群馬 感染 者。 群馬・太田市長、感染者の「働きぶり」「結婚の有無」ツイート→削除 市秘書室「誤解を招きかねない」: J

交通事故後に救急搬送され死亡→コロナ感染判明 群馬 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

群馬 感染 者

太田市公式サイトより 群馬県太田市での新型コロナウイルスの対応をめぐる、清水聖義市長(78)のツイートに多くの違和感が示されている。 感染の確認を発表した2020年3月8日、清水市長は感染者の結婚の有無や職場での働きぶりをツイッターで公表したためだ。 感染者が見つかった自治体ではプライバシーや個人情報保護に配慮し、最低限の情報公開にとどまるケースが多い。 今回の公開内容は異例ともいえる。 市は取材に「誤解を招きかねない」として、ツイートはすでに削除したと話す。 公衆衛生上の必要性はある? 太田市の公式サイトでの発表によると、感染したのは市内に住む保育士の女性。 そのほか、「年齢」「勤務地」「症例経過」「行動歴」「接触者」が明かされている。 清水市長は8日にツイッターで、この女性が勤務する保育園の園長の話として、結婚の有無や職場での立場・評価を書き込み、「まさか、自分が感染してくるとは思ってもみなかったろうに。 気の毒なことだ。 重症化したとのことだが回復するよう願っています」と続けた。 この情報に対してユーザーからは、公衆衛生上の必要性を感じられず、個人情報保護の観点から問題視する声が相次いだ。 感染者をめぐっては、個人情報がむやみに詮索されたり、不当な差別を受けたりするケースも出ている。 情報公開の範囲については自治体ごとにばらつきが出ているが、清水市長の公開内容は異例といえる。 感染症法では、国と都道府県に「感染症の予防のための情報を積極的に公表しなければならない」としつつ、「個人情報の保護に留意しなければならない」と注記する。 本人の同意得た? 市秘書室は9日、J-CASTニュースの取材に、ツイートは8日の記者会見の内容に基づいていると明かした。 結婚の有無や職場での評価は、同席した園長が報告したといい、それぞれの意図を「(既婚で)お子さんがいれば学校で接触があるとの意味も含めて、そちらを心配する人がいるのを考慮して園は出したのでは」「働きぶりは、濃厚接触が一番問題になるので、どのような立場だったのか説明したのでは」と推測する。 感染者本人の同意を得ているかについては、把握していないという。 ツイートは取材時までに削除され、「この文言だけで一人歩きしている部分もあるので、正確な情報を発信する意味でも誤解を招きかねないとして削除した」と説明した。

次の

【群馬コロナ】前橋育英の男子生徒が感染!「セキチュー高崎矢中店」でアルバイト

群馬 感染 者

群馬県内では初となる新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受け7日、山本一太知事が会見を開き感染者は太田市在住の40代女性で、職業は保育士であることを発表した。 今回陽性となったのは群馬県太田市の保育所に勤務する40代女性の保育士。 2月27日の木曜日には出勤していたが、この日から体調不良を感じており、翌28日の金曜日はマスクを着用して出勤するも早退している。 その後、体調不良が続いたために29日の土曜日に医療機関Aを受診。 3月2日の月曜日はマスクを着用して出勤するも、2時間の勤務の後に再び早退。 3日の火曜日に医療機関Bを受診し、自宅療養したが症状は改善せず、咳や息苦しさがあったために6日の金曜日に医療機関Bを再度受診した。 ここで肺炎と診断された女性は帰国者・接触者外来である医療機関Cを受診。 新型コロナウイルス感染症疑いと診断され、検体を採取。 本日、県の衛生環境研究所で検査をしたところ陽性反応が確認された。 現在、女性は医療機関Cに入院中で重症ということだ。 (ANNニュース).

次の

群馬県内・新型コロナウイルス感染者数

群馬 感染 者

目次 こんなことがわかります• 群馬コロナウイルスの受け入れ病院はどこ? 3月7日、群馬県内で確認されたコロナウイルス感染者に関して、山本知事が発表した内容によると感染者は太田市に住む40代の保育士女性とのこと。 現在は「県内の医療機関」に入院しているそうです。 どの医療機関なのでしょうか。 群馬県は、太田市に住む40代の保育士女性が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。 群馬県で感染者が確認されたのはこれが初めてで、県によりますと、県内の医療機関に入院していて重症だということです。 引用元:NHK NEWS WEB 山本知事の発表によると、医療機関名は公表されていません。 ただ、コロナウイルス患者を受け入れられる県内の医療機関はあらかじめ厚生労働省で定められており、以下のいずれかの病院と考えられます。 まず群馬県内には 「特定感染症指定医療機関」はありませんが 全国4箇所のみ 、 他に「第一種感染症指定医療機関」が1箇所と「第二種感染症指定医療機関」が11箇所あります。 ・2月27日:勤務中に体調不良を感じる ・2月29日:38度の発熱があり、 1つ目の医療機関でインフルエンザ検査を受け陰性 ・3月3日: 2つ目の医療機関を受診。 せきや息苦しさが続く。 ・3月6日: 2つ目の医療機関で再受診の上、レントゲン検査で肺炎と診断され、 3つ目の感染症指定医療機関に転院する。 ・3月7日:県衛生環境研究所のPCRと呼ばれる遺伝子レベルの検査でコロナウイルスへの感染が確認される。 感染者の職種や症状について 山本知事の発表では感染者の職業などは「太田市に住み、同じ市内の保育士に勤務する40代の保育士女性」とのことがわかっています。 ただ、保育園の名前などは公開されていません。 ・太田市在住 ・40代女性 ・市内の保育園勤務の保育士 なお、女性の現在の症状は「重症」であるとのこと。 「重篤」ではないようですが症状は重いということがわかります。 女性は2月末から体調不良を感じ、途中38度の熱やせきや息苦しさなどが出て肺炎と診断され、現在の症状となった様子です。 女性はこの間、3日にわたってマスクをしたり、早退したりして勤務していて、県は現在、保育所に通っている子どもや同僚、それに同居している家族などの体調に、異常がないかどうか調べています。 県によりますと、女性に海外への渡航歴はなく、体調不良を感じて以降、公共交通機関は使っていないということです。 感染経路は? 今回感染された女性の「感染経路」が気になりますが、現段階では特定されていません。 保育園に勤務していたということですが、勤務以外の細かい行動履歴などは公開されておらず、現段階ではまだ調査中のようです。 保育園関係者や子供達などには現在、県が体調に異常がないか等を調べているようですので、関係者には連絡が行っているものと思われます。

次の