福岡 市 国民 健康 保険 料。 福岡市 新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少した世帯への国民健康保険料の減免について

国民健康保険料の支払いは便利な口座振替で

福岡 市 国民 健康 保険 料

<スポンサーリンク> このページでは、の、年度 国民健康保険が計算できます。 それぞれの金額の確認方法については、「」ページにて解説しています。 【全国健康保険協会(協会けんぽ)の任意継続保険料について】 全国健康保険協会(協会けんぽ)の任意継続保険料については、から確認することが出来ます。 それ以外の各社会保険の任意継続保険料については、それぞれの職場が属している、各健康保険組合等へお問い合わせください。 年度 国民健康保険率 の、年度 国民健康保険率は、次の通りです。 医療分 支援分 介護分 所得割 % % % 資産割 % % % 均等割 円 円 円 平等割 円 円 円 限度額 円 円 円 医療分:主に医療費に関する保険です。 支援分:後期高齢者医療制度(75歳以上の健康保険)に対する支援を目的とする保険です。 介護分:介護保険に関する保険です。 40歳以上64歳以下の方に対して計算されます。 所得割:所得に対してかかる金額です。 資産割:固定資産税(土地・家屋)に対してかかる金額です。 均等割:加入人数1人ごとにかかる金額です。 平等割:1世帯に対してかかる金額です。 限度額:医療分、支援分、介護分それぞれについて、上限となる金額です。 年度 国民健康保険の計算.

次の

コロナで収入が減ったら忘れずに行うべき国民健康保険料の減免申請

福岡 市 国民 健康 保険 料

令和2年度の医療分の最高限度額は63万円で自治体によってはそれ以下に抑えている場合もあります。 令和2年度の支援金分の最高限度額は19万円で自治体によってはそれ以下に抑えている場合もあります。 39歳以下および65歳以上74歳以下の人には賦課(課税)されません。 令和2年度の介護分の最高限度額は17万円で自治体によってはそれ以下に抑えている場合もあります。 所得割はどの自治体も毎年見直しが行われています。 すべての自治体で賦課され、その金額は毎年見直しされています。 自治体によっては賦課(課税)しない場合もあります。 自治体が決定した割合を年間の固定資産税に乗じて算出します。 近年は資産割を廃止する自治体が増えています。 令和2年度の最高限度額はそれぞれ63万円、19万円、17万円、合計99万円となります。 ただし自治体によっては低い限度額の場合もあります。 年収100万円~1,500万円の国民健康保険料(単身者の場合) 年収 39歳以下 60歳以上74歳以下 40歳以上59歳以下 60,839/年 5,069/月 77,043/年 6,420/月 153,842/年 12,820/月 193,623/年 16,135/月 228,672/年 19,056/月 287,423/年 23,951/月 307,778/年 25,648/月 386,583/年 32,215/月 393,298/年 32,774/月 493,783/年 41,148/月 478,818/年 39,901/月 600,983/年 50,081/月 568,614/年 47,384/月 713,543/年 59,461/月 664,824/年 55,402/月 824,824/年 68,735/月 752,002/年 62,666/月 912,002/年 76,000/月 800,000/年 66,666/月 960,000/年 80,000/月 800,000/年 66,666/月 960,000/年 80,000/月 800,000/年 66,666/月 960,000/年 80,000/月 800,000/年 66,666/月 960,000/年 80,000/月 800,000/年 66,666/月 960,000/年 80,000/月 800,000/年 66,666/月 960,000/年 80,000/月 ここでは単身者の国民健康保険料を年収別に試算しましたが、同じ世帯内に2人以上の国保加入者がいる場合は、加入者全員の合計所得を所得割に乗じて計算し、均等割も人数分加算する必要があります。 なお福岡市の国民健康保険料についてより具体的に計算する場合はをご利用ください。 年齢・年収・家族(最大6名)の情報から国民健康保険料を自動計算します。

次の

福岡市の国民健康保険料(裏技・高い・減免・割引・猶予・特例など)と国民年金/福岡情報サイト「福岡アンテナ」

福岡 市 国民 健康 保険 料

健康保険制度に精通している方、是非教えてください。 福岡市在住の70歳超の年金生活者ですが、昨年の配偶者特別控除の上乗せ廃止に続き、今年は老年者控除の廃止、65歳以上に対する公的年金控除の上乗せ廃止により、私の課税所得は一昨年までより1,255千円(地方税ベースで1,185千円)増加することになり、その結果、所得税・地方税に続き国保保険料もアップ、試算したところ保険料は年406千円と一挙に282千円も上がることが分かりました。 93 で所得割額が約282千円上る訳です。 私の年金収入は年3,450千円ですが、同収入のサラリーマンなら標準報酬月額は280千円で保険料は事業主負担分も含め22,960円(約68%)本人負担はその半分で済みます。 さて、そこで質問ですが、 1、この福岡市の計算方式・乗率は全国的に標準的な方式でしょうか。 2、だとすると、なぜ国保の被保険者は給与所得者の1. 5倍~2. 9倍の保険料を支払わねばならないのでしょうか。 3、同市の賦課方式がもし例外だとすれば、現行法はどこまで自治体の裁量的賦課を容認しているのでしょうか。 4、巷間サラリーマン増税問題は大きくクローズアップされていますが、この高齢者の大幅な負担増(税・保険料で課税所得アップ額の40%が消える)が殆ど話題にもならないのは何故と思われますか。 以上について、識者の方の適切なご意見・ご論評を賜りたく、お願いいたします。 雁字搦めな御質問ですが、お聞きになりたいことは簡潔と考え、僭越ながら回答させて頂きます。 1、標準的な方式です。 法的に定められた地方自治体に与えられた裁量の範疇です。 自治体が行っている福祉政策を加味した形で評価すべき事項となります。 但し、全国平均よりもかなり高いと思われます。 (残念ながら全国平均が幾らになるかは把握してませんが数サイトを覗いた私見です。 ) 2、No2様の回答に加え、自治体の福祉政策に拠るもの、他の税収によるものが考えられます。 後者についてはTDRを擁する浦安市等がよく例に挙げられます。 また、社保加入者はほぼ100%徴収です。 社保加入該当者にもかかわらず、国保加入者も居ますが、個人責任において社保未加入になるケースは極々稀であり、無保険者は国保未加入に分類されます。 よって国保と社保の加入率の比較は正しい観点と思われます。 尚、社会保険は年金、介護、健康を含み、政府管掌、地方自治体管掌の区別はあります。 保険料や福祉政策の観点から移住される方は結構いると考えられます。 御一考なされるのも良いかと思います。 4、TV等の視聴者層、雑誌等の購買層の影響が小さくないと考えます。 結局のところ、多くの利権を生む関心事で無い限り民間企業のメディアにはあがり難いのではないでしょうか? 蛇足ですがH19.4に遺族年金の見直しがかかります。 現在、遺族年金は 1.遺族年金 2.老齢年金 3.1と2の混合 の三択で1の場合全額非課税となります。 しかし選択性を廃止し、老齢厚生年金(退職共済も同様)受給権者は自身の老齢厚生年金額よりも遺族年金額が多かった場合、老齢厚生年金+遺族差額分を給付されます。 非課税対象は差額部分だけですので増税に繋がり給付減となります。 この法律改正は「老齢厚生年金の受給権者はまず自分の権利で年金を得て下さい」とアナウンスされ告知されます。 こういった微妙なところに気づくが気づかないかが御質問の4にあるような周知度合い、取り上げ度合いに影響しているようにも思えます。 何かの参考になれば幸いです。 極めて簡潔・整然かつ論理的なご回答、ありがとうございました。 このように真正面からのご回答をいただくと元気が出ます。 質問1、の「標準的」という表現はまずかったかなという気がしています。 「平均的」又は「一般的」と書くべきでした。 ただ私の推測では所得比例方式が一般的ではないかという先入観があり、方式、乗率について全国の統計的データを見つけたいと思ってサイトを探索しましたが、結果が得られなかったためあのような舌足らずな質問になりました。 2、浦安市のサイトを見て驚きました。 何と私の場合にあてはめると年170千円弱になりました。 かといって転居する訳にはいきません(No3のお礼に書いたのは勿論ジョークです。 No2の補足に書いた社保と国保、これは言葉尻をとらえる私の悪い癖です。 上限などは法律(又は関係サイト)を調べれば分かることですよね。 4、も幼稚な質問でした。 要するにゼニにならない、票にならないことは話題にならないってことですね。 実のところ私の本音は、こういうご回答などを頼りにできるだけ情報を集め、機を見て有志で市や関係の向きへアクションを起こそうというコンタンです。 ともあれ大いに参考かつ勉強になり、感謝申し上げます。 ヾヾ(^-^) おっしゃる通り、何となく高い気がしますね。 私も、そんなに沢山知っている訳ではありませんが、市民税の7. 93倍は大きいですね。 多くの市町村は、前年所得の6~8%ぐらいと思っていましたが。 また、均等割も3~4割高いかな?所帯割は5割くらい高いです。 ただ、大都市はおおむね何処も高いようなきがします。 現に、退職者も任意継続被保険者(企業負担を加算しても)の方が、国保より安いので、1年間は任継に入る人の方がおおいです。 また、社会保険の場合「扶養」があるので、何人被扶養者がいようと、保険料は同じです。 しかし国保には扶養と言う項目がないので、世帯の中で扶養者 妻など)がいても、それは全て保険加入者となるため、均等割で加算されますので、よけいに高くかんじます。 しかし、社会保険と国保はその成り立ちが違うため保険料に差がつきます。 社会保険-保険料 国保-保険税 税金です) また国保は、社会保険に入れない人が多く入っているため、保険税を平均するとやすくても、その分ある程度所得のある方に負担がかかっているのかもしれません。 日本の税は、高所得者ほど税率が高くなっています。 今までも問題にならなかったのは、高いと思っている人が少ない?これくらいはしょうがないかな? と言う人が多いからだと思います。 文面から察するに多分ご同感いただいたことと思いますが、ご回答感謝します。 実をいうと福岡市(&北九州市)国保の悪名は以前から全国に轟いておりまして(下記URL参照)、保険料が高すぎる以外にも数々の問題もあり、私自身そのことは十分承知しております。 それなら何も質問することなんてと言われそうですが、やはり人にはいろいろな意見があり、可能な限り全国多くの方々のご見解を仰ぎたい、そしてこういう場を始めあらゆる場を通じ、多くの方々に現行健保制度の問題点について考えていただきたいとの趣旨で投稿しました。 任意継続については私も過去官庁、民間と4か所勤務(天下りじゃありません。 )し、2回(うち1回は2年間)任継のお世話になりましたし、国保についても今までは高齢者優遇税制のおかげで大きな負担を感ぜずに済んできました。 ところが政府税調答申がほとんど反対もなくあれよあれよという間に施行され、今になって愕然(遅すぎますが)、これはいかんともがいているところです。 ともあれ親身なご回答ありがとうございました。 大いに参考にさせていただきます。 なお、下記URLは某党下部団体のサイトで、私個人の主義思想から憚られるところがありましたが、他にピッタリ解説したサイトが見あたらなかったので心ならずも引用させていただきました。 そのことを前提に気が向いたらお開きください。 識者ではなく失礼します。 質問には答えることができません。 他人事に思えず回答します。 我が家も年金生活者に多くの負担を強いる制度に疑問を感じていたところです。 それでも福岡市の計算例を見て驚きました。 なんと8倍。 本当にそんなことがあるのですか? 我が家は神奈川県の某市ですが、下をご覧ください。 3450000円の年金収入だと税額は満額 50万 近くになると予想できます。 課税所得が3300000円以下ならば税率が10%なので市県民税も少しは抑えられるはずです。 でも、すでに控除してるはずですから、いまでも税率は10%ですよね?あとは控除できるものを探して控除するしかないですかね。 我が家は申告し忘れもあり、更正請求し少しばかり保険料を抑えました。 あと、世帯で一番収入がある私が50万払います。 かなり痛いですけどね。 こればかりは仕方ないと半ばあきらめています。 参考URL: この回答への補足 折角ご回答いただきましたが >社会保険と国民健康保険の大きな違い? 国保も社会保険の一部です。 1%です。 国保は納めないと病院にかかれない(10割負担)なので払わない人は少ないようですね。 >医療費は高額であるし受診も多い そのことは認めますが、受益者負担という観点に立つならば、保険料ではなくて受診料負担率(現行では70歳以上は1割、一般サラリーマンは3割)の平等化が先決でしょう。 いい加減な回答は止して欲しいですね。 言っておきますけど、人口統計では福岡市の65歳以上の人口比率は15. 31%でこれは全国比の19. 90%に比べ著しく低く、都道府県別全国最下位の埼玉県の14. 88%を僅かに上回る程度です。 つまり福岡市は老人が極めて少ないのです。 それから福岡市の保険料が高いことは20年ほどく前から言われてきていることも十分知っています。 私が聞いているのは全国的に見た賦課方式の比較であり、法の下の平等という憲法規範に照らしてどうかという司法的見解であり、更に高齢者優遇税制の廃止に関する世論の動向の鈍感さに対する識者の論評なのです。 65歳以上なら「所得」は 0円。 nta. htm いずれにしても、国保の「所得割算定額」は 33万を引くので 0円。 >65歳からは、夫の年金は185万位… 「所得」は 65万円なので、国保の「所得割算定額」は 32万円。 city. sapporo. html 以上のほか、65歳以上は介護保険料が別途徴収されます。 妻が 65歳未満なら、国保税の中に介護分が加算されます。 >妻は、約75万ほどです… 65歳未満なら「所得」は 5万円。 65歳以上なら「所得」は 0円。 nta. htm いずれにしても、国保の「所得割算定額」は 33万を引くので 0円。 >65歳からは、夫の年金は185万位… 「所得」は 65万円なので、国保の「所得割算定額」は 32万円。 A ベストアンサー 国保の保険料については 窓口で相談してみてください。 保険証がなくなることは ないはずです。 ただ65歳以上の年金受給者で年18万以上の受給者で かつ介護保険料と医療保険量の閉める割合が年金受給額の1/2を超えてない方なら ・・・大多数の年金受給者の保険料は、天引きのはずです。 国保料を納めているって まだ65歳未満か 失礼ながら他の条件に該当するかなり小額の受給の方なのでしょうか。 もし65歳未満だとしたら 放っておくと年金から天引きされてしまうので 保険料について窓口で相談されたらいかがでしょうか。 あともしかしてですが 昨年まで高額の収入があった方なのでしょうか? それならば 今年収入が年金のみでしたら来年の保険料は 極端に下がるかと思います。 Q 10/31付で退職し、社会保険から国民健康保険への変更の手続きを役所でしましたが、一ヶ月の支払いが2万ほどになると言われました。 と、いうことは、私の場合今年の11月~来年10月までに予想される所得 ということですよね? 私の場合、保険料の減免は適応されるのでしょうか? 役所の人に聞くのもいいのですが、ある程度知識がないとちゃんと教えてくれないですよね・・・。 詳しい方がいたらよろしくお願いします。 10/31付で退職し、社会保険から国民健康保険への変更の手続きを役所でしましたが、一ヶ月の支払いが2万ほどになると言われました。 Q 現在、福岡市内で勤務しておりますが 去年の税率変更の時期から住民税を毎月約14,000円ほど 給料から天引きされています。 2年ほど前に引越し、去年住民票を移しましたが、 住民税の計算方法は福岡市に変わっているのかよくわかりません。 とても高くなったので違和感があるのですが、自分の住民税を 確かめる方法はあるのでしょうか? (勤務は転勤前2年、転勤後現在3年目になります) 北海道や福島県のサイトでシミュレーションしようと試みましたが、 基礎控除や所得割額など、専門用語ばかりでよく理解できません。 年間総所得が400万程度で独身なら大体このくらい、という 計算方法はないのでしょうか? そもそも源泉徴収の額や基礎控除など、すべて調べないと計算できないものですか? 市役所に行くほどでもないと思っていますが、ずっと気になっています。 どなたか目安となる計算方法でも良いので、教えていただけませんか? よろしくお願いします。 >< A ベストアンサー ・住民税は現在、全国どこでも計算方法は一緒です 一部、均等割(市町村3000円+都道府県1000円)が割増されて高くなっている地方もありますが、基本的には同じです ・1. 前年の総収入-給与所得控除=給与所得(所得) 2.. 給与所得-所得控除(基礎・配偶者・扶養・社会保険料・生命保険等の控除)=課税所得 3. 住民税の均等割=市町村3000円+都道府県1000円=4000円 5. (所得割+均等割=住民税) ・下記、一応福岡市のHPより・・2. city. fukuoka. html 参考:源泉徴収票(平成19年度)がありましたら 1. 給与所得控除後の金額が「所得:給与所得」です 2. 所得控除の額の合計額が、所得税の各種控除の合計額です 独身の場合なら、基礎控除が住民税だと33万ですから(所得税は38万)合計額から5万を引いて下さい・・その金額が住民税の所得控除額にになります 3. 「給与所得:所得」-「所得控除・・上記の修正額」=課税所得(住民税の) 4. 以下、計算すると、今年の6月以降の住民税の金額が出ます(年額) 以上、独身で配偶者・扶養控除等が無い場合です ・住民税は現在、全国どこでも計算方法は一緒です 一部、均等割(市町村3000円+都道府県1000円)が割増されて高くなっている地方もありますが、基本的には同じです ・1. 前年の総収入-給与所得控除=給与所得(所得) 2.. 給与所得-所得控除(基礎・配偶者・扶養・社会保険料・生命保険等の控除)=課税所得 3. 住民税の均等割=市町村3000円+都道府県1000円=4000円 5. (所得割+均等割=住民税) ・下記、一応福岡市のHPより・・2. Q うちに居候が一人います。 同居人というだけで戸籍上は、赤の他人なのですが、住民票は私の部屋に移してあって、世帯主は私になっています。 さて、この同居人は2年2ヶ月無職で収入が去年半年程の間、月に1~2万円のバイトをしていた以外は無収入でした。 先月やっと次のバイトを見つけて5~6万程の 収入ができるようになったのですが、ここまで過去 2年2ヶ月の間、定職がなかったので国民健康保険に 未加入でした。 (国民年金のほうは申請書を出して、 払えない旨を伝えてあります。 )しばらく病院にも 行けない状態だったので、そろそろ国民健康保険に 加入したいそうなのですが、過去の追徴がいくらに なるのか、これからの保険料がいくらになるのか 教えて頂きたいのですが・・・ 住所は福岡市博多区なのですが、こちらがMacの為に 区役所のHPが文字化けしてよくわかりません。 同居人はもともとは北海道札幌市手稲区の出身でそれ以前は定職についていました。 HPでは世帯主の事にも触れていましたが、赤の他人でも、 世帯主の収入が関わってくるのでしょうか? 合わせてご教授願います。 うちに居候が一人います。 同居人というだけで戸籍上は、赤の他人なのですが、住民票は私の部屋に移してあって、世帯主は私になっています。 さて、この同居人は2年2ヶ月無職で収入が去年半年程の間、月に1~2万円のバイトをしていた以外は無収入でした。 先月やっと次のバイトを見つけて5~6万程の 収入ができるようになったのですが、ここまで過去 2年2ヶ月の間、定職がなかったので国民健康保険に 未加入でした。 (国民年金のほうは申請書を出して、 払えない旨を伝えてあります。 )しばらく病院にも 行... そのために通知等は世帯主宛に送られ、保険証の表の名前も世帯主になります。 世帯総所得金額 被保険者総所得金額 2. 被保険者均等割額 3. または兄妹等。 6%年(期間により7. 一番よいのは、匿名で区役所の国民健康保険の担当課に聞いてみてください。 意外と親切に対応してくれます。 そのために通知等は世帯主宛に送られ、保険証の表の名前も世帯主になります。 世帯総所得金額 被保険者総所得金額 2. 被保険者均等割... Q 65歳も過ぎると、夫婦2人だけの世帯が多いかと思います。 しかも、年金収入だけ、というケースが殆どでしょう。 で、標準的な年金額は、夫婦合わせて月額24万円とかなんとか言われていますね。 ということは、こういう世帯って、住民税は払っていないのでしょうか。 というか、目の周りには老人世帯が多くあるのですが、その殆どの家庭は住民税を一銭も払っていない、ということでしょうか。 善悪を言っているわけではありません。 もしそうならば、改めて驚いている次第です。 tax. metro. tokyo. ということは、こういう世帯って、住民税は払っていないのでしょうか。 お見込みのとおりです。 >というか、目の周りには老人世帯が多くあるのですが、その殆どの家庭は住民税を一銭も払っていない、ということでしょうか。 ほとんどかどうかわかりませんが、多くの世帯はそうでしょう。 今年度、消費税増税対対策として「臨時福祉給付金(対象、市町村民税非課税)」が支給されましたが、その対象者が、全国で約2400万人です。 これは、子ども(中学生以下)のいる世帯で児童手当受給者が対象である、「子育て臨時特例給付金」「支給対象児童」の倍近い数字です。 mhlw. pdf >もしそうならば、改めて驚いている次第です。 そうですね。 それだけもらっている年金が少ないということでもあるんでしょうね。 年金は、少子化に伴い将来的にはどんどん削減されていく見込みですからどうなってしまうんでしょうかね。 >標準的な年金額は、夫婦合わせて月額24万円とかなんとか言われていますね。 ということは、こういう世帯って、住民税は払っていないのでしょうか。 お見込みのとおりです。 >というか、目の周りには老人世帯が多くあるのですが、その殆どの家庭は住民税を一銭も払っていない、ということでしょうか。 ほとんどかどうかわかりませんが、多くの世帯はそうでしょう。 今年度、消費税増税対対策として「臨時福祉給付金(対象、市町村民税非課税)」が支給されましたが、その対象者が、全国で約2400万人です。 A ベストアンサー >あんまり病気しない人は入らないほうが得なのでなのでしょうか? 健康保険や年金保険は国民皆保険制度といってだれしもなんらかの公的保険に加入することが当然であるという考え方の上に諸制度が構築されています。 自分で加入不加入を選択することはできません。 >あんまり高いと保険の意味が無いような気がするのですがどうなんでしょうか? 誰しも年を取ると病院などの診療機関のお世話になるのは自然なことで、若いうちに病気しないからといって、健康保険への加入を取りやめると制度自体が立ちゆかなくなり、高齢になってから十分な治療が受けられなくなることになります。 健康保険制度は世代間扶助制度の側面を持ちます。 と、役場の担当者みたいなことを申しましたが、実際は国民医療費は年々ふくらむばかりで、健康保険料は高くなることはあっても下がることはないのが実情です。 昔、筒井康隆氏の小説に中世の悪徳医を主人公にして、その医者は住民が比較的健康で患者が来ないので、勝手に健康保険制度を作った上でいい加減な治療しかせず大もうけするという健康保険制度のパロディーとも言うべき作品がありましたが、現在は概ねあれに匹敵する事態かと思います。 >会社ではなく、自分で加入すると保険料が高いのですよね? 会社で入るのは政府管掌の健康保険か組合が運営する健康保険などになるかと思います。 これらの保険の保険料は労使で折半しますのでだいたいは国保より条件はよいと思います。 サラリーマンなら受けられる傷病手当金など国保の加入者は受けあれません。 国保の保険料の計算方法はお住まいの自治体によって違います。 >1ヶ月いくらくらい保険料がかかりますか? 年間240万円の給与収入がある独身のかたで、職場に社会保険がないとした場合ですが、高いとされる福岡市と高くないかもしれない川崎市と実際に比較してみましょう。 240万円の収入に対しては150万円の所得になります。 taxanser. nta. htm そこから住民税の所得控除合計を仮に70万として課税される所得金額は80万円となります。 都道府県民税と市区町村民税合わせた所得割の税率がこの金額だと5%になりますので4万円と計算できます。 これに一応定率控除を加味し均等割を足すと38,000円の地方住民税の税額となります。 この場合住民税の計算のしかたは全国同じです。 city. chuo. tokyo. 67(所得割)+17,270(均等割)+23,440(世帯割り)=142,170円 となり1ヶ月に1万2千円弱となるものと予想します。 city. kawasaki. 93(所得割)+29,738(均等割)+32,562(世帯割り)=247,862円 となり1ヶ月に2万円強となります。 city. fukuoka. html 福岡と川崎を例示したのには他意はありません。 検索した中で一番高そうなところと低そうな所を選んだだけです。 月額の保険料は概ねこの間に入るのではないでしょうか。 安いところに引っ越すのも一つの手段ではあります。 どうしてこんなに違うかというと福岡市の担当者いわくうちは医療費総額がおおきいですからとの弁明を国保に加入していた頃聞いたことがあります。 健康保険料が高いのは、政治的圧力団体になりはてた医師の団体を筆頭にした制度の問題もありますが、国民が自立的に医療費を抑えるような行動を選択することが一番大事で、予防医学に徹することや生活習慣病を防ぐ日常生活を心がけることや、職場や社会がストレスを個人に与えない方向に向かうことなど自立的に自らの健康を守るようにすることが重要であると個人的には思っていますが、どうもそういう方向にはならないという印象です。 医者や患者や製薬会社や医療機器の会社みんなが健康保険の水瓶からありったけの利益をくみ出そうとしているかのように見えます。 >あんまり病気しない人は入らないほうが得なのでなのでしょうか? 健康保険や年金保険は国民皆保険制度といってだれしもなんらかの公的保険に加入することが当然であるという考え方の上に諸制度が構築されています。 自分で加入不加入を選択することはできません。 >あんまり高いと保険の意味が無いような気がするのですがどうなんでしょうか? 誰しも年を取ると病院などの診療機関のお世話になるのは自然なことで、若いうちに病気しないからといって、健康保険への加入を取りやめると制度自体が立...

次の