予防 接種 bcg。 結核の予防接種(BCG)について・BCG日程表|仙台市

日本の新型コロナ死者数の少なさは、BCG接種が関係?:朝日新聞デジタル

予防 接種 bcg

令和2年6月以降の結核の予防接種(BCG)について 新型コロナウイルス感染症への対応により、会場の混雑を緩和するために、対象となる方へ接種の延期をお願いしておりましたが、 6月以降は、受付時間の延長や接種日を増やして集団予防接種を実施予定です。 日程の一部で、受付時間を延長いたします。 また、6月10日(水曜日)午後【泉区役所】、6月29日(月曜日)午前【青葉区役所】、7月13日(月曜日)午前【青葉区役所】、8月12日(水曜日)午前・午後【宮城野区役所】は臨時で接種を実施いたします。 なお、発熱等の症状がある方につきましては、来場をご遠慮いただきますようお願いいたします。 接種日時や接種会場につきましては、下記日程表でご確認ください。 結核の予防接種(BCG)について 結核について 結核菌の感染で起こります。 乳幼児は結核に対する抵抗力(免疫)が弱いので、全身性の結核病にかかったり、結核性髄膜炎になることもあり、重い後遺症を残す可能性があります。 BCGワクチンについて BCGは結核菌を弱毒化してつくったワクチンです。 BCGワクチンは、スタンプ方式で上腕の2カ所に押し付けて接種します。 生後1歳までのBCGワクチン接種により、小児の結核の発症を52~74%程度、重篤な髄膜炎や全身性の結核に関しては64~78%程度罹患リスクを減らすことができると報告されています。 BCG定期接種について 定期接種対象者及び接種期間、接種回数等• 対象者:仙台市に住民票があり、結核にかかったことのない1歳の誕生日の前日までのお子さん• 接種期間:通年• 接種回数:1回• 標準的な接種期間:生後5か月の月誕生日の前日から生後8か月の月誕生日の前日まで 自己負担額• 定期接種対象者が定められた回数の予防接種を受ける場合、接種費用は無料です。 以外の接種について、接種費用は全額自己負担となります。 BCGの集団接種について 会場 (会場にお越しの際は、公共交通機関をご利用ください。 ) 日程• 会場ごとに日程が決まっていますので、下記のをご確認ください。 予約は不要です。 受付時間内に会場へ直接お越しください。 持ち物• 予診票(母子健康手帳別冊(乳幼児編))• 母子健康手帳• 健康保険証等の住所・年齢が確認できるもの(宮城県結核予防会複十字健診センターで接種する場合のみ必要です。 ) 当日の流れ• 受付:母子健康手帳と予診票の記載内容を確認します。 検温:体温計をお渡しします。 お子さんの体温を測ってください。 このとき、お子さんの接種するほうの肩が出るように、下着を含めて服を脱がせてください。 診察:BCGの接種が可能か、診察をします。 消毒:接種する箇所を、アルコール消毒します。 このとき、消毒した箇所がどこにも触れないように注意してください。 接種:BCGワクチンを接種します。 乾燥:接種した箇所が、自然乾燥するまでお待ちください。 このとき、接種した箇所がどこにも触れないように注意してください。 (自然乾燥するまで、時間がかかる場合があります。 ) その他• 当日の混雑状況によって、お待ちいただく場合があります。 お子さんを抱える方の髪が長い場合は、接種箇所に触れないように、髪を結っていただくことがあります。 令和2年度仙台市結核予防接種(BCG)日程表 日程の一部で、受付時間を延長いたします。 また、6月10日(水曜日)午後【泉区役所】、6月29日(月曜日)午前【青葉区役所】、7月13日(月曜日)午前【青葉区役所】、8月12日(水曜日)午前・午後【宮城野区役所】は臨時で接種を実施いたします。 詳しくは、下記日程表でご確認ください。 【来場時のお願い等】• 予約は不要です。 受付時間内に会場へお越しください。 区役所駐車場は大変混雑いたしますので、公共交通機関をご利用ください。 会場の混雑緩和のため、対象となるお子さん一人に対し、同伴の保護者の方は一人でお越しください。 受付開始直後は大変混み合います。 また、当日の混雑状況によってはお待ちいただく場合がございますので、ご了承ください。 保護者の方はマスクの着用にご協力をお願いします。 発熱等の症状がある方については、来場をご遠慮ください。 仙台市青葉区上杉1-5-1 022-225-7211(代表) 仙台市青葉区下愛子字観音堂5 022-392-2111(代表) 仙台市宮城野区五輪2-12-35 022-291-2111(代表) 仙台市宮城野区高砂1-24-9 022-259-7862 仙台市宮城野区岩切字三所南88-2 022-255-7727 仙台市若林区保春院前丁3-1 022-282-1111(代表) 仙台市太白区長町南3-1-15 022-247-1111(代表) 仙台市太白区秋保町長袋字大原45-1 022-399-2111(代表) 仙台市泉区泉中央2-1-1 022-372-3111(代表) 仙台市青葉区中山吉成2-3-1 022-719-5161 お問い合わせ先.

次の

BCGワクチン予防接種(集団) 西東京市Web

予防 接種 bcg

概要 [ ] BCGは、実験室で長期間培養を繰り返すうちにに対する毒性が失われてだけが残った結核菌であり、BCGワクチンはBCGを人為的にヒトに接種して感染させることで、に罹患することなく結核菌に対するを獲得させる(メモリーT細胞に記憶 )ことを目的としたものである。 BCGワクチンは、2015年現在実用化されている唯一の、結核の予防に有効なワクチンである。 また、など他の感染症に対する予防効果も認められている。 極めて稀ではあるが、偶然結核菌が皮膚に感染し、BCGワクチンと同様の効果を発揮することがある。 これを と呼び、の一つに挙げられる。 歴史 [ ] には、世界初のワクチンとなる接種を行い、ワクチンによる感染症予防の有用性が知られるようになった。 この成功は、自然界に存在する牛痘ウイルスがウイルスに似ているが毒性の低い、一種の弱毒株であることによるものであった。 効果はあったが「接種するとになる」など根拠のないが流れ、普及に時間がかかった。 にはが実験室での培養によって弱毒化株を作り出すことに成功し、これを用いた世界初の弱毒生ワクチンが作成された。 弱毒菌株を人工的に作り出すことで、弱毒菌株が自然界に存在しない感染症でもワクチンの開発が可能であることを示したものであった。 病原細菌では実験室で人工的に培養を繰り返す(継代培養)うちに毒性が弱くなる現象がよく観察されるが、ウシ胆汁加バレイショ培地による継代培養が行われた。 その結果、作り出された菌株は元のウシ型菌より遥かに弱毒性で、ヒトに対してほとんど病原性を示さないほぼ無害なものに変化した。 BCG株と利用国等 BCGの世代 BCG株 利用国 第1世代(1921年) Russia株、日本株、Moreau株 旧ソ連、日本、タイ、台湾、パキスタン、ブラジル、カナダ等 第2世代(1925-26年) Sweden株、Birkhaug株 第3世代(1926-31年) Denmark株、Phipps株、Tice株、Frappier株、Pasteur株、Prague株、Glaxo株、Connaught株 西ヨーロッパ、メキシコ、インドネシア、韓国、カナダ等 ににおいて、母乳に混ぜて乳児に経口的に投与され、乳児結核症に対して著明な予防効果を示した ことから世界的に注目され、各国に配布されて結核予防のための弱毒生菌ワクチンとして利用されるようになった。 以後、国ごとに継代培養されていった結果、現存するBCGには国ごとに遺伝的な違いが生じている。 にのが皮下接種法を考案したが、皮膚に膿瘍や難治性潰瘍を形成するなど問題が多かった。 にの小児科医が皮内接種法を開発して成功し、接種普及に努めた。 さらに安全な方法として、1930年代から経皮接種法が研究された。 接種器具については各国で様々なものが使用されているが、日本の9本管針を用いる乱刺器具は、朽木五郎作の考案による。 の後、その被害を大きく受けた東欧諸国を中心に、結核の世界的蔓延が危惧された。 そこでは、やなどに医療チームを派遣してBCGワクチン接種を積極的に行った。 その翌年には赤十字社とのヨーロッパ救済機構が同調し、(UNICEF)がこれに基金の提供を行った。 この活動に(WHO)と被支援国側の衛生当局が加わり、国際結核キャンペーン(ITC, International Tuberculosis Campaign)が行われ、BCGワクチン接種が世界中に広まるきっかけになった。 ITCの活動はにWHOに移管され、には、WHOが推進する予防接種拡大計画(EPI, Expanded Programme on Immunization)のプログラムの中に、、、、、に対するそれぞれのワクチンとともに、結核用予防ワクチンとしてBCGが加えられ、特に小児疾患の予防という観点から世界中に普及することになった。 日本とBCG• :が直接カルメットから分与された菌株(日本株)に由来する、BCG Tokyo172株が導入された。 :大阪帝国大学医学部附属医院で看護婦、生徒に対するBCG接種試験実施。 :日本学術振興会結核委員会がBCG予防接種を実施。 日本陸海軍の軍医らも参加。 :大政翼賛会がBCG予防接種は結核予防に大きな効果があると報告。 :厚生省がBCG予防接種後の結核発病率の大きな減少について報告。 :農村から都市部へ出ようとする青少年、工場などの集団生活においてで陰性の者はBCG接種の対象となる。 :結核の最大流行を記録するがその後減少。 :占領軍当局の指令によってすべての予防接種が全国的に禁止された。 BCGも12月から接種が中止された。 :BCGによる結核予防接種が法制化。 30歳未満の人に毎年ツベルクリン反応検査を行い、BCGによる免疫が確認されなかった場合は繰り返し接種を行う。 :近代的な「結核予防法」施行。 法律による接種(皮内)小学校就学前の乳幼児を対象、毎年ツベルクリン反応陽性以外なら接種。 :皮内接種法から管針を用いて行う現在の経皮接種法に変更。 1974年:BCG接種の定期化。 乳幼児(4歳未満)、小学校1年生、中学校2年生の3回に定期化。 :接種対象者が生後6ヵ月までに変更され、事前のツベルクリン反応検査を省略する直接接種となる。 :結核予防法が感染症法に併合される。 :接種対象者が今の生後1歳に達するまでに変更。 適応 [ ]• この他の抗酸菌感染症の予防にも有効な場合がある。 - BCG療法(生理的食塩水で希釈して尿道カテーテルで膀胱内に注入) 結核予防効果 [ ] BCGのワクチン包装 弱毒生菌ワクチン(生ワクチン)には、他のタイプのワクチン(死菌ワクチンや成分ワクチン)とは異なり、• 弱毒性の微生物が体内に定着しうる• ウイルスや細胞内寄生体が実際に細胞内に感染を起こしうる という特徴がある。 このため、• 効果が半永久的に持続する• 死菌ワクチンでは誘導できない(やなどによる免疫。 細胞内感染の排除に必要)が誘導可能である、という利点がある。 は細胞内寄生体であり、特に活性化マクロファージによる細胞性免疫が感染防御に重要であることから、死菌ワクチンや成分ワクチンでは十分なが得られないため、弱毒生菌ワクチンが必要である。 使用菌株の差違、凍結乾燥に対する耐性の差は、最終的に獲得する免疫能の差となって現れる。 なお、日本株は耐高温多湿環境能力に優れている。 ワクチンによる感染防止効果は接種から約10年から15年程度で減弱する が、このメモリーT細胞による免疫記憶が薄れてしまった状態から、追加免疫を記憶させるためにブーストワクチンを開発する研究が行われている。 Ladefoged, A. 1976 によるBCG菌株強さの順位 (動物実験ウイルレンス・小児ツベルクリン感作) 菌株 平均スコア モロー株(ブラジル) 4. 8 フランス株 1173P 2 4. 3 デンマーク株 1331 4. 0 ソ連株 4. 0 スエーデン株 3. 8 マドラス株(旧)(インド) 3. 5 日本株 Tokyo172 3. 0 グラクソー株 2. 0 プラーグ株 1. BCGワクチンの接種体制は、国ごとに異なる。 世界のBCG接種状況 地域 BCG接種状況 アジア諸国 現在基本的に全員接種。 オーストラリア 1980年半ばに全員接種停止。 ニュージーランド 1963年から段階的に全員接種停止。 イスラエル 1982年に全員接種停止。 アフリカ諸国 現在基本的に全員接種。 中南米諸国 現在基本的に全員接種。 エクアドル 全員接種なし。 米国 全員接種なし。 カナダ 全員接種なし。 東欧諸国 現在基本的に全員接種。 西欧諸国 現在全員接種なし。 スエーデン 1975年に全員接種停止。 デンマーク 1979年に全員接種停止。 スペイン 1981年に全員接種停止。 スイス 1987年に全員接種停止。 ベルギー 1989年に全員接種停止 オーストリア 1990年に全員接種停止。 アイルランド 1996年に全員接種停止。 ドイツ 1998年に全員接種停止。 フランス 2004年に全員接種停止。 イギリス 2005年に全員接種停止。 フィンランド 2006年に全員接種停止。 ノルウェー 2009年に全員接種停止。 チェコ 2010年に全員接種停止。 ポルトガル 現在基本的に全員接種。 ギリシャ 現在基本的に全員接種。 定期予防接種:フランス、、、日本、など• ハイリスク群にのみ予防接種:、、など• 定期予防接種としては実施せず(任意接種):など BCGワクチンの有効性については開発当初から多くの試験が行われてきたが、調査ごとに結果のばらつきが大きく、その予防効果を疑問視する声も聞かれる。 少なくとも、乳幼児結核と、結核性髄膜炎など血行性に広まる結核病変については阻止する効果があることは認められているが、成人に経気道感染した肺結核に対する予防効果について意見が分かれている。 このほか比較的小規模な調査結果まで合わせると、、イギリス、などでは有効性を支持する結果が、インド、アメリカでは有効性が低い結果がそれぞれ得られている。 日本では初期に行われた小規模な調査結果からその有用性が支持されている。 この臨床研究ではワクチンの効果は経年的な低減が認められず、統計的に1回のワクチン接種で50-60年間の有効性が持続することが示唆された(ワクチンの効果は女性より男性の方が維持される傾向にあった)。 ワクチン接種の時期や種族、接種回数、既往歴、INH投与履歴などはワクチンの効果には影響を及ぼさなかった。 ばらつきが大きい理由については、いくつかの理由が指摘されている。 まず第一に、ワクチンに使用しているBCG株の違いが挙げられる。 BCG株が各国で培養を繰り返されているうちに変異して、有効性を失った株が使用されていた可能性が指摘されており、近年では、より元のパスツール株に近く、予防効果があるという結果を示しているBCG株を、WHOが選択収集して各国に配布している。 第二に、調査を行った地域で結核がどの程度流行しているかも、調査結果に大きく影響している。 例えば、チングルプットは結核の頻度が極めて高い地域であったため、ほとんどの乳幼児がワクチン接種前に結核菌と接触してしまっていたことが、BCGワクチンの効果が見られなかった理由の一つとして考えられている。 このほか、環境中に生育している抗酸菌の量や、流行している結核菌の菌株の違い、ヒトの遺伝的素因など、さまざまな理由がその候補として挙げられている。 接種 [ ] この節のが望まれています。 主に: 接種から効果が出るまでの時間 ( 2020年4月) 当初は経口投与されていたが、には効果の増大を目的として皮下注射法が行われるようになって以降、この皮下注射での副反応が問題視されてきた。 これを軽減するために皮内注射法が採用され、さらに国によっては経皮接種法(皮膚に針などで小さな傷をつけ、そこから吸収させる方法)へと、投与方法は移行している。 2020年現在、日本で使用されているBCGワクチンでは、皮下注射は認められていない。 日本では、1951年の結核予防法大改正によって凍結乾燥BCGワクチンの接種が法制化された。 副反応 [ ] BCG弱毒生ワクチンによる予防接種には、まれにが表れることもあり、この副反応は播種性BCG感染症とも呼ばれる。 軽微な例 局所的な炎症や発熱 重篤な例 リンパ節炎、骨髄炎 、結核性膿瘍、結核性潰瘍 免疫抑制状態にある者 患者では、ワクチンとして接種されたBCGによる全身感染の例が報告されている。 健常者には希にの一つであるという結核アレルギー性皮膚疾患が発症することがある。 日本におけるBCGワクチン接種 [ ] BCG接種用の管針 1951年、が施行となり、法律による経皮接種が開始された。 反応検査の皮内注射を行い、陽性以外の(陰性や疑陽性の)反応の場合、経皮接種が行われた。 接種時期は、幼児期、小学生、中学生の3回であった。 (17年)の結核予防法改正により、接種時期は生後6ヶ月未満(生後3ヶ月以降を推奨)の1回となり、ツベルクリン反応検査なしで接種することとなった。 (平成26年)の法改正により、接種時期が生後1年未満(生後5ヶ月以降8ヶ月未満を推奨)に変更された。 に基づいて接種される「定期(公費助成)」である。 方法としてはから 管針法(直径2センチくらいの円の中に針が9本あるスタンプ状の管針と呼ばれる接種器を上腕部に2回押し付けて行う方法)が採用されている。 接種後は接種部位が赤く腫れた状態になり、徐々に痂疲化し、やがて瘢痕化する(経過や変化する刺入部の数や程度には個人差がある)。 この瘢痕は、時間の経過とともに退縮するが、完全に消えることはなく、瘢痕が一生残ることになる。 類似のデバイスを使用したBCGワクチンの皮内接種は、日本やイギリス、アメリカなどでも普及しており、局所の炎症や潰瘍を軽減する効果があるとされる。 接種器の形・接種の仕方から、俗に「はんこ注射」や「スタンプ注射」などと呼ばれている。 「結核発症の予防」という本来の目的とは異なるが、乳幼児が罹患するでは、このBCG接種跡が発赤することが多く、確定診断の一助とされている。 関連事件 [ ]• の市で、1929-1930年においてBCGワクチンを経口接種された乳児のうち251人が結核を発症し、72人が死亡する事件があった( ())。 調査の結果、リューベック市総合病院のBCG培養設備で、BCGワクチンが強毒性ヒト型結核菌Kiehl株と同じに置かれており、誤って強毒性ヒト型結核菌Kiehl株を乳児に投与してしまったことが判明した。 BCGの毒力復帰による事故が疑われ、一時BCGワクチン接種が差し控えられる事態になったが、原因究明により再びBCGワクチンは広く接種されるようになった。 責任者のDeyke教授は裁判で有罪判決を下され、後に自殺した [ — ]。 2019新型コロナウイルス感染症との関連性 [ ] 詳細は「」を参照 2020年3月27日、の研究機関であるマードック・チルドレンズ研究所が、感染症の重症化抑制に有効かどうかを確認するため、結核予防に使われるBCGワクチンの臨床試験を行う事が報道された。 一方で日本ワクチン学会は2020年4月3日に発表された声明において「『新型コロナウイルスによる感染症に対してBCGワクチンが有効ではないか』という仮説はいまだその真偽が科学的に確認されたものではなく、現時点では否定も肯定も推奨もされない。 」との見解を示している。 2020年4月初めにBCGワクチン取り扱い経験のない医療機関において全量皮下注射という極めて不適切な使用があり、その後副作用に至ったと4月10日に厚労省が公表。 ガン免疫療法 [ ] BCGや化学製剤 OK432など一部の物質は、人体の投与により、なんらかの作用で免疫細胞の腫瘍に対する免疫作用を高める効果があると考えられており、すでに膀胱ガンの標準治療としてBCG投与が行われている。 作用の機構は、おそらくは樹状細胞のToll様細胞 TLR をBCGが活性化させるのだろうと思われている。 出典 [ ]• 吉田眞一、柳雄介編『戸田新細菌学』改訂32版、南山堂、2004年• 辻村邦夫, 小出幸夫, 「結核菌抗原認識とT細胞免疫」『結核』 85巻 6号 p. 509-514, 2010-06-15,• "Issues relating to the use of BCG in immunization programmes. " 1999. C Fordham von Reyn. , "Correcting the record on BCG before we license new vaccines against tuberculosis. " SAGE Journals. Volume:110 issue:11, page s :428-433, 2017, :,. Colditz GA et al. "Efficacy of BCG vaccine in the prevention of tuberculosis. Meta-analysis of the published literature. " 271, 698-702 1994. 206-210, :。• 329-334, 日本結核病学会, :。 48 p. 15-40. 2004年, , ()2020年4月2日閲覧• 日本ビーシージー製造株式会社 Japan BCG Laboratory 2020年3月30日閲覧• 内田豊昭、小林健一、本田直康 ほか、「」『泌尿器科紀要』 31巻 10号 1985年, :• Ladefoged, A. , Bunch-Christensen, K. et al. : "", Bull World Health Organ, 53: 435, 1976, , PMCID PMC2366516. 橋本達一郎, 「」『結核』 1987年 62巻 2号 p. 51-60, :。 毎日新聞. 2020年4月10日閲覧。 809-824, :• 川谷圭司、笠井正志, 樋口司、「」『信州医学会 信州医学雑誌』 62巻 3号p. 173-178, 2014年, :• NHKオンライン 2020年3月27日 22時56分• Bloomberg. Mar. 30 2020• 日本ワクチン学会 2020年4月3日• 宮坂昌之・子安重夫 著『標準免疫学 第3版』、2016年2月1日 第3版 第2刷、388ページ• 宮坂昌之・子安重夫 著『標準免疫学 第3版』、2016年2月1日 第3版 第2刷、388ページ 外部リンク [ ]•

次の

BCGのCOVID

予防 接種 bcg

BCGワクチンの本来の目的は結核の予防で、とくに小児期の重篤な結核に対して有効性が高いとされます。 ただ、麻疹や風疹のワクチンとは違って、BCGワクチンが定期接種になっていない国も多くあります。 結核に感染している人が少ない地域ではBCGワクチンの必要性が小さいからです。 世界的にみて、日本は結核の中等度の蔓延(まんえん)国です。 結核の予防以外にも、BCGワクチンが効く(かもしれない)病気はいろいろあります。 有名なところでは膀胱(ぼうこう)がんに対してBCGの注入療法が行われています。 あるいは、花粉症などのアレルギー疾患や結核以外の感染症にも予防的に働くという研究もあります。 歴史の長いワクチンで知見が積み重なっていることに加え、生きた菌を使用しており、精製されたワクチンと比べて免疫系の反応が複雑であることが、こうしたさまざまな仮説が生み出される原因だと思います。 さて、新型コロナウイルス感染症とBCGワクチンとの関係です。 世界各国の新型コロナの感染の広がりのスピードは、国によって大きく違います。 アメリカ合衆国、イタリア、スペインでは非常に早く感染が広がり、死亡者も多い一方で、日本や韓国、シンガポールでは比較的感染者数も死亡者数も少ない傾向にあります。 なぜか? その理由の一つがBCGワクチンではないか、という仮説が提唱されたのです。 すでに述べたように、BCGワクチンの必要性はその地域の結核の流行の程度によります。 アメリカ合衆国やイタリアではBCGワクチンが定期接種だったことはなく、スペインでは1981年に一律の接種が中止されています。 これらの国では新型コロナウイルス感染症の勢いが強く、BCGワクチンが定期接種されている日本や韓国、シンガポールでは勢いが弱いです。 BCGワクチン接種が免疫系になんらかの影響を与え、新型コロナウイルスに対する防御力を強くしている可能性があります。 きわめて興味深い仮説ですが、これらの国々ではBCGワクチン接種以外にもさまざまな要因が異なります。 人種・民族の遺伝的な差異、気候、感染防御目的のマスク着用の習慣、握手やハグといったあいさつの習慣などなど。 流行しているウイルスのタイプが異なっているかもしれません。 BCGワクチン接種以外の要因が似ている国があれば参考になりますが、そうした国にスペインとポルトガルがあります。 ポルトガルでは現在でもBCGワクチン接種を行っていて、スペインと比較すると新型コロナの流行は穏やかです。 これはBCG仮説を支持する証拠です。 一方でBCG仮説に否定的な証拠もあります。 フランスは2007年という比較的最近までBCGワクチン接種を行ってきました。 しかし、ご承知の通り流行は激しいです。 ヨーロッパで最初に流行の中心地となった北イタリアに地理的に近いがゆえにフランスの流行も激しいのかもしれませんが、それを言うならスペインとポルトガルの違いも地理的な理由かもしれません。 BCG仮説を支持する証拠も、否定的な証拠もあるのです。 決着をつける手段の一つは、BCGを接種していない人を多く集めて、ランダムにBCG接種群と対照群に振り分け、新型コロナにどれぐらい感染するのか、重症化はどれぐらいなのかを調べることです。 ランダムに振り分けることでBCG接種以外の要因を均等にして、BCG接種の効果だけを評価できます。 こうしたランダム化比較試験はすでにオランダやオーストラリアなどで計画されています。 現時点では、新型コロナが怖いからとBCGワクチンを接種しに行くことは、おすすめしません。 まだ研究段階で効果があるかははっきりしません。 ワクチン接種はネットを通じて行うわけにいかないので、外出する必要もあります。 BCGワクチンを接種しに出かけるぐらいなら家にいましょう。 それに、急にはワクチンの増産はできません。 ワクチンが不足して本来必要な乳児に接種できないなんてことになると本末転倒です。 <アピタル:内科医・酒井健司の医心電信・その他>.

次の