ボルト ネタバレ 45。 ボルトネタバレ最新46話確定【アマダの狙いは?裏があるって本当?】

ボルトネタバレ最新45話確定【アマドの狙いは何?】

ボルト ネタバレ 45

アマドの話を聞くナルト 木ノ葉への亡命を希望するアマド。 亡命の見返りに、ナルトたちには「情報」を提供するとアマドは言います。 イノの心伝身の術(しんでんしんのじゅつ)で会話を聞いていたボルトは、委員長に「亡命」の意味を聞きます。 委員長は、何かの事情で自分の国とか、組織の中にいられなくなった人が、よその国に保護を求めて逃げ込むことと説明します。 アマドの場合は、「殻(から)」から逃げてきたが、命を狙われているので木ノ葉で匿って欲しいみたいなものと。 カワキは、アマドが「殻(から)」を裏切ったのか!?と驚き、信じられない様子です。 ナルトはアマドに、まずは話を聞くと言い、サイにアマドを拘束して連行するよう頼みます。 本気か!?とシカマルは言いますが、シカダイを助けるには他に選択肢がなく、考えてる時間も足りないとナルト。 アマドの話が信用に足るかどうかは聞いてから判断すると言います。 たった一人の下忍のために、大したものだとアマドは言い、アマドに妙なマネはしないことだと忠告するナルト。 お互いロクなことにならないとナルトは言います。 場面はかわり、十尾を見張っている「殻(から)」の幹部の一人、コード。 コードはジゲンに、十尾は問題なしと報告します。 ジゲンは、その場所は木ノ葉の人間に知られているため、警戒を怠るなとコードに伝えます。 ジゲンの前に果心居士(かしんこじ)が現れます。 ずいぶん久しぶりだが、任務はどうした?と聞くジゲンに、任務は今この時も遂行中ですと果心居士は答えます。 ジゲンは果心居士に座るよう命令し、報告を聞くと言います。 飛行船の墜落は事故ではなかった!? 木ノ葉隠れの里。 イスに座りながら両手を拘束されているアマド。 長い話になるため、タバコを一本だけ吸わせてくれと頼むアマドですが、調子に乗るなとシカマル。 自分を拘束しても無意味だとアマドは言い、何なら今すぐシカダイ君の首を吹き飛ばしてみせようか?とアマドが言った瞬間、シカマルはアマドの襟を掴み壁に押し付けます。 ナルトはシカマルに落ち着くよう言います。 シカマルはアマドを放し、自分の我慢の限界に達する前に本題に入れと言います。 息子のことで感情的になっているシカマルに、かつての知将が聞いて呆れるとアマドは言いますが、その辺にしておけとナルト。 自分の我慢もそう長くは続かないとナルトは言います。 アマドの様子をガラス越しに見ているカワキ。 カワキはボルトやカタスケに、アマドは「殻(から)」の研究開発技術部門主任で、「殻(から)」の全てを知っていると言っても過言ではない男と説明します。 そして、ジゲンがアマドの外出を許可したことは一度も無いと。 ここにアマドがいるというだけでジゲンの逆鱗に触れる反逆行為。 アマドは死を覚悟の上で来ているように見えるとカワキは言います。 ナルトは、アマドの持っている「情報」の一部を先に話すよう言います。 亡命を認めるかどうかの判断はそのあとだとナルト。 場所はかわり、ジゲンと果心居士。 ジゲンは果心居士に、カワキがいないことを聞きますが、果心居士は、ジゲンがカワキの前に突然現れたことを話します。 つまり、自分に課せられた任務はカワキの奪還だったが、ジゲンは自分の力でいつでもそれを成し得ることを隠していたと果心居士言い、ジゲンに説明を求めます。 ジゲンは、いつでも取りにいける郵便物を代わりに取りに行かせることが、そんなにおかしいか?と答えます。 ジゲンは果心居士に言います。 今のこの状況は、カワキ脱走の直接的な原因である「飛行船の墜落事故」に端を発するが、そもそもあれは「事故」などではない。 移送中の船を何者かが襲撃し、意図的に墜落させたのだ、事故を装ってな。 初耳だと言う果心居士に、「とぼけるんじゃあない」とジゲン。 この機会に腹を割って話をしようじゃないかとジゲンは言います。 ジゲンと果心居士、二人の様子を見続ける果心居士のカエル。 大筒木の目的は星の命を喰うこと アマドはナルトに言います。 ジゲン、奴は「大筒木(おおつつき)」だ。 正しくは、大筒木になった、元々は自分達と同じ普通の人間だった。 アマドは、大筒木とは何者なのかをはっきりさせておこう言い、大筒木のことを話し始めます。 大筒木は、よその星からやってきた侵略者、さらに平たく言えば「迷惑な宇宙人」 目的はただ一つ、星の命を喰らうこと。 シンプルにそのためだけにやって来る、そしてまた次の星へと去っていくのだ。 ナルトは、星の命を喰らうとは、具体的には何をする?と聞き、迷惑極まりないガーデニングとアマドは答えます。 大地に「神樹(しんじゅ)」を植える、とてつもない大木だ。 「神樹」は星の隅々にまで深く根を張る、まるで風呂場のカビみたいに。 そして星に生きる全ての「生命(いのち)」からチャクラを吸い上げる。 シカマルは、全てのチャクラを吸い上げると自分達はどうなる?と聞き、一人残らず死ぬとアマド。 巨大な「蚊」に全身の血を吸われるようなもので、一切の例外なくあらゆる生命が死に絶える。 ナルトは、大筒木は何のためにそんなことを?と聞き、肝心なのはその後だとアマドは言います。 全てを吸い尽くした「神樹」はやがて大きな「実」をつける。 サスケはその実を、「チャクラの実」か?と聞き、「そうだ」と答えるアマド。 アマドは話を続けます。 チャクラの実は、すさまじいエネルギーと遺伝子情報の塊、それを喰らうことで大筒木は自らを「アップデート」していく、そうやって進化し続ける種族なのだ。 あの大筒木は角こそ似ているが、あれはジゲンではない、何者だ? アマドは順番に話そうと言い、ジゲンは「十尾」を所有していると伝えます。 ナルトたちがかつて戦ったものとは別の個体で、残念ながら出所は自分にもわからないとアマド。 ただ、大筒木が星を襲う時は必ず十尾を用いる、なぜなら、十尾こそが後に「神樹」となる「苗木」だからだと説明します。 まず大地に「十尾」を植え付け、それが「神樹」となり星を喰らい尽くし、やがて「チャクラの実」を実らせる。 「実」を収穫したらその星にもう用はない、また別の星へ移動し同じことを繰り返す、それが大筒木なのだとアマドは話します。 話を聞いたナルトは、引っかかる点がいくつかあるが、今まさにこの星でそれをやろうとしてるのがジゲンって訳だな?と聞きますが、いや、多分、違うとサスケ。 おそらく、ジゲンにカーマを付けた奴だとサスケは言います。 果心居士はジゲンを殺すために造られた!? サスケはアマドに聞きます。 ジゲンが元々普通の人間だったということは、奴が大筒木になったのはカーマが原因なんじゃないのか? アマドは、ここまでの話は前置きに過ぎず、重要なのはここからだと言います。 その時、アマドのメガネがピピッと鳴ります。 アマドは、仲間からの通信だと言い、シカマルにメガネを壁の方へ向けてテーブルの隅に置いてくれと頼みます。 メガネは映写機になっており、壁に映像が写ります。 映像にはジゲンと果心居士の姿が。 アマドは、この映像は自分の唯一の協力者、果心居士の偵察蛙が見ている光景をリアルタイムで共有していると説明します。 映像の中のジゲンは果心居士に言います。 カワキを逃がすため、お前がアマドと結託して飛行船を落としたが、そのこと自体を責めるつもりはない。 「動機」が知りたい、果心居士もアマドも、何の得があって自分に刃向かうのか? そこに興味がある。 ジゲンは話を続けます。 「チャクラの実」を得ることこそがインナー全員の総意であったはずだ。 その計画を潰すようなマネをしてお前に何の得がある? 果心居士はジゲンに、落ち着き払っているが、呼吸の乱れを隠しきれていないと言い、ジゲンへ向かって手裏剣を投げます。 手裏剣を避けたジゲンは、果心居士の背後にまわり、黒い杭を四本、果心居士の背中から刺します。 色々と話してもらうぞとジゲンは言いますが、黒い杭を刺した果心居士は影分身で、ジゲンの背後から本体の果心居士が現れます。 果心居士はジゲンに言います。 動機ならシンプルですよ、「チャクラの実」になど興味はない、私は初めからあなたを殺すために造られた。 ボルトのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? ボルトのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 (マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上) U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントでボルトの最新刊を 1冊無料で読むことができます。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 ボルト45話の感想 アマドから語られる大筒木の目的。 そしてジゲンが黒幕ではなく、ジゲンにカーマを付けた奴が本当の黒幕であるとのこと。 話が壮大でついていけないボルトですが、ボルトにもカーマが付いています。 そんな中、果心居士とジゲンの戦いが始まり、果心居士は自分のことを、ジゲンを殺すために造られたと言いますが・・・。 果心居士を造ったのはアマドのはずですが、つまりアマドがジゲンを殺すために果心居士を造ったということですかね。 では、アマドはなぜジゲンを殺そうとしているのか。 なんとなく、アマドは人間だった頃のジゲンを知っているのではないでしょうか? ジゲンを助けるため果心居士を使いジゲンを殺そうとしている? 38話で涙を流していたジゲン。 その姿が非常に印象的で、もしアマドがジゲンが人間の頃からの付き合いだったら、ジゲンを器(うつわ)から解放したいのかなと思いました。 果心居士とジゲンの戦い、そして木ノ葉との亡命を希望するアマド。 今後の展開が楽しみですね。 ボルト46話のネタバレはコチラになります。

次の

ボルトネタバレ44話最新話確定!果心居士とアマドの不審な動き

ボルト ネタバレ 45

この記事はボルトネタバレ44話最新話確定!果心居士とアマドの不審な動きと題してお送りしていきます。 43話ではサラダがボロも核を破壊したものの、ボロが巨大化してしまい再び苦戦を強いられました。 しかしその状況でボルトが覚醒、圧倒的な力でボロを吹き飛ばし、しまいには大玉螺旋丸で粉々に吹き飛ばしてしまいます。 そんな中、殻のメンバーである果心居士はジゲンを倒そうとしているようでした。 ボルト44話では果心居士がどのような動きをみせるのか大変気になりますよね。 それではさっそくボルトネタバレ44話最新話の確定情報をお送りしていきますので、是非最後まで読んでいってください。 すると核を失ったことで、科学忍具を制御できなくなってしまったボロは、身体が巨大化し暴走。 その隙にボルトとカワキはナルトが封印されている黒い球体の前で、カーマの力を使い、ナルトを球体の中から取り出します。 そこへ巨大化したボロが反撃を開始、ミツキ、カワキ、サラダを立て続けに倒してしまいました。 すると、ボルトの身体を何者かが乗っ取りボルトは覚醒。 ボロを一蹴すると、ナルトの身体から切れていたチャクラを吸収し、超大玉螺旋丸をボロに浴びせて粉々に吹き飛ばしてしまいます。 ボルトは意識を取り戻し元に戻りましたが、サラダたちはそんなボルトの姿に驚きと戸惑いを隠せない様子でした。 その頃、殻のアジトには果心居士の姿が。 アマドからジゲン達の様子を聞くと、「奴を倒す」と語りました。 その相手とは・・ジゲンか! 果心居士が新たな動きをみせてところでボルト43話は終了です。 ボルトネタバレ44話最新話確定の考察 ボルトに大筒気が乗り移ってとんでもない力を発揮したね! — ミカちゃん相互フォロー kingky1103 ボルト43話ではボロを見事に打ち破りましたが、ボルトの身体の変化や果心居士の大きな動きがみられ、物語は大きく展開していきました。 果心居士は本当にジゲンに戦いを挑むのでしょうか。 さっそくボルト第44話を考察していきたいと思います。 楔にはゲートを作る能力がある? 楔(カーマ)に関しては相手の術を吸収したり、身体能力の向上といった力があるようですが、時空間忍術のような力も持っているようです。 ナルト救出のためにカワキとボルトはカーマの力を使ってゲートを作り、ボロのいる世界へと飛んできました。 今回もナルトが封印されている球体に、ゲートを作ることでナルトを取り出すことに成功しています。 ただジゲン達は一人で時空間忍術を使うことにより異世界へと飛ぶことができますが、ボルトとカワキに関しては、2人で楔の力を使わなければゲートを発生させることはできないようです。 今後は楔が成長することにより、1人でもゲートを作ることが可能になるのでしょうか。 またカーマの力には謎が数多くありそうですね。 ボルトの乗り移ったのは大筒木? ボロに強烈な一撃を浴びせられ、やられたかに思えたボルトですが、その後覚醒。 姿が少し変わり、ボルトでない何者かが言葉を発している様子でした。 これに関してはボロが戦闘中に、大筒木・・と口にしたことから、大筒木一族の者がボルトの身体を一時的に乗っ取ったのは間違いありません。 また殻のメンバーたちがボルトとカワキのことを器と呼んでいるため、やはりカーマの所有者は大筒木一族の器に選ばれた者たちと考えられます。 あのタイミングで大筒木がボルトの身体を乗っ取ったのは、あのままでは器となるはずのボルトがやられてしまうからだったのではないでしょうか。 楔が成長しきったタイミングで大筒木はボルトやカワキの身体を乗っ取りに現れるのか、そしてそれを防ぐ手立てはあるのか非常に気になります。 モモシキまだボルトの中で生きてるみたいだし。 (概要:大筒木ウラシキの時間移動に巻き込まれ、ボルトとサスケは過去の木ノ葉に到着。 サスケ奪還失敗直後のナルト達や自来也と出会う) タイムスリップ編はボルトと自来也を親しませる事が主目的だった。 ここから先はネタバレとなっていますので、注意が必要です。 病院で目を覚ますナルト ヒナタ達家族が見守る中、病院のベットでナルトが意識を取り戻します。 ボルトは目を覚ますのが遅いよと言い、とても心配していた様子。 そして意識が戻ったことをカワキ達に知らせに走ろうとしますが、ヒナタに病院では走ったらダメと怒られてしまいます。 別の病室では、カワキが身体の状況についてカタスケから説明を受けており、隣には筧スミレの姿も。 カタスケによると右手の義手が体に合っていないようで、血液中のナノマシンが過剰反応を引き起こしている可能性があるとのこと。 この状態では身体機能が徐々に衰えていき、筋肉に慢性的な痛みが出ると言います。 そしてスミレは鎮痛剤を使おうとしますが、カワキは感覚がおかしくなるから必要ないとこれを拒否。 カタスケはカワキの体の構造が私達では理解できないものであるため、どう対処すればいいのかわからないと言います。 簡単にはくたばらない造りになっているから心配無用だと言うカワキ。 そこへボルトが現れ、ナルトの意識が戻ったこと伝えます。 その事を聞いたカワキは安心した表情をみせるのでした。 シカマルとナルトの会話 シカマルはナルトの病室を訪ねると、今回の火影救出劇がどのように実行されたのかを話し始めました。 それはボルト達第七班とカワキが自分達の判断で行われたものであり、火影を監視していた殻のメンバーの一人を倒したと。 しかしシカマルは、最悪の場合やられていた可能性もあったため、今後勝手な行動には賛成できないと言います。 木の葉の下忍が無謀なことをするのは、昔からの伝統だなと語るナルト。 シカマルとナルトはまたジゲンがいつ攻め込んでくるかわからない状況に警戒心を強めるのでした。 アマドと果心居士 殻のアジトでは、アマドが果心居士に準備が完了したことを伝えていました。 アマドは背中に何やら長方形のカバンを背負っています。 かなり身軽なようだが、持ち物はそれで全部なのかと言う果心居士。 アマドによると、必要なものはデータ化された情報と細胞の一部分だけで、作業に関してはあちら側にあるもので大丈夫とのこと。 納得した果心居士は口寄せの術で、ボイラーガマを口寄せすると、タバコを吸っていたアマドに火は消しておいた方がいいと忠告します。 そこへジゲンの指示もなしにどこへ行くのだと、デルタが登場。 裏切り行為なら見過ごすわけにはいかないと言います。 果心居士は始末しようとしますが、アマドがそれを制止し、デルタにもう寝る時間だと発言。 すると、デルタは糸が切れた人形のように地面へと倒れました。 どうやら緊急停止のシステムが盛り込まれていたようで、それを発動させた様子。 そしてアマドはガマの口の中に入り、いつでもOKだと言うと、果心居士は逆口寄せでガマをどこかの森へと飛ばすのでした。 ガマを飛ばしたあと果心居士はアジトの奥の方へと進んでいったようだけど、やはり奴を倒しにいったのかな? サラダの病室 サラダが入院している病室では、サスケがサラダから戦闘中に起きたボルトの異変につい話を聞いていました。 頭部に角が生え、右目に変化が現れると、皆が手も足も出なかった相手を瞬く間に倒したと。 またその姿はボルトでないように感じたと言うサラダ。 その話を聞いたサスケは大筒木・・のようだなと発言。 ボルトの事を考え心配するサラダに、サクラは今は何も考えずに傷を癒すことが先決だと気持ちを落ち着かせます。 するとミツキはサスケに話があると言い、屋上へと誘いました。 サスケに話をするミツキ 屋上につくと、ミツキはボルトに起きた異変はかなりヤバイ事で、それは誰が見たとしても明白だと言います。 そして殻のメンバーがボルトに対し、大筒木モモシキの器と発していたとサスケに告げました。 モモシキの魂が楔の中に存在し、ボルトの身体を奪おうとしているのではないかと考えるサスケ。 そして今まで楔の力をなぜボルトに与えたのか不思議に思っていたが、奴が蘇るためと考えれば説明がつくと。 ミツキはもしそれが本当だとしたら、カワキのものも別の大筒木が蘇るために与えられたのではないのかと言います。 普通通りなら、カワキに楔を刻んだジゲンがその大筒木という事になると言うサスケですが、府に落ちていない様子。 サスケはジゲン自身、もっと他の存在の器のように感じたと語るのでした。 木の葉の現れるアマド 木の葉の森ではシカダイ、いのじん、チョウチョウがバトルをして特訓をしていました。 そこへアマドが現れ、猪鹿蝶にここで会えるとは運がいいと言います。 シカダイは木の葉に何の用だと問うと、アマドは君の父に話しあると答えました。 怪しい人物と感じたシカダイは影縛りの術を繰り出しますが、アマドは科学忍具で超音波のようなものを発生させ、それを跳ね返します。 アマドは身動きのとれなくなったシカダイに近づくと、左手の針で気絶させ、首輪を装着。 ピンチの状況に陥ったいのじんは、術を使い母であるいのに助けを求めるのでした。 非常事態の連絡 歩けるようになったナルトはシカマルとともにカワキの病室を訪れていました。 ジゲンの襲撃に備え、カワキの監視を強化しなければならないことを伝えるシカマル。 現状で奴と渡り合えるのはナルト、サスケくらいのため、カワキの行動範囲を狭めると言います。 そのタイミングでいのからシカマルへ連絡が入り、シカダイが殻の者に拘束され首に爆弾を取り付けられていると知らされました。 そして現在サイたちが救助に当たっているが、敵はアマドと名乗り、シカマルとの会話を求めていると。 サイ達とのやり取り アマドの元へ到着していたサイ、モエギと木の葉の忍たち。 サイの制止を振り切り、モエギは土遁の術を放ってアマドを取り押さえます。 しかしシカダイに取り付けられた首輪は時間が経過すれば自動的に爆発してしまうこと、そしてそれを外せるのはアマドだけであることを聞かされます。 サイは術を解除させると、要件をのむことに。 アマドは手荒な手段をとったことを謝罪し、本当は誰も傷つけるつもりがなかったと言います。 そして時間がないので、早急にシカマルと話しをさせてくれと。 するとシカマルは山中一族の術を使い、話を聞いていたようで、会話に登場します。 アマドの要求 シカマルはアマドになぜ自分を指名したのかどうかを問います。 本来なら火影に直接頼みたい内容だが、奴はジゲンに倒されてしまっていないはず。 そこでその側近で里の相談役を務めるシカマルを指名したと答えるアマド。 シカマルは火影はもう里に戻ってきていることを話すと、アマドはホロを撃破したことに驚きをみせます。 そしてシカマルはその場にいるナルト達も会話に加えるようにできないかといのに依頼。 ナルトは直接、木の葉になぜ来たのかをアマドに聞きます。 するとアマドの口から語られたのは、木の葉へ亡命したいという意思。 そしてその見返りとして自分の知る情報を全部話すというのでした。 ボルトネタバレ44話最新話確定のまとめ BORUTOのラスボスであろうジゲン 自来也もどきがナルトは強いけどジゲンには勝てないって言ってたけど今月号でこいつがモモシキとキンシキが親役子役やったようにカグヤとともに地球に降り立った大筒木の可能性出てきてあながち間違いでは無いと思った カグヤより強いならそりゃ勝てねぇw — バロン baronxxxx96 ボルトネタバレ44話最新話確定!果心居士とアマドの不審な動きと題してお送りしてきました。 果心居士が逆口寄せでアマドを別の場所へと送りましたが、まさか木の葉に現れるとは思いもしませんでした。 アマドは単に木の葉へ亡命しにきたわけでなく、何か思惑がある様子でしたが、いったい何をしようとしてるのでしょうか? 次回も予測不能な展開が待ちうけていそうです。 ボルトネタバレ44話最新話確定!果心居士とアマドの不審な動きを最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

ボルトネタバレ最新46話確定【アマダの狙いは?裏があるって本当?】

ボルト ネタバレ 45

この記事はボルトネタバレ44話最新話確定!果心居士とアマドの不審な動きと題してお送りしていきます。 43話ではサラダがボロも核を破壊したものの、ボロが巨大化してしまい再び苦戦を強いられました。 しかしその状況でボルトが覚醒、圧倒的な力でボロを吹き飛ばし、しまいには大玉螺旋丸で粉々に吹き飛ばしてしまいます。 そんな中、殻のメンバーである果心居士はジゲンを倒そうとしているようでした。 ボルト44話では果心居士がどのような動きをみせるのか大変気になりますよね。 それではさっそくボルトネタバレ44話最新話の確定情報をお送りしていきますので、是非最後まで読んでいってください。 すると核を失ったことで、科学忍具を制御できなくなってしまったボロは、身体が巨大化し暴走。 その隙にボルトとカワキはナルトが封印されている黒い球体の前で、カーマの力を使い、ナルトを球体の中から取り出します。 そこへ巨大化したボロが反撃を開始、ミツキ、カワキ、サラダを立て続けに倒してしまいました。 すると、ボルトの身体を何者かが乗っ取りボルトは覚醒。 ボロを一蹴すると、ナルトの身体から切れていたチャクラを吸収し、超大玉螺旋丸をボロに浴びせて粉々に吹き飛ばしてしまいます。 ボルトは意識を取り戻し元に戻りましたが、サラダたちはそんなボルトの姿に驚きと戸惑いを隠せない様子でした。 その頃、殻のアジトには果心居士の姿が。 アマドからジゲン達の様子を聞くと、「奴を倒す」と語りました。 その相手とは・・ジゲンか! 果心居士が新たな動きをみせてところでボルト43話は終了です。 ボルトネタバレ44話最新話確定の考察 ボルトに大筒気が乗り移ってとんでもない力を発揮したね! — ミカちゃん相互フォロー kingky1103 ボルト43話ではボロを見事に打ち破りましたが、ボルトの身体の変化や果心居士の大きな動きがみられ、物語は大きく展開していきました。 果心居士は本当にジゲンに戦いを挑むのでしょうか。 さっそくボルト第44話を考察していきたいと思います。 楔にはゲートを作る能力がある? 楔(カーマ)に関しては相手の術を吸収したり、身体能力の向上といった力があるようですが、時空間忍術のような力も持っているようです。 ナルト救出のためにカワキとボルトはカーマの力を使ってゲートを作り、ボロのいる世界へと飛んできました。 今回もナルトが封印されている球体に、ゲートを作ることでナルトを取り出すことに成功しています。 ただジゲン達は一人で時空間忍術を使うことにより異世界へと飛ぶことができますが、ボルトとカワキに関しては、2人で楔の力を使わなければゲートを発生させることはできないようです。 今後は楔が成長することにより、1人でもゲートを作ることが可能になるのでしょうか。 またカーマの力には謎が数多くありそうですね。 ボルトの乗り移ったのは大筒木? ボロに強烈な一撃を浴びせられ、やられたかに思えたボルトですが、その後覚醒。 姿が少し変わり、ボルトでない何者かが言葉を発している様子でした。 これに関してはボロが戦闘中に、大筒木・・と口にしたことから、大筒木一族の者がボルトの身体を一時的に乗っ取ったのは間違いありません。 また殻のメンバーたちがボルトとカワキのことを器と呼んでいるため、やはりカーマの所有者は大筒木一族の器に選ばれた者たちと考えられます。 あのタイミングで大筒木がボルトの身体を乗っ取ったのは、あのままでは器となるはずのボルトがやられてしまうからだったのではないでしょうか。 楔が成長しきったタイミングで大筒木はボルトやカワキの身体を乗っ取りに現れるのか、そしてそれを防ぐ手立てはあるのか非常に気になります。 モモシキまだボルトの中で生きてるみたいだし。 (概要:大筒木ウラシキの時間移動に巻き込まれ、ボルトとサスケは過去の木ノ葉に到着。 サスケ奪還失敗直後のナルト達や自来也と出会う) タイムスリップ編はボルトと自来也を親しませる事が主目的だった。 ここから先はネタバレとなっていますので、注意が必要です。 病院で目を覚ますナルト ヒナタ達家族が見守る中、病院のベットでナルトが意識を取り戻します。 ボルトは目を覚ますのが遅いよと言い、とても心配していた様子。 そして意識が戻ったことをカワキ達に知らせに走ろうとしますが、ヒナタに病院では走ったらダメと怒られてしまいます。 別の病室では、カワキが身体の状況についてカタスケから説明を受けており、隣には筧スミレの姿も。 カタスケによると右手の義手が体に合っていないようで、血液中のナノマシンが過剰反応を引き起こしている可能性があるとのこと。 この状態では身体機能が徐々に衰えていき、筋肉に慢性的な痛みが出ると言います。 そしてスミレは鎮痛剤を使おうとしますが、カワキは感覚がおかしくなるから必要ないとこれを拒否。 カタスケはカワキの体の構造が私達では理解できないものであるため、どう対処すればいいのかわからないと言います。 簡単にはくたばらない造りになっているから心配無用だと言うカワキ。 そこへボルトが現れ、ナルトの意識が戻ったこと伝えます。 その事を聞いたカワキは安心した表情をみせるのでした。 シカマルとナルトの会話 シカマルはナルトの病室を訪ねると、今回の火影救出劇がどのように実行されたのかを話し始めました。 それはボルト達第七班とカワキが自分達の判断で行われたものであり、火影を監視していた殻のメンバーの一人を倒したと。 しかしシカマルは、最悪の場合やられていた可能性もあったため、今後勝手な行動には賛成できないと言います。 木の葉の下忍が無謀なことをするのは、昔からの伝統だなと語るナルト。 シカマルとナルトはまたジゲンがいつ攻め込んでくるかわからない状況に警戒心を強めるのでした。 アマドと果心居士 殻のアジトでは、アマドが果心居士に準備が完了したことを伝えていました。 アマドは背中に何やら長方形のカバンを背負っています。 かなり身軽なようだが、持ち物はそれで全部なのかと言う果心居士。 アマドによると、必要なものはデータ化された情報と細胞の一部分だけで、作業に関してはあちら側にあるもので大丈夫とのこと。 納得した果心居士は口寄せの術で、ボイラーガマを口寄せすると、タバコを吸っていたアマドに火は消しておいた方がいいと忠告します。 そこへジゲンの指示もなしにどこへ行くのだと、デルタが登場。 裏切り行為なら見過ごすわけにはいかないと言います。 果心居士は始末しようとしますが、アマドがそれを制止し、デルタにもう寝る時間だと発言。 すると、デルタは糸が切れた人形のように地面へと倒れました。 どうやら緊急停止のシステムが盛り込まれていたようで、それを発動させた様子。 そしてアマドはガマの口の中に入り、いつでもOKだと言うと、果心居士は逆口寄せでガマをどこかの森へと飛ばすのでした。 ガマを飛ばしたあと果心居士はアジトの奥の方へと進んでいったようだけど、やはり奴を倒しにいったのかな? サラダの病室 サラダが入院している病室では、サスケがサラダから戦闘中に起きたボルトの異変につい話を聞いていました。 頭部に角が生え、右目に変化が現れると、皆が手も足も出なかった相手を瞬く間に倒したと。 またその姿はボルトでないように感じたと言うサラダ。 その話を聞いたサスケは大筒木・・のようだなと発言。 ボルトの事を考え心配するサラダに、サクラは今は何も考えずに傷を癒すことが先決だと気持ちを落ち着かせます。 するとミツキはサスケに話があると言い、屋上へと誘いました。 サスケに話をするミツキ 屋上につくと、ミツキはボルトに起きた異変はかなりヤバイ事で、それは誰が見たとしても明白だと言います。 そして殻のメンバーがボルトに対し、大筒木モモシキの器と発していたとサスケに告げました。 モモシキの魂が楔の中に存在し、ボルトの身体を奪おうとしているのではないかと考えるサスケ。 そして今まで楔の力をなぜボルトに与えたのか不思議に思っていたが、奴が蘇るためと考えれば説明がつくと。 ミツキはもしそれが本当だとしたら、カワキのものも別の大筒木が蘇るために与えられたのではないのかと言います。 普通通りなら、カワキに楔を刻んだジゲンがその大筒木という事になると言うサスケですが、府に落ちていない様子。 サスケはジゲン自身、もっと他の存在の器のように感じたと語るのでした。 木の葉の現れるアマド 木の葉の森ではシカダイ、いのじん、チョウチョウがバトルをして特訓をしていました。 そこへアマドが現れ、猪鹿蝶にここで会えるとは運がいいと言います。 シカダイは木の葉に何の用だと問うと、アマドは君の父に話しあると答えました。 怪しい人物と感じたシカダイは影縛りの術を繰り出しますが、アマドは科学忍具で超音波のようなものを発生させ、それを跳ね返します。 アマドは身動きのとれなくなったシカダイに近づくと、左手の針で気絶させ、首輪を装着。 ピンチの状況に陥ったいのじんは、術を使い母であるいのに助けを求めるのでした。 非常事態の連絡 歩けるようになったナルトはシカマルとともにカワキの病室を訪れていました。 ジゲンの襲撃に備え、カワキの監視を強化しなければならないことを伝えるシカマル。 現状で奴と渡り合えるのはナルト、サスケくらいのため、カワキの行動範囲を狭めると言います。 そのタイミングでいのからシカマルへ連絡が入り、シカダイが殻の者に拘束され首に爆弾を取り付けられていると知らされました。 そして現在サイたちが救助に当たっているが、敵はアマドと名乗り、シカマルとの会話を求めていると。 サイ達とのやり取り アマドの元へ到着していたサイ、モエギと木の葉の忍たち。 サイの制止を振り切り、モエギは土遁の術を放ってアマドを取り押さえます。 しかしシカダイに取り付けられた首輪は時間が経過すれば自動的に爆発してしまうこと、そしてそれを外せるのはアマドだけであることを聞かされます。 サイは術を解除させると、要件をのむことに。 アマドは手荒な手段をとったことを謝罪し、本当は誰も傷つけるつもりがなかったと言います。 そして時間がないので、早急にシカマルと話しをさせてくれと。 するとシカマルは山中一族の術を使い、話を聞いていたようで、会話に登場します。 アマドの要求 シカマルはアマドになぜ自分を指名したのかどうかを問います。 本来なら火影に直接頼みたい内容だが、奴はジゲンに倒されてしまっていないはず。 そこでその側近で里の相談役を務めるシカマルを指名したと答えるアマド。 シカマルは火影はもう里に戻ってきていることを話すと、アマドはホロを撃破したことに驚きをみせます。 そしてシカマルはその場にいるナルト達も会話に加えるようにできないかといのに依頼。 ナルトは直接、木の葉になぜ来たのかをアマドに聞きます。 するとアマドの口から語られたのは、木の葉へ亡命したいという意思。 そしてその見返りとして自分の知る情報を全部話すというのでした。 ボルトネタバレ44話最新話確定のまとめ BORUTOのラスボスであろうジゲン 自来也もどきがナルトは強いけどジゲンには勝てないって言ってたけど今月号でこいつがモモシキとキンシキが親役子役やったようにカグヤとともに地球に降り立った大筒木の可能性出てきてあながち間違いでは無いと思った カグヤより強いならそりゃ勝てねぇw — バロン baronxxxx96 ボルトネタバレ44話最新話確定!果心居士とアマドの不審な動きと題してお送りしてきました。 果心居士が逆口寄せでアマドを別の場所へと送りましたが、まさか木の葉に現れるとは思いもしませんでした。 アマドは単に木の葉へ亡命しにきたわけでなく、何か思惑がある様子でしたが、いったい何をしようとしてるのでしょうか? 次回も予測不能な展開が待ちうけていそうです。 ボルトネタバレ44話最新話確定!果心居士とアマドの不審な動きを最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の