先細っているのも、名前が上手くカモフラージュしているような気が……。 あまり気付きたくない現実だった。 まあこの袋に入れることで食べやすくはなっているし、売り場で目を引くことも確かだ。 邪推はよして、純粋に駄菓子ライフを楽しもうではないか。 本当にどうでも良いことなので末筆に記すが、ニンジンを模したパッケージにでかでかと『にんじん』と描いてあるのはなかなかにシュールだ。 初見の子供はウケること確実なので、やはり良いパッケージなんだろうと思う。

次の