演奏 フェードアウト と は。 フェードイン・フェードアウトを音楽の作曲で利用する方法

フェード・アウト

演奏 フェードアウト と は

何枚ものダンス音楽のCDから、いい曲だけを集めて、順番を決めてCDRを作成するとパーティーでとても便利です。 最近のPCはCPUも速く、メモリーやハードディスクも大きくなり、CDから音楽を取り込んで編集する事が容易になりました。 おまけにCDRつきの機種が主流になっています。 こういうマシンを持っているダンスファンはぜひ音楽編集にチャレンジしてみてはいかがですか。 使用するソフト 音楽取り込みソフト(リッパーと呼ばれます)にはCD2WAVを使っています。 このソフトはフリーウェアで作者のホームページから入手できます。 最新のはCD2WAV32のVer3. 25jpです。 CD2WAVの使い方は次のページに画像入りで詳しく書かれていますので参考になります。 CDRライティングソフトにも音楽取り込み機能がありますからこれでもOKです。 PCに取り込んだ音楽を編集するソフトにはCool Edit 2000を使っています。 前にネットから69ドルでダウンロードできました。 ダンス音楽の編集には十分な機能で、しかも安いので愛用しています。 速度調整で音質の劣化が少ないのが最大のメリットです。 ところが、残念なことに、このソフトは現在では手に入らなくなってしまいました。 使ってみたい方はメールをください。 Cool Edit 2000の使い方 ダンス音楽を編集するときに必要な機能は速度の調整、演奏時間の調整、音量の調整の3つです。 Cool Edit 2000を使った操作方法を具体的に紹介します。 まず、Cool Edit 2000を起動します。 こんな画面が表示されます。 あらかじめPCに取り込んだ音楽をCool Editに読み込みします。 File-Openで音楽のwavファイルを指定してOKを押すと、波形が表示されます。 Constant Stretchタブで、Ratioに元のテンポの何%にするのか数字を入れます。 その下はPrecision(正確さ)で、High PrecisionのボタンをONにします。 音質劣化を防ぐためです。 左下の欄はTimeStretchをON、Pitch and Time settings はChoose appropriate defaults にチェックを入れます。 これでOKを押せば速度が変更されます。 速度変更後の波形表示です。 右下の時間表示で変更前は4分10秒だったのが、4分20秒になっています。 再生してみて適切な速度であれば、保存します。 File-saveで上書き保存、save as なら別名をつけて保存となります。 次に演奏時間を短くするため、フェードアウト処理をします。 そこでTransform-Amplitude-Amplify とクリックすると Amplify window が表示されます。 Fadeタブで細かく設定もできますが、右の枠の中は Presets で、この中の FadeOut をクリックしてOKすれば実行されます。 白く選択した部分の音量が時間とともにしぼられているのがわかります。 次にフェードアウトの後ろの部分を消さなくてはなりません。 まず、フェードアウトの後ろを少し残してクリックし、最後の無音部分までドラッグします。 削除する部分が選択されました。 ここでEdit-Delete Selectionとやれば白く反転した部分は削除されますが、フェードアウトの後ろに音が残っています。 残った音を正確に削除するため、その部分をクリックしてから、左下の赤い録音ボタンのすぐ右の選択部分拡大ボタンを数回クリックします。 するとカーソルのあった部分を中心に波形が拡大表示されます。 そこで、削除する部分を再度選択します。 Edit-Delete Selectionとすればフェードアウト後の残っていた音は正確に削除されます。 そこでさっきの拡大ボタンの右上の縮小ボタンを数回押し、全体表示させます。 これでファイルを保存すれば完了です。 最後に音量調整をします。 いろいろなCDから音楽を集めると、CDによって音量が異なることがあり、そのままでは連続して聞いたときに、音量が大きくなったり、小さくなったり聞き苦しいものです。 normalize処理をしてもいいのですが、それでも聞くと音量の差が気になることがあります。 その場合は1曲ずつ調整します。 Transform-Amplitude-AmplifyとするとAmplify window が開きます。 Constant Amplification タブでバーを左右にスライドするか、数値を入力してOKを押せば音量が変更されます。 これが音量を75%の落とした波形です。 音量変更前と比べて上下の幅が狭くなっているのがわかります。 これでファイルを保存すれば完成です。 CD1枚分の音楽を処理するのはなかなか根気のいる作業です。 このようにしてPCに取り込んだ音楽を、1曲ずつ速度と長さと音量を適切に調整し、配列を考えてCDRに記録すれば踊りやすいパーティー音楽集を作ることができます。 Cool Edit 2000の入手や、セットアップで不安な方はメールでお問い合わせください。 相談に乗ります。

次の

【iMovie】動画や画像をフェードイン・アウトする方法|MOVICTION

演奏 フェードアウト と は

音楽用語 Related• folk guitar 英 フォーク・ギターは、アコースティック・ギターのひとつ。 スティール弦を用い表板がフラットなギターを総称する。 フォーク・ギターの特徴として、ボディの左右のくびれが比較的深く全体的に小型である。 brass band 英 吹奏楽団とは、吹奏楽を演奏する楽団。 金管主体の場合はブラス・バンド。... acoustic guitar 英 アコースティック・ギター=エレクトリック・ギターでないギターの総称。 クラシック・ギター、フラメンコ・ギター、フォーク・ギターなどがある。... fade in 英 フェード・インとは、音量を徐々に上げ、規定の音量まで達する事。 音楽においてはあまり使われないが、芝居などの効果音では多用されている。... flamenco guitar 西・英 フラメンコギターは、フラメンコに使うギター。 フラメンコギターの形はクラシック・ギターに似ているが、側・裏板にシープレスやカヤなどの硬い材木を使っているのが特徴。 Flemish School 英 フランドル楽派とは、1450年-1600年頃にヨーロッパ全域で活躍したフランドル地方 今日のベルギー、北フランス 出身の音楽家たちの総称。 代表人物はジョスカン・デ・プレ。 flat tuning 英 フラット・チューニングとは、スタンダード・チューニングよりも半音下げたチューニング。 これにより弦のテンションが緩くなってフィンガリングが楽になり、サウンドもより粘りのあるものとなる。 半音下げ。 チューニング(tuning)... preset 英 プリセットとは、楽器の音色 キーボードのトーン・セレクター、エフェクターのモード・スイッチなど や機材の動作状態などを予め自由に設定しておく事。 設定した内容は通常、ワンタッチ スイッチを押すなど で呼び出せる。... pulling off 英 プリング・オフとは、ギター又はベースの最も基礎的な演奏技術のひとつ。 スラーの最初の音のみピッキングして後の音をピッキングせずに弦を左手の指でひっかく様に離す。 楽譜上では「P. 」「p」などと表記する。... pre-amplifier 英 プリ・アンプ=前置増幅器。 メイン・アンプの前にあるアンプを全てこう呼ぶ。 pull 英 プルとは、エレクトリック・ベースのチョッパー奏法での人差指側で行うテクニックの事。 手首の回転を利用し、弦を引っ張り上げて離しフィンガーボードに当てる事によって音を出す。... blues 英 ブルースとは、19世紀半ばアメリカの黒人が作り出した歌曲のスタイル。 奴隷時代の労働歌や黒人霊歌などが楽器伴奏を伴って定型化された。 多くは3行詩12小節で、ブルーノートを使用。 ジャズの音楽的、精神的基盤となった。... flute 英 フルートは、木管楽器のひとつ。 ほとんどのものが金属製となった現在においても木管楽器に属しているのは、以前材料に黒壇などが使われていたためである。 フルートは、リードを用いず、音色も音域によって多彩な性格を持っているのが特徴。 blue note 英 ブルーノートとは、ブルースなどのポピュラー音楽で長音階の第3度と第7度 しばしば第5度も をほぼ半音下げる事、あるいはその音。... breath 英 ブレスとは、声楽や管楽器の演奏における呼吸をさす。... fret 英 フレットとは、ギターなどの弦楽器のフィンガーボード上に取り付けられている細長い金属片、及びそれらの「間」の事。 1フレットごとに半音ずつ音が変わる様になっている。... fretless 英 フレットレスとは、フレットの付いていない弦楽器を指すが、主にエレクトリック・ベースの場合に使われる言葉である。... flat 英 フラットとは、音の高さを半音下げる事。 あるいは音の高さが半音下がっている事。 brass band 英 ブラス・バンドとは、金管楽器のみで編成された吹奏楽団のひとつ。 19世紀初めに産業革命による工場労働者の余暇増大に伴ってイギリスで誕生した。 金管楽器の他に、フルートなどの木管楽器や多種類の打楽器が加えられる。 fuzz 英 ファズとは、主にギターに使われるエフェクター。 1960年代のサイケデリック時代から多様され始めた、エフェクターの草分け的存在。 基本的にファズはハード・ディストーションだが、効き方はより強烈である。

次の

無料音楽作成・編集ソフト一覧

演奏 フェードアウト と は

プレイリストに音楽ファイルが挿入されました。 BGM音楽ファイルをタイムラインに挿入する方法 プレイリストのBGM音楽ファイルを左クリックでつかんだまま、A1の音声トラックに挿入してください。 タイムラインに挿入したBGM音楽ファイルを、映像トラックの長さとあわせておきましょう。 方法はと同じ方法です。 BGM音楽ファイルをフェードイン・アウトさせる方法 BGM音楽ファイルを短くしたので、再生すると最後にブツっとBGM音楽が不自然に途切れてしまいます。 そこでフェードアウト機能を使って、自然に音が終わるように調整してみましょう。 タイムライン内のBGM音楽の右上にマウスを持って行きます。 すると、黒い丸が表示されるので、左クリックしたまま左に移動させてください。 黒丸を移動させた分だけ、音量がフェードアウトするようになりました。 ファイルの音量を調整する方法 画面右上にある『フィルタ』ボタンをクリックしてください。 『フィルタ』ウィンドウに選択したファイル名が表示されます。 左下の+マーク『フィルタを追加』ボタンをクリック。 『音声』タブをクリック。 『ゲイン・音量』を左ダブルクリック。 『ゲイン・音量』フィルタが指定したファイルに適用されました。 『レベル』をマイナスにすると音量が下がり、プラスにすると上がります。 フィルタを削除したい場合は、フィルタにチェックを入れ、右下のマイナス削除ボタンをクリック。 これで、Shotcutの使い方、BGM音楽の挿入、フェードインアウト、音量調整方法の解説はおしまいです。 次はについて解説します。

次の