どんなときもwifi お試し。 どんなときもWiFiお試しはある?無料体験レンタルキャンペーンは? | どんなときもWiFiキャンペーン

どんなときもWIFIは8日以内ならお試しで使える?【裏技を公開】|WIFIスクール

どんなときもwifi お試し

「どんなときもWiFi」と「Mugen WiFi」は、どちらもデータ容量が完全無制限のポケットWiFiとして大人気です。 Twitterなどの口コミを見ても、「どんなときもWiFiとMugen WiFiの2択で悩む!」という声をたくさん見かけました。 では実際にどっちがおすすめなのか?皆さんも気になるところでしょう。 この記事では両サービスの料金や速度、キャンペーンなど全てを比較し、どちらが優れたサービスかを決定しました。 結論を先に言うと、 どんなときもWiFiは通信障害を起こしてネット使い放題ではなくなっているので、Mugen WiFiの方が絶対におすすめです。 その他のおすすめ理由も詳しくお伝えしていくので、ぜひ最後までご覧ください。 プラン ー 格安プラン アドバンスプラン 初期費用 3,000円 月額料金 3,480円 3,280円 3,880円 キャンペーン いつでも解約サポート 30日おためし全額返金保証 発送日 最短当日 最大速度 150メガ 通信制限 なし 連続通信 12時間 同時接続 最大5台 解約違約金 最大19,000円 最大9,000円 どんなときもWiFiとMugen WiFiの格安プランで提供されている端末はまったく同じです。 Mugen WiFiではもう一つの端末としてアドバンスプランが選べます。 液晶画面が付いていてスマホのような感覚で持ち運びでき、翻訳機能やバッテリー機能が使えるすぐれもの。 格安プランと比べて月600円も高くなってしまうのがデメリットですが、海外旅行や海外出張によく行く人にはおすすめです。 実をいうと、どの端末も「uCloudlink」という会社が製造元なので、速度や性能を比較しても全く変わりません。 どんなときもWiFiとMugen WiFiで比較できるポイントは以下の3つだけです。 それでは詳しく見ていきましょう。 月額料金を比較 どんなときも WiFi Mugen WiFi 初月 3,480円 日割り 3,280円 1~24ヶ月目 3,480円 3,280円 25ヶ月目~ 3,980円 3,280円 2年間の総額 87,000円 82,000円 上の表では、どんなときもWiFiとMugen WiFiの格安プランを比較しました。 月額料金はMugen WiFiの方が200円安いです。 2年間の支払い総額で比較すると、どんなときもWiFiより5,000円お得になります。 毎月たった200円しか変わらないの?と思うかもしれませんが、どんなときもWiFiは2年後に割引キャンペーンが終わってしまうので3年目以降は割高になってしまうんです。 Mugen WiFiはずっと月額3,280円なので、利用期間を気にすることなく安心して使い続けることができます。 だだし、初月が日割り料金になりません。 例えば、契約日が月末で数日しか使っていない場合でも、月額3,280円がまるまる請求されてしまうということになります。 できれば月初めに契約することをおすすめしますが、初月が日割り料金になってもならなくても、Mugen WiFiの方がどんなときもWiFiより安く利用できますよ。 海外利用でもMugen WiFiの方が安い どちらも海外利用できる画期的な端末を提供しているので、海外でもWi-Fiを使いという方もいらっしゃるでしょう。 その場合、月額料金とは別途で下記のネット使用料がかかります。 このように、コスト面ではMugen WiFiの方が圧倒的に優れています。 キャンペーンを比較 次に、キャンペーンを比較していきます。 月額料金と違って数字で比べることができないのでどっちが優れていると決めるのは難しいですが、 Mugen WiFiの方がお得なキャンペーンを実施しています。 どんなときもWiFiの「いつでも解約サポート」 どんなときもWiFiでは解約時のサポートとして指定のインターネット回線に乗り換えることで違約金を全額負担してくれるキャンペーンを実施しています。 サポート窓口で確認したところ、下記のインターネット回線から選ぶことが可能です。 SoftBank光、auひかり、So-net光、ビッグローブ光、broad光 with 東日本、broad光 with 西日本、Yahoo!BB Broadband、Broad LTEしかし、これからポケットWiFiを契約する人にとっては2年後、3年後の解約について考えても仕方ないでしょう。 いつでも解約サポート以外には、先ほど紹介した2年間の月額割引キャンペーンしか実施されていないので、今のところお得なキャンペーンは実施されていません。 Mugen WiFiの「30日おためし全額返金保証」 Mugen WiFiでは、申し込みから30日以内の解約であれば支払ったお金が全額返金される安心のキャンペーンを実施しています。 つまり、1ヶ月間はお試しで利用できるということです。 返却手数料1,000円と端末返却時の郵送料が数百円かかってしまいますが、初期費用3,000円も月額料金も全て戻ってくるのでかなり嬉しいキャンペーンと言えます。 もちろん、解約違約金もかかりません。 適用方法は、Mugen WiFiの問い合わせフォームから「30日おためし全額返金保証」の旨と「解約理由」「決済番号」を連絡するだけ。 あとは、申し込みから30日以内に端末一式 端末・ケーブル・説明書・個装箱 を専用窓口に郵送すれば完了です。 Mugen WiFiに限らず、ポケットWiFiは利用環境によって通信が不安定になる可能性が高いです。 お試し期間として1ヶ月も利用できるのは他にはない大きな魅力でしょう。 解約違約金を比較 どんなときもWiFi Mugen WiFi 1年未満 19,000円 9,000円 1~2年未満 14,000円 5,000円 3年目以降 9,500円 0円 上の表では、途中解約時に請求される違約金を比較しました。 解約違約金においても、Mugen WiFiの方が圧倒的に安いです。 どんなときもWiFiよりも1万円ちかく負担を抑えられます。 しかも、3年目以降は解約違約金が0円になるので、最初の2年間さえ継続利用すればあとはいつ解約しても大丈夫です。 また、Mugen WiFiは2年後から端末の返却が不要です。 どんなときもWiFiの場合は、解約後に端末を返却しないと機器損害金として18,000円も請求されてしまいます。 月額料金が安いだけでなく途中解約時の負担も限りなく少ないので、どんなときもWiFiよりMugen WiFiの方がおすすめです。 まとめ ここまでお話ししてきたように、Mugen WiFiはどんなときもWiFiよりもサービス面で充実しているので絶対おすすめできます。 どちらも提供している端末が同じなので速度面や性能面は比べる必要がなく、「料金・キャンペーン・解約違約金」の3つを比較するのが肝要です。 Mugen WiFiでは30日間のお試しキャンペーンを実施しているので安心して利用できます。

次の

どんなときもWiFiとMugen WiFiを徹底比較!どっちがお得?

どんなときもwifi お試し

「どんなときもWiFi」と「Mugen WiFi」は、どちらもデータ容量が完全無制限のポケットWiFiとして大人気です。 Twitterなどの口コミを見ても、「どんなときもWiFiとMugen WiFiの2択で悩む!」という声をたくさん見かけました。 では実際にどっちがおすすめなのか?皆さんも気になるところでしょう。 この記事では両サービスの料金や速度、キャンペーンなど全てを比較し、どちらが優れたサービスかを決定しました。 結論を先に言うと、 どんなときもWiFiは通信障害を起こしてネット使い放題ではなくなっているので、Mugen WiFiの方が絶対におすすめです。 その他のおすすめ理由も詳しくお伝えしていくので、ぜひ最後までご覧ください。 プラン ー 格安プラン アドバンスプラン 初期費用 3,000円 月額料金 3,480円 3,280円 3,880円 キャンペーン いつでも解約サポート 30日おためし全額返金保証 発送日 最短当日 最大速度 150メガ 通信制限 なし 連続通信 12時間 同時接続 最大5台 解約違約金 最大19,000円 最大9,000円 どんなときもWiFiとMugen WiFiの格安プランで提供されている端末はまったく同じです。 Mugen WiFiではもう一つの端末としてアドバンスプランが選べます。 液晶画面が付いていてスマホのような感覚で持ち運びでき、翻訳機能やバッテリー機能が使えるすぐれもの。 格安プランと比べて月600円も高くなってしまうのがデメリットですが、海外旅行や海外出張によく行く人にはおすすめです。 実をいうと、どの端末も「uCloudlink」という会社が製造元なので、速度や性能を比較しても全く変わりません。 どんなときもWiFiとMugen WiFiで比較できるポイントは以下の3つだけです。 それでは詳しく見ていきましょう。 月額料金を比較 どんなときも WiFi Mugen WiFi 初月 3,480円 日割り 3,280円 1~24ヶ月目 3,480円 3,280円 25ヶ月目~ 3,980円 3,280円 2年間の総額 87,000円 82,000円 上の表では、どんなときもWiFiとMugen WiFiの格安プランを比較しました。 月額料金はMugen WiFiの方が200円安いです。 2年間の支払い総額で比較すると、どんなときもWiFiより5,000円お得になります。 毎月たった200円しか変わらないの?と思うかもしれませんが、どんなときもWiFiは2年後に割引キャンペーンが終わってしまうので3年目以降は割高になってしまうんです。 Mugen WiFiはずっと月額3,280円なので、利用期間を気にすることなく安心して使い続けることができます。 だだし、初月が日割り料金になりません。 例えば、契約日が月末で数日しか使っていない場合でも、月額3,280円がまるまる請求されてしまうということになります。 できれば月初めに契約することをおすすめしますが、初月が日割り料金になってもならなくても、Mugen WiFiの方がどんなときもWiFiより安く利用できますよ。 海外利用でもMugen WiFiの方が安い どちらも海外利用できる画期的な端末を提供しているので、海外でもWi-Fiを使いという方もいらっしゃるでしょう。 その場合、月額料金とは別途で下記のネット使用料がかかります。 このように、コスト面ではMugen WiFiの方が圧倒的に優れています。 キャンペーンを比較 次に、キャンペーンを比較していきます。 月額料金と違って数字で比べることができないのでどっちが優れていると決めるのは難しいですが、 Mugen WiFiの方がお得なキャンペーンを実施しています。 どんなときもWiFiの「いつでも解約サポート」 どんなときもWiFiでは解約時のサポートとして指定のインターネット回線に乗り換えることで違約金を全額負担してくれるキャンペーンを実施しています。 サポート窓口で確認したところ、下記のインターネット回線から選ぶことが可能です。 SoftBank光、auひかり、So-net光、ビッグローブ光、broad光 with 東日本、broad光 with 西日本、Yahoo!BB Broadband、Broad LTEしかし、これからポケットWiFiを契約する人にとっては2年後、3年後の解約について考えても仕方ないでしょう。 いつでも解約サポート以外には、先ほど紹介した2年間の月額割引キャンペーンしか実施されていないので、今のところお得なキャンペーンは実施されていません。 Mugen WiFiの「30日おためし全額返金保証」 Mugen WiFiでは、申し込みから30日以内の解約であれば支払ったお金が全額返金される安心のキャンペーンを実施しています。 つまり、1ヶ月間はお試しで利用できるということです。 返却手数料1,000円と端末返却時の郵送料が数百円かかってしまいますが、初期費用3,000円も月額料金も全て戻ってくるのでかなり嬉しいキャンペーンと言えます。 もちろん、解約違約金もかかりません。 適用方法は、Mugen WiFiの問い合わせフォームから「30日おためし全額返金保証」の旨と「解約理由」「決済番号」を連絡するだけ。 あとは、申し込みから30日以内に端末一式 端末・ケーブル・説明書・個装箱 を専用窓口に郵送すれば完了です。 Mugen WiFiに限らず、ポケットWiFiは利用環境によって通信が不安定になる可能性が高いです。 お試し期間として1ヶ月も利用できるのは他にはない大きな魅力でしょう。 解約違約金を比較 どんなときもWiFi Mugen WiFi 1年未満 19,000円 9,000円 1~2年未満 14,000円 5,000円 3年目以降 9,500円 0円 上の表では、途中解約時に請求される違約金を比較しました。 解約違約金においても、Mugen WiFiの方が圧倒的に安いです。 どんなときもWiFiよりも1万円ちかく負担を抑えられます。 しかも、3年目以降は解約違約金が0円になるので、最初の2年間さえ継続利用すればあとはいつ解約しても大丈夫です。 また、Mugen WiFiは2年後から端末の返却が不要です。 どんなときもWiFiの場合は、解約後に端末を返却しないと機器損害金として18,000円も請求されてしまいます。 月額料金が安いだけでなく途中解約時の負担も限りなく少ないので、どんなときもWiFiよりMugen WiFiの方がおすすめです。 まとめ ここまでお話ししてきたように、Mugen WiFiはどんなときもWiFiよりもサービス面で充実しているので絶対おすすめできます。 どちらも提供している端末が同じなので速度面や性能面は比べる必要がなく、「料金・キャンペーン・解約違約金」の3つを比較するのが肝要です。 Mugen WiFiでは30日間のお試しキャンペーンを実施しているので安心して利用できます。

次の

どんなときもWiFiには充電器がついていない!? 2つの充電方法があります!その場合必要なものと充電方法を説明します。

どんなときもwifi お試し

どんなときもWIFIのクーリングオフ 引用:どんなときもWIFI公式ページ 実際に公式ページを確認しても記載されています。 に書いてあるので、安心できます。 私も最悪8日以内に返却しようかな?と思っていましたが、問題なかったので今も利用しつづけています。 SNSを見てみると実際にサポートに聞いてみた方がいました。 参考になりますね。 え、どんなときもWiFiのオペレーターさん、めっちゃ丁寧なんだがww 4枚目ね、ありがとうございます。 検討させて頂きます。 って送ったの そしたら、とんでもございません!って返ってきたの!! びっくらこいたよww そして山間部でも繋がるっぽいよ こちらも8日以内なら無料で解約あるんだね — Cry cry96cry クーリングオフする方法【電話して返送】 どんなときもWIFIをクーリングオフするには、2つのことをする必要があります。 事務手数料(3,300円)• 返送料(1,400円ほど) ちょっとかかると思うかもですが、違約金19,000円がかからないと思えばかなり安いです。 どんなときもWIFIがつながらないことはあまりないですが、最悪4,000円ほどで8日以内にキャンセルできると思ってください。 返却するものは端末本体と端末の箱 返却するものは「端末本体」と「端末の箱」です。 本体だけではないんです。 絶対に捨てないようにしてください。 8日以内に返却するときも必要ですし、普通に1年、2年使って解約するときにも必要です。 期日が過ぎたり、壊れていたらキャンセル不可 以下の場合はキャンセル不可となり、機器損害金18,000円を払う必要があります。 気になったら早めの問い合わせがおすすめです。 月額3. 380円でポケットWIFIが使える• 無制限でネットが楽しめる(月300GBなので、ほぼ超えない)• 他社と比べて最安値の料金 普段使う場所で満足して使えるか どんなときもWIFIが、いつも使う場所で満足して使えるか確認します。 私の場合は、車の中、家の中、通勤経路で使えるかどうかですね。 問題なかったので利用継続です。 私が使っているどんなときもWIFI 実際使ってみないとわからないですからね。 エリアも範囲内か確認します。 動画やゲームは十分に見れるか どんなときもWIFIで動画やゲームを十分に見れるか確認します。 動画というとYouTubeが一般的ですね。 ゲームはオンラインゲームもあれば、スマホゲームも様々です普段使っているゲームが良いです。 YouTubeに必要な下り速度 必要速度 ドラクエ10 FF14 光回線推奨 安定してるなら2Mbps Youtube 1080P 超高画質 3. 5Mbps hulu Youtube 720P 2Mbps Youtube 480P 1Mbps YouTubeを見て動画を見れることを確認したら、実際にスピード測定をしてみるのも良いです。 YouTubeは10Mbpsもあれば全然見れますし、実際に速度測定した方が安心できます。 速度は問題なく出ているか【下り20Mbps以上が推奨】 上でも言いましたが、どんなときもWIFIの速度が十分に出ているか確認しましょう。 20Mbps以下の日が多いなら、少し考えた方が良いですね。 速度測定したり、いつもネットする場所で試してみると良いんですね。 ちなみに8日過ぎちゃうともう違約金かかるんですよね? どんなときもWIFIを違約金なしで解約する方法【クーリングオフとは別です】 BroadWiMAXからどんなときもWiFiに、「いつでも解約サポート」を利用して乗り換え。 解約違約金1万4500円は免除だけど、請求は今後もBroadWiMAXと同じLinkLifeから来るんだって。 どんなときもWiFi運営のグッドラックはグループ企業とのこと。 なるほど。 — 栗原景(くりはらかげり) kuriharakageri 8日が過ぎちゃっても、実はどんなときもWIFIを違約金なしで解約するサービスがあります。 「いつでも解約サポート」と言います。 「やっぱり固定回線にしたい!」「もっと合ったポケットWIFIにしたい!」という方向けのサービスです。 サポートに電話して、どんなときもWIFIの会社がおすすめする回線に乗り換えれば、違約金がなしになります。 どうせ乗り換えるなら、このキャンペーンを利用して解約を行いましょう。 【まとめ】どんなときもWIFIのお試しは可能。 8日以内の返却を忘れないように どんなときもWIFIはお試しが可能です。 ただし裏技なので、返すなら8日以内の返却が条件です。

次の