あ つもり アイーダ。 アラーニャ逃亡、スカラ座オープニング「アイーダ」スキャンダル

アイーダ あらすじ −わかる!オペラ情報館

あ つもり アイーダ

誤用例 A:田中さんは今晩、飲み会に参加しないつもりです。 上の文でAさんが田中さんの意志がわかる場合は使えるが、わからない場合は「〜つもりのようです」や「〜つもりらしい」といった表現を使う。 例文 ・夏休みは国へ帰る つもりです。 ・将来は弁護士になる つもりです。 ・来週から1週間、会社を休む つもりです。 ・ジョンさん、作文は何について書く つもりですか。 ・4月から中国語の勉強を始める つもりです。 ・来年、この会社を辞める つもりです。 ・今、結婚願望はないですが、30歳になるまでには結婚する つもりです。 ・トムさんは金曜日のパーティーに参加しない つもりです。 ・来週の月曜までにこのレポートを完成させる つもりで、今頑張っています。 ・今日、課題を提出する つもりだったのに、家に忘れてきちゃった。 ・朝5時に起きる つもりだったのに、目覚まし時計が鳴らなくて寝坊してしまった。 ・週末の交流会には参加しない つもりだったけど、気になる人が参加するそうなので、やっぱり参加することにしました。

次の

『アイーダ』あらすじと解説(ヴェルディ)

あ つもり アイーダ

エジプトの敵国エチオピアの王女アイーダは、エジプトの捕虜となっていましたが、身分を偽ってエジプトの王女アムネリスの奴隷として身の回りの世話をしています。 そしてアイーダは、エジプトの将軍ラダメスと秘かにお互い愛し合う仲となっていました。 そんな中、将軍ラダメスは、エチオピア討伐の指揮官を命じられます。 アイーダは恋人への愛と祖国への想いに葛藤を生じて思い悩むのでした。 【第2幕】 一方、エジプトの王女アムネリスもラダメスのことを愛していました。 彼女は、戦場に向かったラダメスを心配する侍女のアイーダを見て、恋敵であることを確信しました。 戦いはエジプトの勝利に終わり、エジプト国王は凱旋したラダメスに、娘のアムネリスを与え、将来自分の後を継ぐように言います。 アムネリスは喜んだものの、ラダメスは困惑し、そしてアイーダも悲しみに暮れるのでした。 【第3幕】 戦いでエジプトの捕虜となった者の中に、エチオピア国王のアモナスロが身分を隠して加わっていました。 アモナスロは娘のアイーダに、ラダメスからエジプト軍の機密情報を聞き出すように強要しました。 アイーダはラダメスと会ったとき、国を捨てて二人で一緒に暮らそうと誘います。 ラダメスも思いを同じくし、エジプト軍が配備されていない「ナパタの谷」を行けば誰にも会わずに逃げられるとアイーダに伝えます。 そのとき、この話をこっそり聞いていたアモナスロが、自分がエチオピア王であることを明かし、その「ナパタの谷」からエジプトを攻めようと言い出します。 ラダメスは焦ります。 そこへアムネリスが現れたのですが、ラダメスはアイーダとその父を逃がしてやりました。 【第4幕】 軍事機密を漏らしたラダメスは死罪となります。 彼の命だけは救いたい王女アムネリスは、アイーダへの想いさえ捨てれば命を助けると彼に言います。 しかし、ラダメスはそれを断り、死を覚悟しました。 ラダメスは地下牢に生き埋めとされます。 その暗闇の牢に、なんとアイーダの姿がありました。 彼女は牢が閉じられる前に忍び込んでいたのです。 二人は抱き合いながら、静かに死を待ったのでした。 解説(ポイント) 【1】 エジプトを舞台にした有名オペラ およそ10年の歳月を掛けて完成したスエズ運河の開通を祝って、エジプトに建設されたカイロ歌劇場のこけら落としのためにヴェルディに委嘱されてできたのが、この『アイーダ』です。 様々な理由から、結局、こけら落としには間に合わなかったものの、完成されたオペラは、エジプト情緒たっぷりのすばらしい作品に出来上がり、現在でも世界中で最も上演されているオペラのうちの一つとなっています。 【2】 凱旋行進曲を始めとするスペクタクル・オペラ 『アイーダ』といえば、なんといっても有名なのが「凱旋(がいせん)行進曲」。 この曲がサッカーの応援にも使われているのは、よく知られたことです。 第2幕、ラダメスが戦争に勝ってエジプトに凱旋するこのシーンは、大がかりなセットで豪華絢爛な舞台が作り出され、いかにも壮大なオペラのイメージが味わえます。 本物の馬に乗った騎馬隊が舞台の上に現れることもあります。 客席で観ていて実に贅沢な気分を味わうことができるでしょう。 【3】 細やかな感情描写 エジプト、凱旋、といったキーワードや、ヴェルディ後期の作品というイメージもあって、この作品は一見、大振りなオペラだと思われがちです。 しかし、オペラそのものの内容としては、登場人物それぞれの感情が繊細に描かれています。 特にアイーダとラダメスの二重唱やラスト・シーンなどは、静かで美しい心の行き交いが感じられ、痛切な思いに胸を刺されると思います。 派手な舞台だけでなく、こうした点も見逃したくないところです。 おすすめディスク 【CD】 アバド指揮 ミラノ・スカラ座管弦楽団、合唱団 リッチャレッリ S ドミンゴ T オブラスツォワ Ms ヌッチ Br ライモンディ Bs (録音1981年、Deutsche Grammophon) 壮大なドラマをアバドが丁寧にうまくまとめたディスク。 ドミンゴを始めとして、リッチャレッリ、ヌッチなど役者が揃っています。 他にもギャウロフ(Bs)が出演しており、歌手陣が贅沢な一枚。 【CD】 アーノンクール指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、アーノルト・シェーンベルク合唱団 ガイヤルド=ドマス S ラ・スコーラ T ボロディナ Ms ハンプソン Br ポルガル Bs (録音2001年、TELDEC) どちらかというと、迫力満点の演奏が多い中、このアーノンクール盤はそれらとは一線を画し、シャープで細やかな表現となっています。 ソリストにも声の美しい歌手を揃え、新しい『アイーダ』が生まれました。 こうしたアプローチもあったのだと気づかせてくれるディスクです。 【DVD】 シャイー指揮、ゼッフィレッリ演出 ミラノ・スカラ座管弦楽団、合唱団 ウルマーナ S アラーニャ T コムロジ Ms グェルフィ Br ジュゼッピーニ Bs (録音2006年、DECCA) やはりこのオペラは、豪華な舞台を味わうことに醍醐味があるというのであれば、このゼッフィレッリ演出のDVDをおすすめします。 エジプトの雰囲気を出した壮大な舞台が楽しめます。 客席のブーイングでアラーニャが途中退場したという話題の公演です。 Copyright C 2005-2012 Yusuke Kamiki. All Rights Reserved.

次の

アイーダ あらすじ −わかる!オペラ情報館

あ つもり アイーダ

劇中に登場する合唱 「凱旋行進曲」はサッカーの試合でも使われており、音楽ファン以外でもとても馴染みのある音楽です。 ヴェルディはオペラ史において最も重要、かつ人気のある作曲家の一人で、『ナブッコ』『リゴレット』『椿姫』など多くの傑作を遺しました。 また、ヴェルディはワーグナーと同年齢で、そのことから二人は比較されることがしばしばあります。 ここではヴェルディのオペラ『アイーダ』のあらすじを紹介したいと思います。 主な登場人物 人物名 備考 アイーダ(ソプラノ) エチオピア王女で奴隷。 ラダメス(テノール) エジプト軍の指揮官。 エジプト国王(ファラオ)(バス) アムネリス(メゾソプラノ) エジプト王女。 ランフィス(バス) 祭司長 アモナズロ(バリトン) エチオピア王、アイーダの父。 『アイーダ』の簡単なあらすじ 時間のない方のための簡単な「30秒あらすじ」 エジプト軍の指揮官ラダメスは、奴隷アイーダ(敵国の王女)に恋をしています。 アイーダを愛するラダメスは、敵にそれを利用されます。 そして敵の策略にはまり、ラダメスは祖国を裏切ってしまいます。 裏切りの罪で捕えられたラダメスは、墓に生き埋めにされることとなります。 アイーダは二人で死ぬことを決意し、あらかじめ墓に侵入します。 二人は天国で永遠の愛を誓い、天へ旅たっていきます。 第1幕:『アイーダ』のあらすじ ラダメスが、奴隷アイーダ(敵国の王女)に恋をしている メンフィスの王宮の広間 祭司長ランフィスがラダメスに、「エジプトの軍の最高指揮官が決まった」と告げます。 ラダメスは「その戦士が私なら!」と語り、「アイーダに祖国を返してあげたい。 」と彼女への想いを歌います。 (Celeste Aida) 「清きアイーダ(Celeste Aida)」 アイーダは王女の身分を隠して、敵国に捕らわれています。 ラダメスとアイーダは秘密の愛が明らかになるのを恐れます。 ラダメスがエチオピア(アイーダの祖国)を迎え撃つために、軍の指揮官に任命される そこにエジプト王が部下を従えて登場します。 使者は「アモナズロ(エチオピア王、アイーダの父)がエジプトを侵攻してきている」ことを伝えます。 王はエジプト軍の指揮官にラダメスを任命します。 ラダメスは、「戦争だ、侵略者には死を!」と戦いに燃えます。 勝利を願い、アイーダ以外の全員が立ち去ります。 アイーダは、愛する人が祖国を攻撃する苦しみを歌います。 (Ritorna vincitor) 「勝ちて帰れ(Ritorna vincitor)」 国王がラダメスに勝利の冠を授け、褒美を尋ねます。 ラダメスは捕虜たちを王の前に連れてきます。 そのときアイーダが父アモナズロを捕虜の中から見つけ、二人は抱き合います。 アモナズロはエチオピア王の身分を隠し、エチオピア王は死んだと嘘をつきます。 ラダメスは王に褒美として、「捕虜たちの解放」を願い出ます。 捕虜たちは解放されるが、平和と安全の証としてアイーダの父、アモナズロは人質にとられます。 勝利の褒美としてラダメスには、アムネリスとの結婚が命じられる。 王はラダメスに「アムネリスと結ばれ、エジプト王の後継者になれ。 」と告げます。 アムネリスは喜びに酔いしれ、アイーダは絶望的な愛を嘆きます。 ラダメスは、「エジプトの王座でさえも、アイーダの心ほどの価値はない。 」と歌います。 第3幕:『アイーダ』のあらすじ アイーダが「ラダメスとの密会」のために現れる ナイルの川岸 神殿の中で司祭たちが祈る声が聞こえます。 アムネリスがラダメスとの愛を祈るために、祭司長と共に神殿に入っていきます。 そこにアイーダがラダメスとの密会のために、人目を忍んで現れます。 アイーダは、「これがラダメスとの最後の別れになるなら、ナイル川に身を投げよう」と嘆きます。 そして祖国への愛を歌います。 (O patria mia) 「おお、わが故郷(O patria mia)」 アモナズロが、娘アイーダを利用する そこに父アモナズロが突然現れます。 アモナズロはアイーダに「祖国の勝利のために、エジプト軍がどの道を攻めてくるか、ラダメスに聞け。 」と言います。 アイーダは苦悩するが、祖国のためにそれを受け入れます。 ラダメスが敵の王の策略にはまり、祖国を裏切る 続いてラダメスが登場します。 アイーダはラダメスに、「私を愛しているのなら、一緒に逃げよう。 」と頼みます。 そして逃げ道を聞きだした瞬間、アモナズロが登場します。 アモナズロは自身がエチオピアの王であることを明かし、ラダメスは祖国を裏切ったことに気付き後悔します。 そこにアムネリスや司祭長たちが、衛兵を連れて現れます。 ラダメスは、アイーダとアモナズロを逃がします。 第4幕:『アイーダ』のあらすじ ラダメスは捕えられ、死罪が告げられる 王宮の広間 ラダメスは囚われの身となっています。 アムネリスはラダメスに、「アイーダを諦めれば、あなたの命が救われるように頼みます。 」と言いますが、ラダメスはそれを断ります。 ラダメスには死罪が告げられます。 ラダメスとアイーダが、天国での永遠の愛を誓う 火の神の神殿の中、ラダメスは生き埋めされるために、墓の中にいます。 ラダメスのもとに、逃亡したはずのアイーダが現れます。 アイーダは、「ラダメスが生き埋めになることを予期しており、墓の中に予め入っていた。 」と告白します。 そして「あなたの腕の中で死にたい。 」と言います。 ラダメスはアイーダを逃すために石扉を動かそうとするが、扉はびくともしません。 二人は天国での永遠の愛を誓います。 (O terra, addio) 「O terra, addio」 輸入ブルーレイ(日本語字幕ナシ) 2009年ニューヨーク、メトロポリタン歌劇場でのライブ映像です。 当時話題となった豪華な演出が高画質で楽しめます。 輸入盤で日本語字幕がないのは残念なところですが、それ以外はアイーダの決定版の一つに数えられるのではないでしょうか。 ヨハン・ボータ(ラダメス)をはじめとした歌手陣、合唱の壮大な音楽も必聴です。 役名等 演奏 アイーダ ヴィオレータ・ウルマーナ ラダメス ヨハン・ボータ アムネリス ドローラ・ザジック アモナズロ カルロ・グエルフィ ランフィス ロベルト・スカンディウッツィ 演奏 メトロポリタン歌劇場管弦楽団&合唱団 指揮 ダニエレ・ガッティ 演出 ソニヤ・フリゼル ヨハン・ボータ(Johan Botha, 1965年8月19日 - 2016年9月8日) 南アフリカ出身のテノール歌手 13歳で声楽を学びはじめ、1989年にルーテポート国立歌劇場『魔弾の射手』マックスでオペラデビュー。 それ以降はワーグナー、R. シュトラウス、ヴェルディ、プッチーニなどをレパートリーとし、世界屈指のヘルデンテノールとして活躍した。 51歳の若さで死去。

次の