ライン き どく を つけ ず に 読む。 LINEで既読をつけずに本文を読むテクニック [ No.20 ] | モテるLINE(ライン)術 送信・返信のやり取りテクニックやコツ

ラインが未読のまま!なんでっ?「ラインで未読スルー」男女の理由を比較

ライン き どく を つけ ず に 読む

既読回避アプリ「ナイン」をアンインストールしてしまうと、 チャット内容が抹消されてしまいます。 そのため、再インストールしたときはチャット内容がリセットされている状態です。 既読回避アプリ「ナイン」の初期設定 既読回避アプリ「ナイン」の初期設定について説明していきます。 ナインをインストールして起動したら、 「ご利用について」という画面が表示されます。 通知へのアクセスを許可する 「設定する」をタップすると設定画面「通知へのアクセス」へ移動します。 そこで「NINE」という項目があり、オフになっているので オンにします。 メッセージの取得精度をあげる オンにしてナインに戻ると「メッセージの取得精度をあげる」と表示されます。 「LINEの設定を開く」をタップすると、LINE(ライン)の「プライバシー管理」に移動します。 「Letter Sealing」にチェックが入っていたら外します。 チェックを外してアプリに戻ると、「ナイン(nine)」のホーム画面に戻ります。 既読回避アプリ「ナイン」の使い方 既読回避アプリ「ナイン(nine)」の ホーム画面になります。 インストールしてからLINE(ライン)にチャットが来ないと、ナインにもチャットが入ってきません。 チャットが入ってくると ポップアップで通知が届き、 内容を一目で確認することができます。 画像右上の 4つのアイコンについて、それぞれ説明していきます。 既読をつける方法 目のアイコンをタップすると、ナイン(nine)上では 既読がつくことになります。 LINE(ライン)上では既読がつかず、 未読のままなので ときには、LINE(ライン)からトーク内容を見る必要があります。 ポップアップ通知でトーク内容を確認 吹き出しアイコンをタップすると、ポップアップ通知についての設定をおこないます。 「設定する」をタップすると、フローティング表示の設定画面にいきます。 「権限を許可」にチェックを入れてください。 権限を許可すると「ポップアップ通知をオンにしました」と表示されます。 これで、これから ポップアップによる通知を受け取ることができます。 通知のオン/オフ ベルアイコンが画像のようにオンになっていると、通知が来たことを分かりやすく知らせてくれます。 オフにすることで通知は来なくなります。 ナインからは返信することができないので、LINEで返信する必要があります。 ウィジェット 既読回避アプリ「ナイン」は ウィジェットに対応しているので、アプリを開かなくても確認することができます。 スマホのホーム画面でなにもないところで長押しをすると、「ウィジェット」が出てくるのでタップします。 するとこのように、 スマホのホーム画面でトークを確認できるようになります。 ダークモードを有効にすることで、下の画像のような画面になります。 わたしは個人的に ダークモードのほうが好きですね。 この記事で説明している画像のほとんどは、ダークモード仕様でスクショしたものになります。 Android10以降のダークモード AndroidOS10以降は端末本体の設定に依存しているので アプリ内からダークモードに切り替えることができません。 ダークモードに切り替えるには• 広告動画を見ることで、ナイン上で表示されている 広告が12時間だけ非表示になります。 メッセージが省略される原因 既読回避アプリ「ナイン」に限らないことですが、 長文のメッセージは省略されることがあるようです。 既読をつけずに読むアプリとLINE(ライン)との、相性による問題だと思われます。 開発者・利用者もこればかりは バグではないので、どうすることもできないのが現状です。 今後、LINE(ライン)のシステムアップデートで 省略されることなく長文を読むことができるようになると思います。 メッセージを取得できない原因 既読回避アプリ「ナイン」でメッセージを取得できない原因で もっとも考えられるのは LINE(ライン)の通知をオフにしている可能性があります。 個別のユーザーごとに通知をオフにしていることも、ナインで取得できない原因の一つですので 全ユーザーからメッセージを取得できるように、必ず通知をオンにしておいてください。 アプリの評価は星4.3! 新しくなった既読をつけずに読むアプリ「ナイン」は 2018年8月30日にリリースされ、2020年4月の今でも 定期的にアップデートされています。 さまざまな Androidアプリを開発されている方で、アプリを作ることが趣味のように感じられます。

次の

「Android版」LINEで既読をつけずに読む方法

ライン き どく を つけ ず に 読む

日本のスマートフォンユーザーの主要なメッセージアプリとしてすっかり普及した、 LINE(ライン)。 LINEには「 既読(きどく)」機能があり、相手がメッセージを読んだかどうかがわかるようになっています。 なんでも、東日本大震災での教訓からつくられた安否確認機能だとのこと。 LINEのサービス開始は2011年6月。 東日本大震災の3カ月後だ。 実はLINEの既読機能は東日本大震災を受けて、「大切な人と連絡が取れるサービスが必要」との思いから開発されたサービスなのだ。 「既読」機能は、震災で返信がままならない状態でも、相手に無事をわかってもらい安心してもらうための機能として搭載された。 災害などのときの安否確認に既読機能が有用なのは間違いないところですが、それはあくまで有事の際のこと。 通常、既読機能はあくまで相手が読んだか否かを意味するにすぎず、読んだのに返信しないことを「既読スルー」なんて呼んだりもします。 スルーしているとか返信が遅いと思われないために、あえて既読をつけないユーザーも多数いることでしょう。 そんなユーザーにとって役立つのが、 既読をつけずにLINEのメッセージ(トーク)を読む方法。 私自身はあまり気にせず既読にしてしまうんですが、場合によって未読のままメッセージを確認したい人もいるはず。 どのようなやり方があるのか、手持ちのiPhone(iPhone 11、iPhone 7)およびAndroid(Pixel 4)、iPad、iMacを使って実際に試してみました。 iPhoneで、LINEメッセージを既読つけずに読む方法 今回の記事では、夏目漱石「吾輩は猫である」の最初の文章をある程度の長さで切り取って送信しています。 それぞれのやり方で送ったLINEメッセージをどのくらいまで確認できるのか、参考にしてください。 通知センターでメッセージの最初の部分を確認するためには、設定の「通知」から「メッセージ通知の内容表示」をオンにしておく必要があります。 写真やスタンプも確認したい場合は「サムネイル表示」もオンに。 逆に、LINEメッセージの内容を通知で見せたくない場合には「メッセージ通知の内容表示」をオフにしましょう。 その場合、内容が表示されない代わりに「新着メッセージがあります」という通知となります。 画面を横向きにすると確認できる部分がかなり増える、というちょっとした裏技も。 トークリスト上だと改行をスペースとして扱うようなので、改行の多い文章の場合は通知センターよりもこちらの方が確認できる範囲が広くなる傾向があります。 3D Touch(iPhone 6s、7、8、X、XS) 「 3D Touch」では、トークリストの画面で少しずつグッと押し込んでいくことでメッセージの内容がポップアップされます。 そこで押し切らずに指を離せば、メッセージは既読になりません。 長文であれば上の画像の通りメッセージの後ろの方だけしか見えませんが、大抵のLINEメッセージはここまで長くないのでほとんどの場合は全容をチェックできるでしょう。 注意点は、強く押しすぎないこと。 一定以上に強く押すと普通にメッセージの詳細画面に移動し、既読がついてしまいます。 Haptic Touch(iPhone XR、11、11 Pro) iPhone XR、11、11 Proに搭載されている「 Haptic Touch(触感タッチ)」では、3D Touchのように押し込む強さではなく押す長さによって機能を切り替えることができます。 この機能を使って未読のままLINEメッセージを読むには、トークリストをタップしたまま指を離さず長押し。 3D Touchのときと同様にメッセージがポップアップ表示されますが、この状態では既読はつきません。 ただし、手順を間違えがちなので注意。 まず、iPhoneを機内モードにして通信をしない状態にします。 その上でLINEを心ゆくまで読む。 この時点では外部とネットワークが一切つながっていないため、既読になることはもちろんありません。 読み終わったらLINEアプリを終了させます。 ホームボタンのあるiPhoneの場合は、ホームボタンをダブルクリックしてアプリのリストを表示させ、LINEを上スワイプ。 ホームボタンがない場合は、画面下端からゆっくり上スワイプしてからアプリリスト表示、LINEを上スワイプ。 LINEアプリを終了したら、機内モードをオフにして通信できる状態に戻します。 以上で、未読状態のままメッセージを確認することができました。 注意すべき点は、 次回のLINEアプリ起動時に既読がついてしまうこと。 メッセージを開かなくてもLINEを起動した時点で既読となってしまうため、未読のままにしておきたい場合はその間LINE自体の利用を控える必要があります。 Androidで、LINEを既読つけずに読む方法 この記事では、を使って検証しています。 機種によって多少異なる可能性があるため、ご注意ください。 Pixel 4で試してみた限りでは、iPhoneよりもかなり長くメッセージ内容の閲覧ができました。 通知でメッセージ内容を見たいなら、設定の「通知」から「メッセージ通知の内容表示」にチェックを入れておきましょう。 Androidアプリの仕様なのか、iPhoneのように横向きにしてさらに長く読むことはできず。 AndroidのLINEアプリ自体が横向きに非対応のようです。 設定の「ネットワークとインターネット」から「機内モード」をオンにし、Androidを通信できない状態にします。 この状態で、LINEに届いたメッセージを閲覧。 ネットにつながっていないため、相手側に既読がつくことはありません。 起動しているアプリのリストを表示し(Pixelの場合は画面下端から上スワイプ)、LINEアプリを終了させます。 アプリを終了したら、機内モードを切っていつもの状態に。 iPhone同様、 次回のLINEアプリ起動時に既読がついてしまうため、未読のままにしたい間はLINEの利用をストップしておきましょう。 以上でPixel 4の場合はOKだったのですが、他のサイトを見てみると「機内モード解除時に(LINEアプリを起動しなくても)既読がついてしまう」という記述がありました。 あれ、私が試した結果と違う……? 機種によってそのような動作をすることがあるのか、それともLINEアプリの仕様が変わったのかは不明。 少なくとも2019年11月時点のPixel 4で試してみた限りでは、機内モードを解除してもLINEを起動するまでは未読のままで問題ありませんでした。 試しに適当に6つほど選んでダウンロードしてみました。 いずれも無料で、広告が表示されるタイプのアプリ。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 「のぞきみ」というアプリをセットアップしてみます。 アプリを起動すると「設定が必要です」というポップアップが表示。 いずれの既読回避アプリもAndroidの通知の仕組みを利用するため、それぞれ通知へのアクセスを許可する必要があります。 これらのアプリを入れた状態でLINEメッセージを受信すると……LINE自体だけでなく各アプリにも一斉に通知が来た! 既読回避アプリを開くと、以下の画像の通りメッセージの全文を読むことができました。 今回試したどのアプリも機能はほとんど同じ。 LINEは開いていないので、もちろんメッセージは未読のまま。 iPad版やパソコン版でも、未読のままメッセージをチェックすることが可能です。 iPad版LINE iPad版のLINEアプリは基本的にはiPhoneと同じなので、メッセージに既読をつけずに読む方法もそっくり同様。 ここでは、機内モードを使った方法を紹介します。 未読のまま読みたいLINEを受信したら、機内モードをオンに。 メッセージを読みます。 機内モード中なので既読はつきません。 機内モードのまま、LINEアプリを終了。 機内モードを解除してもとに戻します。 これで、次にLINEアプリを起動するまでメッセージは未読のまま。 パソコン版LINE パソコン版のLINEでも、同様の手順で既読をつけずにメッセージを閲覧可能。 今回はiMacで試してみました。 まず、Wi-Fiをオフにして通信ができない状態にします。 LINEのメッセージをチェック。 読み終えたら、LINEアプリを終了。 この状態でWi-Fiをオンにしても、LINEアプリは起動していないため既読にはなりません。 そればかりか、私が試した限りでは パソコン版LINEアプリを再度起動しトークリストが表示された状態でも、既読にはなりませんでした。 マジか。 (さすがにトーク詳細を表示させると既読になった) パソコン版LINEの場合、もう1つの方法として トークの詳細を非アクティブのまま表示させておくことで既読をつけずに読むというやり方もあるようです。 何かの拍子にLINEのウィンドウをクリックしたり、アプリ切り替えで前面に表示させてしまうとその時点で既読になるので、この方法を使う場合は要注意。 あとがき 既読になったのに返信がないことを気にする相手とのやりとりでは、必要に応じて活用したいところですね。

次の

LINEの裏ワザ!既読をつけないでメッセージを読む方法

ライン き どく を つけ ず に 読む

もはや生活の必須ツールとなった「」ですが、その特徴の1つとしてメッセージを送った相手が内容を開いたかを確認できる「既読」機能があります。 返信が無くとも内容が伝わったか間接的に把握ができる便利な機能である一方、「既読スルー」という用語ができたように、「早く相手に返信をしないと失礼にあたる」という焦りが生まれるデメリットも存在します。 そのため、相手にはメッセージを開いたことを知らせず(=既読をつけず)、内容だけ確認できたら便利ですよね。 そこで本記事では、iOS版LINE通知で既読をつけずに内容を確認する方法を紹介します。 標準機能で実現できるものから、iPhone 6S以降で導入されている3D Touchを使った方法まで解説しているので、ぜひご覧あれ。 前提:「新着メッセージがあります」問題を解消する 近年のLINE仕様変更により、メッセージの通知が表示されても内容は「新着メッセージがあります。 」とだけ表記され、実際にLINEアプリ自体を開かないと確認できない現象が発生しています。 本記事の主旨となっている「既読をつけずに内容を確認する方法」は、一部この「新着メッセージがあります」問題を解決しておくことが前提となっています。 ちなみにかつては、トークメッセージを暗号化する通信方式「 Letter Sealing」設定を有効にしていると「新着メッセージがあります」とだけ表示される問題がありましたが、昨年(2017年)のアップデートで解消されています。 機内モード状態の受信側でメッセージを確認できる一方、送信側に既読はつかない。 ただこのワザには2つ注意点があります。 「機内モード」に切り替えるタイミングはメッセージを受信してから iPhoneの「機内モード」がオンになっていると、「既読となった」連絡が相手に送られない一方で、相手からの新しいメッセージも受信できなくなります。 そのため、新着メッセージを確認したい場合は、一度「機内モード」をオフに戻す必要がありますが、そうすると下記の問題が発生します。 「機内モード」をオフに戻すと既読が一斉につく iPhoneの「機内モード」がオンになっていると、「既読となった」連絡が相手に送られないだけで、受信側のLINEアプリは「既読となった」事実は把握している状態となります。 従って、新着メッセージを確認するために「機内モード」を一度でもオフに戻す(=通信環境が元に戻る)と、保留となっていた「既読となった」連絡が一斉に相手に送られてしまいます。 以上よりこの方法は、あくまで一時的に「既読をつけずに内容を確認する」ことができるだけで、スマートフォンをずっと「機内モード」にしておくことが現実的でない以上、すぐに相手に伝わってしまう欠点があります。 通知のバナーで確認する LINEでメッセージを受信した際、一時的に画面表示される「通知のバナー」上で内容を確認する方法です。 複数のメッセージが届いても、通知センターよりそれぞれチェックできます。 もちろん、この状態で確認すると「既読」はつきません。 また「ロック画面に表示」をオンにすればロック画面上でも通知バナーをチェックでき、「履歴に表示」をオンにすれば通知センターからメッセージの確認ができるため、どちらも有効にすることをオススメします。 ちなみに「バナーとして表示」の下にある2つのイラストのうち、デフォルトの「一時的」だとLINEのメッセージ通知が届いてから数秒でバナーが消えますが、「持続的」に切り替えると手動で操作しない限り通知が表示され続けるため見逃す心配がありません。 このワザの注意点は下記2つ。 一度でも通知を消すと再確認はできない 画面上に届く「通知バナー」が自動で消えても通知センターから履歴の確認ができますが、一度でも通知の「消去」を実施すると再確認はできなくなります。 LINEのトーク一覧を開いても、各トークルームごと最新のメッセージしか表示されないため、結局LINEを開く(=既読をつける)ことになります。 もし操作ミスでLINE通知を消去してしまった際は、先述した「機内モード」を使ったワザと組み合わせることで、既読をつけずに内容確認することもできます。 ぜひ参考にしてみて下さい。 ロック画面を解除せずとも誰でもメッセージを確認できてしまう 先述したiPhoneの通知設定で「ロック画面に表示」をオンにしていると、スリープ状態で通知が届いてもロック画面上の「通知バナー」から既読をつけずに内容確認ができますが、ロック解除をする必要がないため、第三者に見られるリスクもあります。 便利である一方、プライバシー上の懸念もある点は把握した上で設定をして下さい。 3D Touchでトーク内容を確認する 以上ここまで紹介した2つの方法は、どちらも共通して次の欠点があります。 機内モードを使った方法:「機内モード」をオフに戻すと既読が一斉につく• 通知バナーを使った方法:長文の場合は通知上で全文を確認できない これはiPhone 6S以降で搭載される「3D Touch」機能を使用して克服できます。 例えば通知バナーに長文のLINEメッセージが届いても、3D Touch(強く押し込む動作)を実施することで専用のウインドウで長い文章も表示ができます。 もちろん既読はつきません。 またLINEのトーク一覧を開き、メッセージを確認したいトークルームで3D Touch(強く押し込む動作)を実施することでも同様に確認ができます。 もちろん既読はつきません。 このワザの注意点として、そもそもiPhone 6S以降と対応機種が限定的であるのと、3D Touch(強く押し込む動作)は慣れるまで難しいため、操作ミスで既読がついてしまうリスクがあります。 ただ、うまく使いこなせば既読を付けずにLINEメッセージ内容を確認する最も優れた方法となるため、対応機種をお持ちであればぜひお試し下さい。 補足:そのほかLINE関連の便利な情報まとめ 本ブログではほかにもLINEをもっと上手に使う情報を沢山掲載しています。 例えば、LINEには下記原則がありますが、• 同じ端末で複数LINEアカウントを運用できない LINEアプリのバックアップ機能を応用すれば、トーク履歴を維持したまま同スマートフォン上で複数アカウントを切り替えることができます。 同様の裏ワザ的な豆知識を、関連記事【】でまとめて解説しています。 〆:既読に悩まずメッセージを確認しよう! 以上、 iOS版LINE通知で既読をつけずに内容を確認する方法! iPhoneで未読のまま長文もチェックできる の說明でした。 忙しい時や面倒な相手からメッセージが届いた際、今回紹介したワザで既読をつけずに内容を確認できるようになることで、「早く返信しなくては!」という焦りからきっと解放されるはず。 ぜひ、お試しあれ。

次の