パイオニア タブレット。 パイオニア カロッツェリアが車載用タブレットでカーAVシステムを構成する新アイテムを発売

FH

パイオニア タブレット

コストを考えたら満足度は非常に高い 当サイトでカーナビに関する記事を書いていた際に、「CARトップ本誌で連載中の軽キャンパー生活で、軽キャンパーにはカーナビがないからタブレットをカーナビ代わりに使っている」のをそういえばと思い出し、タブレットをカーナビ代わりにジックリ使った印象をお伝えしたいと思う。 結論から言えば「コストを考えたら満足度は非常に高い。 中古車を見ているとたまに新しいクルマでもオーディオしかないクルマも見るが、スマートフォンやタブレットをナビ代わりに使っていたのであれば、それもよく分かる。 今後カーナビ業界はどうするんだろう」といろいろなことを考えさせられた。 まず筆者自身は「スマートフォンのようなデジタル機器は便利だから使うけど、強い関心はない」という、クルマでいえば「クルマに強い関心はないけど、必要だから使う」という人のようなタイプだ。 そのためスマートフォンにお金を使う気はなく、実質無料のような端末を使っている。 タブレットもスマートフォンのバッテリーの持ちが非常に悪くなり、前述の端末に機種交換に行った際に、タブレットにも少し興味があり、「端末代が実質無料なら」とそういった端末をいただいたような格好だ。 ちなみにタブレットの月使用費は2000円程度である。 カーナビ代わりに使う前は、ベットの上でスマホより大きな画面で無線LAN経由でネットやYou Tubeを見ながらそのまま夢の中に行くくらいにしか使っていなかったが、それだけでも仕事以外は家からあまり出ない引きこもりがちな筆者には十分な利用価値があった。 そうなれば、むしろカーナビであれば無料、有料はともかくとして地図データの更新が必要になるところを、タブレットやスマートフォンであれば地図更新も無料に近くかつリアルタイムに近いというメリットも際立つ。 そうしたことを総合すると、カーナビ代わり以外にも使えることも含めれば月2000円程度の使用費(カーナビ代わりに使う際のパケット使用は別として)はカーナビの購入費+先々の更新費に比べれば、違うクルマでも使えることを含めとても安いものに感じた。 それだけに最近はカーナビを買わない人が増えていたり、カーナビを選ぶ際に高いもの買う人が減っている背景もよく理解できた。 タブレットをカーナビ代わりに使ってみると、「今後カーナビは不要になり、これまでモニターが入っていたところにはオーディオが入ることになるのかもしれない」とも思う。 しかしタブレットを置くと、ダッシュボードがゴチャゴチャしてしまうというのも事実ではある。 といったことを考えると、今後はパイオニアやケンウッドが出しているモニター付きオーディオや、三菱エクリプスやアウトランダーに用意されているスマートフォンと連携できるモニターが進化していくように感じた。 そうなると今までのカーナビはよほどの付加価値や価格を含めた魅力を持たない限り、生き残り難しいのではないだろうか。

次の

【タブレット、愛車に合体?】カロッツェリアの新発想 8インチ・タブレット・システム パイオニア

パイオニア タブレット

コストを考えたら満足度は非常に高い 当サイトでカーナビに関する記事を書いていた際に、「CARトップ本誌で連載中の軽キャンパー生活で、軽キャンパーにはカーナビがないからタブレットをカーナビ代わりに使っている」のをそういえばと思い出し、タブレットをカーナビ代わりにジックリ使った印象をお伝えしたいと思う。 結論から言えば「コストを考えたら満足度は非常に高い。 中古車を見ているとたまに新しいクルマでもオーディオしかないクルマも見るが、スマートフォンやタブレットをナビ代わりに使っていたのであれば、それもよく分かる。 今後カーナビ業界はどうするんだろう」といろいろなことを考えさせられた。 まず筆者自身は「スマートフォンのようなデジタル機器は便利だから使うけど、強い関心はない」という、クルマでいえば「クルマに強い関心はないけど、必要だから使う」という人のようなタイプだ。 そのためスマートフォンにお金を使う気はなく、実質無料のような端末を使っている。 タブレットもスマートフォンのバッテリーの持ちが非常に悪くなり、前述の端末に機種交換に行った際に、タブレットにも少し興味があり、「端末代が実質無料なら」とそういった端末をいただいたような格好だ。 ちなみにタブレットの月使用費は2000円程度である。 カーナビ代わりに使う前は、ベットの上でスマホより大きな画面で無線LAN経由でネットやYou Tubeを見ながらそのまま夢の中に行くくらいにしか使っていなかったが、それだけでも仕事以外は家からあまり出ない引きこもりがちな筆者には十分な利用価値があった。 そうなれば、むしろカーナビであれば無料、有料はともかくとして地図データの更新が必要になるところを、タブレットやスマートフォンであれば地図更新も無料に近くかつリアルタイムに近いというメリットも際立つ。 そうしたことを総合すると、カーナビ代わり以外にも使えることも含めれば月2000円程度の使用費(カーナビ代わりに使う際のパケット使用は別として)はカーナビの購入費+先々の更新費に比べれば、違うクルマでも使えることを含めとても安いものに感じた。 それだけに最近はカーナビを買わない人が増えていたり、カーナビを選ぶ際に高いもの買う人が減っている背景もよく理解できた。 タブレットをカーナビ代わりに使ってみると、「今後カーナビは不要になり、これまでモニターが入っていたところにはオーディオが入ることになるのかもしれない」とも思う。 しかしタブレットを置くと、ダッシュボードがゴチャゴチャしてしまうというのも事実ではある。 といったことを考えると、今後はパイオニアやケンウッドが出しているモニター付きオーディオや、三菱エクリプスやアウトランダーに用意されているスマートフォンと連携できるモニターが進化していくように感じた。 そうなると今までのカーナビはよほどの付加価値や価格を含めた魅力を持たない限り、生き残り難しいのではないだろうか。

次の

パイオニア カロッツェリアが車載用タブレットでカーAVシステムを構成する新アイテムを発売

パイオニア タブレット

パイオニアが7月に発売するタブレット型AVシステム、それがクレイドル型の2DINメインユニット「FH-7600SC」と8インチタブレット「SDA-700TAB」を組み合わせた新コンセプトのカーAVシステムです。 本システムの最大の特徴が、システムの中核にタブレットを置き、様々なアプリを車内外を問わず楽しめるようにしたことにあります。 しかも、車載機としての優れた使い勝手と、高い安全性を両立させているのです。 これを専用フレームに収めて、車内ではメインユニットと Bluetooth接続し、クレイドルに取り付けて使います。 タブレットはクレイドルから取り外して車内だけでなく、屋外でも自由に使うことができます。 たとえば自宅で行きたいところをナビアプリ上で設定しておけば、クルマに乗り込んでからいちいち目的地を設定する手間も省けます。 もちろん、タブレットは単独でネットワーク端末としても使えますから、好きな動画を見たり、インターネットにアクセスして楽しむこともできます。 自宅ではWi-Fiに接続して使い、出かけた時にはスマートフォンのテザリングを使えばOKです。 ただ、キャリアによってはテザリングはオプション契約としている場合もありますから、もし未契約の場合はその契約が必要となります。 だいたい通信料とは別に500円/月程度はかかるようです。 タブレットは画面サイズが大きいですから、見やすさという点でも優位です。 ただ、その取り付けには汎用品を組み合わせることが多く、無理矢理感も否めなかったはずです。 しかもタブレットは画面サイズが大きい分、重さもそこそこあって、安全上の観点からも取り付けには十分な配慮が欠かせません。 加えて車載では耐熱や耐振への対策も必要です。 夏場にうっかり車内へ置きっ放しにしておけば、それこそタブレットにダメージを与える可能性もあるからです。 システムアップ用としてサブウーファー出力やリアモニター用ビデオ出力も備えた 今回紹介しているパイオニアのタブレット型AVシステムは、それらの部分に特に留意して商品化されました。 メインユニットに取り付けられたクレイドルは、タブレットをしっかりとホールドして安全性を高めただけでなく、耐振性にも配慮した設計となっているのです。 つまり、ドライブの途中で車内に置きっ放しにして十分な耐寒/耐熱性を備えたタブレットとなっているのです。 さて、8インチタブレットSDA-700TABをメインユニットFH-7600SCに組み合わせて使うには、事前に設定しておくことがあります。 それが両者をBluetoothで接続することです。 このアプリを活用することで、チューナやBluetoothオーディオをはじめ、音楽や動画などをストリーミングで楽しめるようになるのです。 Pioneer Smart Sync for Tabletを介して、メインユニットのオーディオ操作や設定、音質の調整などをすべてタブレット上で操作できます。 楽曲をアップ/ダウンは画面を左右にスワイプするだけ。 操作フィーリングはとてもスムーズでした。 サウンド面では車内の音場を最適化するタイムアライメントや、圧縮音源の音質を際立たせるアドバンスド・サウンドレトリバー搭載するなど、タブレットのエンタメ性を引き立てる優れたオーディオ能力を備えています。 低音を単純に増強するのではなく、低音域と中高音域をデジタル処理するEQ調整で、パワーとハリのある低音を楽しめる タブレットのディスプレイはハイビジョン対応で、ストリーミングで再生する映像を細部まで鮮明に映し出すだけでなく、Googleマップなどを表示したときは地名や街区なども細部まできっちり見せてくれます。 また、タブレットのディスプレイは反射が少ないノングレアを採用しています。 このため、明るい昼間で使っても見にくさを感じずに済みそうです。 アングル調整ができないことで反射が気になりそうですが、幸いタブレットのディスプレイは反射を抑えたノングレア処理が施されていますから、昼間の反射はほとんど気にしなくても良さそうです。 別売のステアリングリモコンケーブルを組み合わせたら操作可能になるかとも思い、開発者に聞いてみましたが、結果は「タブレットがないとステアリングリモコンの学習を選択できない」のでNG。 これは残念。 このあたりはぜひ改良していただきたいですね。 とはいえ、タブレットならではの多彩なコンテンツを大画面に映し出し、それをカーオーディオならではの迫力たっぷりのサウンドで楽しめる本システムの魅力は大きいです。 今までタブレットに魅力を感じつつも、安全性で今ひとつ不安を感じていた人も少なくなかったでしょう。 そんな人に新たな自由な使い方を与えてくれるのがパイオニア「カロッツェリア」のタブレット型AVシステムと言えそうです。 【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】.

次の