柴犬 たぬき きつね。 タヌキ似?キツネ似?柴の顔を見比べてみよう♪|いぬのきもちWEB MAGAZINE

柴犬(しばいぬ)の特徴│ワンとりっぷ|ワンコと一緒のおでかけ情報サイト

柴犬 たぬき きつね

柴犬の容姿は2タイプ 家庭犬として昔から根強い人気が続いている柴犬。 そんな柴犬には2タイプの容姿があるのをご存知ですか?それは丸い印象の「たぬき顔」と細長い印象の「きつね顔」です。 たぬき顔の柴犬に見られる特徴は、鼻先が短い、目が丸い、首が太い、脚が短いなど。 きつね顔の柴犬に見られる特徴は、鼻先が長い、目が三角、体が細い、脚が長いなどが挙げられます。 2頭を見比べると結構、違う印象なのですが、もちろんどちらも柴犬です! たぬき顔の柴犬は、新柴犬ともいわれていて、愛嬌のある顔つきと雰囲気に魅了される人が多いです。 一方、きつね顔の柴犬は、縄文柴ともいわれていて昔の犬に近い容姿でクールさが目立ちます。 野性的な雰囲気が魅力のきつね顔の柴。 時代とともに変化をした現代っ子のたぬき顔の柴。 どちらも印象は違えど、その愛くるしさは変わりませんね! 文/大原絵理香 配信サイト:「ペットゥモロー」(小学館) ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。 HP :.

次の

柴犬(しばいぬ)の特徴│ワンとりっぷ|ワンコと一緒のおでかけ情報サイト

柴犬 たぬき きつね

柴犬は、かなり古い時代から日本人の近くで暮らしてきた歴史が深い犬種です。 かなり古い時代に家庭犬として日本人の近くで生活をしてきましたが、戦争が激しく行われていた時代には、その数が急激に減っていきました。 戦後には、犬ジステンバーの影響もあり、多くの柴犬の命が失われていきました。 急激に数が減っていった柴犬を守ろうとした「日本犬保存会」が立ち上げられ、昭和11年には天然記念物にも指定されています。 オスなら10キロ前後、メスなら8キロ前後と他の日本犬よりも小さいのが特徴で、とても飼いやすいです。 柴犬は、そんな日本の四季にもマッチした体質を持っています。 古くから日本の気候に慣れ親しんでいる「日本にぴったり」の犬種なのです。 日本でも、海外からやってきた洋犬たちがたくさんペットとてして飼われています。 同じように、海外でも「日本原産」の柴犬が親しまれているのです。 野生的でクールな表情を見せつつ、飼い主に対してはかなり忠実なところも人気の理由のひとつでしょう。 洋犬と言うと社交性があって誰にでもフレンドリーで可愛らしいイメージ。 でも、日本犬である柴犬は「飼い主だけに甘えてくる」ところが魅力的と海外からも支持を受けています。 「自分だけに甘えてくる」なんて、飼い主としては嬉しいものですよね。 同じ日本犬である秋田犬は、アメリカを舞台にした「忠犬ハチ公」の映画に出演し、その可愛らしさと健気さが海外の人々の心を射止めました。 秋田犬の飼い主に対しての忠実さが注目されることになったのですが、柴犬が秋田犬に雰囲気が似ていて注目されます。 大型の秋田犬は飼うのが難しいかもしれませんが、「小型なら飼いやすい」と小さめの「柴犬」に惹きつけられる人が多かったのです。 胡麻 大多数を占める8割の柴犬が、赤色の毛色です。 そのため、柴犬と聞いたときには赤っぽい毛色の柴犬が頭に浮かび上がってくるかもしれませんね。 パッと見た瞬間に気づかないかもしれませんが、よく見ると巻き方が異なっています。 太刀尾、差尾、半差尾、左巻き、右巻き、左二重巻き、右二重巻き、車巻き、半巻き…など。 くるりんとしたしっぽは可愛らしいものですが、観察していているとそれぞれの魅力の再発見ができそうです。 柴犬を見かけたら、しっぽにも注目してみてくださいね。 近年は海外でも柴犬ブームがおきていますが、その魅力的は柴犬の性格にもあるのです。 それでは、柴犬の性格について見ていきましょう。 いったい、どんな感じなのでしょうか。 狩猟では、人間の後をついてトコトコと歩くのではなく、先頭に立って危険を判断するなど「勇敢」な面がありました。 また、敵を瞬時に判断して吠えることもでき「番犬」としても大活躍してきた頭の良い犬種なのです。 誰にでもしっぽを振って喜びを表現すると「番犬」としての役割を果たせませんよね。 柴犬のこうした警戒心が、狩猟犬や番犬としても重宝されていたのです。 今でも、その名残があり、家族以外の人が近寄ってくると「ワンワン」と吠えて知らせるなど、他人にはかなり距離を保つ傾向にあるようですね。 しかし、日本犬特有の 「飼い主に対して忠実」という性格を持っています。 「この人が主人なんだな」とはっきり分かれば、ずっと忠誠心を見せてくれます。 留守番もしっかりしてくれますが、飼い主さんが帰って来る姿を見かけた途端、喜びのあまり、しっぽがブンブンしてしまうことも多いです。 「おかえり~」と大喜びの表情がまた可愛らしいですよね。 飼い主さんとしては、自分だけに見せてくれるその姿が愛おしく感じられることでしょう。 柴犬は2種類の顔立ちが!「たぬき顔」と「キツネ顔」の見分け方 同じ柴犬なのに、二つのタイプの顔立ちに分かれているなんて不思議ですよね。 どちらも柴犬として可愛いことには変わりないのですが、 「たぬき顔」と「キツネ顔」について見分け方を見ていきましょう。 by> たぬきと聞くと「まん丸」とした愛嬌のあるイメージを思い浮かべますが、たぬき顔の柴犬もまさにそれです。 ・顔も体も「丸い」のが特徴のたぬき顔の柴犬 顔の輪郭、頭が丸っこい形をしています。 目も鼻も丸い愛嬌がある風貌で、たぬきのような表情が見られます。 また、体も全体的に丸っこいスタイル。 胴体や足が筋肉質でガッシリとした体型が特徴です。 ・近年登場のニューフェイスの顔立ち? キツネ顔の柴犬は、昔ながらの柴犬ですっきりとした野生っぽいワイルドさがあります。 一方、たぬき顔の柴犬は柴犬の現代版とも言える、ニューフェイスの顔立ちです。 時代の流れにともない少しずつ変化をして現代風になったのが「たぬき顔」の柴犬とも言えるのです。 最近、海外からも注目される柴犬たちは、こちらの「たぬき顔」の愛嬌たっぷりのタイプです。 ・キツネ顔の柴犬は「縄文柴」 キツネ顔の柴犬は、縄文柴と呼ばれるタイプです。 「縄文」と言われるからには、歴史は縄文時代の頃にありました。 日本では縄文時代の頃に、人間たちの身近に犬が暮らしていたと言われています。 当時のものと考えられる遺跡から発掘された犬の骨に近い体型、骨格なのが縄文柴と呼ばれる柴犬なのです。 ・すっきりスマートな体つきが特徴 キツネ顔の柴犬は、顔が面長でホッソリ、三角形の目元がすっきりとしています。 また、体はスマートで4本脚も長くスタイルがよいのが特徴です。 キツネ顔の柴犬は、クールでワイルドな「イケメン」な犬と言えるかもしれませんね。 ・歯が大きいキツネ顔の柴犬 縄文時代という歴史が深い柴犬は、言わば「日本の犬」のルーツでもあります。 そもそも犬の祖先は、オオカミ。 野生で生きていたオオカミは、獲物を捕獲してワイルドな食生活をしてきました。 人間が食事を与えてくれるわけではないので、自ら捕獲し、そして自分の歯を使って食べなければならなかったのです。 そのため、キツネ顔の柴犬は、「歯が大きい」のも特徴です。 たぬき顔の柴犬は、オスが10キロ前後、メスが8キロ前後。 一方、キツネ顔はオスが10~13キロ程度、メスが9~11キロ程度とたぬき顔よりも少し大きめです。 「柴犬」としてはどちらも魅力があります。 柴犬の良さを研究しながら守っている団体がありますが、どちらの柴犬を推奨しているかが対照的なようです。 日本犬保存会では現代っぽい「たぬき顔」の柴犬を推奨しています。 一方、柴犬保存会では昔ながらの凛々しさがある「キツネ顔」の柴犬を推奨しているとのことです。 柴犬の種類とは?「たぬき顔」と「キツネ顔」の柴犬はどんな犬? — 2017 4月 9 1:30午前 PDT ひとくちに「柴犬」と言ってしまいますが、実は地域色が強いところがあります。 生まれた地域によって名前もつけられ、柴犬の特徴がかなり異なります。 そんな冷涼な気候の信州・長野を中心に発祥していったのが「信州柴」です。 現在、日本にいる多くの柴犬は、この信州柴がルーツになっています。 信州柴の多くはキツネ顔です。 毛の色は、「緋赤」だけに限られ、全身美しい被毛に覆われています。 日本のなかでも数がかなり希少で珍しい種類です。 現在、生育されている山陰柴犬そのものの数が少ないので、なかなか増えないです。 とても頭が良く、キツネ顔のクールさが魅力です。 縄文柴の柴犬は、キツネ顔の代表でもあります。 細くて平坦な顔からは、まさにキツネ顔の特徴を感じ取ることができます。 柴犬の姿をしているのに、一般的な大きさよりも小さいのが特徴です。 実は、この「豆柴」。 血統書を見ても「柴犬」と記載されています。 小さい体の柴犬のことを「豆柴」と読んでいるだけで、正式な犬種ではないのです。 体高30㎝程度のかなり小さな柴犬ですので、一般家庭でも飼いやすいことで人気があります。 豆柴は柴犬のカッコよさを兼ね備えつつも、 体が小さくまとまっているため「可愛い」顔立ちであるのが一般的です。 どちらかというと丸みを帯びた「たぬき顔」の特徴を持つ柴犬の方が多いかもしれませんね。 まとめ いかがでしたか?柴犬とひとくちに言っても種類がいくつかあり、そのルーツも違いました。 また、顔立ちに違いがあって「たぬき顔」と 「キツネ顔」に分けられているのも興味深いところですよね。 街で柴犬を見かけたときには、「たぬき顔?それともキツネ顔?」と顔立ちをチェックしてみましょう。 よく見ると表情は少し違うものの、その違いの由来を知っていれば愛くるしい顔立ちの柴犬の魅力にますます惹きつけられそうですね。 — おすすめ記事 —.

次の

柴犬のたぬき顔、キツネ顔|子犬の見分け方について

柴犬 たぬき きつね

今回は、たぬき顔の柴犬ときつね顔の柴犬、それぞれの見分け方についてご紹介します。 また、首が太く、筋肉質で骨格がしっかりとしているのも特徴です。 たぬき顔の柴犬は、きつね顔の「縄文柴犬」から派生したタイプの柴犬と考えられていて、「新柴犬」あるいは「弥生柴犬」と呼ばれることもあります。 柴犬は、地柴といって、発祥の地によって種類分けすることもできるのだそう。 たぬき顔の柴犬はその中でも、岐阜県で飼育されてきた「美濃柴犬」に多く見られるといわれています。 たぬき顔の柴犬の見分けポイント ・ほほが丸く張った「丸顔」 ・目や鼻も丸い ・首が太く、体格もしっかりとしている ・全体的に丸いフォルムをしていて可愛らしい印象 「きつね顔」の柴犬の特徴や見分けるポイント きつね顔の柴犬とは? きつね顔の柴犬は、面長でシャープな顔立ちをしているのが特徴です。 可愛らしい印象のたぬき顔の柴犬とは対照的で、ワイルドな印象が強くなることも。 大きな歯やスラリと引き締まった体型は、どこかオオカミに似ていると感じる人も少なくありません。 きつね顔の柴犬は歴史が古く、縄文時代の遺跡からよく似た骨格が見つかったことから、「縄文柴犬」とも呼ばれています。 また、地柴の中では「信州柴犬」が、きつね顔をしていることが多いようです。 きつね顔の柴犬の見分けポイント ・面長な輪郭をしている ・額が浅い ・歯がオオカミのように大きくワイルドな印象 ・細身で引き締まった体型 たぬき顔派?きつね顔派? 飼い主さんにアンケート 「いぬのきもちアプリ」では、ユーザーのみなさん(373名)を対象に、たぬき顔ときつね顔の柴犬に関するアンケートを実施し、どちらが好みかを調査しました! アンケートでは、たぬき顔が人気という結果に 「たぬき顔の柴犬ときつね顔の柴犬、どちらが好みですか?」とたずねたところ、231名が「たぬき顔の柴犬」と回答。 「きつね顔の柴犬」と回答したのは120名で、「その他」が22名でした。 全体の約60%の人がたぬき顔を選んだのには、どのような理由があるのでしょうか。 同アンケートでは、なぜたぬき顔の柴犬を選んだのか、その理由も聞いてみました! 「たぬき顔」が好きな理由とは? アンケートによせられたコメント• 「ほっそり顔よりぽっちゃり顔の方が可愛いから。 」 (カラヤンさん/愛犬 ゴールデン・レトリーバー シェリーちゃん)• 「綺麗な顔より愛嬌のある方が好きなので。 」 (アッシュさん/愛犬 シー・ズー ナルちゃん)• 「優しそうな顔で可愛い。 たぬき顔の柴犬の少し情けない顔が好きなので。 」 (まめぷむさん/愛犬 柴犬 豆の助ちゃん)• 「ハンサム君や美人さんより愛嬌のある可愛いタイプが好きです。 一番気になるのは目。 目がクリッてしているコが好きです。 」 (tantanさん/愛犬 チワワ kyuuちゃん)• 「お顔の輪郭が丸い方が柔らかい雰囲気が出るからです!でもきつね顔の柴ちゃんも凛としててすてきだと思います!」 (まゆおさん/愛犬 プードル ももちゃん) 「丸くて可愛い」というコメントが多数! 上記以外にも、数多くのコメントをいただきましたが、とくに「丸くて可愛い」「可愛い系の顔が好き」「優しそう」といったコメントが目立ちました。 たぬき顔の柴犬派のみなさんは、愛嬌があり、どこか親しみやすい雰囲気の柴犬に魅力を感じるのかもしれませんね。 では、きつね顔の柴犬を選んだみなさんの理由も見ていきましょう! 「きつね顔」が好きな理由とは? アンケートによせられたコメント• 「柴犬らしい賢そうな顔つき。 」 (ゆこたんさん/愛犬 ジャック・ラッセル・テリア ななちゃん)• 「これぞ和犬って感じです。 」 (アッシュさん/愛犬 ビーグル レモンちゃん)• 「キリッとした目が日本犬らしくカッコいいと思います。 」 (あんちゃんさん/愛犬 ダックスフンド ありすちゃん)• 「凛とした顔と、笑った顔とのギャップが楽しい。 」 (シェリママさん/愛犬 ミックス犬 シェリちゃん)• 「どちらでも好きですが、選ぶとしたら凛々しい方が好み。 」 (エミリンさん/愛犬 ミックス犬 ジャックちゃん) 「日本犬らしいクールな雰囲気」が人気のポイント? 「きつね顔」を選んだ人のコメントには、「日本犬らしい」「キリッとしていてカッコいい」「頭がよさそう」といった回答が多数。 たぬき顔派とは反対に、カッコいい雰囲気の柴犬が好みの人は、きつね顔の柴犬を好きになる傾向にあるのかもしれませんね。 ちなみに、「その他」を選んだ人は「どちらも好き」という人がほとんどでした。 たしかに、たぬき顔・きつね顔それぞれに魅力があるので、どちらかを選ぶのはなかなか難しいという人も多いでしょう。 子犬のうちは見分けがつきにくいことも…それを理解した上で柴犬を迎えて! たぬき顔ときつね顔の柴犬、どちらが好みでしたか?どちらかに心が決まっている場合でも、子犬のうちはどちらの顔のタイプに成長するかわかりにくく、「たぬき顔だと思っていたらきつね顔だった!」というケースも少なくないようです。 また、個体差はありますが、柴犬は猟犬として活躍し、自らの判断で猟を行うことがあったほど、自立心のある犬種といわれています。 また、こだわりや警戒心が強い一面もあるようなので、おだやかな家庭犬にするためには、ほめるしつけを徹底するようにしましょう。 このように、柴犬のしつけの難易度は少し高いといえますが、魅力溢れる犬種であることは確かです。

次の