小笠原 智之。 路上で刺され男性2人死亡 殺人容疑で男逮捕、名古屋

2050 老人大国の現実

小笠原 智之

タンポポのような独特の姿をした海藻が小笠原諸島の海で見つかった。 国立科学博物館と神戸大の研究チームが調べたところ褐藻類の一種で新種とみられる。 3月23日から高知市で始まる日本藻類学会で発表する。 昨年7月に小笠原諸島・弟島沖の深さ56~63メートルの海底から採取された。 船から下ろした調査用の小型底引き網に入っていたもので、高さは3~5センチ前後。 オレンジ色がかった褐色で、上部にはふさふさとした「頂毛(ちょうもう)」がある。 この毛が逆立ったような形状のため表面積が大きく、太陽光が少ない深場でも効率的に光合成をして生育できるらしい。 横から見ると、タンポポの花と茎のように見えるため、「ウミタンポポ」と名付けた。 分類学上は、コンブやワカメを含む褐藻類のうち、ケヤリモ目というグループに属するとみられる。 遺伝子解析では、これまでに知られている海藻と一致しなかった。 研究チームの北山太樹・国立科学博物館研究主幹(海藻学)は「水深が50メートルを超す海底はダイバーの目が届きにくい。 こうした場所でさらに調査を進めれば、まだまだ未知の海藻が見つかりそうだ」と話している。 (山本智之).

次の

小笠原道大 通算成績

小笠原 智之

事件の詳細 警察と消防によると、24日午後10時半ごろ、名古屋市北区西味鋺 の路上で「道路で誰かが刃物で刺している、人が血だらけで倒れている」 などと110番通報があった。 救急隊が駆けつけると、北区の会社員・赤松英司さん(41)と大阪市の 会社員・小笠原智之さん(44)が血を流した状態で倒れていて、病院に 搬送後、死亡した。 警察は25日早朝、殺人容疑で名古屋市北区の無職の38歳の男を逮捕した。 男は、容疑について黙秘しているという。 スポンサーリンク 容疑者のプロフィール顔画像 項目 情報 氏名 不明 年齢 38歳 性別 男 住所 名古屋市北区 職業 無職 現在容疑者の顔画像は公開されていません。 スポンサーリンク 容疑者の自宅周辺 容疑者の自宅周辺を検索してみました。 赤松英司さんのプロフィール顔画像 項目 情報 氏名 赤松英司さん(あかまつ ひでじ) 年齢 41歳 住所 愛知県名古屋市北区 職業 ビルメンテナンス会社社員 死因 出血性ショック 尚赤松英司さんの顔画像は公開されていません。 スポンサーリンク 小笠原智之さんのプロフィール顔画像 項目 情報 氏名 小笠原智之さん(おがさわら ともゆき) 年齢 44歳 住所 愛知県大府市 職業 ビルメンテナンス会社社員 死因 出血性ショック 尚小笠原智之さんの顔画像は公開されていません。 スポンサーリンク 事件現場 事件現場は名古屋市北区西味鋺の路上と報道されています。 地図で検索してみました。 スポンサーリンク 事件の要因 事件の要因は何でしょうか。 通り魔的な犯行でもなく二人を狙い撃ちしています。 という事は怨恨の線でしょうか。 スポンサーリンク 赤松さん小笠原さんと男の関係は? 赤松さん小笠原さんは会社の同僚です。 では犯人との関係は何でしょうか。 全く面識がない様に思います。 たまたまそこに出会わせて殺人に至った様に思います。 赤松さん小笠原さんには本当に不幸ですが、それだけ の様な気がします。 容疑者にかけられている罪名及び量刑 容疑者にかけられている罪名は 殺人 です。 量刑は死刑又は無期懲役及び5年以上懲役です。 通例で 3人殺せば死刑、 2人殺せば無期懲役、 というのがあります。 今回のケースは中身がわかりませんが、 人数からいくと無期懲役になります。 スポンサーリンク まとめ 今回通り魔的な犯罪が発生しました。 被害あわれお亡くなりになった赤松さん 小笠原さんには大変お気の毒です。 ご冥福をお祈り申し上げます。

次の

赤松英司さん小笠原智之さん顔画像は!勤務先や自宅住所は?名古屋市北区西味鋺の殺人事件で死亡!

小笠原 智之

北署によると、佐藤容疑者は24日午後10時半ごろ、名古屋市北区西味鋺1丁目の路上で、小笠原さんの胸などをナイフで数回突き刺して殺害した疑いがある。 県警は今後、赤松さん殺害の経緯についても事情を聴く。 捜査関係者や近隣住民によると、事件当時、赤松さんと小笠原さんは車に同乗して帰宅途中だったとみられる。 自宅付近で赤松さんが降車後、佐藤容疑者を大声で呼び出し、3人で口論となり、激しくもみあうなどしていたという。 佐藤容疑者と赤松さんの間には、以前から何らかのトラブルがあったとみられ、県警は経緯を調べている。 現場近くのマンションに住む女性は「外で音がしたので確認したら、男性2人が大声を出しながらもみあい、別の男性1人が地面に倒れていた」と話した。 現場は、名古屋高速楠ジャンクションから南東へ約800メートルで、住宅や工場が立ち並ぶ地域。 事件から一夜明けた25日朝、現場近くの小学校では児童の集団登校に教職員が付き添ったという。 「昨日まで普通に仕事を…」被害者の同僚 名古屋市北区の路上で24日夜、会社員2人が刺殺された事件で、亡くなった赤松英司さん(41)=名古屋市北区=と小笠原智之さん(44)=愛知県大府市=は、名古屋市内に事務所があるビルメンテナンス会社に勤め、ビルの修繕や点検を担っていたという。 同じ会社の男性(46)は取材に「言葉がない。 昨日まで2人とも普通に仕事をしていたのに……。 事件に巻き込まれるような人たちではない」と語った。 赤松さんは真面目で明るく、配属先ではムードメーカーだったという。 別の上司は「2人とも先輩からも部下からも慕われていた」と話した。 仕事熱心で、顧客から指名で仕事を受注することもあったという。 上司は「まだ信じられません」と話し、目頭を押さえた。 愛知県警は25日未明、殺人容疑で近くの無職佐藤俊彦容疑者(38)を逮捕したが、付近住民たちには衝撃が広がっている。 現場から北に150メートルほどに市立西味鋺(あじま)小学校がある。 学校によると、25日朝は集団登校の集合場所まで教職員が出向いて、学校まで児童らを引率した。 現場周辺ではパトカーが「昨夜の事件の被疑者を逮捕しました」と呼びかけながらパトロールしていた。 近所の男性(61)は「事件がない地域なので驚いた。 今日は孫が遊びに来るが、外では遊ばせられない」と話した。

次の