機種変更 5gまで待つ。 5Gを使うにはスマホの買い替えが必要!スマホはいつ買い替えるべき?

初心者が陥る「買い替えてはいけない月」の機種変更・新規契約

機種変更 5gまで待つ

5G対応のiPhoneの発売を待つべきか 5Gがスタートするのは2020年と言われています。 2019年に発売するiPhoneが5Gに対応している可能性は低い 5Gに対応したiPhoneは、2020年〜2021年に発売されると予想している人が多く、今年発売するiPhoneでは5Gに対応していない可能性が高いです。 もし2019年発売のiPhoneが5Gに対応していた場合は買うべきか? 2020年に5Gがスタートすると言っても、すぐに自分たちも使えるか?というと難しいでしょう。 当たり前のように5Gを我々が使えるようになるには、2021年くらいからかな?と予想しています。 なので、来年にはもうみんな5G使ってます!というのはないと思います。 5Gのプランにも注目 「5Gでは、映画が数秒でダウンロードできます」と言われても、大容量のモノをダウンロードしたら通信制限になりましたでは意味がありません。 5G専用のプランを携帯会社は用意するはずですが、そのプランがどのようになるのかも注目ですよね。 今のようなデータ容量の制限がなく、無制限だけど料金も高いプランが当たり前になるのかな〜と思ったり。 5G対応iPhoneを今から待つ必要はない わざわざ今から5G対応のiPhoneを待っている必要はないかなと思います。 2021年頃にiPhoneを買い換えるくらいのつもりで良いのでは。 つまり、ちょうど今年買っておけば2年使って5Gが当たり前になった時に、5G対応のiPhoneを購入するべきか選択肢に入れるような状況になっていると良いですね。

次の

スマホの機種変更は月末と月初、どのタイミングなら損しないか、まとめてみました。【ドコモauソフトバンク】

機種変更 5gまで待つ

2019年発売のiPhoneは5Gに対応していない可能性 2020年から5Gがスタートしますが、そもそも5Gに対応しているスマホでなければ利用する事ができません。 そして2019年に発売予定のiPhoneには5Gが対応していない可能性が高いです。 また、5Gがスタートしても使用できるのは一部地域で徐々に使用できる範囲が広がっていくという感じになると思います。 政府は、 「全国の信号機に5Gの基地局を設置してインフラを整備して普及を急ぐ」との事ですが、早くても5Gが普及するのは2021年頃かなと予想。 5G対応のiPhoneを今から待つ必要はない こちらでも書きましたが、今から5G対応のiPhoneを待つ必要はありません。 ただし、2019年発売の新型iPhoneを購入すべきか?と聞かれると微妙です。 特に長期利用を考えている人であれば、2019年発売の新型iPhoneを購入する必要はないかなと思います。 Apple的にも2019年に発売するiPhoneは、あくまで繋ぎであって力を入れるのは2020年以降の5Gに対応したiPhoneでしょう。 狙い目としては型落ちとなるiPhone 2019年に新型iPhoneが登場すれば、iPhone XSとXRは型落ちとなります。 iPhone 8は更に安くなるでしょう。 今使っているiPhoneに限界を感じていたり機種変更を考えているのであれば、5G対応iPhoneを購入するまでの約1〜3年間を型落ちしたiPhoneで繋ぐというのもアリですね。 ただし問題点として消費増税がある 2019年10月から消費税が10%になります。 つまり、新型iPhoneの発売を待っていると消費税が上がってしまう可能性があります。 増税前に分割で購入した分に関しては増税後も、増税前の料金で計算してくれるのでそこは安心です。 そして、何より消費増税よりも1番の大きな変化がこの秋に実施される可能性があります。 それは「端末の割引額が最大2万円以内」になるというもの。 今秋には端末の割引が実質なくなる ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアでスマホの端末を購入する場合、実質負担額といった言い方をして安く購入する事ができます。 しかし、2019年秋からはこの端末の割引額を最大で2万円以内という条件をつけようと総務省が動いているようです。 (狙いとしては通信料の値下げ)• これについてもまだ正式に発表された訳ではありません。 「割引額は最大で2万円以内」というのもあれば 「機種の返却の有無で割引額に影響する」といったものから 「型落ちしたスマホの場合は割引額に上限なし」という感じで情報が錯綜しており、何がどうなるのかは現時点で不明。 それをこの秋からと、時間もないのでどうなることやら。 端末を安く分割で購入しておきたいのであれば今が駆け込みチャンスか 通信料が劇的に安くなり、端末代の割引が例えなくなったとしても長い目で見れば安い!となれば良いですが、それは誰にも分かりません。 割引された端末で購入しておきたいという人は、今購入しておいた方が良いかもしれません。

次の

iPhone 11は買わずに2020年のiPhone 12まで待つべき4つの理由

機種変更 5gまで待つ

(SoftBankはそもそも取扱がありませんが。 docomoでは「スマホ返却プログラム」を利用すれば10万ちょっと買えるようになっていますので、auでも近い価格帯になると思います。 上の表の割引はdocomoでは「5G WELCOME割(5500円値引)」適用後の価格で、値引き後のスマホ代金を月々払いに分割するのでdocomoで契約すると月々の支払いが少し安くなります。 auの方ではGalaxy S20+ 5Gの価格が全く発表されていないので詳細は不明ですが、を見る限り多分ポイント還元割引がつくはず。 新規契約:1万1000円割引• 乗り換え(MNP):2万2000円割引 とりあえずGalaxy S20 5Gの月々支払いで考えると、docomo・au共にそこまで大差はないと思いますので、使いやすいキャリアで契約したほうが良いのかなと思います。 なおsoftbankは現在取扱なしです。 docomo• softbank• 楽天モバイル Galaxy S20 5Gの割引キャンペーンなど Galaxy S20+(プラス)はまだ発売されていませんが、ドコモ・auから割引キャンペーンが出ています。 「」の強みは、• 新規・MNP:ポイント還元だけど20000円分ポイントもらえる とどの契約でも優遇される内容になっています。 その他、春シーズンなのでドコモオンラインショップで配布されるなどがGETできれば機種代から直接値引きできるかもしれません。 docomo• softbank• 楽天モバイル スマホのオンラインショップでは、機種変更できるだけではなく新規契約・契約プランの変更・学割の適用などもだいたいのことは全てネットで完結できます! 例えば激混みで有名なドコモショップに事前予約して並ぶなんて面倒なことは一切不要。 例えばで注文したスマホは自宅に届けてもらえるので、 究極一切家から出ずに家で自分のタイミングで機種変更完了できるわけ。 超便利です。 もちろん、スマホに関わるいろんな手続きをしたい場合は、対面ショップ店頭で手続きするほうが楽なことも多々あります(笑) ただ、単に 「機種変更したいだけ」なら、今の御時世、わざわざ 人混みに出向いて長時間待つのはあまり得策ではないのかなと。 ・・・というのも• docomo• softbank• 楽天モバイル ちなみに機種によってですが、 店頭で購入するほうが高くなることがあります。 例えばiPhone 11proなんかは・・・ 店舗やキャンペーンのタイミング、購入する機種によって変わりますが、オンライショップと対面の店舗で1~2万の金額差が出ることがあります。 なぜ対面のショップで買ったほうが高くなりやすいかというと、購入するときに 頭金を取られるケースが多いから。 この頭金がオンライショップでは基本「0円」なので、その分安く購入できるケースが多いんですね。 今現在、docomo・au・softbankいずれの オンラインショップも「頭金」はありません。 対面のショップ店頭ではスマホ機種代・月額利用料以外に、 「 頭金」+「 事務手数料」の2つが加算されて請求されますから、高額のスマホ機種などは結構大きな金額差になることもあります。 単純に新しい機種を購入して、今のスマホからデータを移行させるだけなら、最近はネットで事足りる世の中になっているということ(笑).

次の