納骨堂 仙台。 仙台市:葛岡墓園の新しいペットの納骨堂が完成

仙台市 お寺 納骨堂 永代供養 蓮臺寺

納骨堂 仙台

市区町村を選択してください。 仙台市太白区 0• 仙台市泉区 0• 宮城県の市区町村一覧• 石巻市 0• 柴田郡川崎町 0• 牡鹿郡女川町 0• 遠田郡美里町 0• 遠田郡涌谷町 0• 加美郡加美町 0• 加美郡色麻町 0• 黒川郡大衡村 0• 黒川郡大郷町 0• 黒川郡大和町 0• 宮城郡利府町 0• 宮城郡七ヶ浜町 0• 宮城郡松島町 0• 亘理郡山元町 0• 亘理郡亘理町 0• 伊具郡丸森町 0• 柴田郡柴田町 0• 塩竈市 0• 登米市 0• 気仙沼市 0• 白石市 0• 名取市 0• 角田市 0• 多賀城市 0• 岩沼市 0• 栗原市 0• 柴田郡村田町 0• 東松島市 0• 大崎市 0• 富谷市 0• 刈田郡蔵王町 0• 刈田郡七ヶ宿町 0• 柴田郡大河原町 0• 本吉郡南三陸町 0 納骨堂とは、室内にあるお墓(ご遺骨の入った骨壷を安置するための建物)のことです。 ただ納骨堂といっても、施設によってその形態や、費用などが異なります。 どうやって納骨堂は探せばいいのでしょうか? 終活ねっとでは、以下の流れ・チェックポイントに従って納骨堂を探すことをオススメしています。 墓地・霊園を選ぶときの流れ• 供養形態(お墓・永代供養・納骨堂・樹木葬)を決める• 予算を決める• 墓地・霊園の情報を集める(資料請求をする)• 墓地・霊園を比較検討・見学する 墓地・霊園を選ぶ際のチェックポイント 費用・アクセス・宗旨宗派・墓地の種類・環境や雰囲気・管理状態・設備は必ず確認しましょう。 終活ねっとではこれらのチェックポイントで墓地・霊園を比較できますのでぜひご活用ください。 公営霊園へ申し込む流れ• 募集の公示 各自治体のホームページ・窓口で、申込資格など公募の情報を確認しましょう。 申し込む 申込書の配布場所・日程を確認の上申し込み期間中に書類を所定の場所に提出しましょう。 抽選 募集数をこえて倍率が1以上になった場合は抽選となります。 抽選では使用者以外に補欠者と補欠順位が発表されます。 資格審査 住民票などの必要書類を指定期間内に提出し審査を受けます。 審査に落ちないように申込前に申込資格を必ず確認しましょう。 支払い 審査を通過すると指定期間内に永代使用料・管理料などの費用を納付しましょう。 使用許可証交付 入金確認後、使用許可証が交付されます。 無くさないよう大切に保管しましょう。 使用開始 許可証が交付されると墓石を建てることができます。 search 詳細条件を変更する 検索条件の変更• 供養形態• 墓石を建てる• 永代供養• 納骨堂• 樹木葬• 霊園の種類• 公営霊園• 民営霊園• 寺院墓地• 都立霊園• 宗教・宗派• 宗教不問• 在来仏教• 浄土真宗• 浄土宗• 真言宗• 曹洞宗• 天台宗• 法華宗• 日蓮宗• 臨済宗• 黄檗宗• 融通念仏宗• 華厳宗• 法相宗• キリスト教• 自然宗• その他• 駅近・アクセス良好• 管理料が安い• ペットと入れる• 生前予約可能• 海が見える• 室内にある• 高級霊園• 新規霊園• 著名人が眠る• デザイン墓石• 駐車場がある• 合祀墓がある• 水汲み場がある• バリアフリー• 休憩所がある• 送迎バスあり• 芝生区画あり• 売店がある• 会食ができる• 法要ができる•

次の

仙台市(宮城県)「納骨堂」一覧

納骨堂 仙台

概要 [ ] 仙台市の霊園にはによって設置された(現在は分譲終了)があったが、期に仙台市のが著増したため、40年代に当時の仙台市との市町境付近に当園がされた。 当園は、左岸のの南斜面を中心に広がり、川沿いのにあった のほぼ真北に位置する。 開園当初は、市内八幡町から広瀬川沿いのを通り、の葛岡線 および葛岡墓園入口線 を上って当園南側に至るか、あるいは、八幡町から狭隘で急峻な を上り、脇の を通って、葛岡火葬場前線 で当園北側に至るかしかとの接続方法がなく、あまり利便性の高い霊園ではなかった。 しかし、周辺道路や最寄り駅が整備されたことにより飛躍的に利便性が向上し、市の分譲分は終了した(一部で寺社等が所有する墓所の販売はある)。 現在販売されている市営墓地は、(平成13年)に開園したの(総面積266)のみであるが、当園への接続道路である国道48号や沿いには、(・・・店・など)が点在している。 (平成21年)度における当園での・改葬等は599件、動物は1,448件だった。 国道48号と葛岡線との交差点付近にある「郷六」( )が約75m、の入口が約125m、当園南側入口周辺が約140m、 ( )周辺が約190m、最頂部がのある場所辺りで約205mというように、当園へのアクセスには標高差を克服しなくてはならなため、車でのアクセスが一般的である。 そのため、やの期間は園内がしばしばする。 施設 [ ]• 仙台市葛岡墓園管理事務所( )• 仙台市葛岡斎場(。 仙台市公園緑地協会が。 斎場長は市からの)• 市民墓地(区画:A〜Z、29〜38、51〜58)• 寺院墓地(35ヶ寺)• ( )• 仙台市納骨堂( )• 納骨堂( )• の「天」(作。 葛岡墓園正面プロムナードに(平成11年)設置。 無料 沿革 [ ] この節のが望まれています。 (昭和43年)に「仙台都市計画葛岡火葬場」が決定された ため、(昭和47年)に仙台市火葬場(北山火葬場)および新寺小路火葬場を廃止し、当園内に仙台市葛岡斎場を設置して供用開始した。 当園の開園に伴い、園内に別院および別院、隣接地に葛岡別院および が移転あるいは別院を設けた。 また、(昭和50年)に宮城墓石センター(宮城支部) がと葛岡線との付近に開業するなど、周辺の民有地には産業も集積した。 (昭和63年)にと合併した(現:仙台市)には泉市火葬場 があったが、(旧)仙台市葛岡斎場の北側に(新)仙台市葛岡斎場が新築されて火葬炉数が20基 となったのを機に(平成14年)3月に廃止され、市内の火葬場が当斎場に統合された。 なお、(旧)仙台市葛岡斎場は解体され、跡地は(新)仙台市葛岡斎場のおよびとして使用されている。 (平成23年)に発生した()では、園内の道路や広場が一部破損し、葛岡斎場のが停止した。 早くには復旧したものの、大きな被害を受けたのに火葬炉の燃料を依存していたため、火葬が出来ない状況に陥った。 そのため、で運んだガスや非常用のバーナーを用いて火葬を再開した。 軽油バーナーでは通常の遺体の火葬に約40の軽油が必要だが、では約1割多く必要であり、による犠牲者が多かった同震災では1遺体あたりの使用燃料がより多くなった。 さらに、震災で交通網が寸断されて燃料不足に陥り、犠牲者も多数に及んだため、葛岡斎場が受け入れられる限界を超えてしまった。 そのため市長はを改正して園内への仮埋葬()を認め、園内中央の高台周辺に仮埋葬地をした( 、 )。 ガスが復旧した以降は、通常の3倍の1日60体の火葬体制に引き上げ、市外の犠牲者の受け入れも行った。 なお、当園管理事務所前にで遺体仮安置所および遺骨安置所( 、 )が設置され、身元不明または引き取り手の無い遺体・遺骨が一時的に安置された。 遺体仮安置所および遺骨安置所は、12月上旬に解体された。 関連年表 [ ]• (昭和41年)、仙台市公園緑地協会が任意団体として発足。 (昭和42年) 同協会がとなる。 (昭和47年)、仙台市葛岡斎場が宮城県郷六に開場。 (昭和50年)、・供用開始。 (昭和57年)、にし、かつ、となっているを納める「東北大学」が竣工し、落成式を行う。 (昭和58年)、・供用開始。 (昭和59年)、にが開業。 (昭和62年)、宮城町が仙台市にされ、当園および斎場が仙台市内となる。 (昭和63年)11月、供用開始。 (平成3年)、仙山線にが開業。 (平成12年)3月、(新)仙台市葛岡斎場が着工。 (平成14年)• 2月、(新)仙台市葛岡斎場が竣工。 4月、(新)仙台市葛岡斎場が供用開始。 (平成23年)• 、()発生。 園路や広場が一部破損 (復旧費は6月補正予算で7884万円 )。 16:08、葛岡斎場に送電再開。 、市内で収容された身元不明が200体を超える見通しなのに対し、燃料不足によってが間に合わないことから、仙台市長が災害対策本部会議において、身元不明遺体に限り土葬する方針を決めた。 、が、を経由してを一部供給再開。 ただし、葛岡斎場には未開通。 、市長の判断で霊園内に仮埋葬()が出来るよう、仙台市霊園条例を一部改正し、公布・施行。 、葛岡斎場に都市ガス供給が再開。 火葬体制を通常の3倍に当たる1日60体に引き上げ、他市町からの依頼も受け入れ。 、・など様々なによって構成される団体「宮城県宗教法人連絡協議会」(仙台市)が、葛岡斎場に「心の相談室」を開設。 、市内で発見された遺体のうち、身元不明または引き取り手のいない15体が葛岡斎場で初めて火葬された。 周辺 [ ]• (仙台市のの1つ)• 葛岡粗大ごみ処理施設• 葛岡資源化センター• 葛岡リサイクルプラザ• 葛岡温水プール• 葛岡下公園、葛岡下西公園、葛岡下南公園• 放山(はなれやま)保存緑地(99. 91)• 仁田谷地の森(約2. 5ha) 所在地・アクセス [ ]• 所在地• 郷六字葛岡42( )• アクセス• ・または• 両者は数十の未舗装区間( )で接続されているものの、平時は車止めによって通り抜け禁止となっている(人・・などは通行可)。 ただし、お盆と彼岸の期間は臨時に車両が通行可能になる。 同線が開通すれば都心部からも郊外からも当園への接続は向上するが、現状では未着手となっている。 仙台市営の斎場・霊園一覧 [ ]• 葛岡斎場:郷六字葛岡10• ペット斎場:仙台市松森阿比古7-1(仙台市の清掃工場の1つ「」隣接地)• 北山霊園:仙台市青葉区北山2-10-1• 葛岡墓園:仙台市青葉区郷六字葛岡42• いずみ墓園:仙台市泉区朴沢字九ノ森1-1 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 現在の仙台市道青葉5213号・葛岡線(最小幅員3. 00m、最大幅員26. 00m、延長905. 7m)• 現在の仙台市道青葉5212号・葛岡墓園入口線(最小幅員13. 60m、最大幅員31. 20m、延長449. 0m)• 仙台市道青葉673号・茶屋町山屋敷線(最小幅員4. 00m、最大幅員6. 43m、延長205. 4m)• 仙台市道青葉616号・芋沢街道線(最小幅員1. 00m、最大幅員14. 88m、延長2029. 0m)• 現在の仙台市道青葉617号・葛岡火葬場前線(最小幅員7. 00m、最大幅員18. 94m、延長473. 9m)• などの歴代先師の位牌を承継している。 1950年代に供用開始されたと見られる(火葬炉数3基)。 合併後に仙台市泉斎場に改称。 所在地は現・仙台市泉区小角字大満寺6。 のを使用。 仙台市道青葉5989号・葛岡工場入口線(最小幅員9. 60m、最大幅員16. 07m、延長666. 9m) 出典 [ ]• (仙台市)• () … 葛岡城は、現在の仙台市青葉区郷六字舘にあった、国分能登守盛の家臣の馬場筑前入道清説の居城。。 (残団法人仙台市公園緑地協会)• (仙台市)• (仙台市)• (仙台市)• (仙台市)• (宮城県)• (全優石宮城支部) … と業務提携もしている。 (図書館)• 東北地方太平洋沖地震について(第14報)(仙台市災害対策本部 2011年3月14日9時30分現在)• (毎日新聞 2011年3月20日)• ( 2011年3月21日)• (仙台市ガス局)• ( 2011年3月24日22:00)• (仙台市)• (毎日新聞 2011年4月14日)• (毎日新聞 2011年4月10日)• (仙台市)• (公式ウェブサイト)• (仙台市)• (仙台市)• (仙台市) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (仙台市)• (仙台市)• (仙台市)• (仙台市)• (仙台市).

次の

宮城県の永代供養墓・納骨堂・樹木葬一覧【いいお墓

納骨堂 仙台

概要 [ ] 仙台市の霊園にはによって設置された(現在は分譲終了)があったが、期に仙台市のが著増したため、40年代に当時の仙台市との市町境付近に当園がされた。 当園は、左岸のの南斜面を中心に広がり、川沿いのにあった のほぼ真北に位置する。 開園当初は、市内八幡町から広瀬川沿いのを通り、の葛岡線 および葛岡墓園入口線 を上って当園南側に至るか、あるいは、八幡町から狭隘で急峻な を上り、脇の を通って、葛岡火葬場前線 で当園北側に至るかしかとの接続方法がなく、あまり利便性の高い霊園ではなかった。 しかし、周辺道路や最寄り駅が整備されたことにより飛躍的に利便性が向上し、市の分譲分は終了した(一部で寺社等が所有する墓所の販売はある)。 現在販売されている市営墓地は、(平成13年)に開園したの(総面積266)のみであるが、当園への接続道路である国道48号や沿いには、(・・・店・など)が点在している。 (平成21年)度における当園での・改葬等は599件、動物は1,448件だった。 国道48号と葛岡線との交差点付近にある「郷六」( )が約75m、の入口が約125m、当園南側入口周辺が約140m、 ( )周辺が約190m、最頂部がのある場所辺りで約205mというように、当園へのアクセスには標高差を克服しなくてはならなため、車でのアクセスが一般的である。 そのため、やの期間は園内がしばしばする。 施設 [ ]• 仙台市葛岡墓園管理事務所( )• 仙台市葛岡斎場(。 仙台市公園緑地協会が。 斎場長は市からの)• 市民墓地(区画:A〜Z、29〜38、51〜58)• 寺院墓地(35ヶ寺)• ( )• 仙台市納骨堂( )• 納骨堂( )• の「天」(作。 葛岡墓園正面プロムナードに(平成11年)設置。 無料 沿革 [ ] この節のが望まれています。 (昭和43年)に「仙台都市計画葛岡火葬場」が決定された ため、(昭和47年)に仙台市火葬場(北山火葬場)および新寺小路火葬場を廃止し、当園内に仙台市葛岡斎場を設置して供用開始した。 当園の開園に伴い、園内に別院および別院、隣接地に葛岡別院および が移転あるいは別院を設けた。 また、(昭和50年)に宮城墓石センター(宮城支部) がと葛岡線との付近に開業するなど、周辺の民有地には産業も集積した。 (昭和63年)にと合併した(現:仙台市)には泉市火葬場 があったが、(旧)仙台市葛岡斎場の北側に(新)仙台市葛岡斎場が新築されて火葬炉数が20基 となったのを機に(平成14年)3月に廃止され、市内の火葬場が当斎場に統合された。 なお、(旧)仙台市葛岡斎場は解体され、跡地は(新)仙台市葛岡斎場のおよびとして使用されている。 (平成23年)に発生した()では、園内の道路や広場が一部破損し、葛岡斎場のが停止した。 早くには復旧したものの、大きな被害を受けたのに火葬炉の燃料を依存していたため、火葬が出来ない状況に陥った。 そのため、で運んだガスや非常用のバーナーを用いて火葬を再開した。 軽油バーナーでは通常の遺体の火葬に約40の軽油が必要だが、では約1割多く必要であり、による犠牲者が多かった同震災では1遺体あたりの使用燃料がより多くなった。 さらに、震災で交通網が寸断されて燃料不足に陥り、犠牲者も多数に及んだため、葛岡斎場が受け入れられる限界を超えてしまった。 そのため市長はを改正して園内への仮埋葬()を認め、園内中央の高台周辺に仮埋葬地をした( 、 )。 ガスが復旧した以降は、通常の3倍の1日60体の火葬体制に引き上げ、市外の犠牲者の受け入れも行った。 なお、当園管理事務所前にで遺体仮安置所および遺骨安置所( 、 )が設置され、身元不明または引き取り手の無い遺体・遺骨が一時的に安置された。 遺体仮安置所および遺骨安置所は、12月上旬に解体された。 関連年表 [ ]• (昭和41年)、仙台市公園緑地協会が任意団体として発足。 (昭和42年) 同協会がとなる。 (昭和47年)、仙台市葛岡斎場が宮城県郷六に開場。 (昭和50年)、・供用開始。 (昭和57年)、にし、かつ、となっているを納める「東北大学」が竣工し、落成式を行う。 (昭和58年)、・供用開始。 (昭和59年)、にが開業。 (昭和62年)、宮城町が仙台市にされ、当園および斎場が仙台市内となる。 (昭和63年)11月、供用開始。 (平成3年)、仙山線にが開業。 (平成12年)3月、(新)仙台市葛岡斎場が着工。 (平成14年)• 2月、(新)仙台市葛岡斎場が竣工。 4月、(新)仙台市葛岡斎場が供用開始。 (平成23年)• 、()発生。 園路や広場が一部破損 (復旧費は6月補正予算で7884万円 )。 16:08、葛岡斎場に送電再開。 、市内で収容された身元不明が200体を超える見通しなのに対し、燃料不足によってが間に合わないことから、仙台市長が災害対策本部会議において、身元不明遺体に限り土葬する方針を決めた。 、が、を経由してを一部供給再開。 ただし、葛岡斎場には未開通。 、市長の判断で霊園内に仮埋葬()が出来るよう、仙台市霊園条例を一部改正し、公布・施行。 、葛岡斎場に都市ガス供給が再開。 火葬体制を通常の3倍に当たる1日60体に引き上げ、他市町からの依頼も受け入れ。 、・など様々なによって構成される団体「宮城県宗教法人連絡協議会」(仙台市)が、葛岡斎場に「心の相談室」を開設。 、市内で発見された遺体のうち、身元不明または引き取り手のいない15体が葛岡斎場で初めて火葬された。 周辺 [ ]• (仙台市のの1つ)• 葛岡粗大ごみ処理施設• 葛岡資源化センター• 葛岡リサイクルプラザ• 葛岡温水プール• 葛岡下公園、葛岡下西公園、葛岡下南公園• 放山(はなれやま)保存緑地(99. 91)• 仁田谷地の森(約2. 5ha) 所在地・アクセス [ ]• 所在地• 郷六字葛岡42( )• アクセス• ・または• 両者は数十の未舗装区間( )で接続されているものの、平時は車止めによって通り抜け禁止となっている(人・・などは通行可)。 ただし、お盆と彼岸の期間は臨時に車両が通行可能になる。 同線が開通すれば都心部からも郊外からも当園への接続は向上するが、現状では未着手となっている。 仙台市営の斎場・霊園一覧 [ ]• 葛岡斎場:郷六字葛岡10• ペット斎場:仙台市松森阿比古7-1(仙台市の清掃工場の1つ「」隣接地)• 北山霊園:仙台市青葉区北山2-10-1• 葛岡墓園:仙台市青葉区郷六字葛岡42• いずみ墓園:仙台市泉区朴沢字九ノ森1-1 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 現在の仙台市道青葉5213号・葛岡線(最小幅員3. 00m、最大幅員26. 00m、延長905. 7m)• 現在の仙台市道青葉5212号・葛岡墓園入口線(最小幅員13. 60m、最大幅員31. 20m、延長449. 0m)• 仙台市道青葉673号・茶屋町山屋敷線(最小幅員4. 00m、最大幅員6. 43m、延長205. 4m)• 仙台市道青葉616号・芋沢街道線(最小幅員1. 00m、最大幅員14. 88m、延長2029. 0m)• 現在の仙台市道青葉617号・葛岡火葬場前線(最小幅員7. 00m、最大幅員18. 94m、延長473. 9m)• などの歴代先師の位牌を承継している。 1950年代に供用開始されたと見られる(火葬炉数3基)。 合併後に仙台市泉斎場に改称。 所在地は現・仙台市泉区小角字大満寺6。 のを使用。 仙台市道青葉5989号・葛岡工場入口線(最小幅員9. 60m、最大幅員16. 07m、延長666. 9m) 出典 [ ]• (仙台市)• () … 葛岡城は、現在の仙台市青葉区郷六字舘にあった、国分能登守盛の家臣の馬場筑前入道清説の居城。。 (残団法人仙台市公園緑地協会)• (仙台市)• (仙台市)• (仙台市)• (仙台市)• (宮城県)• (全優石宮城支部) … と業務提携もしている。 (図書館)• 東北地方太平洋沖地震について(第14報)(仙台市災害対策本部 2011年3月14日9時30分現在)• (毎日新聞 2011年3月20日)• ( 2011年3月21日)• (仙台市ガス局)• ( 2011年3月24日22:00)• (仙台市)• (毎日新聞 2011年4月14日)• (毎日新聞 2011年4月10日)• (仙台市)• (公式ウェブサイト)• (仙台市)• (仙台市)• (仙台市) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (仙台市)• (仙台市)• (仙台市)• (仙台市)• (仙台市).

次の