重箱 の 隅 を つつく 意味。 重箱の隅をつつく人の心理と対処法

重箱の隅をつつくとなぜアラ探しになるのですか。

重箱 の 隅 を つつく 意味

重箱の隅をつつくの意味とは 重箱の隅をつつくとは会話のやり取りなどにあって、物事の本質とはほとんど関係しない無意味な部分をあげつらう様をあらわします。 やり取りの中でも本題と関係の無い、ちょっとした言葉遣いの間違いなどをあげつらってあれこれ指摘するような姿を浅ましい、卑しいとして戒める用途で用いる言葉です。 重箱(じゅうばこ)とは、おせち料理等で使う四角く重ねられる料理を詰める箱であり、現在でもお弁当を詰めて使う用途で使われる事があります。 四角い箱なので、四隅に食べ物が残ってしまう事がありますが、それをつつきまわしている姿はお世辞にも褒められるものではなく、そこから「料理=物事の本質を置き去りに、四隅の残り物をつつきまわすような姿」という言い回しが定着したものです。 「あまり重箱の隅をつつくような指摘はするものじゃない。 本質的には良い方向性のプレゼンだから、そこを認めた方が良いと思うよ」 重箱の隅をつつくの類似表現 重箱の隅をつつくの類似表現重箱の隅をつつくの類似表現として言葉尻を捕らえる、些事(さじ)にこだわる、という言葉があります。 いずれも会話や相手の説明などに対して、その内容の本質とは関係の無い言い間違いや表現の食い違いといった部分をあげつらい、大きく捉えて指摘するという行為や様子をさす言葉です。 慣用句では「揚げ足を取る」という言葉もあります。 直接的な意味としては相手の言葉を取り上げて指摘するという意味ではありますが、あえてこの言葉を使って指摘する際は、相手の言葉の細かな意味や取り違えといった部分を声高に指摘する様子をさす場合が多いといえます。 こうした物事の本質から外れた部分を四字熟語では「枝葉末節」と言います。 文字通り、木の幹ではなく枝葉や枝先の節という事で、木というものを指し示すには遠く離れてしまっている部分という意味です。 英語では「nitpick(虱潰し)」や「split hairs(毛を掻き分ける)」といった言葉で表現出来ます。

次の

重箱の隅をつつくようで恐縮ですが、敬語のことです。

重箱 の 隅 を つつく 意味

重箱で味噌をする 重箱で味噌をするとは、 細かいことを気にしない大雑把なことを意味しています。 重箱の四隅は杓子やヘラなどが届かないので、味噌をまんべんなく混ぜることができません。 四隅に残ったくらいの味噌のことなんて気にしないような大雑把な様子に対して使います。 重箱の四隅に残った食べ物を楊枝でつついて食べるくらい細かいこととは正反対の意味です。 重箱は味噌を入れる物ではないので、本来の目的で使わないと役に立たない物になってしまうという意味でもあります。 重箱に鍋蓋 重箱に鍋蓋とは、 つり合いがとれていない様子です。 重箱にはそのカタチに合わせたフタがありますが、鍋の丸いフタを重箱に乗せてもつり合いが取れるわけはなく、アンバランスな状態になります。 つり合いが取れない気持ち悪さを表現するのに 重箱特有の形と鍋の形を引き合いに出したわけです。 重箱に煮しめ 重箱に煮しめとは、 入れ物は立派なのに中には大したものが入っていないことから、外見ばかり立派で中身がともなっていないことを意味しています。 重箱は木製の箱に漆を何層も重ねて塗るもので、とても手間がかかります。 蒔絵を施しているものは、とても豪華で高価なものも多くあります。 そのような 豪華で立派な重箱に煮しめのような地味な料理を入れるのは、外見に中身がともなっていないことを表現するわけです。 煮しめが地味な料理というのは個人的にはどうなの?と思うところですが、今では重箱はお正月のおせち料理くらいしか使わない家庭が多くなっています。 色彩もあざやかなおせち料理を色々詰めるのに適している重箱に、醤油ベースで全体的に茶色の煮しめは確かに勿体ないかも知れません。 スポーツを始めると、道具やウェアだけ上級者が使うような立派なものを持っているとか、バリバリ仕事しそうなプロ仕様の道具を使っているのに素人レベルとか、そのような見た目とのギャップがある様子を表現するのです。 まとめ 重箱の隅を楊枝でつつくのは、口うるさい上司や先輩、姑などに対して使うことが多いですね。 思わず「うるさいなぁ」と心の声が出てしまいそうな口うるさい人っていますからね。 重箱を用いたことわざや慣用句は、重箱の特長がわかりやすいので伝えやすいことから増えてきたのではないかと考えられます。 個人的には、重箱の四隅は洗いにくいので、あまり使いたくないというのが本音です。

次の

重箱の隅をつつくってどんな意味?どんな人?使い方や類語もチェック!

重箱 の 隅 を つつく 意味

重箱で味噌をする 重箱で味噌をするとは、 細かいことを気にしない大雑把なことを意味しています。 重箱の四隅は杓子やヘラなどが届かないので、味噌をまんべんなく混ぜることができません。 四隅に残ったくらいの味噌のことなんて気にしないような大雑把な様子に対して使います。 重箱の四隅に残った食べ物を楊枝でつついて食べるくらい細かいこととは正反対の意味です。 重箱は味噌を入れる物ではないので、本来の目的で使わないと役に立たない物になってしまうという意味でもあります。 重箱に鍋蓋 重箱に鍋蓋とは、 つり合いがとれていない様子です。 重箱にはそのカタチに合わせたフタがありますが、鍋の丸いフタを重箱に乗せてもつり合いが取れるわけはなく、アンバランスな状態になります。 つり合いが取れない気持ち悪さを表現するのに 重箱特有の形と鍋の形を引き合いに出したわけです。 重箱に煮しめ 重箱に煮しめとは、 入れ物は立派なのに中には大したものが入っていないことから、外見ばかり立派で中身がともなっていないことを意味しています。 重箱は木製の箱に漆を何層も重ねて塗るもので、とても手間がかかります。 蒔絵を施しているものは、とても豪華で高価なものも多くあります。 そのような 豪華で立派な重箱に煮しめのような地味な料理を入れるのは、外見に中身がともなっていないことを表現するわけです。 煮しめが地味な料理というのは個人的にはどうなの?と思うところですが、今では重箱はお正月のおせち料理くらいしか使わない家庭が多くなっています。 色彩もあざやかなおせち料理を色々詰めるのに適している重箱に、醤油ベースで全体的に茶色の煮しめは確かに勿体ないかも知れません。 スポーツを始めると、道具やウェアだけ上級者が使うような立派なものを持っているとか、バリバリ仕事しそうなプロ仕様の道具を使っているのに素人レベルとか、そのような見た目とのギャップがある様子を表現するのです。 まとめ 重箱の隅を楊枝でつつくのは、口うるさい上司や先輩、姑などに対して使うことが多いですね。 思わず「うるさいなぁ」と心の声が出てしまいそうな口うるさい人っていますからね。 重箱を用いたことわざや慣用句は、重箱の特長がわかりやすいので伝えやすいことから増えてきたのではないかと考えられます。 個人的には、重箱の四隅は洗いにくいので、あまり使いたくないというのが本音です。

次の