おしん 台湾。 おしん はアジアでは大好評でしたが韓国では放映されていません。 何という姑息...

激安DVD販売 送料無料 おしん 完全版 DVD

おしん 台湾

きのうの記事で日本のドラマ史上、少なくとも視聴率では最高の作品である「おしん」のことを書いた。 小さな体で貧困や寒さに耐える少女の姿を見て、「野蛮で残酷だった日本人」のイメージが破壊された中国人もいる。 くわしいことはこれを。 今回はその続きのようなもので、「おしん」を見たエジプト人の様子を中心に書いていこうと思う。 感動には国境もなければ宗教もない。 けなげで懸命なおしんの姿にはイスラーム教徒も涙したのだ。 でもその前にエジプトって国について簡単に知っとこう。 面積:約100万平方キロメートル(日本の約2. 7倍) 人口:9,304万人 首都:カイロ 民族:主にアラブ人(その他,少数のヌビア人,アルメニア人,ギリシャ人等) 言語:アラビア語,都市部では英語も通用 宗教:イスラム教,キリスト教(コプト派) 以上の数字は外務省ホームページ、から。 日本人で初めてスフィンクスを見たのは江戸時代のサムライだちだった。 記念撮影する侍(1864年) 彼らに興味のある人は以下をクリック! 明治から昭和の激動の日本をえがいた「おしん」は中東のアラブ人の心をもぶち抜いた。 ベトナムで「ホンダ」がそのままバイクをさすように、イランでは「Oshin(ウーシン)」が日本をあらわす言葉となった。 でもそこは厳しいイスラーム教の国。 男女がふれ合うシーンはカットされてしまう。 「オシンドローム」はエジプトでも起こった。 1993年に放送されたエジプトでも、「おしん」は人々の心をさらってしまう。 これで、「なんだよ。 途中で終わっちゃったよ」とみんな肩を落としたという、なんてかわいい展開にはならないのがエジプトという国。 放送が途切れたことで、エジプト国民がキレた。 怒り狂った人々が電力会社やテレビ局に押しかけ、石を投げるわ火はつけるわの暴動状態となる。 それでエジプト政府が再放送を約束したという。 彼らは日本人以上に「おしん」を愛していたかもしれない。 このドラマが好きすぎて、自分の子供に「おしん」と名づける親が続出してしまった。 くわしいことは「テレビドカッチ」の記事(2018. 23)をどうぞ。 朝ドラ『おしん』の影響でエジプトに「OSHIN」さんが続出 他にも店や会社の名前にしたエジプト人もいるという。 そんな日本人は聞いたことがない。 だれも知らないし、知りたくもないと思うけど、ボクは1996年にエジプトを旅行した。 そのとき首都カイロで泊まったホテルに、「おしん」を見て涙が止まらなかったというエジプト人スタッフがいた。 でも彼はとんでもないかん違いをしていたらしい。 「あれを見てオレは、日本はなんて貧しい国なんだ。 エジプトよりずっと遅れているじゃないか。 かわいそうに」と、ドラマの話を現代の日本とガチで思ってしまった。 でもその後、ホテルで働きはじめると、エジプトより貧しいはずの日本から大学生が海外旅行でやって来るではないか。 海外へ出稼ぎではなくて遊びに行くなんて、エジプトでは金持ちのすることだ。 「これはおかしい」と思って仕事仲間に聞いたら、「バカ、日本は世界第2位の経済大国なんだよ。 エジプトよりずっと金持ちだ。 それに日本は最先端の科学技術を持っている」と言われて驚いた。 明治~昭和初期をえがいた「おしん」の社会に近いのは、むしろエジプトだったというオチ。 1カ月半のエジプト旅行で聞いた話のなかで、もっとも印象深いのがこの話だった。 ここから宿の予約ができますよ。 こちらの記事もどうぞ。

次の

おしん感激、台湾から観劇ツアー

おしん 台湾

日本ドラマで癒やされた人生 私がまだ幼かったころ、父と母から自分たちが20歳ごろの話をいつも聞かされていた。 勤めていた台南市街地の紡績工場で、給料が出ると「宮古座」か「世界館」に行って映画を見たそうだ。 そのころの台南市街地には劇場が多く、映画以外では台湾の伝統歌芝居である歌仔戲(かざいぎ)の上演もあった。 父によると、台湾で戦後に初めて公開された映画は「青い山脈」で、その次は「流星」だった。 「宮本武蔵」には、台湾全島がことさら熱狂した。 このヒット作にある硫酸を浴びせるシーンをまねする事件が発生したので、上映禁止になったこともあった。 終戦に伴い、台湾は「昭和」を離れて「(中華)民国」の世になった。 初代総統の蔣介石は日本人に対して「徳をもって怨に報いる」という「徳政」を強調した。 かつては敵対国であったが、戦後も日本との関係は良かった。 私の父母は終戦時、まだ小学生だった。 青春時代を迎えた2人は恋をして、一緒に日本映画を楽しんだ。 台湾で初めて誕生したテレビ局には日本のフジテレビの資本が入っていたのだろうか、フジテレビの新技術と特殊撮影を紹介する番組があった。 家族全員がテレビにかじり付き、「へえええ~」と驚嘆の声を上げたことを覚えている。 1972年になり、台湾と日本は正式の外交関係を断絶してしまった。 それ以来、大人たちは「田中角栄」の名が出るだけで、とても憤慨するようになった。 街頭の貸しビデオ店における日本ドラマ時代 国交断絶後は、日本を恨む「愛国作品」が台湾映画界の主流になった。 この時期には日本絡みの文化の多くが禁止された。 日本映画の上映もできなくなった。 ところが、日本の歌はかえって盛んにカバーされるようになった。 政府の禁令の結果として皮肉にも、著作権概念に政府の管理が及ばない穴が開いてしまったわけだ。 1970年代初頭からの十数年間は、著作を無視して日本のテレビドラマやバラエティー番組に中国語字幕を付けたビデオが、貸しビデオ店の1番の人気作品になった。 私の家では毎週のように貸しビデオ店に足を運び、最新の「8時だョ! 全員集合」、さらに「日曜劇場」や「火曜劇場」の刑事ドラマのビデオを懸命に探して借りてきた。 今でも警察のコートを着た男性がこちらを振り返る冒頭のシーンや、テーマ音楽の旋律までをも覚えている。 72年の日華断交から88年の台湾での戒厳令解除まで、当局は日本のドラマや流行曲の流入を禁じていた。 ところが台湾のエンターテインメント界ではかえって、重度のコピー現象が発生した。 バラエティー番組中のコントはこぞって「8時だョ! 全員集合」のハイライト場面をコピーした。 歌謡界でも「松田聖子」や「中森明菜」をコピーした歌手や曲が登場した。 夜市(夜の屋台街)では海賊版のテープを買うことができた。 日本のオリコンランキングに登場した有名曲は、ほとんど全てそろっていた。 90年代になると、20歳から30歳にかけての人が貸しビデオ店を通して日本ドラマに触れるようになった。 彼らは当時、人気の頂点にあった「浅野温子」「浅野ゆう子」「加勢大周」「柳葉敏郎」「石田純一」「吉田栄作」を知ることになった。 台湾では連続ドラマが全30話もあるのに対して、日本のドラマは10話から13話とテンポが速い。 これも、日本ドラマファンの作品への思い入れを強めることにつながった。 「東京ラブストーリー」や「101回目のプロポーズ」は台湾のテレビ局が正規に日本ドラマを放送する前に、貸しビデオ店で大人気作品になっていた。 ただし、貸しビデオのテープの品質は悪かった。 何度もコピーを重ねた結果、ビデオの冒頭や最後が部分的に消去されているものも、よくあった。 古い「水戸黄門」や「忠臣蔵」などの殺陣シーンが見られなくなっていることもよくあった。 私の母は生涯かけての「おしん」ファン とてつもない旋風を巻き起こしたと言えば、日本で1983年に放送された「おしん」だ。 超高視聴率の情報は、台湾にも早く伝わっていた。 私の母のように戦時中に生まれた世代にとって、このドラマのエピソードの多くは、まさに自らの物語として語ることができる。 台湾側は94年になり、やっと正式に放送権を獲得した。 第1回の放送では、毎週金曜日に90分から120分の時間枠で何話分かがまとめて放送された。 1カ月ほどして、毎週5日間放送されるようになった。 それも、午後8時台のゴールデンタイムだ。 「おしん」は台湾で電波を通じて放送された初めての日本ドラマだった。 オープニング曲はジュディ・オングが歌う「永遠相信(永遠に信じる)」で、エンディング曲は欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)が歌う「感恩的心(感謝の心)」だった。 この作品は主音声と副音声で日本語か中国語かを選べた。 「おしん」はその後二十数年間が経過した現在まで、台湾のケーブルテレビと電波放送で、絶え間なく放送されている。 台湾語に吹き替えたバージョンまである。 再放送の度に、私の母は、「おしん」の一生をもう一度たどったものだ。 年配者を対象とする「おしんのふるさと」を訪ねるツアーは、これまでずっと人気の旅行商品だ。 80歳を過ぎた母は、ことあるごとに「おしんの小さいころはこうだった」「おしんの家にも、同じような物があった」と言う。 「おしん」に自分の母親の姿を重ねているのだろう。 とにかく「リカとカンチ」になって誕生日を祝いたい ビデオテープがVCDやDVDに変わり、台北市にある商業施設の光華商場ではいつでも日本ドラマの全集が買えるようになった。 しかしその後、テレビ局がライセンスを獲得した日本ドラマがどんどん増えて、海賊版のディスクをこそこそと買う必要もなくなった。 レジェンドである「東京ラブストーリー」と「101回目のプロポーズ」は世代のシンボルとなった。 だれもが誕生日になれば、ろうそくに火をともしながら、ろうそくの本数ごとに、その歳に出会った人のことを話した。 全てが「東京ラブストーリー」に登場する「赤名リカ」が「永尾完治」の誕生日を祝うシーンのまねだった。 街でだれかと別かれる時には、「1、2、3」と数えてそれそれが後ろ向きになる(日本語オリジナル版では「せーの」という掛け声)。 「101回目のプロポーズ」のシーンのように車の前に出て、大声で「僕は死にません」と叫ぶ者もいた……。 こういった児戯のようなことをしていた。 中年以降になってもドラマ談義に花が咲く。 「もし、リカとカンチが結婚していても、今はもう離婚しているだろうねえ!」といった具合だ。 世代にとってトップクラスの意義を持つもう一つの作品は「あすなろ白書」だろう。 この種の澄んだ高みに上る味わいを思い出せば、それは青春が葬られている海の深みに潜ることになる。 現実に戻るのが嫌になってしまうような秘密の薬だ。 木村拓哉は日本ドラマの時代の刻印 木村拓哉の日本ドラマは、台湾の日本ドラマファンにとっては、心の歳月の物差しだ。 1993年の「あすなろ白書」の黒縁の眼鏡をかけた取手治、96年の「ロングバケーション」のピアニスト、97年の「ラブジェネレーション」では長髪を後ろで結んだ広告会社のスタッフ、98年に中山美穂と共演した謎に包まれた「眠れる森」、99年の「ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~」では結末で人々を泣かせた美容師、続いて2001年の「HERO」での久利生公平、07年の「華麗なる一族」の悲劇の主人公である万俵鉄平、そして08年の「CHANGE」の朝倉啓太は、台湾のドラマファンにとって期待する政治家像になった。 だが、私にとって忘れがたい作品は木村拓哉と明石家さんまが共演した「空から降る一億の星」だ。 しばしば人々の記憶から抜け落ちてしまう作品で、もう15年も経ったので細かい部分の記憶は薄れてしまったが、今も明石家さんまの打って変わった演技を思い出す。 木村拓哉が主演した日本ドラマは再放送を重ねてきた。 それはまるで、日本ドラマファンの一人一人にとって、過ぎ去った歳月に刻まれた記憶を取り出すための錠前のようでもある。 「カンチ」の誕生ケーキを思い出せば、あの年、長い休暇を過ごして、その後は恋をしたのだったと思い出す。 そして、久利生公平はテレビショッピングで何を買ったのか、総理大臣になった木村拓哉が官房長官役の阿部寛にどんな名せりふを言ったのかなども覚えている。 われわれはこうして、木村拓哉と共に歳を取っていくのだ。 大河ドラマと朝の連続テレビ小説の違いが分かった 日本ドラマを見始めてから数年は、NHKの大河ドラマと朝のの違いがどうもよく分からなかった。 「『おしん』のような長編ドラマは『大河』のはずだろう!」と思っていた。 後になり、そのような区別ではないと分かった。 大河ドラマの古い日本語はとても分かりにくかった。 朝ドラに出てくる地方独特の言い回しもそうだ。 数年前に福岡を旅行した時に大宰府でハンカチを売る高齢の女性に、大河ドラマと朝ドラには困っていると話した。 女性は笑いながら、とても微妙な言い回しで「私だって分かりにくいんですよ」と言ってくれた。 たぶん、私を慰めてくれたのだろう! 台湾で中国語字幕付きで放送されてきた大河ドラマのうち、視聴率が好調だった作品を挙げるとすれば、「篤姫」だろう。 戦国時代ファン、幕末ファンにとって、大河ドラマを見るのはとても魅力的な啓発であり復習だ。 しかし、ドラマについていくのには少々疲れる。 人間関係や相関図がやや複雑だからだ。 でも何回か見れば、心が引き込まれてしまう。 1年分を見終えれば、次の年の日本旅行の計画はほぼ決まったも同然だ。 歴史を押し出す大河ドラマと比べ、人を励まし日常生活を描く朝ドラは、視聴率の面でやや勝っている。 おおむね2010年の「ゲゲゲの女房」から、台湾のケーブルチャンネルがNHKの放送直後に朝ドラを放送するようになった。 1話は15分で、台湾では1時間分をまとめて放送している。 「あまちゃん」は台湾に「接接接(じぇじぇじぇ)」という流行語をもたらした。 「マッサン」が放送されると、台湾の日本ドラマファンはウイスキーのことを勉強し始めた。 私は「ごちそうさん」を見て大阪が好きになり、「カーネーション」のおかげで大阪府岸和田市にある岸和田商店街を歩いてみたくなった。 日本ドラマは魂の友 韓国ドラマ、中国ドラマ、米国ドラマによる包囲戦に直面しても、台湾における日本ドラマは視聴率の面で難攻不落のぶ厚い鉄板と言えるだろう。 いったん病みつきになれば、抜け出すのはとても難しい。 日本ドラマを見ていると、日本で暮らしているという素晴らしき錯覚に陥ることもあるほどだ。 私は今も、1日に2時間、日本ドラマを見ている。 ぜいたくな没入であり癒やしの時間でもある。 テレビであれ、課金されるインターネットの有料動画を選ぶのであれ、日本ドラマについては、ほとんどが合法的に鑑賞できる時代になった。 日本ドラマは既に、単純な娯楽目的の選択肢ではない。 情緒と感情を投入する魂の友、つまりSoulmateだ。 ドラマ中の名せりふは人生の座右の銘であり、ストーリーは人生への励ましだ。 私のような日本ドラマファンは、随分かたくななこだわりに仕上がってしまったのかもしれないが。

次の

台湾のおしん

おしん 台湾

貧農の女子が富豪になるドラマ 山形の寒村で育った少女・谷村しんのストーリーは、1907年から始まる。 小学校入学を前にしたしんは、そうであるにもかかわらず実家の困窮が原因で、米一俵と引き換えに奉公へ出されてしまう。 雪積もる村の川を舟で下るシーンは、日本人なら誰しも目にしたことはあるだろう。 だがここで問題にしたいのは、ストーリー上の時代設定である。 1907年、すなわち明治40年だ。 この時代、貧しい小作人の子は商家へ奉公に出されるということが頻繁にあった。 実際にタイムマシンに乗って1907年に行けば、何十人という数のしんを目撃できるに違いない。 もしそうしなければ、子どもは間引かれる。 貧農とはそういうものだ。 だがしんは、そんな己の境遇に打ち勝つかのように商売で身を立てた。 髪結い、露天商、めし屋、魚屋という流れを経て、老年を迎える頃には十数のチェーン店を持つスーパーマーケットを運営していた。 20世紀初頭に生まれた貧農出身女性の、経営者としてのサクセスストーリー。 こんなドラマを作ることができる国は、まず日本しかない。 だから女には権力も財産も必要ない。 王家以外のイングランド人なら、なおさらだ。 しんが奉公に出された当時のイギリスは、法律で家の財産を女性が継ぐことはできなかった。 蓄財の管理権は必ず男性が握るようになっていたのだ。 日本でも人気を博したイギリスのテレビドラマ『ダウントン・アビー』は、そうした男系社会を背景にした作品である。 『ダウントン・アビー』第1シーズンは1912〜14年にかけての話だ。 イングランドの貴族クローリー家は、財産の継承者だった男子をタイタニック号沈没事故で亡くしてしまう。 クローリー家の当主の子は3人いるが、いずれも女子だ。 そこで遠縁の若者を家の次期当主として指名するが、そこからお家騒動が始まり……という物語である。 たった100年前のイギリスは、こうした明確な男女格差が存在した。 海外の階級社会 また、日本以外の国では社会階層間に大きな壁がある。 これもイギリスの作品だが、『マイ・フェア・レディ』というミュージカルがある。 言語学者ヘンリー・ヒギンズがロンドンの下町で知り合った少女イライザの庶民訛りを矯正し、貴族の子女にでっち上げるという内容だ。 英語圏の国は、地域間はおろか中産階級・労働者の間にも方言が存在する。 ロンドンの庶民の場合は『コックニー』という言葉を話す。 『A・I・E』を「アー・イー・エー」と発音するから、クィーンズ・イングリッシュ話者と意思疎通が難しいことすらある。 すなわち、かつてのロンドン市民は生まれながらに己の属する階層が宿命付けられていたのだ。 人間は宿命に抗うことはできない。 今のイギリスの二大政党政治(保守党と労働党)は、そうした階級間の摩擦から端を発している。 だが、日本にはそのような違いはない。 山形の人間は、富豪も貧農もみんな山形弁を話す。 世界の人々は、しんを羨み尊敬した。 日本型資本主義を示す しんは自由競争が前提の資本主義の只中で生き抜いた。 だがそれは、アメリカのような配当利益とパテント売買を中心とする市場原理主義に基づいたものではない。 ドラマの中で、こんなエピソードがある。 しんの老年期、今や一大企業に成長した彼女のスーパーマーケットは、名古屋の住宅地区にチェーン店を展開することになった。 だがそれはおしんの息子が話を進めたことで、しん自身はそれに猛反対した。 なぜなら、出店先には既存の商店街があり、そこにしんの恩人の店もあったからだ。 特にアメリカでは、ウォルマートの地方進出が各地で反感を買っていた。 巨大な規模と物量で攻勢に出るウォルマートに対し、既存の地元商店街は何もできずに潰れていく。 ところが商店街がなくなったあとに「ここでは利益が取れない」という理由で、ウォルマートはあっさりと撤退してしまう。 残るのはシャッター街と買い物難民だけだ。 そこには商倫理がはっきりと存在していた。 社会の底辺から努力一つで出世し、莫大な財産を築き上げた少女。 だがどんな時も商倫理を忘れず、自由競争の中にも一定の秩序を示したその姿こそ、各国市民を感動させたのだった。

次の