ビル エヴァンス 映画 渋谷。 予告公開!悲劇に満ちた“ジャズピアノの詩人”ビル・エヴァンスの51年の人生と魂の音楽を辿るドキュメンタリー『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』

渋谷の映画館 上映スケジュール・上映時間

ビル エヴァンス 映画 渋谷

映画館を条件で絞り込む 条件に一致する映画館 11館• 車イス席あり( 7)• アルコールあり( 2)• 駐車場あり( 1)• 駐車場100台以上( 0)• 23時以降の上映( 7)• 3D上映対応( 4)• 4D上映対応( 0)• IMAX( 0)• Doly Atmos対応( 0) (5)• グッド・ボーイズ• 水曜日が消えた• デッド・ドント・ダイ• ハリエット• ワンダーウォール 劇場版 (2)• エジソンズ・ゲーム• 許された子どもたち (3)• グッド・ボーイズ• SKIN/スキン• 三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実 (10)• エジソンズ・ゲーム• 風の谷のナウシカ• ゲド戦記• 水曜日が消えた• ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語• 千と千尋の神隠し• ソニック・ザ・ムービー• ドクター・ドリトル• もののけ姫• ランボー ラスト・ブラッド (5)• 犬鳴村• 映画『犬鳴村』恐怖回避ばーじょん 劇場版• 死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-• マジンガーZ対暗黒大将軍• マジンガーZ対デビルマン (3)• 在りし日の歌• 今宵、212号室で• ペイン・アンド・グローリー (11)• キラーソファ• ゲット・イン• サモン・ザ・ダークネス• ネバー・ダイ• ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷• モルグ 死霊病棟• 赦しのちから• ルース・エドガー• ワイルド・ローズ• ワールドエンド (16)• 新佐渡情話• 忠次旅日記• 世紀は笑ふ• 浪曲師になってしまった!-浅草木馬亭の浪曲師たち• 召集令• 春秋一刀流• 続雷電• 赤穂義士 1954• 岸壁の母• 国定忠治 1946• 東京の恋人• ドヴラートフ レニングラードの作家たち• はちどり• 母の瞳 1953• ポネット• 雷電 1959 (8)• シャンパーニュ• スキン・ゲーム• 下宿人• サボタージュ 1936• 暗殺者の家• 巌窟の野獣• 見知らぬ乗客• レベッカ (9)• エル・トポ• 劇場版 ごん GON, THE LITTLE FOX• ジュディ 虹の彼方に• スウィング・キッズ• スキャンダル• 燕 Yan• 21世紀の資本• ハニーランド 永遠の谷• ホドロフスキーのサイコマジック (4)• あなたの顔• 凱里ブルース• 精神0• タイムリミット 見知らぬ影.

次の

ビル・エヴァンス タイム・リメンバード : 作品情報

ビル エヴァンス 映画 渋谷

解説 アメリカのジャズ・ピアニスト、ビル・エバンスの生涯を追ったドキュメンタリー。 数々の名演、名盤を残し、薬物依存により51歳の若さで生涯を閉じたビル・エバンス。 1958年にマイルス・デイビスのバンドに加入し「カインド・オブ・ブルー」を制作した当時の様子や、ドラマーのポール・モチアンとベーシストのスコット・ラファロをメンバーに迎えた歴史的名盤「ワルツ・フォー・デビイ」の制作経緯、そして肉親たちから見たエバンスの素顔や、エバンス自身の音楽への思いなど、これまで未公開だった数々の証言、エバンスの演奏シーンなど貴重なアーカイブで構成。 また、ジャック・ディジョネット、ジョン・ヘンドリックス、トニー・ベネットら同時代に活躍したジャズマンや、本編の制作中に亡くなったポール・モチアン、ジム・ホール、ボブ・ブルックマイヤー、ビリー・テイラーらも登場。 エバンスが駆け抜けた51年をさまざまな角度から読み解いていく。 彼は小さい頃、ラフマニノフやストラビンスキーなどを聞いて育っている、小さい頃の親の影響はいつまでも心に残るし、ましてや、親と子供は同じような趣味を持っていることがある。 エバンスの曲からはクラッシクの気品が漂っている。 曲は好きだなあ。 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督の『雪の轍』『読まれなかった小説』『昔々アナトリアで』の三本を続けて見た後だったので、エヴァンスの音は心にしみこんだ。 彼の生涯にはあまり、感心しなかったが、早速彼の曲をもっと聞いてみようと思った。 作曲家のジョージ・ラッセルの録音に参加してから、1956年に最初のアルバム『New Jazz Conceptions』をだした。 1958年にはマイルス・デイヴィスのトリオやオールスターなどに参加している。 私にとってはこの時期(米国社会は「人種分離法」の時代ー有色人種と白人は同じホテルにも泊まれない(映画グリーンブックを参考に)。 そして1964年7月2日に公民権が制定され、ひとまず法の上での人種差別はなしされる )のビルエバンスの心の中や米国での演奏活動に興味がある。 しかし、この映画ではあまり触れていない。 マイルスデイビスもジョンコルトレーンもキャノンボール(?)も黒人で、トリオの一人ビルエバンスが白人。 米国ツアーに出かけるいるとき(どこをツアーしているかしれない)ビデオでは、黒人の音楽のなかで、なぜ白人の彼がいるという言葉にも『マイルスがエヴァンスを演奏させてたい。 』といったらしい。 マイルスが認めているということは全ての人も理解しろということだ。 マイルスも彼のことを『白人のピアノ演奏家』といっていたらしいが、マイルスにとってもエバンスのエレガントな音色が必要だったと思う。 黒人は差別されていると考えるようだが、こういう状態では、白人も差別されているので、ビルエバンスは黒人だったら生きやすいのにと思ったのに違いないが?? ビデオではビルエバンスの曲「Blue in Green」をマイルスの曲だとしてしていると。 当時は著作権の問題もうるさくなかったろうし、もう古すぎて問題視されないだろう。 兄のハリー は統合失調症で自殺 の娘デビーのために作った曲がエヴァンスでもっとも有名だと聞いた。 ビル・エヴァンス 知ってます? もし、お好きなら、ぜひご覧ください。 この映画でしか見られない貴重なインタヴューだけでも、その価値があります。 名前を聞いたことがある、ジャズに興味がある、という方。 試しにどうぞ。 もしかしたら、一生聴き続けることになる音楽体験になるかもしれない。 そうならなくても、激怒はしないはず。 少なくとも、寝られる。 高校時代、FM放送で聴いたチャールス・ミンガスから私のジャズ体験は始まった。 ビル・エヴァンスにのめり込んだことはないけれど、有名どころは一通り聞たし、スコット・ラファロ入りのトリオは、折に触れ繰り返し聴いてきた。 この映画は私にとって、ビル・エヴァンスの再発見だった。 エピソードを知ったから聴き方が変わるのは邪道かも知れない。 でも、正直に言って、私はそうしたし、映画も数回見た。 ビル・エヴァンスの音楽と、この映画に会えてよかったと思っている。 ジャズに全く興味がない人がこの映画を見たらどうなるだろう。 寝るかな?途中で出ちゃうかな? もしかしたら、私が直立猿人から受けたような電撃を、経験する人もいるのかな。 ビル・エヴァンスの人生には常に死の香りが漂う。 トリオを組んでいたベーシストの事故死、恋人、兄の自死。 そして自らもプレッシャーに耐えきれず手を染めた薬物に徐々に体を蝕まれて行く。 このドキュメンタリー映画は彼の暗部も容赦なく描き出す。 長年の恋人がビルの行いのため自死した2ヶ月後に若い恋人と結婚するくだり等、破綻しているように見える彼の性格は理解し難い。 が、彼の奏でる美しく静謐で、深みのある音楽を聴くと全てが吹き飛んでしまう。 モダンジャズに身も心も捧げた男の、哀切だが見事な生き様に見惚れてしまう。 (ピアノに祈りを捧げるような演奏スタイルの美しさ、崇高さ。 ) <ビル・エヴァンスをご存知ない方は、映画を観る前に彼と関わった数々のミュージシャンとの関係性を把握しておくと、より分かり易く物語に入り込むことが出来るのではないかな。 鑑賞後、彼の代表曲もしくは名盤の数々、まずは「ワルツ・フォー・デビィ」からかな(個人的な意見です)などを聴くと余韻が増すのではと思います。 きっと、どこかで聴いた曲があるのではないかと思います。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

ビル・エヴァンス タイム・リメンバード

ビル エヴァンス 映画 渋谷

ビル・エヴァンス(p、1929-1980)の生涯を描いた映画「ビル・エヴァンス タイム・リメンバード」のロングランが続いています。 小規模シアターでの公開とはいえ「ジャズ映画」にこれだけ反響があるのは異例でしょう。 改めて「ジャズ・ピアノの詩人」の人気ぶりを見せつけています。 私は5月の前半に観ましたが、内容に驚きました。 これまで多くの雑誌や書籍で知っていたこともありましたが、関係者がカメラの前で語る証言は生々しく、強烈なインパクトがありました。 エヴァンスがヘロイン漬けで精神・身体共に蝕まれていたこと、特定の女性に依存しつつなぜか浮気をしてしまうこと、兄の自殺に大きな衝撃を受けていたこと・・・・。 よく見る冷静な「学者風」ルックスに似合わず、かなり大変な生涯だったことが分かります。 その一方、音楽に対してはとことん真摯だったことも描かれています。 トニー・ベネット(vo)、ジム・ホール(g)、ゲイリー・ピーコック(b)、ボブ・ブルックマイヤー(tb)、ウォーレン・バーンハート(p)、マーク・ジョンソン(b)といった錚々たるミュージシャンがそのテクニック・作曲・即興での革新性を高く評価しています。 エヴァンス自身もこう語っています。 「自分の音楽を一から創り出したい。 一音を弾くごとに自分が見えてくるんだ」 常に自分を追い詰め、高みを目指していたことが窺える言葉です。 映画の中で私が「顎が外れそうなほど」驚愕したのが「リバーサイド4部作」の一つで名作の誉れ高い「エクスプロレイションズ」が発表されなかったかもしれないという話でした。 レコーディングの際、当時のトリオのメンバーであるスコット・ラファロ(b)とエヴァンスは喧嘩中で、関係は最悪だったそうです。 こんなエヴァンス自身の証言がありました。 「エクスプロレイションズを発表する気はなかった。 その晩(収録日の夜)のメンバーの雰囲気は最悪だった」 私はこの作品を中学時代から聴いていて、エヴァンスの中で最も愛聴しているうちの一枚となっています。 これほどの傑作が陽の目を見ないかもしれない事態だったとは・・・!人間関係のもつれ、本当に悩ましいものです。 結果的には「エヴァンス黄金のトリオ」の貴重なドキュメントとなった本作。 その後、長くエヴァンスが取り上げることになる「ナルディス」などが緊張感のあるプレイで残されています。 当時の「ピリッとした」関係が反映されたのかもしれませんが、それがいい方向に働いたと感謝したくなるほどの出来です。 1961年2月2日、NYでの録音。 中学時代に聴いたとき、頭をガツンと叩かれたような思いがしました。 いまの表現なら「こんなクールな演奏があるのか!」ということなのですが、知的なピアノの響き、躍動感をたたえたベース、柔軟に全体をまとめるドラムスと全てが完璧に感じられました。 いま聴いても新鮮さは変わらずです。 静かに迫るメロディのバックで緊張感を高めているのはポール・モチアンのドラムス。 シンバルをブラシでこすって独特の「シュッ!」という音を出して辛みを加えています。 続いてエヴァンスのピアノ・ソロへ。 モチアンのブラッシュ・ワークを受けてエヴァンスは音を散りばめるようなリリカルなプレイを展開しますが、やがてバックでシンバルが鳴り響くと共にやや強いタッチになります。 それでもクールさは失わず、トリオが一体感を保ちながらスイングしていく様子は圧巻の一言に尽きます。 スコット・ラファロのベース・ソロは彼の他のプレイと比べると方向性が明確ではありませんが、これをエヴァンスが美しいフレーズできっちりと受け止めた後、モチアンの切れ味鋭いドラム・ソロにつなぐのがさすがです。 トリオの調和が理想的に結実した名演奏です。 この日のセッションで最初に演奏された曲だそうです。 ひょっとしたらこの演奏の成功がこの日のトリオを「落ち着かせた」かもしれないと想像させるほど穏やかなナンバーです。 くぐもった音色でエヴァンスが神秘的なイントロをつけ、トリオの演奏に入ります。 スローで、陶酔してしまうかのようなメロディなのですが、合間にリズムのブレイクがあることでハッと立ち止まる瞬間があり、緊張感を保ちながら聴き続けることができます。 ピアノ・ソロに入ってからもエヴァンスのコードを中心としたプレイとリズムがブレイクする構成は続き、聴き手は薄い靄のようなイメージの中を進んでは時に立ち止まることになります。 絶妙な構成の中でラファロのベース・ソロも見事にはまっています。 はかなく耽美的なイメージのある演奏で同じくマイルス~エヴァンスによるとされる「ブルー・イン・グリーン」と共にジャズの世界に全く異質な世界を持ちこんだ曲と言っていいのではないでしょうか。 おなじみのメロディがややスローで提示されると、ベース・ソロに入ります。 ラファロのプレイは奔放さがありながらやや抑制的で、曲調を意識していたことが窺えます。 続くエヴァンスのソロは静かな入り方でトリオ全体としての美の構築を最優先したように思えます。 モチアンのブラッシュ・ワークに乗りながら翳りのある、それでいて余計な感傷を排した素晴らしいプレイです。 エヴァンスの残した美しい演奏の数々からは映画に描かれているような苛烈とも言える人生は想像しにくいものがあります。 この相反する要素をどうとらえたらいいのかと考えていたら、1991年3月(!)に発行されたジャズ批評別冊「ビル・エヴァンス」に示唆に富んだ文章が掲載されていました(それにしても、この雑誌を我ながらよく手元に置いていたものです・・)。 リバーサイドでエヴァンスのプロデューサーを務めたオリン・キープニュースの言葉を引用します。 私が思い起こしたいのは、一人の、温かで、知的で、感受性に富んだ、余りにも生真面目に自己を突き詰めた人間のことなのです。 徹頭徹尾、自分のあくまでも私的な音の視界にのめりこんだ人間、なのに生涯、薬と縁の切れなかった人間のことです。 (引用者 中略) これら二つの、相反する、破壊的な衝動が、彼という人間の中で、いかにまた何故、一つに混ざり合ったのか、本当に解明できる人はーエバンス自身はもちろんのことー誰もいないと私は思います。 (引用者 中略) ともかく、聴くことです。 本当のビル・エバンスを知る手がかりは、それしかありません。 (「ビル・エバンスについて思うこと」 オリン・キープニュース 小山さち子訳 より) ここにある通りだと思います。 複雑なものを複雑なまま受け入れることで、私たちのエヴァンスへの理解はさらに深いものになるかもしれません。 まずは聴いてみましょう。

次の