乙女 ゲーム の 破滅 フラグ しか ない 悪役 令嬢 に 転生 し て しまっ た。 updates.team.odesk.com: 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…: 8【特典SS付】 (一迅社文庫アイリス) eBook: 山口 悟, ひだか なみ: Kindleストア

updates.team.odesk.com: 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…: 8【特典SS付】 (一迅社文庫アイリス) eBook: 山口 悟, ひだか なみ: Kindleストア

乙女 ゲーム の 破滅 フラグ しか ない 悪役 令嬢 に 転生 し て しまっ た

Voters: 106 redditの反応 391 points トラック君登場後に、主人公の元の世界に残された人達が受けた傷を見る機会は多くない。 前半のシーンを評価したい。 とても心が動いた。 ソフィアはカタリナの前世の親友なんだね。 来世で再会を果たしたのはとってもスイート。 異世界でこういう展開は、私は初めて見たよ。 バカリナが起動したトラップの全てをチームのみんなが簡単に潜り抜けたことが好き。 カタリナ、どうして君はそんなに美しくも愚かなんだ lol 今回もグッドなエピソード。 最後のソフィアとカタリナが好き。 あの影のような存在は何だろうね?来週が待ちきれない。 だからソフィアはワンピースのエンディングも知っているわけだ…。 待て、もしかしたらベルセルクのエンディングも知っているかもしれない! redditの反応 あっちゃんがソフィアであることを確認。 前世のカタリナが異世界転生した後の、残された人の様子を見せてくれたことが本当に嬉しい。 こういう部分を見せてくれるショーにはサムズアップをあげたい。 土ぼこでみんなを助けるカタリナのシーンには大笑いした。 バカリナ・ザ・レジェンドが赤いボタンを押す。 いつだって素晴らしいアイデア。 redditの反応 237 points バカリナが悪役である理由がようやくわかった。 お前らに同じことが言えるか? (多分スカイリムの導入のパロディですねw) redditの反応 90 points メアリが究極のsimp。 redditの反応 184 points 行き止まりの宝箱について、カタリナは100%正しい。 そしてソフィアが転生した友達。 WHAT THE WHAT redditの反応 142 points ボタンを押したから、バカリナも異世界カルテットの一員だな! それと、生徒を遺跡に放り込む試験については、私もカタリナと同じことを思った。 スポンサーリンク redditの反応 119 points ラノベは読んでないけど、今回が漫画になかったシーンであることはわかる。 アニメが漫画よりも深いところに触れてくれたのは嬉しい。 それと、メアリはカタリナとのカップル成立のためなら毒をも恐れない。 redditの反応 111 points 公平なことを言うと、俺達の多くが先に行き止まりを進むカタリナ方式に賛成だと思う。 redditの反応 106 points バカリナはつちぼこを使った。 redditの反応 96 points ようやくソフィアが兄とバカリナの仲を応援している理由が分かった。 それと、ようやく土ぼこの真の力が実地で証明された。 redditの反応 53 points キースとジオルドは誰がカタリナを守るかで口論。 一方そのころ… バカリナは怪しい赤いボタンを押す。 redditの反応 49 points あっちゃんはソフィアにちょっと似ているけど、カタリナは前世と全く似ていない。 前世の彼女の名前が知りたい。 お預けが辛い! おしゃれな制服が格好いい! みんなハンサムボーイとハンサムガールだ。 ソフィアが彼女の前世を思いだしたらどうなるんだろう? それでも、カタリナが異世界転生した誰かだとは知らないわけだし。 マリアはカタリナについてくる怪しい影が見えるんだな。 あの影は間違いなく不吉なものに見える。 redditの反応 30 points キノコ>魔法石 MALの反応 乙女異世界ファンタジーには相応しい試験だ。 語りと仲間たちのと挑戦には冒険の雰囲気を感じた。 ショーのファンタジー要素はしっかり守られているみたいだね。 仲間たちも活躍を見ることもできたし。 風の魔法のシーンは良く出来ていたと思う。 MALの反応 楽しくも意外な捻り。 視聴者が色々考えてしまうエピソードだったんじゃないだろうか。 私はカタリナについて回るあの黒い影が気になる。 昔のカタリナが失った邪悪な部分の残滓?あるいは彼女に付きまとう不幸の象徴?ただの勘だけど lol 引用:reddit, MAL MALスコアは7. 84 「何かしら?」からよどみなくボタンを押すのが凄いw 導入のソフィアとカタリナの前世パートへの反応が多かったですね。

次の

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 小説5巻

乙女 ゲーム の 破滅 フラグ しか ない 悪役 令嬢 に 転生 し て しまっ た

8巻目になるこのシリーズ。 周囲キャラ視点からの描写が入るのは、お約束な展開なんですが。 同じ状況を2度読みすることにはどうしてもなるので、今まではちょっとくどいなという巻も確かにありました。 が、今回はその移り変わりがスムーズで、まったく同じセリフがずーっと出てくる、、という点がかなり減ってます。 このあたりは読みやすくよかったです。 新キャラだけにスポットを当てるのではなく、既存キャラについてもそれぞれ関わりが描かれていて面白かったし。 物語としては、あからさまに「続く」なので、事件がどういう方向性に行くのか?といったあたりは次巻を待ちたいと思います。 ただ、ちょっと気になる描写が。 20代なはずのキャラが、「何十年も前に母が俺を見ていた」とは回想しないのでは? ここで一気に、あれ?この人おじいさんキャラだったっけ?とか、思ってしまいました。 ささいな点かもしれませんが、物語世界に浸っていたのに、いきなりの興ざめです。 漫画から読み始めて、面白かったので原作7巻まで一気に読み進めて8巻も読破 序盤は王宮で開催される他国との交流会に向けて、貴族のマナーや勉強が苦手なカタリナの為に ジオルドがお城で泊まり込みで勉強会をするという提案をして、泊まり込みで勉強会をする事になりますが カタリナに惚れ込んでるキースやメアリなども一緒に勉強会に参加する事になり まぁカタリナと二人っきりにはさせないぞという、いつも通りの腹の探り合い牽制ですねwww 魔法省編に入ってから、メアリやソフィアなどの出番が減ってしまっていたので カタリナとの絡みなどが見れたのは嬉しかったです。 中盤以降は他国との交流会となり、今回表紙イラストの褐色キャラのセザールさんが登場します。 そしてここまでこの作品を読んでいる人はお察しの事でしょうが、無自覚タラシのカタリナがまた ry 終盤はマリアやソラを含めた魔法省のメンバーが、魔力を持つ令嬢が攫われた件で闇の魔法が使われた形跡がある為、交流会に潜入捜査をしているのですがマリアがピンチに陥り、又してもカタリナが ry そんなこんなで交流会は終了し、セザールさんともお別れになりますが、今後もどこかで出番がありそうです。 今回は、前巻で手に入れた闇の契約の書についてあまり進展がありませんでしたが 次巻から本格的に、4巻から登場していて未だに謎の多い闇の魔法を使う人物サラなどの 根本的な謎の部分に入って行きそうです。 アニメ化も決定していますし、9巻も楽しみです。 アニメ版をたまたま観たら結構面白かったので原作一気読みしました。 シリーズ最初の方の巻ではセクションごとに他の登場人物視点の切り替えが入るのが、同じシーンを2度読まなければならないのがくどいように思えましたが、巻が進むごとにそれが改善され、また文章自体も読みやすくなりました。 日常的なエピソードも多いためか、ストーリーの進みはまだ遅い気がしますが。 ゲームED迎えた後はただのファンタジーになってしまうなら乙女ゲームの世界という設定が生かされてなくてつまらないな…と思ってたら、ゲームの続編新作が出たという展開で、主人公もヒントはもらえるもののほぼネタバレしてない状態なので、なんだかんだ言いながらも今後の展開が楽しみです。

次の

updates.team.odesk.com: 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…: 8【特典SS付】 (一迅社文庫アイリス) eBook: 山口 悟, ひだか なみ: Kindleストア

乙女 ゲーム の 破滅 フラグ しか ない 悪役 令嬢 に 転生 し て しまっ た

内容はカリスマバカのアホの子を楽しめという事に尽きる チートはカリスマに全振りしてるのに主人公のアホの子ぶりが嫌味なく受け入れられる なにより絵師さんがスゴイ とにかく絵が上手い。 表現が上手い。 間の取り方が上手い。 原作読んでたらクスっとできる情報の入れ方が上手い。 原作読んでなくてもそれがどういう事か十分推察できるのが凄い。 それが本編を邪魔してない この絵師さんどっかの大御所漫画家が転生したチートキャラなんじゃね?って疑うぐらいすごい 絵師さんにそのままコミカライズお願いする編集部の気持ちがよくわかる お願いせずにはいられない 絵師ガチャコミカライズガチャでは間違いなく最高峰レアで間違いない 原作も面白いけどコミック化でその面白さを十二分以上に表現してる 原作を買わせる絵師さんです。 買って絶対損はしません 広告で気になり、試し読みしてみたら面白かったので購入しました。 転生・ハーレムものと聞くと食傷気味な人も多いでしょうが、主人公はこれといって特別な 能力が開花するわけでもなく、ただ持ち前の人のよさだけで登場人物たちを次々と虜にしていきます。 ただその流れに唐突さは感じません。 正直こんなに気持ちのいい女性がいたら私も惚れるだろうと思いました。 主人公が他の女の子たちを「かわいい!いい子!」と称する度に「お前が一番だよ」と言いたくなったほどです。 自覚なしで天然なところはテンプレ通りかと思いますが、少なくとも不愉快な人柄ではないと思います。 努力の方向音痴な主人公がとにかく可愛いくて面白いので、ぜひ読んでみてください。 アニメ化すると小耳に挟み、Kindleで試し読み後、押し間違いで購入したが、その後のお話も読みたかったので、返品処理せずに一巻読了。 原作はWeb小説で、2018. 12現在は無料で公開されています。 小説を読む事が苦手でない方なら、原作小説をチェックしておくといいかも?物語自体は完結済み。 一巻の続きや漫画では語られない他の方からの視点、カットされたエピソードも知ることができます。 前置きが長くなりましたが、面白かった。 あの子視点だとこんな裏事情もあるのだけどと掠めることもありましたが、その辺りを描かなくても十分に楽しめました。 逆に、主人公視点での進行のみな為、漫画のみの読者はお話を理解しやすいかもしれない。 異世界転生、乙女ゲーム、悪役令嬢、破滅フラグ、逆ハーレム、他人からの好意に無自覚で鈍感な悪役令嬢の単語に拒否反応がない方には本作品はオススメ。 他作品の逆ハーレムに、拒否感が出る方でもこの作品は大丈夫かも? 主人公はアホの子な野生児だが、努力家 努力する方面を間違えてるが で、老若男女無自覚で幸せにしていく人タラシ。 人からの悪意には敏感なのに、恋愛面は鈍感。 悪役令嬢=攻略対象者他にモテないのフィルターでもかかっているのでしょうか?逆ハーレムを築いてても憎めないタイプ。 表紙近くのライバル令嬢三人姿のイラストが雰囲気があって好き。 意味があるのかと深読みしたアルファベットはタイトルの頭文字。 ソフィアが白髪赤目で元々ウサギを連想してたが、イラストでも髪型やリボン使いで垂れ耳白ウサギでかわいい。 作者様はトーンもウサギ柄を多用しますし、多分ウサギ好き。 アルビノだとしたら紫外線大丈夫?カタリナと畑に出る時とか。 原作でもふれてなかったし、ファンタジーだし細かい事はいいか。 本の内訳は漫画七話と巻末におまけ書籍小説有。 追記 他感想者様の『何故ジオルドはカタリナに惚れたのか?』について、考察した。 乙女ゲームの人物紹介欄にジオルドが何にも興味を持てず、退屈な日々を過ごしているとあります。 最初は自分にベタベタ付きまとっていたカタリナが煩わしかったが、彼女が前世の記憶を取り戻してからは、彼女の一挙一動に笑わされっぱなしで、彼の退屈な日々を払拭してくれた事や、高慢知己な貴族至上主義者から、おおらかで行動予測がつかないアホの子野生児にかわった彼女と過ごす事に幸せを感じているからかな?.

次の