歯並び 矯正 自力 マウスピース。 矯正歯科まとめ

歯並びを自力で治す方法!悪い歯並びでも矯正するおすすめグッズも!

歯並び 矯正 自力 マウスピース

「子どもの歯がちょっと気になる。 だけど矯正って高いし、もしかしたら、大きくなったら自然と治るかもしれないし・・・。 」 淡い期待を抱いて、お子さんの成長を待つ保護者様。 少しだけ私の話を聞いてくださいませんか。 歯ならびが自然と治る可能性はほとんどありません。 例外はありますが、歯ならびの問題は生えかわりや成長により改善することがほとんどありません。 そして、年齢を重ねるごとに悪化していくことがほとんどです。 矯正治療が必要かどうか、具体的なチェックポイントがいくつかあります。 すなわち、下の前歯が上の前歯より前方に出ている。 などは治療の対象となります。 この時期に矯正を開始すると、骨の成長をコントロールするなど、適切な治療を行うことができます。 それでもやっぱり矯正は高いし・・・自力で治せない? 民間療法として、アイスキャンデーの棒をかんでいたら歯並びが治ったとか、わりばしで歯を押さえていたら歯並びが治ったなどの体験談は、ときどき耳にします。 意外かもしれませんが、矯正担当の歯科医師は、民間療法を全否定しているわけではありません。 矯正歯科の分野では、民間療法とは呼ばず、「口腔周囲筋機能療法」などと言いますが、口周りの筋肉のバランスを整えることによって、歯ならびを良い方向へ導くことに積極的な矯正の先生もいます。 口腔周囲筋機能療法。 いわば、口の筋トレです。 私自身も口腔周囲筋機能療法のセミナーを受講しましたが、歯並びのガタガタやかみ合わせの問題が、矯正器具を着けずに筋トレをする方法で軽度の改善が認められた例もいくつか見てきました。 矯正相談では、セミナーで学んだ口の筋トレ方法を、お伝えすることができます。 もちろん、それだけで歯ならびがきれいに治ることは稀ですが、現状より悪化することを防いだり、ある程度の効果も期待できます。 自力で治したいとお考えの方は、一度ご相談ください。 矯正担当歯科医師に診てもらうことなく、保護者さまの判断で歯を押したりすることは、歯にとって望ましくない力がかかることもありますので避けた方がよいでしょう。 本当に必要な時期には、矯正治療を受けられることをお勧めします。 私は矯正相談に来られたお子様に対して、必ず矯正治療をお勧めするというわけではありません。 今すぐに治療が必要な場合、もう少し様子を見てから矯正治療を始めた方が良い場合、現時点では治療が必要でない場合など、お子様に応じてお話をしています。 「もう少し様子を見てから矯正治療を始めた方が良い場合」とは、今すぐ治療を開始しても良いけれど、今から開始すると治療期間が長くなってしまう場合を指します。 「様子をみましょう」=「ほったらかし」と誤解されやすいのですが、決して放置するわけではなく、少しでも装置が付いている期間を短くして、お子さんの負担を減らすためには、もう少し待った方が良いと考えています。 「他の先生に、すぐに治療を始めないといけないと言われたんだけど、経済的に今すぐはきつくて・・・なんとかなりませんか」と相談に来られる保護者様も時々いらっしゃいます。 本当に今すぐに始めないといけないのか、あるいはもう少し待った方がお子さんにも、保護者様にも望ましいのか、お口の中をみて、判断するように心がけています。 治療の時期や費用に関してお悩みの際は、いつでもご相談ください。

次の

ガタガタ (でこぼこ)・八重歯を治したい上・下

歯並び 矯正 自力 マウスピース

この記事の目次• スポンサードリンク 歯並びを自力で直した友人発見! なんと身近のママ友に 「私自力で直したよ~」 という強者がいました。 娘の歯並びが悪いのが最近の悩みの私は そんな彼女の話に目からウロコ! え?? 歯並びって自力で治るものなの??? ということで、ここからは彼女の一人称で 歯並びを自力で直したという体験談を紹介します。 歯並びが「受け口」になっていた 実は私は子どもの頃、いわゆる 受け口で、 下の前歯が上の前歯より出ていました。 まだ3歳だったため、 私自身は気にしていなかったのですが、 母親が心配して歯医者に連れて行ってくれました。 歯医者では、歯型をとって 検査した覚えがあります。 結果、まだまだ幼く、 歯列矯正をするのは難しいとのことでした。 ただ、 軽度なので矯正はしなくとも、 自分で下の歯茎を押さえるようにしていれば、 成長に合わせて治っていくだろう、 とのことだったのです。 自分で下あごを押して… その日から、テレビを見ているときや 絵本を読んでもらっているときなど、 じっとしていて手が空いているときに、 自分で下顎を押し、 内側に戻すように力を入れるようにしました。 また、舌で下前歯を内側から 押してしまう癖があったのをやめるようにしました。 専門的な歯列矯正をしたわけではないので、 すぐに効果は表れわませんでしたが、 数年経ち、小学校三年生になる頃には、 上の前歯と下の前歯が、 ちょうど重なるくらいには治ってきました。 口を閉じてしまうと、 殆ど分からない程度になっており、 食べ物を噛み切るには 何の問題もなくなっていました。 スポンサードリンク 中学生になる頃には受け口が完治! その頃には自分でも見た目を 良くしたいという気持ちが出ていたので、 もう少し続ければ もっとよくなるかも知れないと、 下顎を押さえる習慣を続けました。 そして、中学生になった頃には、 上の前歯が完全に下の前歯より出るようになり、 受け口が完全に治ったのです! 軽度であったのと、 幼少期から始めたからかもしれませんが、 私の場合は自力で歯並びを 治すことができました。 噛み合わせの悪さなら、自力で直せることも そんなことがあるんだ! ということでさらに調べてみました。 彼女の体験談にもあったように 受け口やなどの「噛み合わせ」の悪さなら 自力で直せることもあるようですね。 彼女が実際にやった方法の他にも 「世界一受けたい授業」でも 紹介されていた 宝田式舌回しエクササイズ というのもあるようです。 そのエクササイズ方法がこちら 1)左右50回を1セットで、 朝昼晩3セット。 目標は3か月間。 2)口を閉じて、ベロを上の右奥歯の外側、歯と頬の間に入れる。 3)そのまま、歯の外側をなぞるように、右奥歯から左奥歯へ。 4)同じように下も行い、口の中でベロを一周させる。 まとめ なるほど~! 歯並びが悪いのはすぐに歯列矯正かと 思っていましたが、 自力で何とかなる場合も あるんですね。 ちなみに今は、矯正器具もいろいろあって 歯並びを治すなら、 矯正器具選びも かなり重要なポイントのようです。 思春期を「矯正」で過ごすのは 大人が思う以上の「痛手」があるようで…。 皆様の「歯並び直し」対策に 少しでもお役に立てれば嬉しいです。 今日もお付き合いいただきまして ありがとうございました。

次の

マウスピースで歯列矯正の体験談|20歳で矯正した結果…

歯並び 矯正 自力 マウスピース

歯並びは気になるけれど、歯医者で歯科矯正をするのは値段も高額になるので気が引けてしまうという方は多くいらっしゃるでしょう。 軽度の歯列の乱れや、一本だけ気になるということであればなおさらです。 前歯のちょっとした歯並びが気になる程度であれば、個人差はありますが市販のマウスピースを使って自力で治すことができる場合もあります。 インターネットやドラッグストアで気軽に購入することができ、値段も数千円程度と手頃なため購入を検討する方も多いでしょう。 しかし歯並びは個人差があるため、歯科医でカウンセリングを受けて自分に合った方法で治療する方が安心です。 市販のマウスピースを使用して、本当に自力で歯並びを矯正することができるのでしょうか? 市販のマウスピースを使用して歯並びを自力で治す 歯科医院に行かずに自力で歯並びを治す方法として、既製品のマウスピースを使う人が増えています。 歯科医で治療する際のワイヤーやブラケットを使う必要が無いので、人に知られずに「自宅で・手軽に・低価格で」矯正できるというのが人気の秘密です。 そもそも、歯並びが悪くなるのはどうしてでしょうか?一つの原因として、舌癖が挙げられます。 口を閉じているときの舌の位置が悪く歯を押してしまうため出っ歯になってしまったり、歯列が凸凹になってしまったりすることがあります。 そのため、舌のトレーニングをすると良いということも語られてはいますが、ハッキリとした根拠がありません。 また、頬杖や口呼吸なども歯並びが悪くなる原因になります。 頬杖をついていると、歯や顎に強く偏った負荷がかかります。 口呼吸では口が開きっぱなしになるため、唇で前歯を抑えることができなくなり出っ歯になりやすくなります。 そうした歯並びに悪い癖をやめる必要はありますが、すでに悪くなった歯並びをこれ以上悪くしないだけであって、歯並びを治すことはできません。 市販の矯正用マウスピースで治すことができる歯並び 「出っ歯」「すきっ歯」「矯正治療後の後戻り」の3つのパターンでは、市販のマウスピースで効果が期待できます。 出っ歯 前歯が少し出ているのが気になるという軽度の出っ歯であれば、市販のマウスピースで対応可能です。 骨格から直さなくてはいけないなど、重度の場合は難しいでしょう。 大幅に歯を動かさなくてはいけない場合など、重度のすきっ歯では対応できない場合もあります。 その期間が短かったなどの理由で歯が元の位置に戻る「後戻り」が起こってしまうこともあります。 その場合にも、軽度であれば市販のマウスピースで対応できます。 市販の矯正用マウスピースで歯並びを治すのにかかる期間 一般的に、歯科医でマウスピース矯正する場合でも、ワイヤー矯正に比べて歯の動きがゆるやかになります。 市販のマウスピースで矯正ができる場合、歯並びの治療にかかる期間はどのくらいになるでしょうか。 数週間〜数ヶ月 治療期間はあくまでも大体の目安です。 歯並びの状態やマウスピースの種類によって効果が違うため、かかる期間にも数週間~数か月の個人差があります。 市販の矯正用マウスピースの使い方 市販の矯正用のマウスピースは、使い方も簡単です。 マウスピースを口に入れる マウスピースを装着するには、口腔内が清潔でないまま入れるとかえって虫歯や歯周病の原因となってしまいます。 ですから、綺麗に歯磨きをしてからマウスピースを入れるようにします。 マウスピースには印が付いていますので、それに合わせて舌を正しい位置に合わせましょう。 口の中に入れたマウスピースは、歯で軽く噛んで動かないようにします。 就寝中つけたままにしておく マウスピースは、最低でも就寝中はずっと装着しておく必要があります。 装着時間と矯正効果は比例しますので、もし可能であれば一日中着けておくとより効果的です。 使用後は、しっかりと洗浄して清潔に保ちましょう。 市販の矯正用マウスピースのメリット・デメリット 安価で簡単に歯並びを矯正できる市販のマウスピースの、メリットとデメリットをご紹介します。 メリット 市販のマウスピースを使用することは、安く・手軽に矯正を始められる方法です。 圧倒的安価に歯並びを治すことができる 歯科医院での矯正は数十万円以上かかることがほとんどであり、それに比べると圧倒的安価で歯並びを治すことができるのが最大のメリットです。 市販の矯正用マウスピースであればほとんどのものが数千円で購入できます。 手軽に歯並び矯正を始められる もう一つは、歯科医院へ行く必要もないため、自分の好きなタイミングで、好きなときに歯並びを治すことができることです。 自由に取り外しができるので食事の制限をしなくても良く、歯磨きの際にも邪魔になりません。 マウスピースも洗浄できるので、清潔に歯科矯正を続けられます。 デメリット 歯科医が治療するものではないため、噛み合わせに支障が出る場合や効果が出ない場合もあります。 かみ合わせや全体のバランスが崩れる可能性が高い 歯科医院で矯正する場合には、きちんとカウンセリングをして全体のバランスを見た後にマウスピースをオーダーメイドします。 そのため、他の歯の状態や噛み合わせを考慮して矯正することができます。 それに対して、市販のマウスピースを使用してただ歯並びだけを無理やり治すことは、噛み合わせがぐちゃぐちゃになったり、全体のバランスが崩れて他の歯に影響したり、矯正後にかえって問題が起きる可能性が高くなります。 問題が起きても自己責任 海外では、歯が揺れているのに気づかず市販の矯正用マウスピースを使用し続けて、歯が抜けてしまった事例があります。 歯科医のカウンセリングやチェックがない状態で使用するので、万が一問題が起きても頼れる人がいないことはかなりのデメリットです。 また、自分で自由に取り外しができるので、違和感や痛みが出てきたときに外してしまいがちです。 マウスピース矯正の効果は装着した時間の長さに左右されますので、頻繁に外してしまうといつまで経っても歯並びは良くならないでしょう。 効果に個人差がある 歯科医院での矯正治療であれば一人ひとりに合った歯並び治療をしてくれるため、高い効果を得られます。 しかし、市販のマウスピースにはそれがなく、歯並びによっては効果が得られないこともあります。 たとえば、歯科医院で行う矯正治療の場合でも、マウスピース矯正は軽度の歯列の乱れに向いている方法です。 極端に歯並びが悪い場合や、顎の骨格によって噛み合わせに問題がある場合は対応ができないので、他の矯正方法を選ばないといけません。 その他には、治療の期間が長いことがデメリットと言えるでしょう。 歯の状態によってはマウスピースが合わなくなったり擦り切れてしまったりすることもあるので、買い替えが必要になる場合もあります。 手早く安全に歯並びを治したいならセラミック矯正がおすすめ 市販品のマウスピースを利用した場合、歯並びが崩れるなどのリスクがある上に、改善されるまでに時間がかかります。 最悪なケースでは歯が抜けてしまうリスクも付きまといます。 一方で、人工歯であるセラミックを被せるセラミック矯正なら、安全に短期間で一気に歯並びを改善することが可能です。 セラミック矯正はマウスピース矯正や他の矯正方法のように歯を動かす必要が無く、形や色も好みのものを選ぶことができます。 セラミック矯正というと、健康な歯を削って神経を抜く治療をするのが一般的に知られた方法です。 しかし、神経を抜いてしまうと歯に栄養が行き渡らなくなり、歯茎が黒ずんだり膿んだりしてしまうこともあります。 神経を抜いた歯はもろくなりやすく、寿命が短くなるというデメリットもあるので避けたい方法です。 十年以上の経験を持つ歯科医が治療にあたりますので、安心して理想の歯並びを手に入れてください。 セラミック矯正の症例 この症例は出っ歯だったのと、歯が斜めに生えていましたのでこの2点をセラミック矯正で改善しました。 歯のサイズを見て頂くと歯が小さく丸めになっているのも分かりますでしょうか? 今回は男性の方でしたので、自然な歯の色にしたいということでナチュラルなトーンの歯で治療しました。 当医院では神経を残す治療を行っています 神経を取り除くセラミック矯正が一般的な中、当院のセラミック矯正では神経を抜きません。 神経を取ってしまうと、年を取ったときに歯が抜けやすくなるというリスクがあります。 当院では、一生自分の歯でいられるように、神経を残した治療を行うことにこだわっています。 他の歯科医院で神経を取る必要があると言われた場合でも、 当院では削る量を最小限にしているため神経を残せる場合があります。 一度ご相談ください。 九段下スターデンタルクリニック院長経歴.

次の