魔剣伝説 聖剣伝説。 「魔剣伝説」縦画面で片手でも気軽に楽しめる幻想世界が舞台の超お手軽スマホ向け新作MMORPG!|オンラインゲームPLANET

【聖剣伝説3リメイク】アイテムの一覧|ゲームエイト

魔剣伝説 聖剣伝説

曖昧さ回避• 聖なる力を持つの総称。 本項で解説。 ゲーム『』シリーズの略称。 概要 や、もしくは創作作品に登場する、神聖な力を持つとされるのこと。 その多くは、時代の英雄が戦いにおいて使用していたことから「勝利の象徴」として神聖視されるようになった剣であったり、王家や武家で代々受け継がれる由緒ある剣であったり、(もしくは教会)・・などからのを受けた超自然的な力を宿した魔法の剣であったりと様々である。 昨今ではとくに魔法の剣として解釈されることが多く、やとして洗礼を受けた、もしくはそれらの子孫という肩書を持つキャラクターの専用武器として登場することが多い。 また、聖剣と称されるもう一つの所以として、伝承における聖剣が「邪悪な者は聖剣を持てない」「持ち主が邪道を行った場合、主の下から失われる」という共通点を持つことにある。 失われる手段は様々で、紛失や盗難、破損の他、直接失われないにしろ祝福が解かれてになるなど、明確化した効果ではないがそういった伝承が数多いということは確かである。 神話・伝説における主な聖剣 神話 アジア 日本神話• :のひとつ。 別名:、(『』)• ヨーロッパ ケルト神話• 北欧神話• ギリシア神話• 伝説 アジア サウジアラビア• :の剣(『』) 中国• ヨーロッパ ドイツ• フランス• :()の剣(『』)• :の剣(『』) イギリス• :の剣(聖人列伝『黄金伝説』)• :・の剣• :の剣(『』)• :選定の剣(『アーサー王伝説』)• :に代々伝わる剣 アイルランド• 宗教 仏教• イスラム教• 創作で登場した聖剣 アルトリウスの聖剣 『』の登場人物が持っていた。 タイトルロゴの背景に使われている剣もそれである。 光の時代初期に現れたそれは強大な力を持つだけでなく、所有者の心のありように応じて姿形を変える性質を有し、場合によってはとなって身を包む。 しかしその実 魔剣と遜色ない悪しき呪いも秘められており、所有者と周りの人々に『不幸』をもたらし、命尽きるまでそれは続く。 アルトリウスはこれによりと仲間たちを失い、さらに自身も命を落とした。 そして、、ノアル アラン 、もその呪いの犠牲となっている。 現在が聖剣の所有者となっているが、その所有者は心を持たなかったがために、魔剣としての醜悪極まる姿形を晒し続けている。 ともあれ、人々に栄光と勝利をもたらすはずの聖剣が、逆に呪いを招くという稀有な例の1つとなっている。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

聖剣伝説

魔剣伝説 聖剣伝説

曖昧さ回避• 聖なる力を持つの総称。 本項で解説。 ゲーム『』シリーズの略称。 概要 や、もしくは創作作品に登場する、神聖な力を持つとされるのこと。 その多くは、時代の英雄が戦いにおいて使用していたことから「勝利の象徴」として神聖視されるようになった剣であったり、王家や武家で代々受け継がれる由緒ある剣であったり、(もしくは教会)・・などからのを受けた超自然的な力を宿した魔法の剣であったりと様々である。 昨今ではとくに魔法の剣として解釈されることが多く、やとして洗礼を受けた、もしくはそれらの子孫という肩書を持つキャラクターの専用武器として登場することが多い。 また、聖剣と称されるもう一つの所以として、伝承における聖剣が「邪悪な者は聖剣を持てない」「持ち主が邪道を行った場合、主の下から失われる」という共通点を持つことにある。 失われる手段は様々で、紛失や盗難、破損の他、直接失われないにしろ祝福が解かれてになるなど、明確化した効果ではないがそういった伝承が数多いということは確かである。 神話・伝説における主な聖剣 神話 アジア 日本神話• :のひとつ。 別名:、(『』)• ヨーロッパ ケルト神話• 北欧神話• ギリシア神話• 伝説 アジア サウジアラビア• :の剣(『』) 中国• ヨーロッパ ドイツ• フランス• :()の剣(『』)• :の剣(『』) イギリス• :の剣(聖人列伝『黄金伝説』)• :・の剣• :の剣(『』)• :選定の剣(『アーサー王伝説』)• :に代々伝わる剣 アイルランド• 宗教 仏教• イスラム教• 創作で登場した聖剣 アルトリウスの聖剣 『』の登場人物が持っていた。 タイトルロゴの背景に使われている剣もそれである。 光の時代初期に現れたそれは強大な力を持つだけでなく、所有者の心のありように応じて姿形を変える性質を有し、場合によってはとなって身を包む。 しかしその実 魔剣と遜色ない悪しき呪いも秘められており、所有者と周りの人々に『不幸』をもたらし、命尽きるまでそれは続く。 アルトリウスはこれによりと仲間たちを失い、さらに自身も命を落とした。 そして、、ノアル アラン 、もその呪いの犠牲となっている。 現在が聖剣の所有者となっているが、その所有者は心を持たなかったがために、魔剣としての醜悪極まる姿形を晒し続けている。 ともあれ、人々に栄光と勝利をもたらすはずの聖剣が、逆に呪いを招くという稀有な例の1つとなっている。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

【聖剣伝説3リメイク】アイテムの一覧|ゲームエイト

魔剣伝説 聖剣伝説

概要 シリーズ第1作である『聖剣伝説 〜ファイナルファンタジー外伝〜』は、同社の代表作である『』(以下、FFシリーズ)の派生作品のひとつとしてリリースされたが、『聖剣伝説2』以降の作品はFFシリーズから独立し、独自の路線を歩んでいる。 シリーズ通しての特徴として「大切な人との死別、失う悲しみ」 をテーマとしているが、この思想は映画が原点である事が石井浩一のインタビューで語られている。 また、3作目までは王道のファンタジー路線だったが、4作目以降からシュールリアリスティテック要素の強い世界観 純粋な人間が少ない本作独自の生物や幻想的な背景 と変化した。 2005年のにて聖剣伝説プロジェクトとして「 THE WORLD of MANA」がスタート、『聖剣伝説DS CHILDREN of MANA』以降の作品はこの「THE WORLD of MANA」のマークが表記され、精霊やマナの女神、聖剣のデザインがほぼ統一されている。 欧米では、シリーズ作品のタイトルが第1作を除いて「 - of Mana」で統一されていることから「 Mana series(マナシリーズ)」としても知られている。 なお、にスクウェアが発売を予定し、後に発売中止となった用の横スクロール型アクションRPGも『聖剣伝説 THE EMERGENCE OF EXCALIBUR』という名前であった。 登録済みであった「聖剣伝説」の商標を継承した点を除き、現在のシリーズとの関連性は無い(も参照)。 発売中止となったこのゲームの趣旨は同年12月に発売された『』第1作へと受け継がれている。 また、日本国外では『聖剣伝説3』は発売されておらず、その代わりに "" という、同様のゲームシステムを使った作品が発売されていた。 こちらは逆に日本では未発売となっている。 ただし共通するのはゲームシステムの類似点のみで、この作品は聖剣伝説シリーズとしては扱われていない。 全世界累計出荷本数は600万本(7作品)に及ぶ。 にはシリーズ25周年作品として初期3作品をまとめた用ソフト『』が発売された。 のレイティングはB(コンテンツアイコンは「犯罪」)。 シリーズ一覧 ほとんどがアクションRPGだが、一部の作品はジャンルが異なる。 発売日は初出機種のものを記載。 本編タイトル• 聖剣伝説2 SECRET of MANA(2018年2月15日:、PlayStation Vita、) 聖剣伝説2のフルリメイク。 聖剣伝説3 TRIALS of MANA(2020年4月24日:PlayStation 4、、Steam) 聖剣伝説3のフルリメイク。 (2017年6月1日:) シリーズ25周年記念作品。 GB版『FF外伝』、SFC版『2』および『3』の3タイトルをまとめて移植したもの。 外伝タイトル• (略:FOM、2006年10月18日:S! (2013年3月5日:スマートフォン(Android端末:Android 2. 2以降、iOS対応端末:iOS 4. 発売中止作品• 聖剣伝説 LEGEND OF MANA 2 (PlayStation)• 新約 聖剣伝説2 (ゲームボーイアドバンス)• 聖剣伝説(仮称) (Wii) シリーズごとのつながり 以下のシリーズは時系列でつながっている。 また、『3』ではのシャルロット専用防具として、『2』で登場したポポイの名を冠した「ポポイのおさがり」というアイテムが登場するが、『3』の世界にはポポイの名が何を意味するのか知るものは存在しないとされている。 シリーズ全般に共通するもの マナの女神 タイトルにもある「」を残した。 自らが持っている「黄金の杖」でを創造し、その後、自らの身体を大樹に換えて世界を見守っている。 その場所は「」あるいは「聖域」と呼ばれ、難攻不落の地であり、封印の為に彼女が作り出した何匹もの神獣達が聖地への入り口を守っている場合もある。 魔法の力の源でもある「 マナ」を常時発生させていて、全ての生き物は何らかの形で「マナ」の恩恵を受けている。 彼女が使っていた杖は後に剣(聖剣)へ変化し、今も大樹の根元に刺さっている。 この設定のとなっているのは、に登場する「」である。 『聖剣伝説3』では「木の」達が常に周囲を飛び回り、樹木となった女神の世話を焼いている。 また、『LOM』では「草人」と呼ばれる種族を生み出して各地に住まわせたり、『聖剣伝説1』『聖剣伝説2』では「マナの一族」と呼ばれる人々の中から選ばれた者を拠り所にして復活する事が出来る様にしている等、万が一、樹が枯れてしまった場合にも備えている。 フラミー ファンタジーRPGには移動手段として様々な乗り物があるが、聖剣シリーズでは『2』以降に乗り物代わりにこのフラミーが登場する。 ただし、登場しても石像の姿などで乗れない作品もある。 はなく、獣耳を生やし、オレンジ色のたてがみを有しており、4枚の鳥の様な翼が背中から生えている竜のような生き物。 蛇腹風なお腹側を除いて全身が黄色のふわふわした体毛に覆われており、端ばしの風きり羽は青みが掛った緑色の様を見せる。 作品によって若干扱いが異なっており、『2』でのフラミーは卵胎生。 『3』では「山と空の守護神」や「翼あるものの父」と呼ばれ信仰の対象にもなっているが、登場した個体は若い雌だった。 『4』の個体はブレスを吐いている場面もあった。 シリーズを総じて、大きさはマナの放出量によって増大したり小型化したりする。 乗り物としてフラミーが召喚出来る場合には必ずといって良い程(作中では「風の太鼓」と呼ばれる)で召喚されている。 ルク 通貨単位。 主要スタッフ• - 聖剣シリーズの生みの親。 主にプロデューサー。 グラフィックを担当することも。 - プロデューサー(2)、ディレクター(3)• - プロデューサー()• - 音楽(FF外伝・4・・の一部)• - 音楽(2・3・の一部)• - 音楽(、の一部)• - 2・3・・のキャラクターデザインほか• - イメージイラストなど。 - キャラクターイラスト(3)• - イラスト原案()、キャラクターデザイン(4・)ほか• - 4・のモンスター、ボスデザインなど。 - (共同)、新約のシナリオ。 - (共同)のシナリオ。 - シナリオ原案(4・)、シナリオ()• 小山田将 - 近年の聖剣シリーズプロデューサー。 HACCAN - 近年の聖剣シリーズイラスト。 漫画 聖剣伝説レジェンドオブマナ.

次の