伊勢 神宮 交通 規制。 伊勢自動車道で交通規制をおこないます~伊勢神宮への参拝はシャトルバスで!~

天皇陛下の伊勢神宮ご訪問ご参拝2019年の交通規制区間の地図

伊勢 神宮 交通 規制

伊勢神宮内宮が混雑しやすい時期とは 伊勢神宮の内宮は普段から土曜日や日曜日、祝日にかなり混雑しますが、 4月から5月にかけてのゴールデンウィーク、8月のお盆の週、9月のシルバーウィーク、12月の大晦日から元旦を挟む新年の第1週は特に混雑が激しく、境内であれば正宮の石段の下に参拝待ちの長い行列ができ、 最低でも30分待ち、参拝者が多いときは2時間待ちということがあります。 これはマイカーで伊勢神宮内宮を参拝する場合も同様で、特に五十鈴川を渡って伊勢神宮境内に至る入口の 宇治橋から宇治浦田町交差点(猿田彦神社の付近)までの渋滞が恒常的に発生しています。 やはり運がよければ渋滞通過と駐車場入庫が30分待ちで済みますが、そうでなければ2時間待ちはざらにあると考えてもよいでしょう。 伊勢神宮内宮で注意したい交通規制 最近は交通渋滞がひどくなってきたことから、行政でも伊勢神宮周辺道路の車両通行禁止や一方通行規制、高速道路の伊勢自動車道のインターチェンジ出口規制などを行うようになってきています。 たとえば、2019年のゴールデンウィークは、 4月28日から5月6日の期間の朝6時から夕方18時30分まで、宇治橋から宇治浦田町交差点の区間が通行禁止規制となっています。 このため、身体障害者手帳や療育手帳を持っている人などのごく一部の例外を除いて、宇治橋にもっとも近いA1駐車場を必然的に利用できなくなるなどの影響がありますので、特に注意しておかなければなりません。 伊勢神宮内宮付近の交通規制の情報は、伊勢地域観光交通対策協議会が開設している「らくらく伊勢もうで」などのホームページから確認することができますので、事前に規制図をダウンロードしてから旅行プランを練るのがよいでしょう。 伊勢神宮内宮の駐車場や駐車料金 伊勢神宮 内宮にはいくつかの市営駐車場があります。 このうちA1駐車場からA4駐車場までが伊勢神宮境内入口に架かる宇治橋の周囲にあり、B1駐車場からB6駐車場は宇治浦田町交差点(猿田彦神社付近)の周辺にあります。 混雑状況によっては、さらにB6駐車場よりも離れた場所にある臨時駐車場が開放されることもあります。 市営A・B駐車場の料金ですが、 普通車は午前7時から午後5時までの最初の1時間は無料、1時間を超え2時間までが500円、2時間以降30分ごとに100円加算というのが基本です。 夜間は最初の1時間無料、2時間まで100円、それ以降は30分ごとに100円加算と安くなりますが、伊勢神宮が閉門してしまうため、あまりこの時間帯の駐車にメリットはありません。 なお、最初の1時間無料に関しては、伊勢神宮の境内がかなり広いことと、B駐車場から神宮入口にあたる宇治橋までは歩いて10分、往復20分はかかることを考えると、正宮のみを参拝して駐車場に帰ってくるまでにぎりぎり間に合うかどうかという時間です。 伊勢神宮の渋滞を避けるには 伊勢神宮の渋滞を避けるには、やはり渋滞しやすい時期、時間帯を避けることに尽きるといえます。 そうはいっても会社や学校の休暇の都合もあるはずですので、たとえば 伊勢神宮の開門時刻の午前5時ごろから、参拝者が多くなりはじめる前の9時ごろまでに参拝を済ませるといった工夫が考えられます。 この場合、交通規制や渋滞にかからずにA駐車場に駐車できればラッキーですが、そうでなければ宇治橋から10分ほど歩きますが、B駐車場のほうを選択して、ともかくも満車の表示が出る前に入庫してしまうのが得策です。 そのほかには パークアンドライドを活用する方法もあります。 これは伊勢二見鳥羽ラインの朝熊東インターで降り て三重県営サンアリーナにマイカーを駐車し、そこからシャトルバスで伊勢神宮の内宮に向かう方法です。 ゴールデンウィークや年末年始などの期間限定の取り組みではありますが、マイカー規制がある場所にもシャトルバス専用レーンができていますので、スムーズに駐車場から現地に向かうことができ、渋滞のストレスはかなり軽減されます。 サンアリーナの駐車整理料として1台1000円ほどかかりますが、伊勢神宮近くまでドライブしてB駐車場や1台1000円の臨時駐車場に駐車をしても、金額的にはほとんど変わりませんし、むしろ渋滞のリスクのほうが大きいため、パークアンドライドを使ったほうがよほど便利なはずでする 参考サイト 伊勢神宮周辺の交通規制、駐車場情報、渋滞予測カレンダー、市内ウェブカメラ情報などが掲載されており、マイカーでの移動に役立ちます。 伊勢神宮の公式ホームページ。 伊勢神宮の歴史となりたち、参拝の作法、交通アクセス情報などが掲載されています。 伊勢神宮の境内のトイレ、駐車場、階段などの位置を示したバリアフリーマップ、境内の写真などが掲載されています。 伊勢神宮のモデル参拝ルート、周辺の観光スポットと宿泊先、レストランやグルメ情報などが掲載されています。

次の

伊勢神宮周辺の年末年始・大型連休中の交通規制

伊勢 神宮 交通 規制

天皇陛下の伊勢神宮参拝の奉迎場所はどこ? 天皇皇后両陛下は即位後初めての地方訪問で11月21日~23日に三重県の伊勢神宮を参拝されます。 先日の国民祭典や即位パレード、 大 嘗宮 の 儀などが終了し、とてもお忙しい中の参拝でちょっとお疲れなのではと心配になりますが、せっかくの機会なので一度間近で奉迎したいですね! まず、今回どこで見れるのかを確認をしてみました。 到着駅は宇治山田駅とのことです。 奉迎場所の時間が午後からなのでその前に待機しておいたら良さそうですね。 近鉄五十鈴川駅周辺の御幸道路 宇治山田駅にご到着されたら外宮と内宮を結ぶ御幸道路を通ります。 訪問の前は、地元のボランティアの方が300人で、9日朝に御幸道路を清掃されたそうですよ。 ご訪問初日は市民の方が旗を振って歓迎し、夜には内宮周辺で提灯行列が予定されています。 伊勢神宮. 外宮前凄い人!! 平成ありがとうございました。 ベストポジションで見るには場所取りも早く行った方がいいですね! 雅子様の伊勢神宮参拝の衣装は? 皇后雅子様の親謁(しんえつ)の儀の衣装ですが、ドレスではなく十二単衣を着用されます。 ドレスにティアラ姿も素敵ですが、十二単衣姿も厳かですよね! 参道を通られる際は天皇陛下は馬車で、皇后雅子様は馬アレルギーのため、即位パレードで乗られたオープンカーに乗られます。

次の

伊勢神宮の初詣2019年交通規制情報!地元民が語る混雑や時間帯とは?

伊勢 神宮 交通 規制

これは、伊勢神宮の歴史と、私、かけらとの思い出の、大きく2つに分かれますので、それぞれについて分かりやすく解説します。 紹介その1:伊勢神宮の歴史とは? まずはじめに、伊勢神宮の正式名称ですが、 「神宮」 だけで、伊勢という地名は付きません! その証拠に、外宮でも内宮でも、お守りを買うと「神宮」の二文字しか書いてありません! また、歴史ですが、超古く685年に、天武天皇が式年遷宮を制定し、第1回式年遷宮は、690年の持統天皇の時代に行われたので、少なくとも、670年頃には存在していたはずです。 ・・・というわけで、今でも伊勢神宮とは、皇室と深い関わりを持つ、日本でただ一つだけの、日本全国の神社の、総本山だと言えます。 紹介その2:私と伊勢神宮との思い出! 私、かけらの中での、伊勢神宮の内宮の記憶は、かなり古いのですが、強烈で、あれは忘れもしない、1993年6月の出来事でした。 その年の3月末には、私とパートナーとの間に、二人目の子供ができたことが分かり、4月には一家で伊勢に引っ越すことが決まったので、6月に観光がてら、伊勢に下見旅行に行ったんです。 そして、内宮の宇治橋を渡って、左側を見て、ビックリしてしまいました! だって、そこには、 「子安神社」 と小っこく書かれた、小っこい神社があって、しかも小っこい鳥居が、いっぱい奉納されていたからなのです! ・・・というわけで、パートナーは自慢気に、伊勢神宮の知識を話していましたが、私は全然聞きたくなくて、ただ、子安神社に、安産のお願いだけをしてきたのでした! 伊勢神宮の初詣2019年の交通規制情報とは? これは、別に今年に限ったことでは無く、以下のように毎年12月31日から、1月いっぱいは、各所で交通規制があります。 詳細は、以下までご連絡下さい。 私がもし仮に、引っ越す前の神奈川県川崎市に今も住んでいて、 「どうしても伊勢神宮に初詣に行きたい!」 と、考えたとします。 その場合は、車は使わず、電車で松阪のホテルに、二泊三日の予定で予約を取ります。 なぜなら、それくらいの余裕が無いと、1月の伊勢神宮とは、土日・平日を問わずに、大混雑するからです! そこで、上記の車でのお越しは、絶対におすすめできませんが、以下の電車でのアクセスでしたら、若ければ、おすすめします。 【近鉄特急】 ・名古屋・宇治山田 1時間30分 ・京都・宇治山田 2時間10分 ・大阪上本町・宇治山田 1時間50分 ・・・というわけで、私は東京の明治神宮へ初詣に行ったこともありますが、そんなのとは比べ物にならないくらいの、大混雑なので、覚悟して来て下さいね! 伊勢神宮の初詣で混雑する日にちとは? まずはじめに、伊勢神宮への三が日の参拝者は、毎年約60万人とされています。 「60万人って、どれくらい混雑するの?」 と思われた方は、以下の動画を観て下さいね! 1月4日の午後の様子です。 伊勢神宮(内宮)初詣の混雑状況 4日でこれなので、三が日は、これ以上混雑すると、考えて下さいね! 1月4日は首相が参拝! あと、毎年1月4日には、内閣総理大臣と、農林水産大臣が伊勢神宮内宮を、参拝します。 くどいですが、毎年必ず参拝します! 当然、臨時の交通規制もされますし、満員電車の中のように、ぎゅうぎゅう詰めで、動けなくなる可能性もあります。 なので、具体的に混雑する日にちを順番にお話しますと、以下のようになります。 【大大大混雑】 ・12月31日の夜から、1月1日終日 ・1月2日・3日・4日(首相が参拝するため) 【大大混雑】 ・1月5日から、1月14日まで ・1月15日以降の土日 【大混雑】 ・1月15日以降の平日と、2月1日以降の土日 ・・・というわけで、とにかく1月いっぱいは、伊勢神宮は初詣で、混雑しますので、注意が必要です! 伊勢神宮の初詣で混雑する時間帯とは? これは、実は私のパートナーが、伊勢の会社に努めていた頃、おかげ横丁に店舗があったので、毎年12月31日の夜から、1月1日の朝まで、徹夜で立売りをしていたので、聞いた話です。 まず、 12月31日の午後22時から、1月1日の午前3時頃までが、混雑のピークです。 あと、三が日は、午前11時頃が、混雑のピークで、 「参拝するまで、3時間ぐらいはかかる」 と言われています。 加えてお話しますと、1月1日元旦の午前11時頃は、 「参拝するまで、どれくらい時間がかかるか、誰にも分からない」 と言われるほど、大混雑します! ・・・というわけで、 「どうしても三が日に伊勢神宮を参拝したい!」 と言う人は、これらの時間は、避けることを、おすすめします。 伊勢神宮の初詣でおすすめの時間帯とは? これは、ズバリ、 「午前5時からの、早朝参拝」 が一番混雑も少なく、イチオシでおすすめの時間帯です。 あとは、 「午後22時からの、夜間参拝」 も、おすすめの時間帯です。 ふつうですと、1月から4月までの期間、伊勢神宮は、午前5時に開門し、午後18時には閉門します。 けれども、年末年始は、以下のように、開門している時間を延長してくれます。 詳細は、以下までご連絡下さい。 神宮司庁 〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町1 電話:0596-24-1111(午前8時30分~午後4時30分) ・・・というわけで、特に夜間参拝をご希望の方は、事前に公式サイトを見たり、電話をして、ご確認して下さいね! 伊勢神宮の初詣で願い事は何をすればいいの? これは、せっかく遠方から伊勢神宮まで、足を運んで初詣に来たのですから、 「こんな願い事をすると、失礼に当たる」 なんてことは、ありませんので、安心して、ご自由に願い事をして下さいね! けれども、私たち伊勢の地元民は、もともと、伊勢神宮に初詣は行かない風習が、今でも残っています。 その代わり、 「晦日参り」 といって、毎月月末に、伊勢神宮を参拝します。 この、晦日参りの意味ですが、 「今月も、無事に過ごさせていただき、ありがとうございました」 という、一ヶ月間の感謝の念を神様に、お伝えするお参りのことです。 ・・・というわけで、あなたも、伊勢神宮に初詣するのであれば、願い事と一緒に、感謝することも、忘れないで下さいね! まとめ いかがでしたでしょうか? このように、伊勢神宮の紹介と、初詣2019年の交通規制情報や、パーク&バスライド、アクセスする方法、混雑する日にちや、伊勢神宮(内宮)初詣の混雑状況の動画、混雑する時間帯、おすすめの時間帯や、願い事などについては、様々とありますが、感謝の念が一番大切なのです。 あなたが、伊勢神宮に初詣するのであれば、少しでもこの記事が、お役にたてたら、幸いです。 最後まで長文を読んで頂き、ありがとうございました!.

次の