妊婦 貧血対策。 【助産師監修】妊娠中の貧血の症状は?原因と対策│AMOMA

【医師監修】妊婦は貧血になりやすい!症状や対策、おすすめの食べ物は?

妊婦 貧血対策

貧血とは 貧血とは赤血球に含まれる血色素(ヘモグロビン)濃度が低下した状態をいいます。 貧血はその原因によっていくつかの種類に分けることができますが、もっとも多いものは鉄欠乏性貧血です。 血液の働きで重要なことは、酸素を全身に運搬することです。 その酸素を運ぶ役割を担っているのが、赤血球に含まれるヘモグロビンです。 ヘモグロビンは主に鉄を含む「ヘム」という色素とたんぱく質が結合(ヘムたんぱく質)してできており、これが酸素と結合して全身に運ばれていきます。 そのため体内に含まれる鉄が減少してしまうと、ヘモグロビンも減り酸素を運搬する能力が低下してしまい、易疲労感(疲れやすい)、頭痛、息切れなどの症状や運動機能の低下などを招くことになります。 鉄の1日の摂取推奨量 では鉄はどれくらいとることが必要なのでしょうか。 体の代謝によって、成人男性では約1mg、女性では約0. 8mgの鉄が1日に損失しています。 また女性は月経により、1日あたりに換算してさらに約0. 5mgの鉄が損失しています。 この損失する鉄を食事から補う必要があります。 食品中に含まれる鉄には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」があり、前者はレバーやあさり、赤身の魚などに多く含まれており、後者は野菜や卵、牛乳などに多く含まれています。 この2種類で大きく違うのは体内での吸収率で、「ヘム鉄」で高く、「非ヘム鉄」で低いです。 実際はヘム鉄か非ヘム鉄の、どちらかのみを食べるということはありません。 また食事の内容などの影響も受け、食べた鉄のおおよそ15%程度が吸収されると報告されています。 前述の鉄の損失量とこの吸収率を考慮して、日本人成人(20~49歳)が1日の食事から鉄を摂取する量は、成人男性では7. 5mg、月経のある女性では10. 5mg(月経のない女性:6. 5mg)が推奨されています [1]。 貧血を予防するための食生活のポイント 貧血を予防するためにはまず、毎日失われる鉄を食事からしっかりとることが必要になります。 主な食品の目安量に含まれる鉄量は【図1】に示しました。 図1 主な食品の目安量に含まれる鉄量 文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」より小数点第2位を四捨五入して算出 鉄の他にもヘモグロビンなどの材料になる・鉄の吸収を高めるビタミンCの摂取も大切です。 鉄もたんぱく質も多く含む食品には牛肉やレバー、カツオなどの赤身の魚、あさりなどが、ビタミンCが多い食品には・果物などが挙げられます。 さらに赤血球が作られるときには葉酸(ビタミンの1種)やビタミンB 12などが必要になります。 葉酸の多い食品はレバーやほうれん草、アスパラガス、ブロッコリー、納豆など、ビタミンB 12の多い食品はレバー、魚介類、チーズなどです。 このように動物性食品・植物性食品をバランス良く組み合わせて食べることがポイントになります。 貧血予防におすすめメニューの一例としては、「レバニラ炒め」「あさりとほうれん草のパスタ」「カツオのたたき(大葉、玉ねぎ、長ねぎなどの薬味と一緒に)」「ひじきと大豆の煮物」などがあります。 【図2】 図2 貧血予防におすすめのメニュー例 文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」より小数点第2位を四捨五入して算出 また、鉄は胃酸が分泌されると吸収されやすくなります。 柑橘類や酢などの酸っぱいものを食べたり、よく噛んで食べたりして胃酸の分泌を促すと、鉄の吸収率が高まることが期待できます。 貧血予防には、上記のような鉄を多く含む食事を心掛けるほか、「無理なをしていないか」「朝食を抜いていないか」など、食生活全般を見直しておきたいものです。 通常の食生活での摂取が難しい場合には、ミネラルやビタミンの含有量を強化した食品(鉄であれば牛乳・乳製品、飲料など)も販売されています。 表示をよく見て利用を検討してください。 女性では妊娠期・授乳期に特に注意が必要 女性の場合は生理や妊娠などで多くの鉄を必要とします。 妊娠期・授乳期は、母体の健康・胎児の発育のため、また母乳量と含まれる栄養成分を保つため、鉄以外にも・などの栄養素を必要とするため、特に食生活には気をつけましょう。 「」 [2]に具体的な食生活のポイントが示されているので、参考にしてください。 食生活以外の要因で貧血が起きている場合もある貧血の原因は、食生活以外の要因に注意を向ける必要もあります。 例えば痔や潰瘍などが原因で貧血症状が現われることがあります。 また胃の切除後や肝硬変、人工透析(血液透析)などが原因で貧血が起きていることもあります。 原因として食生活に心当たりがないときは医療機関で診察・検査を受けたほうが良いといえます。 (最終更新日:2020年2月18日).

次の

【妊娠】脳貧血への対策と症状、原因って何?

妊婦 貧血対策

妊娠中は貧血の症状が出やすいことはご存知でしょうか。 これがただの貧血だと思っていたら、実は脳貧血だった…!なんてことがあるので、注意深くケアをしていかなくてはなりません。 貧血と言えば、鉄分不足で引き起こされるイメージですが、脳貧血はそうではありません。 では妊婦さんの脳貧血とは一体どのようなものなのでしょうか。 今回は、脳貧血の症状と対策、そして予防方法をご紹介します。 脳貧血とは? 正式名称を「起立性低血圧」と呼び、眠っていて急に起き上がったときや立ち上がった時に、急激に血圧が下がり、めまいや立ちくらみを引き起こしてしまう症状のことを指します。 貧血の場合は、血中のヘモグロビンが減少し、胎内の酸素濃度が低くなって顔面蒼白や動悸・息切れが起こることを言いますが、脳貧血の場合はヘモグロビンの量には関係はなく、脳に送られていた血液が不足し脳が酸欠状態になってしまい、上記のような症状が起こります。 脳貧血の症状とは? 脳貧血には以下の症状が挙げられます。 ふらつき• 浮遊感• めまい• 立ちくらみ• 視界が狭くなるなどといった視野障害• 手足や全身のしびれ• 錯乱 上記のような症状が、急に立ち上がったときや立ちっぱなしのときに起こります。 症状がひどい場合は、失神をしてしまうこともあるので、妊娠中は特に注意が必要です。 妊娠中に脳貧血になる理由とは? 妊娠中は鉄分が欠乏して起こる貧血も起こりやすいですが、脳貧血にも陥りやすいです。 理由としては「自律神経の乱れ」が挙げられます。 妊娠中のホルモンバランスの変化は、自律神経を乱れさせてしまい、さまざまな身体の不調を感じますが、胎児に栄養を送ろうと大量の血液を使うため、余計に自律神経が乱れます。 そうすると血圧の調整機能がちゃんと働かなくなり、急に立ち上がったりすると一気に血圧が下がり、フラッと立ちくらみをするような脳貧血の症状があらわれます。 また血液中の酸素濃度も胎児に栄養を分け与えることで低下をしているので、低血圧になっていることも考えられます。 脳貧血になったときの対処法とは? 脳貧血になってしまったときの対処法は、 ・しゃがむ ・横になる がやはり一番効果的です。 外出先では急に横になることは難しいかと思いますので、立ちくらみを感じたらその場にしゃがむだけでも効果があるので、試してみてください。 しゃがむ場合は、頭を低くしてしゃがむようにしてなるべく脳に血液が行くようにしましょう。 自宅で脳貧血状態になった場合は、ベッドに横になり休息をとるようにしましょう。 この時にクッションや枕を使って足を高く上げて脳に血液が行くように対策を取ると、比較的早く回復をします。 脳貧血は身体が疲れを感じると余計に症状が悪化をするので、無理は禁物です。 もし少しでも息切れをしたり疲れたな…と感じたら、早急に休憩を取り症状が悪化をしないよう努めましょう。 脳貧血の予防法とは? 急に飛び起きたりしない 脳貧血は、脳に血液がうまくいっていない状態で起こる現象ですので、横になった状態から急に立ち上がったりしないようにしましょう。 目が覚めたときは、まずはゆっくりと起き上がり、頭を低くして、しっかりと脳に血液が行くように対策を取りましょう。 就寝時は、枕やクッションを使って上半身を高めにしてから眠ると、脳貧血の症状が出にくくなるといわれているので、お悩みの方はお試しください。 長時間の立ち仕事は避ける 妊娠をしてからも、仕事を続けている人は、脳貧血のリスクが上がります。 特に立ち仕事をしている方は、注意が必要です。 長時間立ちっぱなしの体勢を取っていると、身体の血液が下に下がっていくので、脳への血液の循環を悪くしてしまいます。 そのため、なるべく長時間の立ち仕事を避けるように上司や同僚に相談をしましょう。 低血圧になりがちな朝の出勤時は、電車の空いている時間帯を選んで出勤をしたり、座れるのであれば座って出勤をするようにしましょう。 少し疲れたな…と感じたら、早めに休憩をして、無理はしないよう心がけましょう。 軽い運動をする 妊娠をしていると、運動から遠ざかってしまいがちですよね。 しかし全く動かないのも問題です。 血液の循環を良くするためにも、妊娠をしてからも身体の調子が良いのであれば、軽い運動をするようにしましょう。 妊娠前に行っていた激しい運動は難しくても、妊婦さん向けの軽い運動であれば問題はありません。 特にオススメなのは、マタニティヨガやウォーキングといった、身体に負担があまりかからない運動です。 特にスポーツジムで行われるマタニティヨガは、妊婦さん向けに考案されたカリキュラムですので行いやすいです。 またウォーキングも自分の身体の調子に合わせて距離を調整できるので、疲れない程度に行えて良いでしょう。 下半身を鍛えて足の血液循環を良くすると、脳への血液循環も良くなるので、妊娠経過が順調な方は身体を積極的に動かすようにしましょう。 規則正しい生活を心がける 規則正しい生活を送ることはとても大切です。 特に早寝早起きをして生活リズムを乱さず、三食しっかりと食事を摂ることが重要です。 これはホルモンバランスの影響で乱れてしまった自律神経を整えるためにもとても大切なことなので、なるべく夜更かしをしないで早く寝て早く起きるよう心がけましょう。 またストレスをため込みすぎてしまうのは禁物です。 何かと制限の多い妊婦生活ですが、できないことばかりに目を向けるのではなく、できることで適度に息抜きができるようにしましょう。 まとめ 妊娠中はどうしても貧血気味になりますが、しっかりと規則正しい生活やバランスの良い食生活を送って対策と予防をするようにしましょう。 脳貧血は急に起きたときや立ち上がったときに起こりやすいため、動作をゆっくりするなど十分に気をつけましょう。 また、立ちっぱなしも原因となりますので、立ち仕事の人はこまめに休憩をとらせてもらったり、通勤中に長時間立ったままの人は、通勤時間をずらしてみたりするのもいいでしょう。 いずれにしても、妊娠中は誰でも脳貧血の症状が出る可能性がありますから、おかしいなと感じたら、とりあえずすぐにしゃがんだり、横になったりしましょう。 脳貧血が頻繁に起こるようなら、早めに産婦人科を受診して、医師から正しいアドバイスをもらうようにしましょう。 参考文献:.

次の

妊娠中の立ちくらみ4つの対策~妊婦の立ち眩みがひどい原因と対処法

妊婦 貧血対策

妊婦さんは鉄分不足で貧血になりやすい 妊娠中はお腹の赤ちゃんに優先して血液が運ばれるため妊婦さんは貧血になりやすく、全妊婦さんのおよそ30~40%の割合で貧血になると言われます。 なお、妊娠中に起きる貧血のほとんどが鉄欠乏性貧血によるもの。 妊娠中に起きやすいこともあり「妊娠貧血」とも呼ばれます。 鉄分は赤血球中のヘモグロビンの主成分で体全体に酸素を運ぶための重要な役割を持っています。 ですが、妊娠するとママ自身に加えお腹の赤ちゃんにも酸素を送り届ける必要があるのでヘモグロビンの量が増えます。 そのため、ママの体内で鉄分が不足しやすくなり貧血にかかりやすくなります。 0mg 8. 5mg 21. 0mg 8. 5mg 30~49 6. 5mg 9. 0mg 21. 5mg 9. 0mg~6. 5mgであることに比べ、妊娠時期によって異なりますが、妊婦さんになると通常時と比べて最大3倍以上(時期による)も鉄分が必要になります。 そもそも鉄分は普段から不足しがちな栄養素の1つ。 妊娠中は一層の鉄分補給を心がける必要があります。 妊娠中の妊婦さんは貧血対策が欠かせない 妊娠中に妊婦さんが鉄分不足にかかると貧血・めまいをはじめ、ひどいときは意識を失い転倒して母体やお腹の赤ちゃんに影響がでることがあります。 また、重度の貧血になると酸素が欠乏して未熟児や虚弱児など、出産後の赤ちゃんに影響を及ぼすこともあるため、妊婦さんの鉄分補給は欠かせません。 加えて、妊娠後期に入ると出産準備のために血液量が増えますが、そこで鉄分不足で貧血になってしまうと微弱陣痛をはじめ、出産時に難産・弛緩出血、生んだ後に産褥熱、などのリスクが高くなります。 妊娠初期から後期・出産に至るまで貧血対策として鉄分補給は欠かせません。 妊娠中期から鉄分の摂取量がさらに増加 妊娠中期~後期にかけて、非妊娠期に比べて3倍以上、妊娠初期と比べても2倍以上の鉄分量21~21. 5mgが必要になりますので、中期以降は特に意識して鉄分摂取を心がけてください。 妊娠中の妊婦さんが補給したいヘム鉄・非ヘム鉄 ヘム鉄 ヘム鉄は肉や魚介類などの動物性の食材に多く含まれ、非ヘム鉄と比べて体内に吸収されやすい性質を持っていて、吸収率は約10~20%と高いのが特徴です。 非ヘム鉄 非ヘム鉄は野菜や穀物、海藻類などの植物性の食材に多く含まれ、非ヘム鉄の吸収率は約1~6%でヘム鉄と比べて低いですが、タンパク質やビタミンCと一緒に摂ることで吸収率を高めることができます。 鉄分の過剰摂取に注意 体内への吸収性を考えるとヘム鉄だけの摂取を心がけた方が良いように見えます。 ですが、動物性の食材に偏るのも健康に良くありません。 特にヘム鉄が豊富に含まれるレバーの場合、食べ過ぎるとレバーに含まれるビタミンAが過剰摂取となりますが、ビタミンAの継続的な過剰摂取は産後赤ちゃんに影響(先天性異常)が出る危険があるので、必要量に抑えて鉄分を摂取してください。 一方、非ヘム鉄は植物性の食材のため過剰摂取を気にせず食べられます。 そのため、安心して和食や鍋料理に野菜・穀物・海藻類を使うことができます。 妊婦さんにおすすめの鉄分補給の食べ物 鉄分不足になりやすい妊婦さんは積極的に普段の食事から鉄分を摂取する必要があります。 ヘム鉄は肉や魚介類に多く含まれてますが、肉や魚介類が苦手だと多く摂取するのが難しい・苦痛に感じることもあるでしょう。 その場合、野菜や海藻類に含まれる非ヘム鉄で鉄分を補給してください。 一方、非ヘム鉄の食材だけに偏ると鉄分不足になりやすいので、ヘム鉄の食材も食べてバランスの良い鉄分補給を心がけましょう。 ヘム鉄の食事 [鉄分 ヘム鉄 が多く含まれる食材]• 煮干し・・・18. 0mg• 干しエビ・・・15. 1mg• 豚レバー・・・13. 0mg• 鶏レバー・・・9. 0mg• カツオ・・・8. 0mg• ハマグリの佃煮・・・7. 2mg• アサリ・・・7. 0mg• レバーペースト・・・6. 5mg• シジミ・・・5. 3mg• ワカサギ・・・5. 0mg• 牛レバー・・・4. 切り干し大根 乾燥 ・・・9. 4mg• ひじき 乾燥 ・・・55. 0mg• 大豆 乾燥 ・・・9. 5mg• 大豆 ゆで ・・・2. 0mg• 高野豆腐・・・7mg• 油揚げ・・・4. 2mg• 納豆・・・3. 3mg• 厚揚げ・・・2. 6mg• 枝豆・・・2. 5mg• 小松菜・・・2. 4mg• ほうれん草・・・0. 9mg• スパゲティ 乾燥 ・・・1. 主に以下のタンパク質やビタミンCが多く含まれる食材が該当します。 [タンパク質が多く含まれる食材]• しらす干し• 大豆食品 油揚げや豆腐など• いわしの丸干• ハマグリ など [ビタミンCが多く含まれる食材]• レモン• アセロラ• ピーマン• ブロッコリー• パセリ• 芽キャベツ• パセリ• ケール など 【参考2】鉄分の吸収率を下げる食材 [鉄の吸収率を下げる食材]• コーヒー• 赤ワインなど これらは鉄分の吸収率を下げるタンニンが含まれているので食前食後に大量に飲まないようご注意ください。 【参考3】貧血持ちの妊婦さんにおすすめのレシピ 貧血気味の妊婦さんにおすすめの美味しくて簡単にできる3つのレシピをご紹介します。 プチトマトは半分に切ってください。 スナップエンドウはへたと筋を取って斜め半分に切っておきます。 2.ひじきはサッと洗って、たっぷりの水に20分ほど浸してもどしておきます。 20分経ったらざるに上げて水を切っておきます。 3.鍋に1. 5リットルのお湯を沸かして、塩を入れてスパゲティを茹でてください。 茹で上がる1分前にスナップエンドウを入れて一緒に茹でます。 4.フライパンにオリーブオイルを入れて熱してから、かつお、プチトマト、ひじきを炒めます。 スパゲティの茹で汁を大さじ4と醤油を加えます。 5.スパゲティとスナップエンドウをフライパンに入れて一緒に絡めます。 お皿に盛ったら青ネギと白ゴマを散らして、くし切りのレモンを添えたら完成です。 スナップエンドウは妊娠中におすすめ! お伝えしてきた食べ物の中でもスナップエンドウは妊娠中の鉄分補給食材としておすすめ。 100gあたりの鉄分0. また、調理もしやすく、スーパーにも置いてあることが多いので普段から取り入れやすいだけでなく、お財布にも優しいので妊娠中の鉄分補給対策で活躍してくれます。 妊婦さんが妊娠中に飲むべき鉄分補給ドリンク 麦茶で妊婦さんの鉄分補給 手軽に飲める麦茶にはタンニンやカフェインが含まれないので妊婦さんも安心して飲むことができます。 ミネラルと食物繊維が豊富に含まれており、血液をサラサラにする・便秘解消の働きがあります。 ルイボスティー 鉄分を補給することができるルイボスティー。 ほかにもカルシウムやマグネシウムなどのミネラルも豊富です。 白湯 水を沸騰させたお湯(白湯)は便秘予防や代謝を上げる効果が期待できます。 作り方は、鍋に水を入れて火にかけ沸騰したら弱火で最低10分沸騰。 その後、人肌より熱い程度の50度くらいまで冷ましたら完成です。 鉄分補給の栄養ドリンクもおすすめ! カプセルやタブレットタイプのサプリメントより、ドリンクタイプのほうが吸収性が優れているので、より早い効果が期待できます。 毎日ビテツが妊娠中におすすめ グリコの毎日ビテツなら鉄分7. ブイクレスは妊娠中におすすめ ブイレクスはジュース感覚で気軽に飲める飲料。 鉄分5. アスリーブの効果も侮れない ウチダ和漢薬のアスリーブも鉄分100mgを補給することができ、ポケットに入れて携帯できるサイズなので「歩く緑黄色野菜」とも呼ばれます。 他にもまだあるおすすめの飲み物 上記のほかにも妊娠中におすすめの飲み物は「」でご紹介してますので、あわせてご参考になさってくださいね。 妊婦さんにおすすめの鉄分補給サプリ 例えば鉄分が多く含まれるレバーでも1日約200gほど食べる必要があり、ほうれん草なら1日約1kg食べないと1日の必要量を満たすことができません。 このように、鉄分は元々吸収率が低いので、食事だけで必要量を摂取するのは簡単ではありません。 (鉄分不足の方が多いのがそれが理由の1つ。 ) 加えて、妊娠中は体調不良やつわりなどが影響して毎日の献立作りも大変になることもあります。 そのため、妊娠中の鉄分補給が困難な場合は普段の食事に加え、専用の鉄分サプリメントで不足しがちな鉄分量を補給する必要があります。 葉酸サプリも貧血・鉄分補給対策としておすすめ 妊娠中、お腹の赤ちゃんの成長に欠かせない葉酸。 厚生労働省が推奨する成分としても妊婦さんの間では有名な成分です。 そんな葉酸を豊富に配合した妊婦さん向けの葉酸サプリを活用者する方も増えてきましたが、葉酸サプリには葉酸だけでなく妊婦さんに必要な鉄分量もあわせて配合されているものが少なくありません。 「」でもお伝えしているように、葉酸と鉄分の同時摂取ができれば妊娠中の栄養補給対策がより摂りやすく効率的です。 妊娠初期は全妊婦さん共通して流産確率が15%。 原因は先天性異常や無脳症による流産・死産によるによるものです。 先天性異常の場合、赤ちゃん側の問題のため妊婦さん側からの完全な予防はできませんが、無脳症は神経管閉鎖障害により起こるため神経管閉鎖障害の発症リスクを下げる葉酸を摂取することで予防対策を立てることができ、厚生労働省でも普段の食事以外に付加的にサプリなどで摂取することを推奨しています。 参考:、 お腹の中で無事の成長を助けるために何かしたい・少しでも流産率を減らさないと不安、という妊婦さんは普段の食事に加え葉酸サプリを摂取し、あとで後悔しないためも自分でできる範囲の対策を進めてくださいね。 妊娠中の妊婦さんは鉄分の摂り過ぎに注意 鉄分の過剰摂取を続けると肝機能障害を起こす可能性が高くなります。 そのため、食事でもサプリメントからでも1日の鉄分摂取の上限値40mgを超えないようにしてください。 また、妊娠貧血の予防・対策は食事やサプリメントによる栄養面からの見直しだけでなく十分な睡眠や適度な運動などの生活習慣からも改善できます。 生活習慣が改善すれば血流が良くなり摂取した鉄分も全身の細胞までまんべんなく運ぶことができますよ。 まとめ 妊娠中の鉄分補給はママとお腹の赤ちゃんそれぞれにとって欠かせません。 少しでも吸収率高く・効率よく妊婦さんに必要な鉄分量を摂取するためにも食事やサプリメントなどを上手に活用して、この時期を過ごしていきましょう。

次の