お 彼岸 いつ。 お彼岸2020はいつ?春のお彼岸・秋のお彼岸の期間は?

お彼岸の由来とは? 2020年春・秋のお彼岸はいつ?

お 彼岸 いつ

春の お彼岸(ひがん)と、秋のお彼岸、年に2回お彼岸がありますね。 お彼岸には「お墓参りに行く」という方も多いと思いますが、お彼岸だけではなく、お盆にも、お墓参りに行きますよね? お彼岸とお盆、どちらもお墓参りに行くのに何が違うのでしょう? 今回は、お彼岸の意味や、お盆との違いについて調べて行きましょう。 お彼岸とは? お彼岸とは、 雑節(ざっせつ)のひとつです。 雑節とは、二十四節気(にじゅうしせっき・1年間を24等分したもの)、五節句(ごせっく・季節の節目の行事)のほかに、季節の移り変わりをより適確につかむために設けられた特別な暦日(れきじつ・こよみで定められた日)です。 彼岸は、春分(しゅんぶん・二十四節気のひとつ)と秋分(しゅうぶん・二十四節気のひとつ)を中日とし、前後それぞれ3日間を合わせた7日間のことを指し、この期間に行う仏事を 彼岸会 ひがんえ といいます。 最初の日を「彼岸入り(ひがんいり)・彼岸の入り(ひがんのいり)」、最後の日を「彼岸明け(ひがんあけ)・彼岸の明け(ひがんのあけ)」と呼びます。 関連: 関連: 関連: 「彼岸」は仏教用語です。 仏教では、 今私たちがいる煩悩や迷いに満ちた世界を「此岸(しがん)」といいます。 この此岸にある者が六波羅蜜(ろくはらみつ・菩薩になるための方法)の修行をすることで 煩悩や悩みの海を渡って辿り着く悟りの世界を「彼岸(ひがん)」といいます。 お彼岸は、 極楽浄土に想いを馳せ、より彼岸に近づけるよう修行をする期間といわれています。 また、 彼岸は西、此岸は東にあるので、秋分と春分は太陽が真東から昇って真西へ沈むことから、彼岸(極楽浄土・あの世)と此岸(この世)が通じやすくなると考えられ、先祖供養をするようになったのだそうです。 2020年のお彼岸はいつ? 2020年のお彼岸は下記のようになります。 そのため、家族や親戚が集まってお寺や自宅でお坊さんにお経をあげてもらったり、お墓参りをして先祖への感謝の念と現世の人々の安寧を祈る行事として定着しています。 現在、日本で全国的に行われている行事の多くは、地域によって旧暦で行われたり、新暦で行われたりしています。 お盆についても、7月13日~7月16日までのところと月遅れの8月13日~8月16日までのところ、旧暦のお盆のところがあります。 ご先祖様があの世から私たちのところへ帰ってくるといわれており、私たちはご先祖様をお迎えし、供養し、再びあの世へ送り出します。 また彼岸と此岸が通じやすくなると考えられ、先祖供養が行われます。 」 どちらも先祖供養をすることに違いはありませんが、上記のような違いがあるようです。 お彼岸とお盆の違いがわかりましたね。 悟りを開いて彼岸に近づく修行をする人は、私たち一般人の中にはいないのかもしれませんが、ご先祖様に感謝し、供養する人は多くいらっしゃると思います。 今の自分があるのはご先祖様のおかげと感謝をし、今の自分がどんなふうに生きているのか、墓前で報告をするとご先祖様も喜んでくださるのではないでしょうか。 関連: - , , , ,.

次の

秋のお彼岸はいつからいつまで?2020年の期間をカレンダーで!

お 彼岸 いつ

2020年 令和2年 の春のお彼岸・秋のお彼岸はいつからいつまででしょうか。 お彼岸の期間についておさらいしましょう。 お彼岸は年に2回、春彼岸と秋彼岸がありますが、一体お彼岸とはどのように決められる日なのでしょうか? 2020年のお彼岸はいつから?いつまで?お彼岸期間は? 2020年 令和2年 春のお彼岸 春彼岸 の時期 お彼岸の期間は、春分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間です。 お彼岸はいつから始まり、いつまでお彼岸なのかチェックしましょう。 彼岸入り・・・・・3月17日 火• 中日 春分の日 ・・3月20日 金• 彼岸明け・・・・・3月23日 月 2020年 令和2年 秋のお彼岸 秋彼岸 の時期 お彼岸の期間は、秋分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間です。 お彼岸はいつから始まり、いつまでお彼岸なのかチェックしましょう。 彼岸入り・・・・・9月19日 土• 中日 秋分の日 ・・9月22日 火• 彼岸明け ・・・・・9月25日 金 お彼岸には何をするの? 2020年のお彼岸に何をすればいいのか?については で確認できます。 お彼岸の由来や意味、お墓参りの文化 彼岸という言葉は、サンスクリット語の「パーラミター」の漢訳「到彼岸」の略だといいます。 元々の用語で、「に満ちた現世である しがん を離れて修行を積むことで煩悩を脱して、の境地に達した世界(彼の岸)に到達する」という意味をもちます。 現代の私たちが普段使っている「お彼岸」という言葉は、修行を経て悟りの世界に達したというよりも、彼岸の期間にで行われる彼岸会と呼ばれる法要や、先祖の意味で用いられることのほうが多いです。 「お彼岸に」という文化は、仏教徒が多い他の国と比べても日本だけの独特の風習です。 お彼岸の中日である春分の日の意味が「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、秋分の日が「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」という意味をもち、昔から先祖崇拝や豊作に感謝してきた日本らしい文化が影響しているのでしょう。 仏教においては、お彼岸の時期に真西へ沈む夕陽の向こう側にある此岸・の先祖を偲び、夕陽に拝み供養する仏事です。 春・秋のお彼岸の日程の決め方は? お彼岸とは、毎年「 春分の日」と「 秋分の日」を中日として、前後3日間を合わせた7日間のことをさします。 お彼岸に入る日のことを「彼岸入り・彼岸の入り」といい、お彼岸が終わる日のことを「彼岸明け・彼岸の明け」といいます。 お彼岸の中日である春分の日と秋分の日は日付で決まっているわけではないため、お彼岸の時期(彼岸入り・彼岸明け)も確定しているわけではありません。 そもそも「春分・秋分」とは、太陽が春分点・秋分点に達した日のことをいいます。 この日は、太陽は天の赤道上にあり、ほぼ真東から出てほぼ真西に沈みます。 そして「春分の日」と「秋分の日」は国立天文台が作成する「暦象年表 れきしょうねんぴょう 」に基いて閣議によって決められます。 毎年2月1日付で翌年の該当日が発表されます。 国民の祝日であるため、官報にも掲載されます。 春・秋の初彼岸とは? 故人が亡くなってから初めて迎えるお彼岸を「 はつひがん 」と呼びます。 普段のお彼岸と同じように、彼岸入りには・を清め、お彼岸の期間は、お花やお供え物を供えましょう。 初彼岸だからといって特別なことはないですが、家族みんなでお墓参りに行って故人や先祖を供養できるといいですね。 [PR] 「家の解体を考えているのだけど、どこに相談すればいいの?」 「解体業者を選ぶときに気をつけたほうがいいことは?」 「解体業者ってどうやって探せばいいの?」... [PR企画] 一年中お花の絶えない江戸川区の永代供養墓「久遠廟」 妙泉寺 永代供養墓「久遠廟」... 「ずっと家にいて終活が進まない」 「そろそろ納骨したいのに見学ができない」 そんなお悩みを少しでも解決すべく、青山霊廟 東京都港区北青山2-12-9・外苑前徒歩2... 【PR】不安定な世情の中、終末期について意識させられ、ご不安に思われる方も増えてきています。 エンパークでは、こんな世情だからこそ、心配されている方が増えている「葬儀・... [PR] 葬儀を終えて納骨先を探そうと調べてみると、想像以上に選択肢が多くて悩むことも少なくありません。 墓地や霊園だけでなく、屋内の納骨堂や永代供養墓、樹木... あわせて読みたい 2019. 27 2020. 17 2019. 1 2020. 22 2013. 11 2020. 株式会社 FinCube お金に関する記事の監修者• せいざん株式会社 大人のためのbetterlifeマガジン• 金子智子建築設計室 一級建築士事務所 家の建築・リノベーションの専門家• 敬食ライター ライター・レポーター• 解体サポート 解体に関する記事の監修者• クリエイティブ sai 地味に忙しい幸運体質の編集人• 株式会社HOWL ライター・ディレクター あなたに おすすめ記事 Recommend.

次の

【2019年】お彼岸の墓参りはいつ行く(時間と日にち)?最適な服装とお供え物とお布施の金額についても

お 彼岸 いつ

スポンサーリンク 春のお彼岸の時期は、春分の日を真ん中にして前後3日間を合わせた7日間です。 結構長いんですね。 同じように、秋のお彼岸も前後3日間を合わせた7日間。 ちなみに、春分の日って毎年違う日付なのはご存知でしたか? 2015年は3月21日、2016年と2017年は3月20日、2018年は3月21日となっています。 3月20日か21日という感じですね。 春分の日が毎年違うことを知っている人って意外と少ないんですよね。 私なんかは 『3月の祝日は1日だけか。 土日とくっついて連休にならないかなぁ』 ぐらいしか考えていないです。 春分の日というのは、毎年2月1日に国立天文台が国と相談して決めています。 決して「この日休みたいから休日にしよう」という悪い決め方ではないので安心してください。 さて、その春分の日の決め方ですが、天球や黄道、天の赤道が関係しています。 細かく言うとあれこれ小難しい理科の話になるので簡単に説明しますね。 地球の周りをぐるぐる回る天球と太陽の通り道の黄道、そして地球の赤道の延長線上がいい感じに交わった日が春分の日です。 そしてその反対側にあるのは秋分の日です。 とてもざっくり説明してみました。 天文学が苦手な方は簡単に春分の日がわかる計算式もあります。 そうすると簡単に答えが出てきますよ。 「ちょっと想像がつかない」「もっと詳しく知りたい」という場合は、国立天文台のホームページに詳しく載っていますので見てみてくださいね。 また、なぜ春分の日が毎年違っているのかというと、それは1年の長さが影響しています。 1年=365日というのが当たり前なんですが、実は正確には1年=365日以上366日未満なんです。 365日のほかに数時間ほど余る感じなんですね。 でも、毎年毎年その数時間をずらしていくのは大変です。 そのずれを調整すべく登場するのが…4年に一度の『うるう年』。 この年に今までずれた時間を調整して、うまく1年=365日を守っているわけなんです。 国立天文台ってすごいですね。 春のお彼岸と秋のお彼岸の違いって何? お彼岸になるとお墓参りをするという人が多いですよね。 春分の日と秋分の日の祝日を利用して行っている方が多い気がします。 春も秋も共通して行う墓参りですが、違いなんてあるのでしょうか? 唯一違いがあるとしたら、お供え物です。 春のお彼岸にはぼたもち、秋のお彼岸にはおはぎをお供えしますよね。 春には収穫をもたらしてもらう為にぼたもちを、秋には収穫を祝い感謝しておはぎを作ってお供えするようになったと言われています。 ちなみに、ぼたもちとおはぎの違いってご存知ですか? あんこが、こしあんなのか粒あんなのかの違いだけです! 意外とあっさりした違いですね。 私は恥ずかしながら大人になるまで違いがわかりませんでした…。 餅の上にあんこが乗っているもの=あんこもち(ぼたもちとおはぎは一緒)っていう認識です。 意外とそういう人って多いですよね? どちらも私は好きなのですが、最近だとあまり気にせずにぼたもちやおはぎをお供えしている人も多いようですね。 違いをあまり気にしない人が多くなったからだと思われます。 また、お店でも同じものを売っているところも増えましたよね。 また、春のお彼岸と秋のお彼岸もそんなに違いがありませんでした! お彼岸の日は、お墓参りをしてきちんとお供え物をしましょうね。

次の