肺 気胸 症状。 肺気胸の症状!背中の痛みや息苦しさがあったら要注意!

気胸とは?肺に穴が開く原因や種類、特徴的な症状について

肺 気胸 症状

肺の病気|気胸 気胸とは胸膜腔に空気が溜まり、肺がしぼんでしまう病気の事をいいます。 簡単にですが、気胸に関わる範囲で構造の説明をします。 肺は2枚の「胸膜」という薄い膜に囲まれています。 1つは、肺の表面を覆っている胸膜「肺胸膜(臓側胸膜)」で、もう1つはその周りを囲んでいる胸膜「壁側胸膜」です。 この2つの胸膜の間には触れ合わないようにスペースがあり、そのスペースを「胸膜腔」と云います。 この胸膜腔には潤滑油としてほんの少し液体が分泌されています。 では気胸となってしまう仕組みですが、何らかの原因で肺(肺胸膜)に穴が開くと、その空気が胸膜腔に漏れていきます。 そして胸膜腔内の空気の量が増え、そのせいで肺は圧迫されていき、しぼんでいってしまうのです。 なので、息を吸っても肺は圧迫されている為に膨らみきないので、息苦しさを感じるという訳です。 この病名はあまり知られてないですが、珍しい病気ではありません。 <症状> 特徴的な症状としては、息切れ、息苦しさ、運動すると息が出来なくなる、胸の痛み、咳が出る・・・といった事があげられます。 初期症状では、肩こり、鎖骨の違和感、胸や背中の鈍痛という事もあるようです。 色々と症状を挙げましたが、発病したからといって全く痛みを感じない人もいれば、気胸の程度は軽くても激しい痛み(症状)を感じる人もおり、さまざまです。 この気胸の特徴は、下記の2点が挙げられます。 前触れもなく激しい症状が現れる2. 若い男性で、背が高く細い人に多い「1」ですが、例えば胸痛で云えば「刺されたような鋭い痛み」を感じるようです。 以外にもなりやすいと云われる人がいます。 その人には肺に「ブラ」もしくは「ブレブ」と呼ばれる小さい袋を持っていおり、それが突然破裂してしまう事で自然気胸が起こってしまうそうです。 「どうして袋が出来るのか」また「なぜ破れるのか」という理由は分かっていません。 肺は左右それぞれ1つずつあります。 自然気胸の場合、通常は片方の肺でしか発症しません。 ですが稀に、一度に両方の肺に発症する事があります。 こうなると、命に係わる大変危険な状態ですので、早急な治療が必要です。 このタイプの気胸は高齢の方に多いとされています。 例えば、交通事故で肋骨が折れ、それが肺に刺さってしまう事で気胸が発症します。 子宮内腔を覆っている子宮内膜という細胞が、何らかの原因で横隔膜や肺に入り込み、それが月経の時にはがれ落ちる際に、その箇所に穴が開いてしまう事で気胸が発生します。 この気胸の特徴としては、「月経開始前後に発症する」、「右側に発症する事が多い」と云う事です。 前記で症状を述べましたが、この気胸では特に肩や鎖骨の痛みを強く感じ、また悪化すると吐血する事もあるそうです。 気胸は男性に多い病気ですので、女性で気胸にかかるとまずこの月経随伴性気胸を疑います。 胸腔とは横隔膜から上の胸全体の事を指し、この胸腔には肺以外にも心臓、気管、大動脈、食道などが存在します。 症状が悪化し、あまりにも胸膜腔内の空気が溜まり過ぎると、漏れ出した肺の方を圧迫するだけでなく、気胸を起こしていない反対側の肺や心臓、また他の胸腔内にある器官をも圧迫してしまいます。 この症状はとても危険な状態なので、すぐに治療が必要です。 漏れていた空気ですが、軽度であれば自然に血液の中に溶けて無くなっていきます。 大体、1〜2週間程度で治ります。 穴がふさがるのは自然治癒などを含む他の治療となります。 この治療方法は何度も再発しやすいというデメリットがあります。 再発した気胸に対してまた胸腔ドレナージを行うと、さらに再発する確率が高くなります。 何度も再発を繰り返す場合は、再発を食い止める為、手術を行う事が多いようです。 自然気胸で述べた肺に出来ている袋を取り除いたり、開いた穴をふさいだりします。 最近では、袋を取り除いた後の傷口にメッシュやのり(フェブリン)使って、傷口を覆って補強する方法も出てきてます。 メッシュは1ヶ月位で表面に吸収され、肺の表面を厚くさせて丈夫にするというものです。 <再発について> 自然気胸を起こした人は再発しやすいと云われています。 胸腔鏡手術にて袋を取り除いた箇所が再発する確率は低いのですが、自然治癒で治った所は再発しやすく、又その他の場所に新たに袋が出来やすいという事が挙げられます。 続発性気胸も再発しやすいと云われています。 この気胸は、元々持っている肺の病気が原因で気胸が起こるので、その病気が治らない限り気胸を起こすリスクがあると云う訳です。

次の

肺気胸の症状や痛みは5回経験したオラッちに聞け!!

肺 気胸 症状

もっと見る 『気胸』は、肺の膜が破れることによって肺がしぼんでしまう病気です。 初めのうちはただの息切れと思いすごしてしまうことも多いため気づかない人もいます。 10代後半から30代のやせ型で胸の薄い男性に多いのが特徴で、女性の場合は月経時に気胸の症状が出ることもあります。 この記事では、気胸の症状や原因について解説しています。 気胸ってどんな病気? 1. 気胸とは? 気胸とは、肺をおおう胸膜が破れて肺がしぼんでしまう病気で、 呼吸困難や胸の痛みなどさまざまな症状が見られる病気です。 胸膜が破れると、肺から空気が漏れて血液に行き届くはずの空気(酸素)が胸腔にたまって肺を圧迫するため、呼吸がしづらくなります。 気胸が起こるメカニズム 何らかの原因で胸膜が破れ、空気が胸膜の隙間である胸腔に入り込むと胸腔内の圧力が高くなります。 その結果、肺の圧力が下がって肺がしぼみ胸痛や息切れなどが起こります。 気胸にはさまざまな種類があります 気胸にはいくつか種類がありますが、自然に破れて起こる『自然気胸』が最も多いとされています。 そのほか、交通事故や転落などによって胸部の外傷が原因で起こる『外傷性気胸』、医療行為によって起こる『医原性気胸』があります。 気胸の症状って? 1. 肺に穴が空くと、突然症状があらわれる 胸膜が薄くなっていき、あるとき突然肺に穴が空いて空気が漏れてしまいます。 そのため、今までふつうに生活していたのに、急に症状があらわれることが多いでしょう。 気胸のおもな症状を詳しく解説 以下の症状がある場合は、念のため病院を受診したほうがよいでしょう。 息切れ…軽く走ったような息切れ• 胸の痛み… 特に何もしていないのに、急に胸が痛くなり、深呼吸をすると痛む• 呼吸しづらい…特に何もしていなくても呼吸しづらさを覚える• 咳…風邪を引いているわけでも、何かを詰まらせたわけでもないのに咳が出る• 脈が速いと感じる…特には運動したり緊張しているわけでもないのに脈が速くなる• 動悸がする…急に起きる• 肩や鎖骨あたりの違和感 3. 重い症状が出たらすぐに病院へ チアノーゼ(酸欠で皮膚などが青黒くなること)や心臓を圧迫した際のショックなど、重い症状がある場合は、すぐに病院を受診しましょう。 レントゲン検査で初めて気胸に気づくことも 肺に穴が空いていても気づいていないことも! 肺に開いた穴が自然にふさがり、漏れ出た空気がそのまま血液中に吸収されている場合は、気づかずに生活していることもあるでしょう。 「気胸」だと気づいたら、早期治療が大切 レントゲン検査をおこなった際に発見されて気づくこともあるでしょう。 放っておくと再発や悪化の可能性もあります。 気胸だと診断された時点で、通院して治療をおこなっておくことが大切です。 気胸の原因を、種類に分けて解説! 1. 自然気胸 気胸は若くてやせている男性に起こりやすい? 最も多いのが、明確な原因がないまま突然発症するタイプで、『特発性自然気胸』です。 若い男性で長身、やせている人に起こりやすいといわれていますが、明確な理由はまだ解明されていません。 気胸の範囲によって重症度が決まります 気胸の範囲がどこまでおよんでいるかで重症度が決まります。 軽症の場合は自然に治る場合もあるでしょう。 中等度気胸からは入院が必要になります。 軽度気胸:胸部レントゲン検査で気胸を起こしており、肺尖(はいせん)という肺の頂上部分が鎖骨より上にある。 中等度気胸:胸部レントゲン検査で気胸を起こしており、肺尖が鎖骨より下にある。 高度気胸:胸部レントゲン検査で気胸を起こしており、肺の虚脱(衰弱)が著しい。 肺の病気によって気胸を引き起こすことも 『続発性自然気胸』といって、「肺がん」や「肺気腫」など、肺に関連する病気によって気胸を引き起こすこともあります。 高齢男性に多い傾向があり、原因のひとつとして喫煙があげられます。 外傷性気胸 交通事故や転落、打撲などによって気胸を発症する気胸を『外傷性気胸』といいます。 肋骨が折れて肺に刺さるなどして、肺に穴があくことが原因です。 医原性気胸 病院における検査や治療で、肺に針が刺ささってしまったり、肺が損傷を受けたりすることが原因で発症する気胸を『医原性気胸』といいます。 月経随伴性気胸 女性がかかる月経随伴性気胸とは? 「子宮内膜症」が原因となって起こる気胸を『月経随伴性気胸』といいます。 子宮内膜症のある女性は気胸になるリスクが高く、とくに20代~30代後半の女性に多く発症します。 月経随伴性気胸は月経にともなって発症します 発症の理由はいくつかありますが、子宮内膜がはがれるときに肺に穴が空いてしまう のではないかと考えられています。 子宮内膜がはがれるとき、とは「月経」のことです。 そのため、女性が気胸を発症した場合は、月経との関連を考えるのが自然です。 症状は、9割が肺の右側にあらわれ、左側にあらわれるのは1%以下だとされています。 『月経随伴性気胸』の治療について 『月経随伴性気胸』の治療は、「胸腔鏡手術」と婦人科での「ホルモン療法」の2種類があります。 入院期間は1週間以上です。 費用は入院した医療機関や治療方法によっても大きく異なりますが、保険が適用される前で30~150万円ほどです。 その間に子宮内膜組織を萎縮させていく治療です。 薬による副作用や投薬終了後に再発する可能性があります。 厚生労働省では、薬による副作用があるため、連続使用は半年までと定められています。 ストレスが原因となる気胸もある? これらとは別に、ストレスによる免疫力の低下 が原因で起こる場合もあります。 肺の表面で炎症が起こって、肺が部分的に膨らむと、『ブラ』とよばれる袋が破れて気胸を発症します。 ブラは何らかの原因で出来たり、原因がなく突然出来たりする袋のことです。 気胸が疑われる場合の対処法 1. 何科にかかる? 息切れや胸痛があり、気胸が疑われる場合は、 内科か 呼吸器内科、もしくは 呼吸器外科を受診して検査をしてもらいましょう。 かかりつけ医院で紹介状をもらって専門医に診てもらうのもよいでしょう。 検査法について 気胸の検査は、以下のようなものになります。 胸部レントゲン検査 最も多くおこなわれているのが胸部レントゲン検査です。 肺の状態が分かりやすく、気胸の診断に適しています。 臓器や骨などの状態も映し出され、肺に影があるかどうかまで確認できます。 そのため、気胸と似た症状のある、「風邪」や「気管支炎」、「助間神経痛」といった病気との区別がしやすいとされています。 胸部CT検査 肺がしぼんだままだと分かりにくい部分までを確認することができる検査です。 体の内部を輪切りにした断続撮影をおこなうため、幹部をよりくわしく確認できます。 治療について 軽度の気胸の場合 症状が軽度の場合は、注射針やチューブなどで肺から漏れ出た空気を逃がします。 また、軽度であれば薬等を使わずに、穴がふさがるまで経過観察をすることもあります。 重度の場合は、手術をおこなうことも 重度な場合や対処療法でもよくならない場合は、外科手術を行う場合があります。 手術をおこなった場合、1~2週間程度の入院が必要です。 手術は穴をふさぐ手術や気胸となった部位を切除する手術、肺をコーティングして強化する手術、再発防止を目的としておこなう手術など、さまざまな方法があります。 まとめ 気胸とは、突然肺に穴が空き、空気が漏れることで胸の痛みや息切れをともなう病気です。 一度発症すると再発することがあるため、気胸の症状があれば、早めに医師の診察を受け適切な治療をおこなうことが大切です。 とくに、気圧の変化や、呼吸器に負荷がかかるような活動には注意が必要です。 飛行機、登山、スキューバダイビング、息を使う楽器の演奏の際は気をつけましょう。

次の

突然、肺に穴が開く【気胸】なりやすい人・原因・症状など

肺 気胸 症状

とは肺から空気が漏れて肺がへこみ、胸痛や呼吸困難などの症状を引き起こす疾患です。 気胸が発症する原因は患者さんによって異なり、明らかなきっかけもなく発症したり、肺への直接的な衝撃が加わったりすることで発症する場合もあります。 また、何らかの基礎疾患に続発する形で気胸が起こることもあります。 本記事では国際医療福祉大学三田病院呼吸器外科部長の林和(はやしあえる)先生に気胸の種類や原因、検査方法についてお話を伺いました。 気胸とは? とは何らかの原因で肺から空気が漏れることで、肺が潰れてへこんでしまう疾患です。 肺の内部は緻密なスポンジ状になっていて空洞がたくさんあります。 肺の周りは風船のゴムのような胸膜で包まれており、さらにその周りの肋骨や筋肉が壁となって肺を守っています。 主な症状は胸痛・呼吸困難・咳 肺から空気が漏れる原因は患者さんによってさまざまですが、共通した症状として胸の痛みや呼吸困難、咳などが現れます。 なかでも、胸の痛みを主症状に訴えて病院に来る患者さんが多いです。 気胸は通常、左右どちらかの肺に発症しますが、まれに左右の肺に同時発症することもあります。 この場合、呼吸困難の状態が長く続くと大変危険なので、早急に胸腔ドレナージ(胸腔内の空気をドレーンで体外に排出する治療)や手術が必要となります。 (治療法については記事2をご覧ください。 肺嚢胞はお餅がぷっくりと膨らんだ様子とよく似た構造をしています。 肺嚢胞内に臓器はなく、膨らんでいる部分が破れると、そこから空気が抜けて肺がしぼみます。 肺嚢胞が破れるきっかけは特になく、どんなときにも起こる可能性があります。 たとえば、激しい運動をしたからといって発症するわけではなく、寝ているときにでも発症することがあるのです。 自然気胸は、背の高くて痩せている20歳前後の男性に発症しやすい傾向にあります。 なぜこのような方が気胸を起こしやすいのかという理由は明らかにはなっていません。 受験や就職などのタイミングで発症することもあり、ストレスも要因のひとつかもしれません。 なかでも、肺気腫が原因で発症する方が多く、好発年齢は60歳代です。 肺気腫の発症原因にはが大きく関係しているため、日常的に喫煙の習慣がある方は注意が必要です。 肺がんに続発する気胸は、腫瘍のある箇所が破れることで発症すると考えられますが、肺がんで気胸が発症する頻度は非常に少ないと考えます。 子宮内膜症は、本来子宮にあるはずの子宮内膜組織が子宮以外の場所に定着してしまう病気です。 月経期になると、子宮内膜が剥がれて出血を起こしますが、子宮以外の場所に定着した子宮内膜も通常の月経と同じように定着した部位で剥離と出血を起こします。 子宮内膜症は子宮近辺の卵巣や膣などに起こることが多いのですが、子宮から離れた横隔膜や肺にも定着することがあります。 横隔膜や肺にある子宮内膜が月経のタイミングで剥離することで、剥離した部分にある肺に穴が開き、月経随伴性気胸が起こります。 月経随伴性気胸は、子宮内膜症を発症しやすい30〜40歳の女性に多く、治療では月経を止めるホルモン療法や月経期に合わせた外科手術が行われます。 また、肺への直接的な外傷ではなくても、胸部に「ドン」と鈍的な衝撃が加わることによって気胸が起こることもあります。 たとえば、気管支鏡検査(口からカメラを挿入して肺の組織を採取する検査)やCTガイド下肺生検(主に肺がんの診断目的で、CT 装置で確認しながら肺に生検針を刺して行う検査)の際に、肺を包んでいる胸膜を損傷してしまうことで気胸が起きることがあります。 また、ペースメーカーや高カロリー輸液を注入するための管(CV)を挿入する際には鎖骨の下にある太い静脈を穿刺して行うのですが、このときにも胸膜を損傷させてしまうことがあります。 ですから、医師は十分に注意をしてこれらの処置を行わなくてはいけませんし、処置を行ったあとは必ず胸部レントゲン撮影をして、気胸を発症していないかどうかを確認します。 また鍼治療の際に、背中から刺した鍼が肺に到達して気胸を発症することもあります。 緊張性気胸になると、正常な肺も圧迫されてしまうので重度な呼吸困難に陥ります。 また、上大静脈が圧迫されることで血管が押しつぶされて血液の流れがせき止められると、全身の血液が心臓に戻ってくることができなくなり、血圧が急低下してショック状態に陥ります。 緊張性気胸は生命の危機的状況となるため、早急に胸腔にドレーンを挿入して、空気を体外に排出することが重要です。 気胸の検査方法 胸部レントゲンで診断 のレントゲン写真 林和先生ご提供 気胸は胸部レントゲン写真で比較的容易に診断することができます。 レントゲンで肺の状態を確認すると、上の写真のように気胸が起きている肺は虚脱して、下方向へ下がっていることがわかります。 さらに詳しく胸の内部を確認したいときには胸部CT検査を行います。 CT検査によって、レントゲンでは観察ができないような小さな嚢胞や、嚢胞の数や場所、胸膜癒着の有無、等の基礎疾患などを明瞭に確認することができます。 また、打診では鼓音(こおん:太鼓を叩いたときのポンポンという音)を認め、聴診では呼吸音の左右差や減弱、消失を確認することができます。 気胸に伴う合併症 再発時の血胸に注意 が発症して嚢胞が破れると、体はそれを自然に治癒させようと働きます。 そのときに胸壁の部分に新生血管(新しくできた血管)ができます。 この状態で2回目に気胸が発症すると、肺が虚脱して下がったときの衝撃で新生血管が引きちぎれて出血することがあります。 この血液が胸腔内に貯留することでとなります。 この場合は出血を止めるための緊急手術を行うこともあります。

次の