タブレット タブレット学習 効果 勉強 算数。 小学生の算数を先取り学習できるタブレット学習

タブレット学習 効果なし、と言われる理由

タブレット タブレット学習 効果 勉強 算数

これまでは、特にチャレンジゼミやZ会などが大手である 紙教材での通信教育が主流でした。 でも最近は、 紙教材での通信教育で不満だったことが タブレットでは解決できるという点が大きな注目を浴びています。 国としても、 2020年までに小中学校の生徒1人に1台タブレットを持たせるという目標を掲げています。 こうして教育現場でタブレット教材の導入が進んでいる昨今、今では多くのお母さんお父さんが、子供の通信教育を比較する際に、紙の教材に加えてタブレット教材も検討するようになりました。 あなたは子供のオンライン・タブレット学習について、どんな意見をお持ちですか? この記事では、 タブレット学習を小学生が利用する効果とメリット・デメリットは?紙の通信教育と比較!についてご紹介します。 子供が自発的にやらないケースが多数• 付録など余計な郵送物が多い• 親の手間がかかることも(丸つけ・アドバイスなど)• 苦手なところができるようになったか?などの成果が見えない• 一度解いた問題はもうできない(消しゴムで消すしか…) 感想:子供の取り組み方と親の負担がポイントに 通信教育に申し込んで、初めは楽しく取り組めていたものの、だんだん手付かずの教材が増えていく… 付録も、一度使ったらおしまいで押し入れに山のように貯まる… といった経験は、紙の通信教育あるあるですよね。 お母さんが監視していないと子供が手をつけない・進めないというところも、ストレスになったりして^^; では、タブレット学習教材のメリットデメリットを見てみましょう。 タブレット学習教材のメリットデメリット 昨今の社会で急激に普及しているタブレット教材について、メリットデメリットを挙げてみます。 タブレット学習教材のメリット• タブレット自体に子供が興味を持ってくれて学習を始めやすい• その場で自動で丸付けをするので正誤がすぐに確認できる• 苦手問題など子供に合わせた学習を自動で提案してくれる教材もある• 学習の進捗をお母さんお父さんも把握しやすい(スマホアプリと連携など)• 音声・動画・図による解説が紙に比べてイメージしやすく、非常にわかりやすい(特に算数問題や理科の実験問題など)• 回答と解説を問題を解いた直後に見ることができる• 何度でも繰り返し問題を解くことができる• 間違えた問題だけを、解き直し項目として自動でピックアップしてくれる• タブレット1台ですべての教科を学習できて場所を選ばない(旅行にも持っていける)• 英語に関してはネイティブ発音の音声を聞きながら単語や文章を学習できる• 自主的に取り組む工夫がされているので、子供が進んで勉強をしてくれる• 余計な郵送物や付録がないので散らからずスマート• 消しゴムのカスが出ない・机が汚れない• 旅行や帰省の時も、外出先でタブレット一台で学習できる タブレット学習教材のデメリット• 目に悪いのでは?という不安• 学校での勉強と同じように、紙に鉛筆で書くべきという考えには反する• テレビやゲームにあまり触れさせたくないお母さんお父さんには、タブレット自体に抵抗感がある場合も• ゲームや遊びのコンテンツに興味を持ってしまう(時間制限ありにできるものの... 教材によってはボリュームが少ないという声も(ワンランク上のコースに申し込みという方法もある)• 基礎教科問題については、何度も解いているうちに答えを暗記してしまうことも(この問題はAだな、など)• ソファやベッドでもできてしまう(佐藤ママなど「勉強するなら姿勢は自由」との意見も)• もしタブレットが故障したら金銭的なダメージが;(教材会社によっては保証サポートもあり)• 教材会社によっては、学年を遡って勉強しなおすことができない タブレット学習は子供の学習意欲向上と学習習慣化の効果が高い! 子供が一人でも進めることができるので自分の学習ペースを維持できる タブレット学習教材の強みは、なんといっても 自動採点してくれる点ですね。 共働きであったり、下の子が小さいお母さんは、宿題を見てあげるだけでも大変だったりします。 私も下に2人小さい子がいるので、ワーワー喧騒の中、呼ばれたら見てあげるっていうくらいしかできません…^^; もし紙の教材だったら、丸つけをするまで「ちょっと待ってて〜」という状態になることも多いと思います。 この点タブレット学習なら、 子供が一人で問題を解き、答えあわせをして、さらに解き方も確認できます。 画面が動いて教えてくれるので、直感的に操作ができるし、飽きずにどんどん進めることができます。 また、タブレット教材なら、タブレットの中に 全部の教科が入っていて、いつでも・どこからでも始めることができます。 どのテキストだっけ?• 答えはどの部分に書いてあったっけ?• 次はどの単元をやればいいのかな? こういった、学習している際に生じてしまう無駄を、しなくて済むのです。 特に低学年のうちは、タブレットに学習が一点集約しているという点は、子供にとってわかりやすく、机に置いてスイッチオンで始められる! この点は勉強を始める際のモチベーションにかなり影響します。 学習習慣が簡単に定着する 私が特に注視しているのは、• 親があれこれお膳立てしなくても子供が自ら毎日学習に取り組むようになるか? つまり、学習習慣がつくか、という点です。 タブレット学習なら、自分で勉強するという学習習慣が身に付く仕組みがたくさんあります。 他にも、学習の量や成果によってゲームができたり、賞品と交換できたりなどのご褒美機能も付いているので、子供が勝手にモチベーション高く取り組んでくれるのもgoodです。 長女はスマイルゼミですが、学習の量でもらえるスターを集めて、アバター用の洋服をゲットして着せ替えを楽しんでいますよ。 ただ、やはりタブレットの 画面を見るという点が気になる方は多いですよね。 ただでさえテレビを見る時間を制限しているのに、学習まで画面を見ることになるなんて…と。 うちの長女の場合は、スマイルゼミでタブレットを起動できる時間を制限しています。 国語3つ・算数3つ・英語1つを毎日のお勉強としてルールに決めているので、全部で20分くらいの内容です。 そのあとアバターをいじったりしていますが、全部でタブレットに触っている時間は30分くらいです。 やはりここは、 各家庭でルールを決めて取り組むことが大事になるのかな、と思います。 また、タブレットにはブルーライトカット保護シートを利用するのも手でですよ。 子供が取り組む姿勢と親がどこまで干渉できるか、をシミュレーションして、 どのように子供の学習習慣を定着させるか、が話し合いの重要な点になるんじゃないでしょうか。 まとめ 紙による学習教材は、実際に鉛筆と消しゴムで進めていくというやり方がやはり安心感がありますよね。 学習をする上で、 タブレット・オンライン学習教材に抵抗があるという方も多いと思います。 ただ、一つのタブレットでいくつもの教科を学習でき、自動で採点・解き方を表示してくれ、さらには苦手項目は繰り返し解くことができる。 そして子供が自ら進んで楽しく学習できるという点は、 紙に比べると圧倒的なメリットがあると私は考えています。 国を挙げてタブレット学習の普及を目指すという背景からも、これからの時代はこうした学習方法が主流になるでしょう。 これまでの通信教育の常識を覆す、タブレット学習教材。 一度、評判の良いタブレット学習教材を体験してみるのもいいと思いますよ。 大手企業で、口コミ評判も良いタブレット学習教材一覧をこちらにまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

小学生の算数を先取り学習できるタブレット学習

タブレット タブレット学習 効果 勉強 算数

我が家の娘と息子に、RISU(リス)算数を実際に試してみました。 現在は、娘はタブレット教材のチャレンジタッチを続けています。 ただチャレンジタッチは、• 気づくとゲームアプリを起動している• 学習する教科が偏ったりしていた のがネックでした。 息子は、チャレンジの紙をやっています。 息子は、算数が好きなので、国語が後回しになっている傾向でした。 娘は、算数に苦手意識があるようで、克服してほしいなと思っています。 そんな時に知った RISU リス)算数。 リスジャパンという会社が運営しているタブレット学習です。 東大生が応援してくれたりするちょっと面白い通信学習です。 当然、息子は初めてのタブレットに大喜びでした。 RISU(リス)算数は、算数に特化したタブレット教材 RISUの特徴をまとめると RISU(リス)算数を実際に使った子どもの評判は タブレットが届いて喜んでいました。 タブレット学習が好きなので、抵抗感などは一切ありませんでした。 インターネットのWi-Fi環境があれば、すぐ始められます。 タブレットの充電用アダプターとコード、ペンが同梱されています。 紙などの補足教材もなく、とてもシンプルです。 テストでは、子どもの学年に関係なく簡単な足し算や引き算、ひっ算問題など徐々に難しくなっていくテストがあります。 このテストで、子どものレベルが判断されて スタートするステージが決定します。 テストをしていると、「わからない!」という問題に遭遇します。 でも、 手伝ってはいけません。 わからないまま先へ進むことになってしまうので、じっくりと見守りましょう。 実力テストでステージが決定 娘も息子もそれなりのステージからのスタートとなりました。 始めのうちは、簡単!!と言っていたのですが、そのうち難しくなっていきます。 すいすい進んでいても、突然「 オニモードが発動」して「 鬼チャレンジ」問題がでてきたりします。 計算問題ばかりで 単調になりがちな単元でも、ゲーム感覚で進めていける工夫があるのです。 貯まったポイントでプレゼントがもらえるのです。 アニメなどは少ないですが、 「できた!」を積み重ねる子どもは、明らかに自信がついていって「算数が楽しい!」と言うまでに変化していきました。 算数が苦手意識のあった娘も楽しんでいる 兄弟仲良くRISU(リス)算数をしていました。 冒頭、娘は算数に苦手意識があるとお伝えしましたが、そんな娘もしっかり取り組んでいました。 詰め込みや数こなしだけの学習じゃないから、自然に「知的に」面白いと感じる問題をとくことで、意欲がアップしているのかと感じました。 学び方が変わるだけで、子どもの刺激になり、変化が生れてうれしかったです。 算数に苦手な子どもでも、RISU(リス)で学びの変化を与えると、算数が好きになるかもしれません。 もちろん、計算問題もたくさんあるのですが、パズル問題があったりとバリエーションが多いので飽きずに進めていました。 RISU(リス)算数の親の心構え もちろん親の丸付けは不要!フォローも有 タブレット学習ならではですが、 自動で丸付けやヒントを教えてくれるので親の手間はかかりません。 また、東京大学をはじめとするトップの大学生が、子どもの学習履歴データを細かくチェックして、メール&解説動画で個別フォローもしてくれます。 (うちの場合は、旅行中に親切に教えてもらいました。 我が家の場合は、 遊びに出かける前にやるというざっくりとしたルールだけ作って見守りました。 例えば、• ごはんの前の時間にやる• 朝起きたらやる• ゲームの前にやる など、事前にルールを作っておくとスムーズかと思います。 始めは思い通りにならないこともあると思いますが、できるようにどうしたら良いか話し合うとよいですね。 スマイルゼミやチャレンジタッチとRISU算数の違い 王道のタブレット学習といえばチャレンジタッチやスマイルゼミですが、それと比較してRISU(リス)算数の良いところは、• 算数に特化している• 文章問題の充実• 学年に関係なく先取り学習ができる• 東大生などによる個別の応援動画がある などです。 非常にシンプルながら、図形の問題などはタブレット学習のならではの理解が進む工夫があると思いました。 今までとは違う、画期的なタブレット学習システムです。 スマイルゼミやチャレンジタッチは、 復習型の教材です。 しかし、RISUは、 公文のように何度も繰り返して定着させ、先取り型の学習ができるのです。 また、忘れた頃をちゃんと計算して、知識を定着するように出題されるようになっています。 まさに、ハイテクなハイブリットな教材なのです。 算数だけじゃなく、文章を読み解く力もつく RISUは、算数の特化のタブレット学習といいましたが、全ての教科で重要とされる国語力も身に付きます。 国語の教科書の文章量も算数をしながら吸収できるのです。 計算は得意でも、文章題でつまづく・・・ 数多くの文章題をこなすことで、文章読み解く力もつきます。 文章題が苦手な子にもぴったりなのです。 タブレットやペンの違い タブレットに関しては、ASUS エイスース の「ZenPad(ゼンパッド)」です。 (左からRISU,スマイルゼミ、チャレンジパッド) 大きさも多少の違いがあるものの、反応はまずまずです。 斜めにたてかけるのは、リスのカバーの問題で難しいので、フラットに置いて勉強する感じでした。 RISUのペンは、ふわふわした書き心地なので、初日は、書きにくいと言っていました。 というのも、スマイルゼミもチャレンジパットのペンも先がとがっているので、鉛筆で書くような書き心地とは少し違います。 慣れるまで多少の違和感があったようですが、 2~3日もすれば慣れていました。 また、耐久性です。 弟の方のペンの先端が初日にとれてしまいました。 パコっと直せたので問題はないのですが、少し気になりました。 (今後に改良に期待したいところです。 ) 追記:このように初期不良があった場合は、無償で交換してくれるそうです。 対応も安心です。 料金の違い 王道のチャレンジタッチやスマイルゼミにはない、進み具合によって料金が変わります一方RISU(リス)算数は、進み具合で料金が変わります。 しかし、子どもがどんどん先取り学習をして才能を伸ばせるのであれば、チャレンジやスマイルゼミのような 復習学習中心の教材より成果がでるのは言うまでもありません。 算数好きな子どもには、ぴったりのタブレット教材だと思います。 RISU リス)の料金 一般の教材は、月額料金が一定ですが、RISU リス)算数は、 学校よりも早いスピードで学習すると、追加で料金がかかっていく仕組みです。 月々の基本料は、 2,480円(税別)です。 クリアしたステージ数によって料金が変わるのです。 キャンペーンコードを入力していただいても、当面の間、本申し込みとなりますので、ご注意ください。 また、リモートワークを中心にしてほしいという要請があるので、国内のタブレット台数も遅れが生じている状況とのことです。 早くお子様にやらせてみたいという保護者様が多いと思いますが、今は国難ですのでご理解してほしいとのことでした。 RISU(リス)算数は、基本料金が2,480円で、契約時に年額一括払い29,760円(税別)となります。

次の

苦手な算数を克服!算数専用タブレット学習RISU(リス)を小学生が体験!難問にもチャレンジ!

タブレット タブレット学習 効果 勉強 算数

「タブレット学習って、効果あるのかしら?」 「タブレットでうちの子の勉強になるのかな?」 「やっぱり勉強は鉛筆とノートじゃないとダメだろう!」 などと疑問をお持ちだと思います。 タブレット教材はお子さんの学習に効果があるのでしょうか?確かに、書き殴って反復して暗記したり、体で覚えるという意味では、紙の学習の方が優れています。 しかし、 タブレット学習は手軽でどこでも、勉強できるメリットや、子供が一人でどんどん学習を進めていける効果があります。 また、 1日8分のタブレット教材だけで、算数の全国模試で1位をとった子もおり、もはやタブレット学習は「とりあえず習い事」のレベルから「中学受験対策」まで、幅広い教材がサービス提供されている時代になりました。 さらに、付属のペンでタブレットに書く機能も年々向上しており、紙に書くのと近いレベルになっていきております。 それでは、本日は教育業界に5年いた筆者が、タブレット学習の効果について詳しく解説していきたいと思います。 母親 「タカシ!そろそろ勉強しなさい!」 母親 「宿題はやったの?」 しかし、 タブレット教材であれば、楽しいからゲーム感覚で子供がどんどん勉強を進めてくれるので安心です。 特に進研ゼミのチャレンジタッチは、アニメーションを駆使して、子供がゲーム感覚でドンドン学習を進めていきます。 ですから 親としては、チャレンジタッチを与えておけば、子供が勝手に学習してくれるので、安心です。 興味ある方は、下記の 進研ゼミの公式ホームページで特典など事前に確認しておきましょう。 注意力が散漫で騒ぐのが大好きな子には、スマイルゼミのタブレットを与えると集中するため、手間が減ったという事例もあります。 学研タブレットゼミには学習のご褒美のゲームがたくさん入っているので、子供が新しいゲームを行うために必死で学習するようです。 しかし、そういう子は少なく、 ほとんどが注意力が散漫だったり、集中力が持続できない子が多いのです。 そういう子供に無理に 母親 「タカシ!ちゃんと勉強しなさい!」 と言っても、勉強が嫌いになるだけです。 しかし、タブレット教材であれば、机に向かわなくても、ソファーやあるいは寝ながらでも気軽に学習できます。 そしてスキマ時間に勉強をコツコツ行うことができれば、自然と勉強をする習慣がつきますし、何より 子供が勉強することに抵抗がなくなることが期待できます。 タブレット学習の最大の効果は、その手軽さゆえに、いつでも、どこでもカンタンに学習できるとこえあり、これは紙や鉛筆に真似できない長所なのです。 タブレット教材はインターネットと繋がっており、 チャレンジタッチの場合は、親のスマホの専用サイトで、いつでも、子供の学習の進み具合を確認することができます。 スマイルゼミの「ミマモルネット」は、単に親が子供の学習状況を確認するだけではなく、 スタンプやコメント送ることができ、さらに、設定をおこなうと、子供が学習を終えた瞬間にメールが手元にとどくようにすることができるので、子供の学習状況を把握できます。 共働やシングルマザーは、忙しくなかなか子供をかまうことができないと思いますが、こういった機能があると大変便利です。 興味ある方は、 スマイルゼミの公式ホームページで、特典などを確認してみてください。 タブレット教材というと、「とりあえず何か学習やらせておきたい!」と考える家庭の教材というイメージが強いですが、タブレット教材の中でも、「チャレンジタッチ」「スマイルゼミ」のような、とりあえず学校の授業についていければ良いという教材から、 中学受験対策にもなる「RISU算数」という教材までバリエーションが増えてきました。 RISU算数のデメリットは「算数」しかないことですが、算数は学習の基軸となる強化ですから、算数が得意であれば、小学の学習はだいたい上手くいきます。 しかも、値段も2480円~なので、進研ゼミのチャレンジタッチと変わりがありません。 そして、RISU算数ほどではありませんが、チャレンジタッチや学研タブレットも少しだけ先取り学習ができますが、RISU算数は無学年生なので、小学生で中学の数学レベルまで行くことも可能ですが、 チャレンジタッチや学研タブレットはあくまで、学校の授業よりは先取りするという感覚でレベルが違います。 たった1日8分のタブレット学習だけで全国模試1位になった子がいる! タブレット学習の効果が最も出た事例としては 「RISU算数」の先取り学習で四谷大塚の 全国模試で算数が1位になった子がいます。 上記のリンク先に書いてありますが、この子が算数で 全国一位になった秘訣は下記の3つです。 スキマ時間を楽しく学習に使うことができるから可能なことなのです。 タブレット学習の効果のまとめ タブレット学習の効果は、まとめると 子供が一人で、飽きずにどんどん学習を進められる学習ルーツ ということに尽きます。 タブレット教材は各社より販売されております。 どれを選べば良いか?ということになりますが、「学校の授業についていけるだけでよい」というのであれば、チャレンジタッチがおススメです。 「子供が家で落ち着きがない。 勉強が心配だ!」という方は、ゲームが充実しているスマイルゼミがおススメです。 そして、算数を得意教科にして、 将来の受験まで考える親御さんは「RISU算数」がおススメです。 RISU算数は、算数が苦手な子にも対応できるように設計されており、実力テストを行い、子供の苦手なポイントを把握。 苦手なポイントに対しては東大生らが解説する学習動画が用意されており、苦手を克服する仕組みができております。 あなたのお子様に合わせて、タブレット教材を選んでみてください。

次の