センター 古文 勉強法。 センター古文で安定して8割とる勉強法 【2週間でとれる】

センター国語の最強勉強法

センター 古文 勉強法

このコンテンツではなるべく 簡潔にセンター国語 古典 古文・漢文 対策のポイントを明示します。 ポイントの意味をよく理解してセンター国語 古典 古文・漢文 で高得点、満点を獲得してください。 【文系受験生】 2次試験・私大試験がある文系受験生は基礎的な単語帳・問題集・参考書何か一冊 ex. 古文単語: 古文文法: 漢文: 等でまず古典:文法・単語、漢文:句形・重要漢字の基礎を学んだら読解の基礎的な問題集の演習、志望校の過去問演習で徹底的に読解力・記述力・論述力を鍛え 選択肢問題があれば選択肢の消去法や確実な選び方を過去問基準で学ぶことが重要 +センター過去問演習で徹底的に解法や消去法等の選択肢の確実な選び方を学ぶことをお勧めする。 【理系受験生】 2次試験がある理系受験生は文系受験生と同じ基本方針。 センター試験しかない理系受験生は基礎的な単語帳・問題集・参考書何か一冊 ex. 古文単語: 古文文法: 漢文: 等でまず古典は文法・単語の基礎を漢文では句形・重要漢字の基礎を学んだらセンター過去問演習で徹底的に読解の方法、解法や選択肢の確実な選び方を学んでいくことをお勧めする。 センター古典 古文・漢文 は少ない労力で満点を狙える科目であり満点を狙いに行った場合のリスクも少ない。 したがってセンター試験で高得点を獲得したいならセンター古典 古文・漢文 で満点もしくはそれ近くの得点を獲得することを目標に対策していくことをお勧めする。 以上の点について、受験戦略・勉強法・受験勉強計画も含め全体的な勉強法や更なる詳細な勉強法を知りたいという方はをご覧ください。 常に手元において読み返してください。 あなたの第一志望校合格に必ず役立つ一冊です。 のところでも述べましたが古典 古文・漢文 のセンター過去問をメインの教材として徹底的にこのコンテンツで説明するポイントを習得していってください。 これで 解答時間の短縮と得点アップにつながります。 他科目のセンター試験対策・勉強法のところでも再三お伝えしていますし、著書「受験の叡智」【受験戦略・勉強法の体系書】のなかでも合格の天使ブログの中でも再三お伝えしてきていますが、過去問は力試しのために取っておくものではなく問題集と位置づけて徹底的に活用してください。 マーク式問題集や模試問題集等は重視する必要はありませんし時間が無いのに特別にやる必要もありません。 問題によっては読解や選択肢選択のポイントがずれてしまう事もありますのであくまでセンター過去問 をメインにおいていきましょう。 この点についてピンとこない方はをしっかりと読み込んでください。 しかし、大きな書店が遠いとか、時間がないという受験生もいると思いますのでその場合は以下のサイトから購入する手もありです。 ここに掲載するものは信用できるところのみですので参考にしてみてください。 センター国語の場合、2次試験で必要なものよりもさらに細かい知識というものはいりません。 単語や文法、漢文の句形、そういったものについてより細かい知識を入れようという勉強はしなくても大丈夫です。 ですので、文系学部受験生や2次試験に古典がある理系受験生は2次試験の対策をするうえで身につけた知識を、量を増やすのではなく、その定着度をしっかりあげていくようにしていきましょう。 「古文単語習得のポイント」 古文単語についてはまず、重要な単語、頻出の単語をまずしっかりと覚えましょう。 古文単語の覚え方や単語の確認については 国語の勉強法のコンテンツをご覧ください。 「文法知識習得のポイント」 文法については、動詞、形容詞、形容動詞の基本的な活用と助動詞の用法をしっかりと覚えましょう。 古文を解くうえでは、品詞分解をして精読できるようになることが点数アップのために重要です。 そのうえで、よく出てくる識別問題、「なり」や「に」や「る」といった言葉の識別問題については、上にどういう語がきて、下にどういう形の語句がくるかによってどの品詞になるのかを覚えておきましょう。 「和歌の知識の習得のポイント」 和歌については、掛詞や縁語といった修辞法をしっかりとどういうものがあるのか、習得しておきましょう。 あまりそれらについて、詳しく知る必要はありませんが、まず和歌については文法解釈ができないと、歌の意味が分からずに、質問に答えることができません。 年によっては、修辞法自体に関する問題が出る場合もあります。 なので、どういった技法があって、それぞれ何という修辞法なのかということを習得しておきましょう。 「漢文の句形習得のポイント」 漢文の句形については、単なる丸暗記で覚えてしまうのではなくて、構造を理解したうえで、記憶していくということが大事です。 なぜこの構造でこの意味になるのかということを暗記するのではなくて、しっかり理解しておかなくてはなりません。 これは、2次試験でも大事なことなのですが、本文の前にあるリード文、つまり文章の説明や後ろにある注釈もしっかりと読むということは知っていてもなかなか意識して行うことができません。 時間がなくても、こういったリード文や注釈を飛ばしてしまうのではなくて、時間がないからこそ、こういった部分を読んで、重要なヒントやポイントを手に入れるようにしてください。 こういったことをしっかりと身につけるために、また、選択肢の特徴や問題の解き方を身につけるために、十分な過去問演習が必要になります。 以上できるだけ簡潔にを目標にセンター古典 古文・漢文 対策・勉強法についてお伝えしてきました。 冒頭でお伝えした通りセンター古典 古文・漢文 は的確な対策をすれば少ない労力で満点を狙える科目です。 一方でこの現実を裏から見ると的確な対策を行えなかった場合はここで大きく得点できる問題を失点するということになります。 そうならないためにもセンター古典 古文・漢文 についても的確な対策を行っていってください。 より体系的かつ詳細にセンター古典(古文・漢文)の勉強法と対策も含め受験戦略・勉強法・受験勉強計画について学びたい方はをご覧ください。 また センター古典(古文・漢文)で確実に高得点、安定した得点を狙いたい方はをご覧ください。 圧倒的結果を出した人間は、圧倒的結果を出すための鉄則を網羅的に持っているのです。 圧倒的結果の秘密はこの部分にあるのです。 2次・私大対策も含めて古文の勉強法と対策を学びたい方は東大理三合格講師槇、東大文一合格講師沼尾のアドバイスをふんだんに盛り込んだのコンテンツをご覧ください。 以下のシェアボタンを押せば簡単にシェアできます。

次の

センター古文を満点の東大生が徹底解説!9割超えの勉強法やおすすめ参考書を紹介

センター 古文 勉強法

php on line 1357 どうもどうも。 受験生の方から「 センター試験古文で8割を超えるために何を勉強すればいいのですか?どうやって勉強していたのか知りたいです」という旨のご相談をよくお受けします。 確かに、古文は苦手意識を持っている人も多いですし、私自身それほど好きな科目だったわけでもないので、受験生の方からすると何をどう勉強すればいいのか悩みは大きいと思います。 この記事を書いている私の話をすると、好きな科目ではないと言っても試験を避けることはできないので、なるべく要領良くセンター試験古文で高得点を取りたいと思っていました。 結果的にはセンター試験古文で8割は余裕で超える点数を取れて、国語の中でも得点源にすることができたという経験があります。 そこで、今回は センター試験古文8割を取るために必要な勉強と勉強方法について記事を書いていきたいと思います。 本記事の内容は具体的には以下の通りになります。 現に、私自身センター古文で8割以上は取れたのですが、特に勉強したことは単語の暗記と文法知識の学習のみでした。 センターレベルであれば単語され分かれば文章の意味はなんとなく推測できるし、文法問題で点を落とさなければ大きな失敗はしなくて済みます。 センター以外でも、 古文の試験は基本的に単語と文法さえ分かっていれば解ける問題ばかりです。 なので、古文の勉強に困っているのであればまずやるべきなのは、単語と文法! これだけです! センター古文で8割取るための勉強法 私がやっていた勉強法についてですが、基本的には単語の暗記と文法知識の学習という2本柱が中心でした。 古文単語の暗記方法 単語の暗記については、• 夜寝る前に1つ1つじっくりと暗記をして、朝起きてすぐに軽く復習をする• 移動中やお風呂の中でじっくり暗記 という方法で行なっていました。 基本的には英単語と同じ要領で進めていましたが、 古文単語は英単語よりも単語の数が非常に少ないので例文までじっくりと読んでいました。 私は受験前の夏頃から古文の勉強を本格的に始めたのですが、単語数が少ないため暗記にかかる時間は少なく済みました。 だいたい 1ヶ月で古文単語の暗記は終わりにした感じです。 その後は、 問題を解いている時に分からない単語があれば調べる、という流れでしたね。 がっつり単語の暗記だけにかけるという時間は少なくても良いと思います。 単語の暗記は最小限で済まし、あとは問題を解きながら覚えていけば十分かなと。 古文単語の勉強における注意点として、 一応日本語なので古文単語暗記の方が分かった気になりやすいのですが、自分の日本語のイメージが中々離れないせいで全然覚えられない単語もあることです。 なので、 例文を使いながら自分の固定観念を捨てる努力が大切です。 古文文法の勉強方法 古文文法の学習は単語よりもじっくりと力を入れてやっていました。 基本的には、市販の参考書を使いながら文法知識の勉強をしていきました。 (オススメの参考書については後述します) 文法知識に関しては、 古文単語とは違って一定の勉強時間を確保した上で腰を据えて勉強していた感じです。 その理由としては、 ・単語の暗記と違って文法知識に関連性があるのでじっくり頭を使いたかった ・文法知識の学習の直後に問題を解く時間を作りたかった という点がありました。 特に、後者の文法知識を一通り確認した後で過去問や模試の問題文を読むというのが、私が古文に慣れることが出来たポイントですね。 『』でも書きましたが、私はインプットからのアウトプットという勉強が効率良く成果を出す方法だと思っていたので、なるべく 問題演習までを1セットにして文法の勉強をやりました。 問題集は基本的には使っていない 古文の問題集に関しては基本的には使っていませんでした。 というのも、センターでそれなりに高得点を取れればいいと思っていたので、センターの過去問を中心に勉強していれば大丈夫だと考えていたからです。 あと、 古文は配点が低いからあんまりやらなくても良いと思っていたのもありますね、、、笑笑 ただ、他の科目が苦手だから国語で点を稼ぎたいという人は問題集も使っていろんな問題を解くという方が良いと思います。 私は問題集を使っていなかった代わりに、センター試験の過去問を何回も何回も徹底的に解いていました。 とりあえずセンター8割が目標なら古文は過去問だけでも十分なので、あとは英語や数学など他の科目に力を入れた方が良いでしょうね。 最初にも言いましたが、 センター古文で8割を取るだけなら単語と文法だけしっかりやれば問題ありません。 漫画やネットでストーリーを把握するのもオススメ 現代文や英語長文と異なり、 古文には試験で出題されやすい物語があります。 場合によっては、過去に出た題材と同じ物語が出題されることだってあり得ます。 なので源氏物語などの有名な古文に関しては、漫画やネットで軽くストーリーを頭に入れておくのも良いですね。 漫画やネットの現代語訳なら読みやすいですし、とりあえずストーリーを把握しておけば古文も読みやすくなるのでオススメですよ。 時間に余裕があるならぜひ軽く調べてみてください。 センター古文8割に必要な勉強期間=3ヶ月程度 (1日の古文勉強時間:1〜2時間) 人によってはもっと早くセンター古文で8割を超えるくらいの実力をつけることもできると思いますし、 1日の総勉強時間の中で古文にかける時間の割合を増やせば、もっと早い段階でセンター8割を達成できるでしょう。 ただ、これはあくまで 勉強方法を間違えていないという前提の下での話です。 なので、古文をどのように勉強すればいいのか分からないって人は、とりあえず前述のように 単語と文法を徹底的に学べば大丈夫です。 何度も強調しますが、センター試験8割レベルであれば単語と文法さえしっかり勉強できていれば十分達成可能なライン。 だから、本記事の内容を参考にその二つだけに注力してみてください。 古文のオススメ単語帳・参考書 というわけで、ここからは私がセンター古文で8割達成するためにオススメする単語帳と参考書を紹介したいと思います。 古文単語帳のおすすめ 『マドンナ古文単語230』 『マドンナ古文単語230 パワーアップ版: 別冊単語カードつき 大学受験超基礎シリーズ 』• 古文は配点が低いから、ほどほどの力で勉強するべき 最後に古文の勉強に関して、受験で成功するために意識しておくべきことがあるので書いていきます。 先にも少し触れましたが、 古文はセンター試験科目の中でも配点が低いです。 古文が単独で試験科目になっているわけではなく、国語の中の一分野として出題されていますので。 センター試験だと国語全体で200点の内、古文が占めるのは僅か4分の1、50点だけです。 それに比べて、国語においては現代文100点と古文50点、漢文50点という割合になっていますが、 現代文と古文と漢文それぞれの間には全く関連性がなく、どれかを勉強したら他のものも伸びるというわけではありません。 なので、 現代文・古文・漢文、それぞれ別々の勉強をする必要があるのですが、ここで 古文に力を入れたところでそのコストに対するリターンが大きくありません。 なぜなら、 センター古文では最大でも50点しか取れないからです。 最大250点を取れる英語と最大50点しか取れない古文 どちらにより力を入れるべきなのかは火を見るよりも明らかで、大きなリターンを見込める英語を優先するべきですよね。 なので、私の受験戦略としては、古文には最低限しか勉強時間を取りませんでした。 なるべく大きな点数を取れるもの中心に勉強した方が、全科目総合の点数は上がりやすいですからね。 というわけで、最初に言った通り、 古文の勉強で時間を割くなら単語と文法知識だけに注力して、最低限の力でそれなりの点数を狙うのが受験戦略的に効率良いです。 それだけでもセンター試験古文で8割を取れるくらいの実力は付けられるので、ある程度出来るようになったら他の科目を優先しましょう。 まとめ 最後に本記事の内容をまとめて終わりにします。

次の

センター試験古文で8割取るための超シンプルな勉強法|単語と文法だけで十分

センター 古文 勉強法

古文嫌いの受験生「古文って勉強する必要あるのかなぁ。 古文ってフィーリングでも解けちゃうしなぁ。 雰囲気で5割くらい取れてるしそんなに勉強しなくても大丈夫なんじゃないかなぁ。 何勉強すればいいかわかんないし…」 こういった方向け。 本記事では、古文の授業を3年間全く聞かずなんとなくで解いていた私が、本番で1問ミス、9割取れた勉強法を紹介していきます。 【目次】• センター古文の問題構成と配点 センター古文は6問構成で50点満点です。 問1は語彙問題。 問2は文法問題。 5点の場合が多いです。 問3〜問6は文章読解・内容説明問題。 これで合計50点満点です。 毎年多少の変更はあるもののこの構成を前提に勉強しておけば大丈夫です。 センター古文の平均点と特徴 古文の平均点は現代文、漢文の中で最も低いです。 平均点は約25点(2005〜2018年本試験より)。 つまりちょうど半分。 しかし、少し古文をかじっていれば選択肢を2つに絞ることは簡単です。 要するに全国の受験生の平均点はあまり勉強していないのと同じ点数なんです。 正直言ってセンター古文の攻略は戦略的に攻めていけば難しいものでもないです。 やるべきことは完全に決まっています。 その勉強法を今から説明していきましょう。 STEP0:センター古文ってどうすれば点数が取れるの? 古文攻略のポイントは大きく分けて3つあると言われています。 ・古文単語 ・古文文法 ・古文常識 この3つのポイントを完璧にしてしまえばレベルでは高得点が安定するようになると思います。 特に古文単語が重要で、大体の文章の意味さえ掴めていれば文章読解や内容説明問題をほとんどクリアすることが出来ます。 古文は文章さえ読めてしまえば中学校レベルの国語です。 古文の苦手はサプリで克服 センター本番の古文で9割を取り、 国立大学現役合格に一躍買ったのが サプリです。 古文の点数が 6割未満の人はなんとなくで解いてしまっている人が多いと感じています。 しかし、なんとなくでも6割取れてしまっている人はなんとなくでも点数が取れるという思考に陥ってしまい、なかなか古文に時間を割こうと思えないというのが実情だと私は考えています。 そもそも、古文が嫌いな人、点数が取れてない人はそもそも 古文を勉強するという行為自体なかなか気が重いと思います。 (自分もそうでした) 主体的に勉強しなければならない参考書による自己学習と違い、 受動的に勉強出来る映像授業はやる気がなかなか出ない時にスイッチが入るきっかけにもなりました。 それに、これから紹介していく参考書を使用して高得点を狙っていく過程で サプリで古文の全体像を把握していくことは成長を確実に早めます。 古文も英語同様で、 正しいルールと核心をついた知識を理解すれば驚くほど暗記量は減ります。 なので、 古文は参考書にプラスしてサプリのような動画授業で勉強を進めていくことがとても効率的なのです。 現在、2週間無料で利用出来るみたいなので気になった人は下記のリンクをご利用ください。 範囲としてはセンター~MARCHレベルくらいまで対応出来ています。 人によりけりなんですが下手に語呂で覚えるのは邪道であり、遠回りとなる場合も多いと感じる人にとっては良い参考書なんじゃないかと思います。 ただ単にほぼ使われないような単語を含め羅列してあるような無駄の多い参考書とも異なりシンプルかつイラストもあり記憶に残りやすいというのもこの参考書の強みなんじゃないかと思います。 毎日持ち歩いて読み込むだけでも、これだけで 古文の基礎知識は全てそろいます。 古文が大嫌いだった私を変えてくれた 革命児です。 「古文やるか」「じゃあまず単語覚えるか」「つまんないやーめた」 というのが古文アレルギーが古文に挑もうとした時の大体のパターンなんじゃないかなと思います。 古文単語の語呂は本当に面白い。 古文単語の覚えやすさという項目においてこの参考書の右に出るものはいません。 10単語ごとにまとめが入っていたり、最後のページにまとめがはいっていたりと自分のスタイルにあった使い方が出来ます。 語呂が強烈過ぎて受験を引退した今でも古文単語の意味をスラスラと言えるほどです。 ですが、少し悪い点もあって語呂に対応していない他の意味の言葉がぱっとでてこなかったり下ネタを平気でぶっ込んできます。 そこが自分としてはツボに入ったのですが、万人ウケするわけではないです。 イラストが付いているのが168個なのでそれだけ覚えて満足してしまいがちなのですが、それだけ覚えても満点を狙うことは難しいです。 (その168個覚えれば大方古文の文章は理解レベルに到達出来ます。 ) しっかり565個覚えきることが出来れば満点は、夢ではないです。 古文単語はそれほど重要です。 これで暗記した後長文で使っていく間に古文が得意科目に変化している事を実感してもらえると思います。 古文嫌いは放って置くと当日まで引きずってしまう可能性が高いので早い段階で、自分で気づいた瞬間からすぐに対処して欲しいです。 見て見ぬふりをして放置していると、古文を捨てて他の科目に時間を費やすという決断をしなければならないことだってあります。 そんな友達を何人も見てきました。 この参考書はゴロゴファンなら絶対に楽しめると思います。 正直、古典文法はこの1冊を10回ほどやればほぼほぼ完璧に身につきます。 なんとなくゆる~いような気がしますが、 の文法問題の出題率の割合の高い順番で文法学習をすることができる参考書です。 文法学習に大切な 繰り返し繰り返しということが可能なドリル形式になっており、お得意の語呂も多数収録されているので飽きずに楽しみながら古文を学ぶことが出来ます。 古文単語ゴロゴと古文文法ゴロゴを終えた時点で 8割は取れてたって感じです。 富井の古典文法をはじめからていねいに.

次の