スピンロトム 育成。 【剣盾】スピンロトム 調整メモ

スピンロトム徹底考察〜結論:暴風ください〜

スピンロトム 育成

ええ、所謂FCロトムです。 しかしスピンは他に比べ、総体的にそう多くは無いでしょう。 特徴のひとつとしてロトムはすべての特性が浮遊で、電気の唯一の弱点を隠せるというのがありますね。 これによってウォッシュやヒートなんかは化け物になりましたね。 浮遊です、浮遊。 浮遊なんですよ〜、強いですね〜。 しかしこの子には・・・・・ つまり何が言いたいのかと言いますと、 空気特性じゃねーかよ、とそう申し上げたいのです。 浮遊により地面無効、飛行により地面無効。 もう、ゲーフリは何を考えてこんなポケモンを作ったのか・・・・・・ 一応、型破り地震を空かせるという意味では他のロトムより強いです。 ハイ、ピンポイントですねw なんだかんだ言っても、イッシュ三猿よりはぜんぜんましですが。 欠点ばかりに目が行ってしまいましたが、腐ってもサンダーやボルトロスと同じタイプです。 正直強いです。 サンダーがやはり宿敵として立ちますね。 差別化は簡単です。 エアスラッシュです。 FCさせれば自動で差別化できます。 それが差別化要素になりえないのであれば、後述の選択技で鬼火かリフレクターを入れてあげてください。 持ち物 こんかいのコンセプトは、ヘラや龍を簡単に狩ろうというものです。 環境こそ変わりましたが、この子たちはメタっておくに値する脅威であることは揺るぎません。 よって、HC252をベースにCからBに64振ることで、補正ありオボン込みで補正無しA252ガブの逆鱗を最大乱数連続以外確定で耐える調整になります。 どうあがいても特化ヘラのエッジは安定して耐えれそうにないので、保険としてSに28振っておきます。 こうすることで、特化鉢巻補正ありヘラのエッジを耐えれなくなる代わりに、ロトム意識のS28振りヘラを抜くことが出来ます。 ちなみにですが、一応HBぶっぱすれば確定2にはなりますが、そこまで特化したヘラの攻撃をせっかく抜けるのになぜ一度受けなければならないのか・・・。 なのでここがSの最低ラインですね。 残りはCに振ります。 火力はC残り振りで少し多いくらいです。 なのでDも、仮想的があるのであれば調整してあげてください。 また、Sが心もとないと思う方は少しづつ上げてください。 ご指摘いただきまして追加させていただきます。 控え目でもこの実数値は到達可能です。 この場合、H252 B168 C60 S28で到達可能です。 実数値変わりません。 補正なしA252ガブリアスの逆鱗 【53. ここが調整ライン。 補正ありA252ヘラクロスのエッジ 【63. タイマンなら勝てますが。 補正なしC252サンダースの珠10万 【55. 性格 確定技 エアスラッシュ ヘラに役割を持つので確定です。 案外用途は広いです。 Sに努力値を割いてないのでひるみウマーは無理ですが。 候補の電磁波と合わせれば、まひるみキッスのようにずっと俺のターン! ・・・・・・は、無理ですが、ちょっとだけ俺のターン!! が出来ます。 火力は低め。 暴風覚えてよ・・・ 補正なしH252ローブシン 【68. 呼びはしませんが、無効から出て行くことが出来ます。 そのための調整ですしね。 補正なしH204D4ガブリアス【70. 補正なしH252サザンドラ 【35. めざパとの相性補完にもなります。 【10万 雷 】です。 H252シャワーズ【56. 候補技 候補技は本当に抜群にお勧めとかっていうものがないので、パーティと好みとで選択してください。 一応、採用度の高い順に並べてあります。 おにび 物理ATに繰り出しやすいので、そこで撃ちます。 誘う地面あたりは物理が多いので、一貫している補助技。 エアスラがあるので、読み違えて根性持ちに撃つことなんてはきわめて少ないでしょう。 でんじは momo様提供 高速Atに対してアドを取ります。 コジョあたりにあたればはカモです。 ただ、後述のボルチェンと同じく地面の無償降臨を誘うので採用度は怪しいです。 が、普通はつぶせないような相手もつぶせるかもしれません。 主にラティとかサザンとかですね。 いたみわけ 風の谷の名無しさん様、ふわふわ様提供 HGSSでの教え技です。 唯一の回復技。 ただし使う場面は限られてくると思います。 サンダーの羽休めと違って回復が安定しないのが難点です。 リフレクター 鬼火とは一長一短です。 ターンで切れるのが弱点。 交代読みで打ってもいいですね。 ボルトチェンジ 退場技ですね。 地面を呼ぶので採用度は怪しいところ。 よって候補止まりです。 最後に 風船スピンロトムつかってあげてください この子はかなりポテンシャルが高いです。 電気飛行は強いですねー。 意味のわからない特性ですが、必死にがんばっています。 っていうか普通に強くね? 鯉好き様 それだけがメリットですね。 一応追記しておきますか。 高評価ありがとうございます。 無題ドキュメント様 そういった言葉が私の育成論を作る糧になりますw 高評価ありがとうございます。 評価5入れますね。 高評価ありがとうございます。 一応上段に表記したのですが、わかりづらかったですかね? 前提としては31-30-30-31-31-31です。 もっと欲張るのなら31-2-30-31-31-31ですね。 コメントありがとうございました。 Vで無振りなら実数は127になると思います。 この子は特性でネタ扱いされる面もありますけど電気・飛行は優秀ですし十分強い子ですよね。 作ってみようと思います。 ご指摘感謝します。 farudamu様 この子は風船以外ありえn ry 参考にしていただければ幸いです。 うるおう貯水シャワーズ様 重力・・・だと・・・!? 案外っていうか普通に強いんですけどね・・・ 特性が不憫すぎます・・・ 高評価ありがとうございます。 ぜひ作ってみてください! この場を借りて 育成論の投稿がいそがしいため滞っております。 コメントの返信についても、このようにかなり不定期となります。 まだまだ未熟な私の育成論を楽しみにしてくださっている方にはご迷惑をおかけします。 申し訳ありません。 次の投稿で一旦私の育成論は出し尽くした形になります。 なにかリクエストなどございましたら、コメントにてお知らせください。 全力で作りたいと思います。 ありがとうございます。 そうですね、ズキンやブラッキーでは格闘受けはきついですね。 ただ、Sロトムも抜群でエッジを受けてしまうため、安定はしませんね。 この子より遅い格闘、こだわりは受けられそうですが。 ぜひつくってみてください。 性格はずぶとい確定とありますが、ひかえめでも問題ないですね。 計算してくださって感謝です。 追加しておきます。 寝起き様 ほんとですか!w 風船スピン出したらもう勝利ですよね! w 少しでもこの育成論がロトムを育てるときに目に触れればなぁと思っています。 参考になれば幸いです。 高評価ありがとうございます。 感動しました。 ガブとのタイマンを結構強気で行けるのがいいですね。 相手が若干この子を舐めてる感じがしましたが気のせいで すよね。 感動までしていただけたんですかw ありがとうございます。 なめてるのは…気のせいですね、そう思いましょう。 高評価ありがとうございます。 めざ氷とリフレクターは驚異ですね。 受け兼特殊ATを待っていたので参考にさせてもらいます。

次の

スピンロトムを活躍させたい一心で組んだらスピンロトムがクビになっちゃった構築|小林すずめ|note

スピンロトム 育成

また、技『どくびし』『まきびし』『ねばねばネット』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 『エレキフィールド』『サイコフィールド』『グラスフィールド』『ミストフィールド』の効果も受けない。 自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる。 1倍未満は40、2倍未満は60、3倍未満は80、4倍未満は120、それ以上は150。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 Lv. 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』『あくび』 ねむけ 状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. すでに『ねむり』状態の場合は回復しない。 道具『エレキシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 1倍未満は40、2倍未満は60、3倍未満は80、4倍未満は120、それ以上は150。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 3倍の効果もさらに加わる。 なお、相手の道具を無効にする効果はない。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』『キョダイコウジン』、さらに第8世代からは『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。

次の

スピンロトム : メジャー意識+流し 耐久寄り特殊At型 扇風機の追風

スピンロトム 育成

また、技『どくびし』『まきびし』『ねばねばネット』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 『エレキフィールド』『サイコフィールド』『グラスフィールド』『ミストフィールド』の効果も受けない。 自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる。 1倍未満は40、2倍未満は60、3倍未満は80、4倍未満は120、それ以上は150。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 Lv. 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』『あくび』 ねむけ 状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. すでに『ねむり』状態の場合は回復しない。 道具『エレキシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 1倍未満は40、2倍未満は60、3倍未満は80、4倍未満は120、それ以上は150。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 3倍の効果もさらに加わる。 なお、相手の道具を無効にする効果はない。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』『キョダイコウジン』、さらに第8世代からは『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。

次の