トリム バレー。 競技について

製品についてのQ&A|製品情報|株式会社日本トリム

トリム バレー

はじめまして。 とにかくバレーボールが大好きな、じゅんべママです。 バレー観戦もすきだけど、自分でバレーをするのも大好きです 現在「BA」と言うチームで、日々バレーが上手になるよう練習に励んでいます。 私がしているバレーは、「トリムバレー」と言って、普通のバレーとは少し違います。 1チーム4人編成です。 ボールは普通のバレーボールより一回り大きく、柔らかいです。 ルールに関しては、ちょっとづつ違います。 まず、1セット15点先取です。 デュースなし。 コートはバトミントンのコートを使います。 ネットの高さは男女共210cm。 アタックラインはありますが、関係ありません。 どこから打ってもOK!バックの人が前に出てきて打つなどあたりまえ ワンタッチを含めて3回で相手に返します・・・がネットに引っかかった時はもう1本増えて 回で返せばいいんです。 サーブはネットをかすったらボールデッドです。 ドリブルやホールディングはあまり厳しくありません でも、4人で打って、守って、拾う・・・とにかくハードなスポーツです。 毎週2回練習がありますが、練習のたびに青あざを作って帰り、旦那に「そこまで必死にならなくてもいいのでは?」なんて言われます。 この前、バレーボールのワールドカップがありましたよね。 みなさん見ましたか?私は毎回、日本を応援していました。 特に千葉選手を応援していました。 あまりで番はなかったけれど、千葉選手はバレーセンスがいいです。 どのプレーを見ても、安心して見ていられるんです ワールドカップでは、全日本はあまりいい成績ではなかったけれど、12月から、Vリーグが始まりました。 千葉選手は「堺ブレーザーズ」所属です。 すでに2試合あり、2勝となかなか調子よくスタートしています。 来年2月に私の住んでいる近くでVリーグが開催されます。 「堺ブレーザーズVS豊田合成」すでにチケット購入しました。 生で千葉選手のプレーが見られるので、今から楽しみです。

次の

バレーボールのアタックを打つ時のタイミングが合わなくて困っています!

トリム バレー

競技者• 1チームのプレーヤーは8人とし、男性4人、女性4人で構成する。 ただし女性は6人までとする。 前衛3人、中衛2人、後衛3人のポジションに位置して、サービス権を得るごとに、右回りでローテーションする。 プレーヤーのチェンジはプレーがストップしているときであれば、どのプレーヤーもチェンジできる。 ただし、1度退場したプレーヤーは、そのセットが終了するまで再びプレーに戻れない。 競技の細則• サービスかレシーブ又はコートのいずれを選択するときは「ジャンケン」によって決めます。 1セットの勝敗は、15点を先取した方を勝ちとし、3セットマッチを原則として行い、2セットの先取をもって勝ちとします。 1セット中、双方が14点オールになった場合は2点差をつけて勝ちとします。 得点はラリーポイント方式とする。 サーブは、エンドライン後方からアンダーハンドサーブで打つものとし、サーブは1本とする。 レシーブパスは、ボールを相手コートに返す前、味方チーム内で最大限3回ブレーすることができます。 ブロックをしてボールに触れたときは、その後から2回プレーできます。 ボールは、腰から上のどの部分でプレーしても良いが、故意に手以外でプレーしたり、完全にヒットしなければ反則になります。 スパイク(アタック)は、アタックラインより前で打つと反則になります。 (アタックラインを踏んで打った場合も反則になります。 1セット終了するたびコートをチェンジし、3セット目はどちらかの得点が8点になったとき、コートをチェンジします。 プレー上の主な反則は、アタックフォルト、ネットタッチ、オーバーネット、ドリブル、ホールディング、オーバータイムスとするが、細部については、バレーボールのルールに準じて行う。

次の

トリムバレーボール?

トリム バレー

競技者• 1チームのプレーヤーは8人とし、男性4人、女性4人で構成する。 ただし女性は6人までとする。 前衛3人、中衛2人、後衛3人のポジションに位置して、サービス権を得るごとに、右回りでローテーションする。 プレーヤーのチェンジはプレーがストップしているときであれば、どのプレーヤーもチェンジできる。 ただし、1度退場したプレーヤーは、そのセットが終了するまで再びプレーに戻れない。 競技の細則• サービスかレシーブ又はコートのいずれを選択するときは「ジャンケン」によって決めます。 1セットの勝敗は、15点を先取した方を勝ちとし、3セットマッチを原則として行い、2セットの先取をもって勝ちとします。 1セット中、双方が14点オールになった場合は2点差をつけて勝ちとします。 得点はラリーポイント方式とする。 サーブは、エンドライン後方からアンダーハンドサーブで打つものとし、サーブは1本とする。 レシーブパスは、ボールを相手コートに返す前、味方チーム内で最大限3回ブレーすることができます。 ブロックをしてボールに触れたときは、その後から2回プレーできます。 ボールは、腰から上のどの部分でプレーしても良いが、故意に手以外でプレーしたり、完全にヒットしなければ反則になります。 スパイク(アタック)は、アタックラインより前で打つと反則になります。 (アタックラインを踏んで打った場合も反則になります。 1セット終了するたびコートをチェンジし、3セット目はどちらかの得点が8点になったとき、コートをチェンジします。 プレー上の主な反則は、アタックフォルト、ネットタッチ、オーバーネット、ドリブル、ホールディング、オーバータイムスとするが、細部については、バレーボールのルールに準じて行う。

次の