宝塚歌劇団。 宝塚歌劇団 人気ブログランキングとブログ検索

宝塚歌劇団★ちょっと面白い宝塚歌劇団の雑学

宝塚歌劇団

それぞれ組には特徴があり、カラーがあります。 華やかな演技を得意としています。 バランスが取れていて総合的な力があるそうです。 イメージカラーは 赤やピンク。 女優、 真矢みきさんは花組出身ですねー。 月組 花組同様、1921年に設立。 「 ベルサイユのばら」を演じたのがこの組。 イメージカラーは 黄色。 月組からは、 大地真央さん、 天海祐希さん、 黒木瞳さん、 遼河はるひさんなど沢山の女優さんを生み出しています。 雪組 1924年に設立。 時代劇「 忠臣蔵」が代表作。 イメージカラーは 緑。 星組 ちょっと複雑な歴史を持っているのがこの組。 1933年に一度設立されますが、6年後に廃止。 再び星組として戻ってきたのは1948年。 男組のトップスターを中心とする体育会系で、エネルギッシュ。 ダイナミックな演技が得意。 イメージカラーは、 青。 檀れいさんは、星組の娘役でしたー。 宙組 1988年設立という最も若い組。 躍動感溢れるステージで、イメージカラーは 紫。 専科 どこの組にも属さないのが専科。 ベテラン役者が多く、様々な組の公演に参加します。 実は男性団員もいたことがある? 劇団員は女性だけというのが、宝塚歌劇団の常識ですが、実は一時期は男性団員も入団できたんですってー。 実際、1946年には25名の男性が入団しました。 しかし何故かファンの反対が強く、デビューに至らなかったのだとかー。 なぜだろー。 やっぱり女性特有の色気が宝塚っぽいってみんな思ったのかなー。 男性がいたらただの劇団www 今の宝塚歌劇団はなかったかもしれませんね。 清く、正しく、美しく 「 清く、正しく、美しく」がモットーの宝塚歌劇団。 校則も厳しいのは有名ですよねー。 階段の一段飛ばしはNG。 それでも、宝塚を目指したいという不動の人気が宝塚歌劇団にはあるのです。 劇団員は皆、阪神電鉄の社員扱い 劇団員はみな、阪神電鉄の社員扱いになるそうです。 電車は生徒全員無料。 しかし、乗る時は邪魔にならないように最後尾の車両に乗り、もちろん座ってなんていけません。 どんな時も、「清く、正しく、美しく」です。 まとめ(イラスト) いかがでしたか? 華やかな裏には、劇団員としての苦労がありますよねー。 子供の頃は、あんな華やかな舞台で踊ってみたいなんて思いもありましたが、いやいやー。 何を言ってんだーと、当時の自分にツッコミ入れますwww 入団前に男役か娘役を選択するのだそうです。 ちなみに身長165cmが男役になれるかの境だそうですー。 やっぱり男役は格好いいですよね。

次の

宝塚歌劇団のInstagram

宝塚歌劇団

プロフィール 宝塚歌劇団は、兵庫県宝塚市に本拠地を置く歌劇団。 阪急電鉄の一部門であり、阪急阪神東宝グループのエンターテイメント・コミュニケーション事業として運営は阪急電鉄創遊事業本部歌劇事業部が行っている。 劇団員は阪急電鉄の正社員扱いとなっている。 生徒は5つの組と、専科に分けられており、各組がそれぞれ公演を行い、必要に応じて専科に所属する生徒がこれに参加する。 組に所属する生徒のことを「組子」と呼ぶ。 各組には組長・副組長がいる。 組長は組を統括・管理し、公私にわたって組子の面倒を見ている。 最上級生が就任することが多い。 副組長は組長を助け、組を統括・管理し、組長に事故があるときはその任務を代行する。 花組(はなぐみ)、月組(つきぐみ)、雪組(ゆきぐみ)、星組(ほしぐみ)、宙組(そらぐみ)。 宝塚歌劇団の公式 宝塚歌劇団の インスタグラムをみんなに教えよう!•

次の

宝塚歌劇団★ちょっと面白い宝塚歌劇団の雑学

宝塚歌劇団

先日の「OUR FAVORITE TAKARAZUKA」で、居並ぶ2番手さんの93期率の高いことよ。 スターの宝庫と言われた89期 ポンズのCMにも各組の路線スターさん 望海風斗、明日海りお、蓮城まこと、美弥るりか、凪七瑠海 が起用されました。 華やかな生徒さんが多いイメージです。 退団後もブイブイ言わせてる人気者の七海ひろき、ラジオのレギュラーを務める壱城あずさなども注目の生徒さんでした。 が、トップスターは みりおちゃん(明日海りお)と だいもん(望海風斗)、二人だけ。 トップ娘役は夢咲ねね。 89期は 男役娘役 計3名。 従来の絵画・彫刻などといった作品概念を逸脱したところから誕生した表現領域で、他者と共有する空間・時間・場の現場性などをとりわけ重視します。 現在、この表現領域は広く認知され、現代美術の一翼を担うものとなっています。 また、パフォーマンス・アートは、美術のみならず、演劇・舞踊・文学・音楽・映像などの各芸術領域を横断し、またその境界領域として現代芸術の各領域のインターフェイス的な様相をも呈しています。 おめでとうございます。 ガラシャとして舞台に立つ 宝塚OGの七海ひろき かいちゃんの活躍も気になる所ですが 本当に気になるのは 舞台上の演者と客席の様子。 舞台上のかいちゃんは美しい。 とうことじゃなくて・・・ 公演再開でどう変わったのかということ。 キャスト全員がフェイスガードを着用しています。 白いラインが気になるけど そのうち、デザインも改良されるでしょうね。

次の