コバエ を 退治 したい。 コバエ退治にはこれだ!場所別に簡単で効果的なおすすめ方法をご紹介!

家庭菜園のコバエを駆除したい!プランターから湧いてしまったときはどうする?

コバエ を 退治 したい

「コバエ」はハエの子どもではありません。 ハエの子は「ウジ」なので、「コバエ」は小さいハエなのです。 コバエが大きくなったら普通の大きさのハエになるわけではないので、成虫で2ミリ程度の大きさです。 日本では6種類ほどのハエのことをコバエと呼んでいますが、主に見られる種類はショウジョウバエ、ノミバエ、クロバネキノコバエ、クチキバエ、チョウバエなどです。 果物をむいた後の皮や種は、そのまま捨てずにビニールに入れて捨てましょう。 また、お酒の缶やビンは、一度洗ってから捨てるようにしましょう。 缶に残ったビールやアルコール類が腐ると、とたんにショウジョウバエが増えてしまいます。 ローストビーフや野菜スープが大好きで、汚水槽や、植木鉢にたまって腐った水、排泄物、生ゴミなどから発生します。 腐った水によって作られる細菌、雑菌が大好きで、お風呂や台所の水アカや、雨樋、下水からわいてきます。 殺虫剤に抵抗性を持つものもあり、あまり殺虫剤が効かないこともあるので厄介です。 ジャガイモやキュウリといった植物の根が大好きです。 窓際でよく死んでいるコバエです。 住宅地の近くの公園、植木鉢、腐葉土、畑などから発生して、家の照明をつけると集まってきます。 ハエ取り棒や、ハエ取りリボンといった物理的なトラップによる捕獲が有効です。 コバエは卵から成虫になるまでが約10日と、非常に速いスピードで大人になります。 卵から幼虫(ウジ)になり、コロコロした蛹(サナギ)になった後、羽が生えた成虫のハエになります。 繁殖のスピードが速いので、生ゴミを放置しているとコバエが卵を産んであっという間に増えてしまうのです。 発生時期は6、7月と9、10月が発生時期となっています。 8月はコバエにとってあまりに暑すぎるため、かえって育つことができません。 しかし、周辺の環境によって一年中コバエが発生してしまう家庭もあります。 手軽にできるコバエ駆除方法の1つに、お酢のニオイに反応したコバエを容器の中でキャッチし、窒息死させて退治する方法があります。 お酢トラップの作り方 ペットボトルを半分に切ったものや、不要な容器を用意して、容器の半分まで水を入れます。 お酢は、水の量に対して10分の1の量を入れましょう。 お酢を使ったコバエ駆除に使う容器は、口が広いものを使用した方がコバエが入りやすいでしょう。 また、長期間放置するものであるため、小さい容器や倒れにくい形状の容器を使用することも大切です。 交換の目安 容器にコバエが入っていなければ交換する必要はないですが、コバエが容器に入っているのであれば1日で交換することがおすすめです。 容器にコバエが入った状態で長期間放置すると、容器の中に卵を産むリスクがあるのでこまめに交換しましょう。 お酢トラップの置き方と注意点 お酢を入れたトラップは、コバエの発生源である台所や生ゴミを入れるゴミ箱、観葉植物の近くに仕掛ける、観葉植物といった場所に仕掛けることがおすすめです。 ペットや小さな子供が飲んでしまうといったトラブルがないように、十分に注意しましょう。 コバエによく効くのが【めんつゆトラップ】です。 ハエは食べ物のにおいに誘われてやってきます。 めんつゆの臭いに誘われてやってきたコバエを、洗剤の中に入っている界面活性剤で窒息させて退治するという方法です。 めんつゆトラップの作り方 作り方は簡単で、めんつゆに水と中性洗剤を入れます。 割合は適当で構いませんが、めんつゆ1に対して水1、中性洗剤数滴で良いでしょう。 入れ物ですが、細長いものよりも、なるべく平らで広い面積があるものが効果的です。 臭いが強ければ何でも良いので、ワインでもビールでもお酢でもかまいません。 これを、コバエが多く発生している所に置くのです。 10日置いたら新しいものと交換 めんつゆトラップを置いてすぐに退治できるのは、現在大人になって飛んでいる成虫のみです。 そのため今、卵、幼虫、サナギの状態で、生ゴミや排水口などに隠れているコバエをやっつけるには一週間から10日は待たなくてはいけません。 コバエが減ったり増えたりすると思いますが、辛抱強く置き続けましょう。 めんつゆトラップの置き場所 ゴミ箱や生ゴミの近くに置くのが一般的です。 ペットや子どもが間違って飲んでしまわないように、注意してください。 あまり人がいない場所のほうがコバエが取れやすいようです。 コバエも人間を警戒するからです。 キッチンに、缶や瓶を放置している家庭は多いでしょう。 しかし、中身が入っていない場合でも底の部分には液体が残るので、しっかりと水ですすいでおくことが大切です。 三角コーナーに生ゴミを捨てた場合、長期間不潔な状態にしてあるとコバエが卵を産み、大量発生につながります。 三角コーナーは不快なニオイも発生するので、コバエの発生予防だけではなくキッチンを快適に使うためにもこまめに洗うことがポイントです。 洗うのに手間がかかると感じる場合は、三角コーナーに使い捨てタイプの袋を設置して生ゴミを捨てると良いでしょう。 袋ごと処分できるので非常に楽であり、袋を閉じておけばゴミ箱の中にコバエが発生するのも予防できます。 また、排水口にゴミが溜まった状態で放置するとコバエが発生するだけではなく卵を産み付けられている可能性があります。 排水口を掃除するのには手間がかかりますが、コバエの発生を予防するために1週間に1度は掃除をする方法がおすすめです。 ゴミが蓄積してから一気に掃除をすると、ヌメリや臭いで不快な思いをするので、掃除をせず放置してしまうことにつながります。 そのため、汚れが目につく前に掃除をすることが重要です。 ほかにも、キッチンの調味料にコバエが発生する可能性が高いので、調味料はしっかりと蓋を閉める、もしくは冷蔵庫で保管しましょう。 調味料を詰め替えて利用しているケースも多いですが、蓋が壊れている場合には新しいものに買い換えて使うことが大切です。 調味料に卵を産む可能性もあり、健康面や衛生面でも悪影響を及ぼす場合があります。 網戸を設置するだけで、コバエが家の中に侵入するのを予防できると考えている人も多いのではないでしょうか。 しかし、正しい方法で網戸を利用しなければコバエが侵入するので注意が必要です。 最初に、使用している網戸の網目のサイズをチェックしましょう。 コバエの大きさは種類によって異なるものの、およそ1~2ミリ程度が一般的です。 網目の大きさが1ミリ以下のものを使用しなければ、コバエが侵入します。 極端に網目が小さいものは、コバエは侵入しないものの風も入らないので設置する意味がありません。 そのため、使用用途に適したサイズの網戸を選ぶことが重要です。 ホームセンターなどで販売されている網戸用の網で一般的なものは、16、18メッシュです。 この値が大きいほど細かい網になります。 風は少し入りづらくなりますが、虫が入らないように20、24、26、30メッシュといった細かい網に交換すると、虫対策になります。 さらに、網戸の配置を誤ることで窓を開けた際にコバエが室内に侵入する原因になるので注意しましょう。 使用している窓をしっかりとチェックして、網戸を正しい位置に配置します。 コバエの種類によっては飛び回らない種類もいるので、ベランダの方向に向けて扇風機を回しておくだけでも侵入を予防できます。 コバエ退治は何よりも家にコバエを入れないこと、そして清潔を心がけることが第一です。 時間が無くて、排水口やお風呂まわりといった水回りの掃除ができない場合には、プロに徹底的に掃除してもらうのも1つの方法です。 プロに頼むと2万円から4万5,000円程度で、キッチンやトイレ、お風呂場といった水回りのお掃除をしてもらえます。 母の日のプレゼントや、お母さんの誕生日プレゼントに、プロによる水回りのお掃除サービスを頼んでみるのも良いかもしれません。 また、コバエは発生の原因がつきとめにくいので、害虫駆除の専門家に相談してみるのも参考になります。 プロに害虫駆除をしてほしい場合は、「公益社団法人 日本ペストコントロール協会」にたずねると良いでしょう。

次の

コンポストの虫対策!うじ・コバエなどとはもうバイバイ

コバエ を 退治 したい

まずは、虫(敵)を知ることから始めましょう。 コンポストに集まる虫、代表は2つ。 コバエ• うじ虫 苦手な方は気持ち悪いかもしれませんが、どんな虫か、なぜコンポストにわいてしまうのかをよく知ることが大切です。 説明していきますね。 ちなみに、 虫の写真はありませんので、ご安心ください。 コバエ どこからともなくやってくるコバエ。 コバエは2~4mmほどの小さなハエで、ショウジョウバエなど数種類をまとめてコバエと呼びます。 腐った果物や野菜などの匂いにひきつけられ、進入を許してしまったら最後、卵を産んでしまうのです。 台所の三角コーナーなどにためておいた生ゴミは、すでに産卵されている、なんてこともあるんですよ。 卵は成長が早く、産卵から10日ほどで成虫になるといわれているため、どんどん増えていきます。 生ゴミが入ったコンポストは、 匂いや熱などコバエの大好きなものがいっぱいなため 、大量発生してしまう可能性があるのです。 うじ虫 うじ虫とは、ハエの幼虫のことをいいます。 ハエは1回の産卵で50~150個もの卵を産み、半日ほどで孵化してうじ虫となります。 ひぇー。 ハエが1匹でも入っていたら、うじ虫だらけになってしまってもおかしくないというコトです。。 虫がうじゃうじゃしてて、分解頑張ってくれてました。 ダンゴムシうじゃうじゃ。 — クエ子の友達。 FriendOfQuenee 虫だけじゃなく、蓋の締め方が甘いと、こんな生き物まで入ってしまうことに・・・。 コンポストの中にトンビおった エサ取りに入って出られなくなっていたらしい それにしても見てくれこの絶望的な顔 — KazNary NakajimaKazNary びっくりしますよね・・・。 生ゴミの入れ方に気をつける 生ゴミを入れるときに大切なことは3つあります。 一度に大量に入れない• 細かくきざむ• 水分を切る 一つ一つ見ていきましょう。 一度に大量の生ゴミを入れない 一度に大量の生ゴミを入れてしまうと、分解に時間がかかり、虫の発生原因となってしまいます。 またキッチンの三角コーナーなどに生ゴミをためている間にも、虫の卵を植えつけられてしまう可能性があるので、 生ゴミが出たらこまめにコンポストに入れることが大切です。 生ゴミは細かくきざんで入れる 生ゴミが大きいとそれだけ分解するのに時間がかかり、腐っていきます。 腐った匂いは、ハエなどの害虫が集まってしまうため腐らないようにすることが大切です。 できるだけ細かくして早く分解されるようにしてから、コンポストへ投入しましょう。 水分を切ってから入れる 水分はうじ虫の大好物。 できるだけ水分が少ない状態にするのが理想的ですよ。 生ゴミを入れたら土を被せる 生ゴミを入れたら、土で完全に覆ってしまうと効果的です。 表面部分に生ゴミが出ないように、土で被せてしまいましょう。 石灰を混ぜる 生ゴミは酸性なので、石灰を少し入れて弱アルカリ性にすると、微生物が元気になり活発に分解してくれます。 しかし、入れすぎてしまうと微生物も死んでしまうので、加減が難しいところではありますね。 さん migratory. mimi がシェアした投稿 — 2017年 9月月14日午後7時21分PDT 堆肥化を進める 堆肥化を促進させるということは、分解・発酵をはやく進めるということです。 なお、微生物は元気に活動してくれるようになるので、早く堆肥もできていいことづくめとなりますね。 堆肥化を進めるには、 発酵促進剤・糠・ピートモスなどを混ぜるといいでしょう。 こんな方法も!口コミを紹介 気持ちはわかります・・が、殺虫剤をかけてしまうのは、堆肥作りとしてよくありません。 いくつかいい方法を説明しますね。 殺虫剤 殺虫剤をかけてしまうと、嫌な害虫はいなくなります。 ただし・・・ 堆肥中に殺虫剤の成分が残ってしまうという結果に・・・。 そのため、後々堆肥として畑に撒くことを考えると、できるだけ薬剤に頼らない自然な方法がオススメです。 堆肥化を促進 上でも説明しましたが、堆肥化を促進させて、分解・発酵を進めることによって発生する熱で、害虫を駆除することができます。 うまく堆肥化を進めるようにすると、害虫もいなくなり、早く堆肥ができあがるので嬉しいですね! 木酢液を散布 木酢液とは、 炭を作るときに出てくる煙から抽出した液体です。 木酢液に含まれる成分(酢酸・アルコール)には殺菌・消臭効果があり、木酢酸の香りを苦手とする虫も多いため、ガーデニングでは害虫避けに用いられます。 また、土壌にまくと微生物の活動が活発になるともいわれていて、土壌改良にも用いられることもあるので、コンポストの害虫駆除にピッタリです! 木酢液は原液の場合、 500倍に薄めて霧吹きで散布します。 そのまま使える便利な木酢酸も販売していますよ!• コンポストに集まりやすい虫は、コバエ・ウジが多い 虫対策として気をつけること• ハエを侵入させない• 生ゴミの入れ方(少しずつ・細かくきざむ・水分を切る)に注意• 生ゴミを入れたら土を被せる• 石灰を混ぜる• 堆肥化を進める• ラベンダーを混ぜる• お茶の葉、コーヒーのかすを混ぜる 駆除方法• 殺虫剤は堆肥に残留するのでよくない• 堆肥化を進める• 木酢酸を散布• 自然放置 虫がわかないようにするには、生ゴミの入れ方に気をつけ、堆肥化を進めていくことが大切ですね。 万が一、虫がわいてしまったら、木酢酸を撒く方法が効果的なようです。 対策と駆除方法がわかっていれば、虫を恐れることはありません! 私もいよいよ挑戦してみようかと思います。

次の

コバエを退治したい!いなくなる対策で効果がないもの最強なもの

コバエ を 退治 したい

お風呂場に大量発生するコバエはチョウバエ お風呂場で発生するコバエは、「 チョウバエ」と言います。 コバエの中では少し大きめで、ハート形をしていますが、このチョウバエ、外見に似合わず結構厄介です。 チョウバエは繁殖力が凄い! 一匹当たりの産卵数は 200個以上なので、1匹でも侵入を許せばもうアウトです。 卵は0. 3mm程ですごく小さいため、見つけるのは非常に困難です。 しかし、発生源さえ知っていれば、見つけられずとも チョウバエを一網打尽にすることが出来ます。 チョウバエは 卵から成虫になるまで20日間も猶予があるので、簡単に根絶やしに出来ます。 つまり、ここを綺麗に保っておくだけで、コバエ対策になるんです。 また、ロック式なので浮くこともありません。 2.チョウバエの撃退方法 排水口・排水管にすでに卵を産み付けられている場合は、それを駆除する必要があります。 具体的な方法は以下の3つです。 氷を置く(氷水を流し込む)• カビキラー噴射• 漂白スプレー(泡タイプ)噴射 熱湯と氷水は、いずれも コバエが生息できない環境を作り出し、間接的にコバエを駆除します。 対して、カビキラー・漂白スプレーは、コバエを 直接駆除するものです。 3.トイレの排水口もチョウバエの発生源 ちなみにチョウバエは 風呂場だけじゃなくてトイレの排水口にも発生します。 トイレの排水口はお風呂場と構造が違うので、対策も変わってきます。 バスタブのオーバーフロー穴• バスタブと湯沸かし器の隙間 オーバーフロー穴は洗いにくいため、意外と忘れがちです。 しかし、長時間放置しておくと、 ヘドロが溜まるので注意しましょう。 また、マンションに多い ユニットタイプの浴槽は、側面カバーを外すと、 浴槽の下に隙間があります。 ここはコバエだけでなく、 ゴキブリの発生源でもあるので、清潔に保ちましょう。 2.コバエ撃退方法 隙間やオーバーフロー穴は、 高圧洗浄機を使うと簡単に掃除することが出来ます。 排水口• 排水管• オーバーフロー穴• 浴槽下の隙間 の汚れ。 ヘアーキャッチャー• カビキラー• 漂白スプレー(泡タイプ)• 高圧洗浄機 コバエを根絶するには、発生源を駆除するだけでは足りません。 合わせて 侵入経路も塞ぐ必要があるんです。 詳しくはをチェックしてみてください。

次の