神戸 教育 短期 大学。 兵庫県の短大偏差値ランキング

口コミから見た、神戸教育短期大学の評判は?【メリット・デメリット比較】

神戸 教育 短期 大学

大学:神戸教育短期大学 こども学科• 状況:現在大学に通っている 大学2年生• 性別:女性• 学費を自分で稼がなければならない方や、一人暮らしで生活費を稼がなければならない方は、3年制を利用している方が多かったです。 私は部活動をしているので、4限目以降の時間は部活動をしています。 長期履修制度は部活をする人やアルバイトをしなければいけない人にとってとても良い制度だと思います。 大学:神戸教育短期大学 こども学科• 状況:現在大学に通っている 大学2年生• 性別:女性• この学校はこども学科しかないので、学校に入学した生徒全員が保育士と幼稚園教諭の免許を取るた… 学んでいること 保育士や幼稚園教諭になるための勉強です。 この学校は小学校教諭の免許も取れるので、小学校の免許を取りたい方はその勉強もしていました。 具体的には、幼児のオムツの変え方やミル… 満足している点 長期履修制度があるです。 長期履修制度は2年間で学ぶ内容を3年間で学ぶことができる制度のことで、学費も2年制とほぼ変わらず、授業は3限までしかないので、そのあとはアルバイトや部活動ができるように… 不満に感じている点 駅から遠く、近所迷惑にもなっているです。 大学が駅から遠く、山を登っていかなければいけないので、登下校がとても辛いです。 車、バイク、自転車での通学が禁止されており、最寄駅から徒歩で登下校することしかできません。

次の

神戸市:神戸市内の大学・短期大学・高等専門学校一覧

神戸 教育 短期 大学

キャンパス正門 大学全体 [ ]• にあるの。 によりに設置された。 現在、児童教育学科のみで構成される。 2019年3月までの名称は「 夙川学院短期大学」(しゅくがわがくいんたんきだいがく、Shukugawa Gakuin College)で、開学から2012年度末までのキャンパスは兵庫県こしき岩町、2013年度から改称直前までのキャンパスは神戸市であった。 建学の精神(校訓・理念・学是) [ ]• 教育方針は「広い視野と自己表現力ならびに精神的自立に繋がる教育」である。 教育および研究 [ ]• 児童教育学科では、短期大学付属幼稚園での教育実習が取り入れられている。 学風および特色 [ ]• 度より、のあった神戸ポートアイランドキャンパスに併置され、男女共学となった。 度の大学名の改称に合わせて現在地に移転している。 母体となっている学校法人夙川学院の教育基本理念には精神が導入されている。 沿革 [ ] 前史 [ ]• 増谷(所在地:、現・神戸市)を設置。 としての設立が認可される。 増谷高等女学校を兵庫県に移転。 新制の高等学校および中学校()に改組。 短大の沿革 [ ]• こしき岩町で開学。 家政科を置く(在学者数は102 )• 保育科を増設:在学者数は女64• 美術科を増設:在学者数は女60 、夙川学院中学校・高等学校の敷地に 夙川学院短期大学附属幼稚園を開設。 家政科を専攻分離。 家政専攻• 被服専攻• 食物栄養専攻• 英文学科を増設。 以下の学科名の改称が行なわれる。 専攻科美術専攻を設置。 家政学科被服専攻を服飾デザイン専攻に変更。 英文学科学生数の初見(女119 )• 幼児教育学科を児童教育学科に改組。 英文学科を英語英文学科に改称。 家政学科家政専攻家政学科を生活科学専攻に改称。 美術科を美術・デザイン学科に、専攻科美術専攻を美術・デザイン専攻に其々改称。 英語英文学科を人間コミュニケーション学科に改組。 専攻科に保育専攻を設置。 家政学科の各専攻を以下の通りに変更。 家政学科ウエルネス専攻を健康科学専攻に改組。 付けで家政学科健康科学専攻が正式廃止。 付けで人間コミュニケーション学科が正式廃止。 家政学科ファッション専攻、食物栄養専攻、美術・デザイン学科、専攻科美術専攻を募集停止。 西宮甑岩キャンパス(こしき岩町6-58)から、の立地するの神戸キャンパスに移転。 男女共学化。 児童教育学科の2年間で保育士資格が取得できるようになったため、専攻科(保育専攻/一年制)は終了。 併設の神戸夙川学院大学が閉学し、神戸ポートアイランドキャンパスは夙川学院短期大学の単独使用となる。 が西宮市の神園キャンパスから移転し、共同使用のキャンパスとなる。 の法科大学院跡地に移転した上で、「神戸教育短期大学」に名称を変更。 基礎データ [ ] 所在地 [ ]• 西山町2-3-3 交通アクセス [ ]• およびより徒歩13分• 11系統 長田小学校前より徒歩3分 教育および研究 [ ] 組織 [ ] 学科 [ ]• 児童教育学科 学科の変遷 [ ]• 児童教育学科• 家政学科• 食物栄養専攻• 保育専攻• 美術・デザイン専攻 別科 [ ]• なし 取得資格について [ ]• :児童教育学科で取得できる。 :かつての家政学科食物栄養専攻にて。 二種:児童教育学科にて取得できる。 二種免許状:児童教育学科にて取得できる。 二種免許状が設置されていた。 :旧家政科全専攻• :美術科• :英語英文学科• 二種免許状がかつて家政学科食物栄養専攻に設置されていた。 附属機関 [ ]• 幼児教育研究所 学生生活 [ ] 部活動・クラブ活動・サークル活動 [ ]• 吹奏楽部・女子空手道部がある。 学園祭 [ ]• 学園祭は「夙凛祭」と呼ばれ、毎年、概ね11月に行なわれている。 過去には、まだインディーズだった頃のやが訪問したことがある。 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者一覧 [ ]• 清田寿:初代学長• 吉岡濟:元学長• 増谷篤子:元学長• :本学• :本学特任教授 出身者 [ ] 「」も参照• - 漫画家• - 叶姉妹の妹• - 関西タレント(活動休止中)• 施設 [ ] キャンパス [ ] 法科大学院学舎(2004年から2015年)として使用されていた敷地と校舎を、が購入して本校のキャンパスとして利用している。 さらに以前には、第二キャンパス(1976年から2006年)として使用されていた。 夙川学院短期大学時代(ポートアイランド) [ ]• 2013年に4号館として短大棟が設けられ、ピアノレッスン室、図工室などを有した。 夙川学院中学校・高等学校と1号館・2号館・3号館は共有し、食堂・図書館・アリーナ・普通教室・学生ホールなどを利用できた。 中学校・高等学校が使用していた部分も含めた旧キャンパスは、2019年4月以降は神戸学院大学が使用している。 対外関係 [ ] 他大学との協定 [ ]• :当大学の専門科目が受講でき、当短大の卒業所要単位に認可される。 夙川学院短期大学としてポートアイランドに所在した当時は、 ポーアイ5大学新連携協定(他に・・・)に加わり、それぞれの大学で開かれている講義を所属大学の単位として認定。 また合同講義や施設の相互利用をはじめ、クラブ・サークル活動の交流なども展開していた。 長田区への移転後も継続しているかどうかは不明。 社会との関わり [ ]• 「地域子育て支援拠点事業」の実施大学として神戸市中央区に子育て広場「ぽかぽっぽモトロク」「のびのびにーの」、西宮市には「しゅくたん広場」を開設している。 卒業後の進路について [ ] 就職実績 [ ]• 小学校・幼稚園・保育園・施設への就職率は、100%である。 編入学・進学実績 [ ]• 児童教育学科:・・・・・・・・ほか• 家政学科• 健康科学専攻:・・・・・ほか• ファッション専攻:ほか• 食物栄養専攻:・・・ほか• 美術・デザイン学科:・・ほか• 夙川学院短期大学付属幼稚園(兵庫県西宮市)• 神戸教育短期大学附属八尾ソレイユ認定こども園() 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 「栄養士」・「食生活」の各コースがあった。 児童教育学科の2年間で保育士資格が取得できるようになったため度で終了。 出典 [ ]• 度版36頁より。 度版39頁より。 度版40頁より。 度版43頁より。 神戸新聞. 2018年7月18日. 2019年4月19日閲覧。 夙川学院短期大学ウェブサイトの2011年度実績より。 2019年4月13日閲覧• 新制度に移行していない私立幼稚園のリスト中に記載 2019年4月13日閲覧• 私立認定こども園のリスト中に記載 2019年4月13日閲覧• 2019年2月公開 2019年4月13日閲覧 参考文献 [ ]• 『』(日本私立短期大学協会発行:)• 『』(『私大コース』シリーズ別冊)• 『』(局技術教育課監修)• 『』第49号(日本私立短期大学協会発行:)• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『短大蛍雪』(臨時増刊。 『夙川学院短期大学』:入学案内小冊子 関連項目 [ ]• 公式サイト [ ]•

次の

幼児教育学科|神戸女子短期大学

神戸 教育 短期 大学

概観 [ ] 大学全体 [ ] 神戸ファッション造形大学短期大学部は、兵庫県明石市内にあったの。 により同学園経営の 神戸ドレスメーカー女学院()創立30周年記念事業としてに 明石女子短期大学として設置された。 かつては3学科を擁していたが、神戸ファッション造形大学開学後は、服飾系の学科のみとなった。 野々池貯水池に隣接しており、周囲には明石市立小中学校や明石南高校、神戸市立小中学校などがあり、教育施設が密集した地区にあった。 以降は短大名に「神戸」と冠していたが、所在地はではなく明石市であった。 建学の精神(校訓・理念・学是) [ ] 明石短期大学 [ ]• 豊かな人格をそなえた人材の育成• 幅広く応用し得る専門技術• よりよき実生活の創造 神戸ファッション造形大学短期大学部 [ ]• 建学の精神は「人・創造・未来」となっていた。 これは創始者である福冨芳美による言葉である。 教育および研究 [ ] 明石短期大学および神戸文化短期大学 [ ]• 服飾学科 - ファッションを流行の服飾として捉えるにとどまらず、ファッション産業界をも見据えたカリキュラムを用意していた。 デザイン美術科 - 総合的な造形教育を通じて創造性の開発に取り組んでいた。 教養学科 - 国際的視野に立つ豊かな教養と実務能力を身につけることに力をいれていた。 単位取得により秘書士の称号を得ることができた。 神戸ファッション造形大学短期大学部 [ ]• ファッションデザイン学科 - ファッション業界で活躍するに相応しい人材育成に力をいれていた。 学風および特色 [ ]• 神戸ファッション造形大学短期大学部におけるファッションデザイン学科には、「アパレルデザイン」・「ファッションビジネス」・「インテリアデザイン」・「総合デザイン」の各コースがあった。 1年次には「カフェテリア履修」と称したカリキュラムがあった。 いわゆるに相応するものでもあり、「調理学」や「食物学」、の「製菓実習」もあった。 短大の一大イベントとしてがあった。 沿革 [ ]• - 神戸ドレスメーカー女学院(英称:Kobe Dressmaker Jogakuin)が創設される。 - 明石女子短期大学(あかしじょしたんきだいがく、英称:Akashi Women's Junior College)として開学。 服飾学科を置く。 - 明石短期大学(あかしたんきだいがく、英称:Akashi Junior College)と改称し、男女共学となる。 - 学科を増設する。 教養学科• デザイン美術科• 1990年 - 神戸文化短期大学(こうべぶんかたんきだいがく 英称:Kobe College of Liberal Arts)と改称。 - 専攻科造形専攻を設置。 - 神戸ファッション造形大学短期大学部に改組。 服飾学科をファッションデザイン学科に改称。 2009年度を最後に、学生募集を打ち切る。 - 閉校。 - 文部省の廃止認可を受ける。 跡地 [ ] 2013年に校舎は解体され 、住宅の分譲地となった。 基礎データ [ ] 所在地 [ ]• 兵庫県明石市明南町2-1-50 校歌 [ ]• 作詞、 作曲 交通アクセス [ ]• 5系統、6系統 上ヶ池公園・沢野経由高丘巡回天郷行 [鳥羽弁財天バス停] 下車後8分• 西明石北ルート [野々池貯水池バス停] 下車後3分 かつて春頃まで 神姫バス,が明石駅-硯町-西明石-明石短大前 短大線 を共同運行していた。 教育および研究 [ ] 組織 [ ] 学科 [ ] 明石短期大学および神戸文化短期大学 [ ]• 服飾学科• 教養学科• デザイン美術科 神戸ファッション造形大学短期大学部 [ ]• ファッションデザイン学科 専攻科 [ ]• 神戸文化短期大学時代に造形専攻が設けられていた。 別科 [ ]• なし 取得資格について [ ]• 明石短期大学および神戸文化短期大学の時代には以下の教職課程や資格課程があった。 中学校教諭二種免許状• 家庭:服飾学科• 美術:デザイン美術科• 社会・司書教諭:教養学科• 司書:教養学科• 衣料管理士:服飾学科• 社会教育主事:教養学科• 秘書士:教養学科 学生生活 [ ] 部活動・クラブ活動・サークル活動 [ ]• 神戸ファッション造形大学短期大学部のクラブ活動(明石短期大学および神戸文化短期大学含む)• 体育系:・・・ほか• 文化系:ほか 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者一覧 [ ] 大学関係者 [ ]• :初代学長• 福冨昌佑:元学長• :名誉教授、明石短期大学校歌の作詞者 施設 [ ] キャンパス [ ]• 水苑寮(100名収容) 対外関係 [ ] 他大学との協定 [ ] オーストラリア [ ]• 系列校 [ ]• 社会との関わり [ ]• 高大連携や出前講義が行われていた。 卒業後の進路について [ ] 就職について [ ]• 服飾学科:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ほか• 教養学科:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ほか• デザイン美術科:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ほか 編入学・進学実績 [ ]• これまでの実績では、系列の神戸ファッション造形大学ほか・などがあった。 関連項目 [ ]• 公式サイト [ ]• 参考文献 [ ]• 『』(日本私立短期大学協会発行:)• 『』(『私大コース』シリーズ別冊)• 『』(局技術教育課監修)• 『』第49号(日本私立短期大学協会発行:)• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『短大蛍雪』(臨時増刊。 旺文社)• 『神戸文化短期大学』:入学案内• 『兵庫県大百科事典』上巻(出版センター:1983年)• 『全国大学短大高専校歌集』(桜楓社:1985年) 脚注 [ ]• 『兵庫県大百科事典』上巻、40頁• 当初の在学者数は47人となっている。 当初の在学者数は女子36人となっている。 当初の在学者数は38人(うち女子19人)となっている。 1990年版の『全国短期大学受験要覧』(廣潤社)に掲載された入試要項では学校名は「明石短期大学」となっており、校名変更についての十分な事前告知はなされなかったようである。 また、キャンパス移転や新学科設置なども行われなかったことから、単なるイメージチェンジをねらった改称ではないかとも考えられる。 神戸文化短大時代の以降は毎年定員を下回っており、経営難に陥っていた(『朝日新聞』 2009年6月11日夕刊)。

次の