ジェット スター バウチャー と は。 ジェットスターのバウチャーを使って安く航空券を購入する裏技!!

ジェットスターを利用する時のバウチャーについて知っておきたい!

ジェット スター バウチャー と は

この記事の目次• フライトバウチャーとは ジェットスターのフライトバウチャーは、航空運賃や、手荷物、座席指定などの料金に利用することができます。 オンラインで航空券を購入する際は、バウチャー番号を入力することで簡単に利用することができます。 ジェットスターは、クレジットカードやコンビニ払いなどで支払う場合、手数料が発生しますが、フライトバウチャーですと手数料は発生しません。 ジェットスターの予約方法 まず、のページを開きます。 ジェットスタートップページ(クリックで移動します) フライトを選ぶ 予約したいフライトを選びます。 フライト選択画面 オプションを選ぶ 次に、オプションを選びます。 『ちゃっかりPlus』『しっかりMax』などを選択しなければ、荷物が預けられません。 ご注意ください。 特に、旅行の帰りの便などは、お土産などで荷物が増える可能性がありますので、選択していた方がいいかもしれません。 荷物を預けず、身軽に旅行される方は、オプションは必要ないと思います。 オプション選択画面 手荷物について 手荷物の重量の選択する画面です。 超過すると、空港で追加料金が発生しますので、旅行の際は余裕を持って荷造りしてください。 座席を指定する 座席を指定する画面に移ります。 オプションによって指定できる座席が異なります。 『Starter運賃』(オプションを選択なし)の場合、全てのシートが有料。 『ちゃっかりPlus』を選択した場合、スタンダードシートが無料、 『しっかりMax』を選択した場合、すべてのシートが無料です。 一人旅で、コストを極力抑えたい方は、座席指定をしなくていいと思います。 私も、一人旅の時は座席指定しません。 座席の選択画面 機内食・駐車場などのオプション 次の画面では、機内食、駐車場のサービスを追加することができます。 これらのサービスもフライトバウチャーで支払うことができます。 普段は利用しませんが、今回はフライトバウチャーの支払いなので、利用してみたいと思います。 お支払い方法画面 搭乗者情報の次の画面で、お支払い方法を入力します。 ここで、お手元の、バウチャー番号を入力し、「バウチャーを使う」をクリックしてください。 バウチャー番号入力 金額の最終確認 予約完了 以上が、ジェットスターの予約方法とフライトバウチャー の使い方でした。 ご注意ください。 温かい目で見ていただければと思います。

次の

超簡単!たった10分で完了!Jet Star(ジェットスター)のキャンセル・バウチャーによる返金処理手順!手数料無料で全額返金が可能!

ジェット スター バウチャー と は

この記事の目次• 以下のリンクをご覧ください。 対象期間は、3月5日(木)〜3月31日(火)に出発するフライトです。 予約内容確認ページ 私の場合、こちらでエラーが出て申請できませんでしたが、お問い合わせページから問題なくスムーズに申請することができました。 お問い合わせページの、「払い戻し」をクリック、右側に出てきた画面の、払い戻し希望の理由の中から「コロナウイルス」を選択。 そうすると、オンラインフォームから申し込むよう案内されます。 お問い合わせページのチャット画面 に移動すると、予約時の情報を入力し送信をクリックします。 払い戻し方法は、ジェットスターのフライトバウチャーか、他の便への変更のの2種類から選ぶことができます。 その後の対応 申請後すぐにメールが届き、今回の措置の対象かどうか確認する旨のメールが届きます。 (3月6日 金 ) その後、3時間ほど経過したのち、申請受領のメールが届きました。 非常に迅速な対応だと感じました。 メールの文面からも、窓口がかなり混雑していることを窺い知ることができます。 …気長に待ちたいと思います。 新しいメールが届き次第、随時更新いたします。 有効期限がありますので、忘れないうちに早めに利用した方がいいと思います。 フライトバウチャーについて ジェットスターのフライトバウチャーは、航空運賃や、手荷物、座席指定などの料金に利用することができます。 オンラインで航空券を購入する際は、バウチャー番号を入力することで簡単に利用することができます。 ジェットスターは、クレジットカードやコンビニ払いなどで支払う場合、手数料が発生しますが、フライトバウチャーですと手数料は発生しません。 思ったこと 航空業界やホテル業界はいま、多くのキャンセルを抱え非常に厳しい現状にあり、業界の人は苦慮されてることと思います。 私は応援の気持ちも込めて、終息後改めて旅行の日程を組み直し、ジェットスター利用しようと思います。

次の

ジェットスター欠航による返金方法をアドバイス

ジェット スター バウチャー と は

この記事の目次• フライトバウチャーとは ジェットスターのフライトバウチャーは、航空運賃や、手荷物、座席指定などの料金に利用することができます。 オンラインで航空券を購入する際は、バウチャー番号を入力することで簡単に利用することができます。 ジェットスターは、クレジットカードやコンビニ払いなどで支払う場合、手数料が発生しますが、フライトバウチャーですと手数料は発生しません。 ジェットスターの予約方法 まず、のページを開きます。 ジェットスタートップページ(クリックで移動します) フライトを選ぶ 予約したいフライトを選びます。 フライト選択画面 オプションを選ぶ 次に、オプションを選びます。 『ちゃっかりPlus』『しっかりMax』などを選択しなければ、荷物が預けられません。 ご注意ください。 特に、旅行の帰りの便などは、お土産などで荷物が増える可能性がありますので、選択していた方がいいかもしれません。 荷物を預けず、身軽に旅行される方は、オプションは必要ないと思います。 オプション選択画面 手荷物について 手荷物の重量の選択する画面です。 超過すると、空港で追加料金が発生しますので、旅行の際は余裕を持って荷造りしてください。 座席を指定する 座席を指定する画面に移ります。 オプションによって指定できる座席が異なります。 『Starter運賃』(オプションを選択なし)の場合、全てのシートが有料。 『ちゃっかりPlus』を選択した場合、スタンダードシートが無料、 『しっかりMax』を選択した場合、すべてのシートが無料です。 一人旅で、コストを極力抑えたい方は、座席指定をしなくていいと思います。 私も、一人旅の時は座席指定しません。 座席の選択画面 機内食・駐車場などのオプション 次の画面では、機内食、駐車場のサービスを追加することができます。 これらのサービスもフライトバウチャーで支払うことができます。 普段は利用しませんが、今回はフライトバウチャーの支払いなので、利用してみたいと思います。 お支払い方法画面 搭乗者情報の次の画面で、お支払い方法を入力します。 ここで、お手元の、バウチャー番号を入力し、「バウチャーを使う」をクリックしてください。 バウチャー番号入力 金額の最終確認 予約完了 以上が、ジェットスターの予約方法とフライトバウチャー の使い方でした。 ご注意ください。 温かい目で見ていただければと思います。

次の