エヴァ ss シンジ キレ る。 シンジ「アスカにもしものことがあったら」 アスカ「ぜんっぜんへーきよ」【エヴァss/アニメss】

【エヴァSS】シンジ「……だまれよっ!!」バンッ! アスカ「ひっ」ビクッ

エヴァ ss シンジ キレ る

そういう表現嫌い」 シンジ「何回目だと思ってんだよ……」 アスカ「なに、シンジのくせにいっちょまえに嫉妬してんの?」 シンジ「誰がアスカなんかに。 興味本位だよ、いっつも聞いてなかったから」 アスカ「ふーん……ま、教えてあげる。 背が高くって男らしくて筋肉あって、あんたとは全然違うタイプ」 シンジ「……」 アスカ「えっちのほうも凄くて、一度じゃ終わらなくていっぱい愛してくれたんだから」 シンジ「そんなの、僕だってやろうと思えばできるよ。 アスカがきついだろうと思ってしないだけで」 アスカ「はんっ、口だけね。 できるもんならヤってみせなさいよ」 シンジ「……分かったよ。 あんたには過ぎた幸せでしょ」 シンジ「そっちが勝手にくっついてきてるだけじゃないか」 アスカ「……さっきから私のカラダ中撫でまわしてるくせに」 シンジ「……アスカはカラダくらいしか価値がないんだから、せめてちょっと触るくらいいいだろ……」 アスカ「ふぅん、シンジの分際でそんな生意気言うのね。 それだけの価値にめろめろなくせに」 シンジ「だ、誰がだよっ。 アスカのほうがまた押しかけて来たんだろ、なんでそんな自信過剰なんだよっ」 アスカ「なら、過剰かどうか試してみましょ」 シンジ「どうやって……?」 アスカ「キスして」 アスカ「あんたから私にキスして、ずーっとキスして、私をめろめろにできたらあんたの勝ち。 あんたが我慢できなくなってまた私を抱いちゃったら、私の勝ち」 シンジ「朝からなに言ってんだよ……」 アスカ「朝からでもいいじゃない。 アスカがすべすべで。 シンジ、これどっちが良いと思う?」 シンジ「知らないよ。 自分で決めてよ」 アスカ「あんたの意見を参考にしてやろうって言ってんのよ? ほら、どっち?」 シンジ「……こっち」 アスカ「ふーん。 なら逆にするのが無難ね、あんたセンス0だから」 シンジ「なんだよそれ」 アスカ「『参考にしてやった』でしょ。 じゃ、会計頼んだわよ」 シンジ「……この流れで払うわけないだろ。 めちゃくちゃなんてもんじゃないよ、アスカ」 アスカ「ケチ。 いーじゃないお金には困ってないくせに。 ちょっと来なさい」グィッ シンジ「イタッ。 引っ張んないでよ!」 アスカ「さっさと来いっての」グイグイ シンジ「……なに?」 アスカ「対価の相談。 じっ、自分で言ってて恥ずかしくないのっ? それじゃ援助交際じゃないか!」 アスカ「なに今更。 元々似たような関係じゃない。 そういうあんただってこれまで散々私を『買って』るんだから、恥ずかしいのはお互い様」 シンジ「それは……そうだけど……でも、水着は買わないから」 アスカ「一回だけじゃないわよ」 シンジ「え?」 アスカ「すけべシンちゃんがおっぱい大好きすぎるから、今まではたまーにご褒美でしかしてあげなかったけど。 google. やめてよ、こんなトコでまで……! こういうことばっかり!」 アスカ「ふん……いい子ぶっちゃって」 アスカ「知ってんだから。 あんたが怒ってみせるのって『エロいことしてごまかして欲しい』っていうサインだって。 私とのセックスの味を覚えてから、ずうっとそう」 シンジ「……身勝手な決めつけだね」 アスカ「そう? 違うってなら本気で引き剥がしてみせなさいよ。 このままお尻でぐりぐりするだけで、すぐお漏らししちゃいそうね」 グリグリグリ、クニニッ シンジ「あ! あふっああっ」 シンジ「ア……アスカぁ、やめ、やめてっ、あぅぅ」 アスカ「却下。 帰ったら私に、やっぱり出てくように言うつもりだったでしょ?」 シンジ「!? な、なんで」ガバッ アスカ「やっぱり。 なんとなーく分かるのよね、そういうの」 シンジ「……」 アスカ「……」 シンジ「……アスカ、あのさ」 アスカ「最後に海行きたい」 シンジ「え?」 アスカ「水着買ったし。 海行こ、シンジ」 ザザー ワイワイワイ シンジ(思ったより人多いな。 まともな海水浴場って、このへんここしか無いからしょうがないか……) アスカ「シンジー! お待たせっ」 シンジ「……あれ?」 アスカ「なによ」 シンジ「あの。 それって、僕が選んだからやめるって言ってたほうじゃ……」 アスカ「あんたバカぁ? レジにはこっち持って行ってたじゃない」 シンジ「そうだっけ? 買うとこ見てなかったから」 アスカ「はぁ……ま、いいわ。 それより感想言いなさいよ。 褒めたたえなさい」 シンジ「……お店で見た印象より、ちょっと露出多すぎる気がする」 アスカ「ひっひっひ。 着替えてからここ来るまでだけで、2回も声かけられちゃった。 美しくてセクシーで若いと、有象無象の男どもを惑わしちゃって申し訳ないわよね~」 シンジ「……」 アスカ「ちなみに有象無象にはあんたも入ってるから」ビシッ シンジ「言うと思った」 シンジ「……」バシャバシャ アスカ「ん~、楽ちん楽ちん。 あ、シンジ、右のほうスペースあるからあっち進んで」 シンジ「あの赤いワンピースの人がいるあたり?」バシャバシャ アスカ「そうよ、あれの向こう側」 シンジ「……」バシャバシャ アスカ「まあ、こうやって泳いでボート押せるくらいには、シンジも進歩したわけよね。 昔は完全カナヅチだったし」 アスカ「ねえ。 練習つきあってあげた私への感謝を忘れたりしてないでしょーね?」 シンジ「練習のたびにクレープとかおごらされたけど」バシャバシャ アスカ「あんたバカぁ? 美少女とマンツーマンで水泳なんて、クレープ一つで体験できるって聞いたら世の男子から申し込み殺到するイベントよ」 シンジ「……性格も良ければなおさら良かったのに。 ここでいい?」 アスカ「ん……そうね。 シンジも上がってきなさいよ」 アスカ「一回どくから、あんた先座んなさい」 シンジ「え。 うん」 アスカ「そのまましてて。 んしょ……っと」ピトッ シンジ「……っ」 アスカ「シンジ、ハグ」 シンジ「は、はぐ?」 アスカ「鈍い! だっこよだっこ」 シンジ「あ……こ、こう?」ギュゥ シンジ「ねえ……アスカ。 この態勢、ちょっと恥ずかしくない?」 アスカ「気にしすぎ。 google. 2年の時に他に男作って出てったっていう」 シンジ「……うん。 そのアレ」 学友A「あの時の前にも同じこと繰り返してたんだろ? 出てったり戻ってきたり出てったり戻ってきたり」 シンジ「実は、Aが知ってる件の後にも一回出入りしてる。 で、こないだまた転がり込んできて」 学友A「シンジ……いい加減にしとけマジで。 いくら美人でも、関わってたら人生ズタボロにされるぞ」 シンジ「……今度こそ大丈夫じゃないかなあ……と思うんだけど。 なんとなく」 学友A「なわけないだろっ。 お前絶対またおっぱいに目がくらんでるって!」 学友A「この際、付き合うなとかまで言わねえけど。 なんとか) シンジ(まあ確かに前にも、二度と浮気しないって約束した直後に浮気されたりとかあったけど……) シンジ(あ。 雨降ってくるかも) トゥルルル トゥルルル アスカ『……もしもし』 シンジ「アスカ? シンジだけど、悪いけど洗濯物入れといてくれないかな。 もう乾いてると思う。 うん、雨が降りそうだから」 アスカ『OK』 シンジ「頼むね。 僕もあと10分くらいで家に着くと思うけど、念のため……」 アスカ『はぁ!? な、なんでそんな早いのよっ、大学は!?』 シンジ「残りが休講になっちゃったんだ」 アスカ『……っ、そういうことは先に連絡しなさいよ! バカ!!!』 プツ シンジ「……??」 学友A『気が進まないなら、とりあえずリビングにでもカメラ仕掛けてみろよ。 外で会われたら役立たねえけど、自宅での逢引すら分からんよりマシだろ』 学友A『自宅の撮影は違法じゃないらしーぞ。 相方の自室でもないから、多少は気も楽だろうし』 シンジ「うーん……」 学友A『どっちにしろ、何も確かめないで過ごすのは無理だろ? 前科ありすぎだからな、あいつ』 シンジ「……うん。 じゃあさ、音だけ録るのはどうかな?」 学友A『……だけかよ』 シンジ「一人でくつろいでるのだって、見られたくないかも知れないし。 リビングの音声を録って、会話くらい音の大きなとこだけチェックすれば、余計な情報はもらわなくて済むと思う」 学友A『まあそっか……誰か連れ込んでたら一応分かるな』 シンジ「多分ね。 なんとか、それだけはやってみるよ」 シンジ「ア、アスカ。 あのさ」 アスカ「……浮気してやる」 アスカ「私の浮気ストック48人と五十音順に浮気しまくってやるんだからーーーーーーーーーーー!!!!」 ドタタタタッ バタンッ! シンジ「……48人もいるの?」 学友D「そこ真に受けなくても」 バタンッ! ドタタタタッ 学友D「あ、戻ってきた」 アスカ「……いっっっつまでひっついてんのよ……! このスケベが……っ」グィグィ シンジ「痛!? ちょっとアスカ、痛いっ、やめてよ無理に引っ張んないでよっ、服伸びるから!」 ズリズリ アスカ「ふー、ふー……」 シンジ「はぁ、痛かった……げふっ!?」 学友D「い、碇くん!? ちょっと、蹴ることないじゃない!」 アスカ「自業自得よ! バーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーカ!!!!!!!!!!!!」 ドタタタタッ バタンッ! 学友D「…………子供みたい」 シンジ「う、ぅぅ……」 ブロロロ… シンジ「音信不通にして飲みに行った時にさ、頭使いたくて僕だけ食べるだけにしといたんだけど。 アルコール入れてたら運転できなかったから、良かったよ」 アスカ「……私、まだ許したわけじゃないわよ」 シンジ「へ?」 アスカ「『へ』じゃないわよ! さっき! 私が留守の隙にちゃっかりイチャついてたあれ!」 シンジ「あー……」 アスカ「元はといえばあれのせいで飛び出して来たんだからっ」 シンジ「いや、あれはホントに何でもないってば。 向こうは慰めようとしてくれてて、お酒入ってたからこう……ってだけで」 シンジ「まだ何もしてなかったし、ちゃんと断るつもりだったし。 うん」 アスカ「しょーこは? 証拠もなしに納得させようっての!?」 シンジ「あるわけないだろっ証拠なんて。 大体なんだよっ、そんなの言い出したら僕なんて今までどれだけ悩まされてきたと思ってんだよ」 アスカ「それはそれこれはこれ! 話を逸らすなんて男らしくない!」 シンジ「アスカも一回くらいモヤモヤする経験したっていいだろ。 それも勉強だよ、勉強!」 アスカ「いっかい~~!? はんっ、よくも一回なんて言えたわね! あんたこそあちこちの女としょっちゅう雰囲気出しちゃって、あーやだやだ思い出したくもない記憶がいっぱいだわ!!」 シンジ「思い出してみればいいだろ! いつ僕が浮気なんてした!? 言えるもんなら言ってみてよっ」 アスカ「古くは戦自のスパイ女とかいたじゃないっ霧島なんとかかんとか!!」 シンジ「マナ!? 古すぎだろっアスカとだって付き合ってもないじゃないか!!」 アスカ「ほらそうやってすぐ名前出るじゃない! そーいうとこがやらしいのよあんたって!!」 シンジ「はー、はー……」 アスカ「ぐるるる……ッッ」 シンジ「ふぅ……待ってアスカ、しばらく休憩……」 アスカ「オーケー。 家着いてから再開ね」 シンジ「分かった、それで」 アスカ「ふんっ」 ブロロロ… シンジ「…………はぁ。 アスカってさ、つくづく面倒だよね」 アスカ「なによ。 今さら弱音?」 シンジ「いや。 なんか今回改めて、つくづく……すごいなぁって」 シンジ「もうさ、面倒だから結婚でもしようか」 アスカ「………………はぁぁ!?」 シンジ「面倒だからさ、この際ズバッと結婚して、ズバッと落ち着こうよ。

次の

良作エヴァss探シ中,,,情報求ム(1)

エヴァ ss シンジ キレ る

13 ID:ASDCb5240 アスカ「……」 アスカ「……うっ……ここは私のベット……私……眠って……」 アスカ「そうよね……バカシンジがあんな事するはず……」 シンジ「僕はバカじゃない」 アスカ「ひ、ひい!」ゾクッ シンジ「僕はバカじゃない僕はバカじゃない僕はバカじゃない」ブツブツ アスカ(こいつおかしい!どうにかして逃げないと!)ソオオオ… シンジ「アスカ……どこいくの?」 アスカ「ちょ、ちょっとお腹が空いたから……」ビクッ シンジ「ああ、それならリビングにペンペンを煮たのがあるよ」 アスカは廊下の先にあるソレを見た。 65 ID:ASDCb5240 シンジはアスカの髪を掴んで引きずった。 シンジ「せっかく作ったんだから食べてよアスカ!!!」 アスカ「痛い!離して!」ズルズル シンジ「アスカのために作ったんだよ!アスカのために作ったんだよ!」 シンジはペンペンだったものを掴み シンジ「食べてよアスカ!アスカに食べて欲しいんだよ!」 異臭を放つクチバシをアスカの口に押し込んだ。 アスカ「オエ……グギッ……!」 シンジ「何で食べてくれないの?僕の事が嫌いなの?アスカ……アスカ……」 アスカ「……」ドバドバドバ アスカは顔をそむけて嘔吐をした。 おやつで食べたドロドロになったウインナーが床に転がった。 27 ID:ASDCb5240 シンジ「ああそうか……アスカはウインナーが好きだったもんね……そうか……そうだよね……」 シンジは何やら独り言を言いながら台所を行ったりきたりしている。 アスカ「う……うう……」 シンジの呪縛から解放されたアスカだったが逃げられなかった。 恐怖と混乱で腰が抜けたのだ。 そしてアスカは失禁した。 床板に液体が広がっていく。 シンジ「……アスカ?」 アスカ「ふ……ふざけんじゃ……ないわよ……」 シンジ「あーあーアスカおねしょしちゃったんだ、しょーがないなー」 そう言ってシンジはふきんを手に取った。 64 ID:ASDCb5240 アスカ「何なのよアンタ!何なのよアンタ!」トガッ!バキ! シンジ「……」 アスカ「頭おかしいんじゃないの!?ペンペンをこんなにしちゃって!死んじゃいなさいよ!」ドガッ!バキ! シンジ「……」 パシッ! シンジはアスカの拳を受け止めた。 そして…… シンジ「わかった、アスカは僕の事が好きなんだ」 ドサッ! 体重をかけてアスカを床に押し倒した。 アスカ「ちょっと!何すん……やめなさいよ!」 シンジ「わかったわかった、アスカは僕の事が好きなんだ」 シンジは抵抗するアスカの体を触りまくった。 86 ID:ASDCb5240 シンジ「大丈夫だよアスカ、優しくしてあげるから」 ドゴオオオオ! シンジはアスカの頭を思いっきり床に叩きつけた。 アスカ「!?!?」 アスカの意識が飛びそうになる。 シンジ「可愛いねアスカ、アスカは僕の事好きだもんね」 シンジはアスカの赤く美しい髪を撫でた。 アスカは虚ろな目でシンジの顔を見るしかなかった。 シンジはアスカのシャツに手をかけた。 アスカ「待って!やめて!何する気よ!」 ビリビリビリ! アスカは自分が置かれている状況がわかり、強烈な恐怖が襲った。 83 ID:ASDCb5240 シンジ「アスカどうしたの!?大丈夫!?」 アスカ「やめて!!離して!!ミサト!!加地さん!!」 ミサトは朝まで仕事で戻らない。 加地がここに来る事はないだろう。 シンジはアスカの服を破り、生まれて初めて触る女の体を弄んだ。 06 ID:ASDCb5240 シンジがアスカの頭を何度も床に叩きつけると、アスカは抵抗をやめた。 アスカは悟ったのだ、男と女の力の違いに。 シンジ「アスカ大丈夫!頭から血が出てるよ!?」 シンジはアスカの髪を掴みぶんぶんと揺らした。 アスカ「シンジ……ヤメテ……オネガイ……」 シンジ「アスカ!?アスカしっかり!」 アスカ「ワタシガワルカッタ……アヤマルカラ……ナンデモスルカラ……」ピクピク シンジ「クソオオオオオ!!!誰だ!!!誰がアスカをこんな目に!!!」 ブチイイイイイイ! シンジは、ペンペンだったものの下半身を引きちぎった。 背骨がズルリと抜け、生臭い血が床に広がった。 中まで火が通ってなかったのだ。 アスカ「……」ゲボゲボ アスカはまたもや嘔吐した。 今度はクレープの残骸が出た。 93 ID:ASDCb5240 シンジ「アスカ、今日の晩御飯は何がいい?ハンバーグ?」 シンジはアスカの下半身を露出させた。 アスカ「ウソ……マサカ……シンジ……シンジ……?」 嫌な予感がしてアスカは力いっぱい抵抗した。 アスカ「いい加減にしなさいよ!このキチガイ!」 シンジ「綾波って何が好きなんだろおおおおおおおおお!!!」ガス!ガス!ガス! シンジはペンペンだったものの背骨を掴み、下半身を何度もアスカの顔に叩きつけた。 アスカ「ヤメ……イタイ……イタイヨシンジィ……」 何度も殴ると、アスカは抵抗をやめた。 シンジ「アスカがいなくても、変わりはいるもの」 そう言い、シンジはペンペンの煮え切ったチンコをアスカの股間に押し込んだ。 アスカ「イヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアイ」 アスカの大事な何かが音を立てて崩れていった。 20 ID:ASDCb5240 アスカは泣いた。 声も無く泣いた。 涙が頬を伝い血まみれの床に落ちた。 アスカ(汚されちゃった……汚されちゃったよ……初めては加地さんが良かったのに……) 痛い! 強烈な痛み。 シンジ「逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ」ガシッガシッガシッ シンジがペンペンの背骨を何度もアスカのスイートクレープに出し入れしていた。 アスカ「痛い!!痛い!!やめて!!壊れちゃう!!痛いよシンジィ!!」 シンジ「父さん!!!僕がエヴァに乗ります!!!」ガシッガシッガシッ アスカ「イタイイイイイイイイイイ!!カジサアアアアアアアアアアアアン!!ミサトオオオオオオオオオ!!」 シンジ「ええい!このボタンだ!」ガシッガシッガシッ ミサト「そこまでよ」チャキッ 銃を持ったミサトがそこに立っていた。 24 ID:ASDCb5240 シンジ「ミサトさん?どうしたんですか怖い顔して」キョトン シンジはアスカから手を離し、ゆっくりと立ち上がった。 アスカ「ミサト……助けて……ミサト……」 アスカは床をはいつくばり、ミサトに助けを求めた。 ミサト「……もう大丈夫よ、ごめんね……遅くなって……」 シンジ「ミサトさんどうしたんですか?朝まで仕事のはずじゃ……」 ミサト「二人には悪いけどこの部屋には監視カメラがついているのよ、報告を聞いて急いで帰ってきてみれば……」 アスカ「ミサト……助けて……ミサト……」ズリズリ ミサト「何やってんのよこの連邦の赤い肉便器ィィィィィ!!!」パァーン! アスカ「ひぎっ!?」 ミサト「私んちの床を汚しやがって!!ふざけんじゃないわよおおおおお!!」バァン!パァン!パァン! ミサトは拳銃にある全ての弾をアスカの肉体にぶち込んだ。 34 ID:ASDCb5240 ミサト「ハア……ハア……ハア……」カチカチ 全ての弾を撃ち終えても、ミサトはなおも引き金を引き続けた。 アスカ「」ピクピク ミサト「シンジ君ごめんなさいね……来るのがちょっち遅れちゃったわ……」 シンジ「いいんですよミサトさん……僕は……僕は……」 ミサト「……シンジ君」 だきっ!もみもみ シンジはミサトの胸に飛び込み、声を出して泣いた。 シンジ「僕怖かった!僕はただペンペンを料理してアスカを犯したかっただけなのに!それなのにアスカは!アスカは!」 ミサト「もう大丈夫、あなたは悪くないわ……泣きなさい……辛い時は泣いていいのよシンジ君……」 シンジ「うわあああ……うわあああああああああああああん!!」 アスカ「タスケテ……オコシテ……」ピクピク パァン! ミサトはシンジの尻を揉みながら最後の一発を薄汚い雌豚のこめかみにぶち込んだ。 63 ID:ASDCb5240 ミサト「加地?どうしたの怖い顔して」シュコシュコ シンジ「ミサトさん……出ちゃう……LCL出ちゃうよぉ……」ハアハア 加地「ミサト……お前……自分が何をしてるかわからないのか……!」ギリッ! 拳銃を握る加地の手に力が入る。 ミサト「何って……私んちを汚した薄汚い雌豚を粛清してやったのよ」シュコシュコ シンジ「ミサトさぁーん……おちんぽミルクでりゅううううううう!」ハアハア 加地「ミサト……シンジ君……治療を……治療を受けるんだ」 ミサト「治療ですって?」 シンジだったもの「」 加地「ミサト!お前は狂っているんだ!適切な治療を受けるんだ!」 ミサト「私には治療なんか必要ない!おかしいのはアンタよ!」 加地「そうです!1番おかしいのは私なんです!」 パァン! 加地は拳銃をこみかみに当てると引き金を引いた。 03 ID:ASDCb5240 ミサト「加地……加地……どうして……」 ミサトは崩れ落ち、泣いた。 ミサト「うわあああああああああん……うわあああああああああああああああああ!」ジョボジョボ 文明のゴミ「お嬢ちゃん……留守電が入ってるぜ……」 ミサト「……誰から?」 文明のゴミ「俺が言うのはヤボってもんよ……聞いてやんな……」 ピッ 加地の声『ミサト……これを聞いてる頃には、俺はお前に多大なる迷惑をかけてる事だろ……』 ミサト「加地……」 加地の声『お前に頼みがあるんだ……俺の……俺の最後の頼みだ……』 加地の声『ゲオに《中出しタクシー》返しといて』ガチャリッ ツー、ツー、ツー… ミサト「加地……あなたが私に託した『まごころ』……受け取ったわ……」 ミサトは拳銃に残り少ない弾を込める、部屋を出た。 93 ID:ASDCb5240 綾波「マッチはいりませんか」 禿げ「……」プイッ 綾波「マッチはいりませんな」 禿げ「……」プイッ 雪の降る寒空の下、マッチ売りの綾波がいた。 綾波(どうしよう……全然売れないわ……) 冷たい風が容赦なく綾波に吹き付ける。 綾波は両手を合わせると、息をかけた。 98 ID:ASDCb5240 1時間前 ゲンドウ「一体何のようだこんな所に呼び出して 初号機「悪いな……忙しいんだろ?」 ゲンドウ「部下にまかせてある……要件は何だ、言え」 初号機「ゲンちゃん……」 そう言うと初号機は服を脱いだ。 ゲンドウ「な、何のマネだ!」 ゲンドウは顔を反らした。 だが初号機の立派なエントリープラグをチラチラと見てしまう。 26 ID:ASDCb5240 ミサト「ちょっと!一体何してるのよ!」 カヲル「あー……もっと舌使ってよ、あ、そうそう」 綾波「……」シュポジュポ ミサト「私のレイに何すんのよおおおおおおお!」ドガガガガガ! ゼーレ「ぎゃああああああああ!!」 ミサトのサブマシンガンを唸りをあげ、薄汚い社会の権化達を叩き潰した。 その時、店内が吹っ飛び、無数のAVが炎に包まれた。 14 ID:ASDCb5240 飽きた。 カリオストロ終わってもこのスレが残っていたらシンジきゅんがプンプンしてるまともなSS書く。

次の

[B! SS] アスカ「ハンバーグ」シンジ「ぐらい自分で作れ」

エヴァ ss シンジ キレ る

そういう表現嫌い」 シンジ「何回目だと思ってんだよ……」 アスカ「なに、シンジのくせにいっちょまえに嫉妬してんの?」 シンジ「誰がアスカなんかに。 興味本位だよ、いっつも聞いてなかったから」 アスカ「ふーん……ま、教えてあげる。 背が高くって男らしくて筋肉あって、あんたとは全然違うタイプ」 シンジ「……」 アスカ「えっちのほうも凄くて、一度じゃ終わらなくていっぱい愛してくれたんだから」 シンジ「そんなの、僕だってやろうと思えばできるよ。 アスカがきついだろうと思ってしないだけで」 アスカ「はんっ、口だけね。 できるもんならヤってみせなさいよ」 シンジ「……分かったよ。 あんたには過ぎた幸せでしょ」 シンジ「そっちが勝手にくっついてきてるだけじゃないか」 アスカ「……さっきから私のカラダ中撫でまわしてるくせに」 シンジ「……アスカはカラダくらいしか価値がないんだから、せめてちょっと触るくらいいいだろ……」 アスカ「ふぅん、シンジの分際でそんな生意気言うのね。 それだけの価値にめろめろなくせに」 シンジ「だ、誰がだよっ。 アスカのほうがまた押しかけて来たんだろ、なんでそんな自信過剰なんだよっ」 アスカ「なら、過剰かどうか試してみましょ」 シンジ「どうやって……?」 アスカ「キスして」 アスカ「あんたから私にキスして、ずーっとキスして、私をめろめろにできたらあんたの勝ち。 あんたが我慢できなくなってまた私を抱いちゃったら、私の勝ち」 シンジ「朝からなに言ってんだよ……」 アスカ「朝からでもいいじゃない。 アスカがすべすべで。 シンジ、これどっちが良いと思う?」 シンジ「知らないよ。 自分で決めてよ」 アスカ「あんたの意見を参考にしてやろうって言ってんのよ? ほら、どっち?」 シンジ「……こっち」 アスカ「ふーん。 なら逆にするのが無難ね、あんたセンス0だから」 シンジ「なんだよそれ」 アスカ「『参考にしてやった』でしょ。 じゃ、会計頼んだわよ」 シンジ「……この流れで払うわけないだろ。 めちゃくちゃなんてもんじゃないよ、アスカ」 アスカ「ケチ。 いーじゃないお金には困ってないくせに。 ちょっと来なさい」グィッ シンジ「イタッ。 引っ張んないでよ!」 アスカ「さっさと来いっての」グイグイ シンジ「……なに?」 アスカ「対価の相談。 じっ、自分で言ってて恥ずかしくないのっ? それじゃ援助交際じゃないか!」 アスカ「なに今更。 元々似たような関係じゃない。 そういうあんただってこれまで散々私を『買って』るんだから、恥ずかしいのはお互い様」 シンジ「それは……そうだけど……でも、水着は買わないから」 アスカ「一回だけじゃないわよ」 シンジ「え?」 アスカ「すけべシンちゃんがおっぱい大好きすぎるから、今まではたまーにご褒美でしかしてあげなかったけど。 google. やめてよ、こんなトコでまで……! こういうことばっかり!」 アスカ「ふん……いい子ぶっちゃって」 アスカ「知ってんだから。 あんたが怒ってみせるのって『エロいことしてごまかして欲しい』っていうサインだって。 私とのセックスの味を覚えてから、ずうっとそう」 シンジ「……身勝手な決めつけだね」 アスカ「そう? 違うってなら本気で引き剥がしてみせなさいよ。 このままお尻でぐりぐりするだけで、すぐお漏らししちゃいそうね」 グリグリグリ、クニニッ シンジ「あ! あふっああっ」 シンジ「ア……アスカぁ、やめ、やめてっ、あぅぅ」 アスカ「却下。 帰ったら私に、やっぱり出てくように言うつもりだったでしょ?」 シンジ「!? な、なんで」ガバッ アスカ「やっぱり。 なんとなーく分かるのよね、そういうの」 シンジ「……」 アスカ「……」 シンジ「……アスカ、あのさ」 アスカ「最後に海行きたい」 シンジ「え?」 アスカ「水着買ったし。 海行こ、シンジ」 ザザー ワイワイワイ シンジ(思ったより人多いな。 まともな海水浴場って、このへんここしか無いからしょうがないか……) アスカ「シンジー! お待たせっ」 シンジ「……あれ?」 アスカ「なによ」 シンジ「あの。 それって、僕が選んだからやめるって言ってたほうじゃ……」 アスカ「あんたバカぁ? レジにはこっち持って行ってたじゃない」 シンジ「そうだっけ? 買うとこ見てなかったから」 アスカ「はぁ……ま、いいわ。 それより感想言いなさいよ。 褒めたたえなさい」 シンジ「……お店で見た印象より、ちょっと露出多すぎる気がする」 アスカ「ひっひっひ。 着替えてからここ来るまでだけで、2回も声かけられちゃった。 美しくてセクシーで若いと、有象無象の男どもを惑わしちゃって申し訳ないわよね~」 シンジ「……」 アスカ「ちなみに有象無象にはあんたも入ってるから」ビシッ シンジ「言うと思った」 シンジ「……」バシャバシャ アスカ「ん~、楽ちん楽ちん。 あ、シンジ、右のほうスペースあるからあっち進んで」 シンジ「あの赤いワンピースの人がいるあたり?」バシャバシャ アスカ「そうよ、あれの向こう側」 シンジ「……」バシャバシャ アスカ「まあ、こうやって泳いでボート押せるくらいには、シンジも進歩したわけよね。 昔は完全カナヅチだったし」 アスカ「ねえ。 練習つきあってあげた私への感謝を忘れたりしてないでしょーね?」 シンジ「練習のたびにクレープとかおごらされたけど」バシャバシャ アスカ「あんたバカぁ? 美少女とマンツーマンで水泳なんて、クレープ一つで体験できるって聞いたら世の男子から申し込み殺到するイベントよ」 シンジ「……性格も良ければなおさら良かったのに。 ここでいい?」 アスカ「ん……そうね。 シンジも上がってきなさいよ」 アスカ「一回どくから、あんた先座んなさい」 シンジ「え。 うん」 アスカ「そのまましてて。 んしょ……っと」ピトッ シンジ「……っ」 アスカ「シンジ、ハグ」 シンジ「は、はぐ?」 アスカ「鈍い! だっこよだっこ」 シンジ「あ……こ、こう?」ギュゥ シンジ「ねえ……アスカ。 この態勢、ちょっと恥ずかしくない?」 アスカ「気にしすぎ。 google. 2年の時に他に男作って出てったっていう」 シンジ「……うん。 そのアレ」 学友A「あの時の前にも同じこと繰り返してたんだろ? 出てったり戻ってきたり出てったり戻ってきたり」 シンジ「実は、Aが知ってる件の後にも一回出入りしてる。 で、こないだまた転がり込んできて」 学友A「シンジ……いい加減にしとけマジで。 いくら美人でも、関わってたら人生ズタボロにされるぞ」 シンジ「……今度こそ大丈夫じゃないかなあ……と思うんだけど。 なんとなく」 学友A「なわけないだろっ。 お前絶対またおっぱいに目がくらんでるって!」 学友A「この際、付き合うなとかまで言わねえけど。 なんとか) シンジ(まあ確かに前にも、二度と浮気しないって約束した直後に浮気されたりとかあったけど……) シンジ(あ。 雨降ってくるかも) トゥルルル トゥルルル アスカ『……もしもし』 シンジ「アスカ? シンジだけど、悪いけど洗濯物入れといてくれないかな。 もう乾いてると思う。 うん、雨が降りそうだから」 アスカ『OK』 シンジ「頼むね。 僕もあと10分くらいで家に着くと思うけど、念のため……」 アスカ『はぁ!? な、なんでそんな早いのよっ、大学は!?』 シンジ「残りが休講になっちゃったんだ」 アスカ『……っ、そういうことは先に連絡しなさいよ! バカ!!!』 プツ シンジ「……??」 学友A『気が進まないなら、とりあえずリビングにでもカメラ仕掛けてみろよ。 外で会われたら役立たねえけど、自宅での逢引すら分からんよりマシだろ』 学友A『自宅の撮影は違法じゃないらしーぞ。 相方の自室でもないから、多少は気も楽だろうし』 シンジ「うーん……」 学友A『どっちにしろ、何も確かめないで過ごすのは無理だろ? 前科ありすぎだからな、あいつ』 シンジ「……うん。 じゃあさ、音だけ録るのはどうかな?」 学友A『……だけかよ』 シンジ「一人でくつろいでるのだって、見られたくないかも知れないし。 リビングの音声を録って、会話くらい音の大きなとこだけチェックすれば、余計な情報はもらわなくて済むと思う」 学友A『まあそっか……誰か連れ込んでたら一応分かるな』 シンジ「多分ね。 なんとか、それだけはやってみるよ」 シンジ「ア、アスカ。 あのさ」 アスカ「……浮気してやる」 アスカ「私の浮気ストック48人と五十音順に浮気しまくってやるんだからーーーーーーーーーーー!!!!」 ドタタタタッ バタンッ! シンジ「……48人もいるの?」 学友D「そこ真に受けなくても」 バタンッ! ドタタタタッ 学友D「あ、戻ってきた」 アスカ「……いっっっつまでひっついてんのよ……! このスケベが……っ」グィグィ シンジ「痛!? ちょっとアスカ、痛いっ、やめてよ無理に引っ張んないでよっ、服伸びるから!」 ズリズリ アスカ「ふー、ふー……」 シンジ「はぁ、痛かった……げふっ!?」 学友D「い、碇くん!? ちょっと、蹴ることないじゃない!」 アスカ「自業自得よ! バーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーカ!!!!!!!!!!!!」 ドタタタタッ バタンッ! 学友D「…………子供みたい」 シンジ「う、ぅぅ……」 ブロロロ… シンジ「音信不通にして飲みに行った時にさ、頭使いたくて僕だけ食べるだけにしといたんだけど。 アルコール入れてたら運転できなかったから、良かったよ」 アスカ「……私、まだ許したわけじゃないわよ」 シンジ「へ?」 アスカ「『へ』じゃないわよ! さっき! 私が留守の隙にちゃっかりイチャついてたあれ!」 シンジ「あー……」 アスカ「元はといえばあれのせいで飛び出して来たんだからっ」 シンジ「いや、あれはホントに何でもないってば。 向こうは慰めようとしてくれてて、お酒入ってたからこう……ってだけで」 シンジ「まだ何もしてなかったし、ちゃんと断るつもりだったし。 うん」 アスカ「しょーこは? 証拠もなしに納得させようっての!?」 シンジ「あるわけないだろっ証拠なんて。 大体なんだよっ、そんなの言い出したら僕なんて今までどれだけ悩まされてきたと思ってんだよ」 アスカ「それはそれこれはこれ! 話を逸らすなんて男らしくない!」 シンジ「アスカも一回くらいモヤモヤする経験したっていいだろ。 それも勉強だよ、勉強!」 アスカ「いっかい~~!? はんっ、よくも一回なんて言えたわね! あんたこそあちこちの女としょっちゅう雰囲気出しちゃって、あーやだやだ思い出したくもない記憶がいっぱいだわ!!」 シンジ「思い出してみればいいだろ! いつ僕が浮気なんてした!? 言えるもんなら言ってみてよっ」 アスカ「古くは戦自のスパイ女とかいたじゃないっ霧島なんとかかんとか!!」 シンジ「マナ!? 古すぎだろっアスカとだって付き合ってもないじゃないか!!」 アスカ「ほらそうやってすぐ名前出るじゃない! そーいうとこがやらしいのよあんたって!!」 シンジ「はー、はー……」 アスカ「ぐるるる……ッッ」 シンジ「ふぅ……待ってアスカ、しばらく休憩……」 アスカ「オーケー。 家着いてから再開ね」 シンジ「分かった、それで」 アスカ「ふんっ」 ブロロロ… シンジ「…………はぁ。 アスカってさ、つくづく面倒だよね」 アスカ「なによ。 今さら弱音?」 シンジ「いや。 なんか今回改めて、つくづく……すごいなぁって」 シンジ「もうさ、面倒だから結婚でもしようか」 アスカ「………………はぁぁ!?」 シンジ「面倒だからさ、この際ズバッと結婚して、ズバッと落ち着こうよ。

次の