アメブロ 誹謗中傷 通報。 アメブロで誹謗中傷・営業妨害を受けた場合の対処方法について

著作権侵害や誹謗中傷をするアメーバブログを通報する方法

アメブロ 誹謗中傷 通報

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる 日本No. 1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「 アメブロアクセスupサービス」です。 このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。 一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。 アメブロランキングの圏外になる4つの理由 アメブロランキングの圏外になる4つの理由は以下の通りです。 公式ジャンルとブログ内容が合っていない• ユーザーからの通報• 著作権や誹謗中傷を行っている• いいねやフォローなどの自動化ツールを利用している 主にこの4つのことがアメブロランキングの圏外表示となります。 これを順序よく解説していきますのでご覧ください。 また、公式ジャンルのブログは、運営が内容をチェックしますが、それだけ目に留まりやすくなり良質なブログはトピックスに上げてくれます。 しかし、毎日せっせとブログを更新すると、やはりネタ欠乏になってきて、ついテーマから脱線した記事を書いてしまうときがあり得ます。 テーマに沿ったネタがないなら、お休みすれば良いのですが、毎日更新することがクローラーに拾われやすいなどという記事を読むと、更新せねばという切迫感に襲われ、テーマと違った記事を書いてしまうのです。 これが5回連続して続くと運営から警告がきて、それでも無視しているとランキングから外されてしまいます。 どんな内容の記事なのか気になってチェックしてみると、ビジネスで集客に使っているようなブログや、素人なのに専門家を名乗ってセミナーなどを告知しているものなど規則で禁止されていることを平気でやっているものが、横行しています。 また、特に写真が問題で運営も文字だけではなくて、写真を効果的に使っているブログがトピックスにも上げやすいと言っているのもあり、ネット上からコピペした写真を自分が撮った写真であるかのにように掲載している上位ブロガーもいます。 そのようなブロガーは通報されますが、1件や2件の通報では何も起こりません。 2桁に近いくらいの通報が来れば運営がランキング外しに動くでしょう。 何の連絡もなく、翌日からランキング圏外になってしまうことがあります。 特に、映画関係や芸能関係のものは、どうしても映像が必要になることが多く、自分で効果的な写真を持っていない場合に、ネットからコピーして貼り付けるパターンです。 実在するタレントの画像はほとんど何も言われませんが、アニメ作画についてはコミックの表紙とかでもすぐに削除されてしまいます。 誹謗中傷も言葉や程度によりますが、正義の反対は「もう一つの正義」といわれているように、お互いに自分が正義だと思っているので、すごいバトルに発展することがあります。 人に危害を加えるような言葉や攻撃的な予告などが入っていたら、即通報されるか運営のリードチェックでアカウント削除もあり得ます。 自動化ツールを利用してランキング圏外になる可能性は2つあります。 それが以下の通りです。 アメブロ側のシステムが検知• アクション先のユーザーからの通報 アメブロ側のシステムが検知 これが自動化ツールを利用した人でランキング圏外になる最も多いものです。 自動化ツールはいいねやフォローなどアクションを代行していきますので、高頻度でアメブロ側のサーバーと通信を行います。 その結果、大量のツール利用者が高頻度でアクセスをしてきますので自ずとシステムに検知されます。 これは他のソーシャルメディアでも同様ですが、自動的にアクションを行うというのは原則禁止となっています。 アメブロ側でも自動検知システムがありますので、すぐに見つかってしますようです。 アクション先のユーザーからの通報 アクション先のユーザーからの通報というのは、自動化ツールを利用するといいねやフォローを大量にしていきます。 つまり、「いいねやフォローをしたユーザーから通報される」ということになります。 なぜ、通報されるのか? 主に自動ツールを利用している人はビジネス目的が大半です。 アクションされた人は実際にブログを見にくる傾向がありますが、そこでビジネス勧誘や商品の販売を大々的に行なっていればアクションされた側としては嫌な気持ちになるでしょう。 つまり、純粋に自分のブログを見てくれるのではなく、ビジネス目的でいいねやフォローをしていると判断されるのです。 これが結果的に通報につながるということです。 アクション代行の自動化ツールはペナルティーの危険がある アクションを代行する自動化ツールはペナルティーの危険がたくさんあります。 「安いから利用しよう」というのはブログという資産を危険にさらすものです。 のように人工知能の専門的なエンジニアが開発したサービスだとそのような心配もありませんので、まずは無料で始めてみてください。 自動化ツールを利用しているブロガーに対してはアメブロ運営側は何の連絡も警告もなく無情に冷酷な突然のランキング圏外にしてしまいます。 さらに重いペナルティーも存在しますので注意が必要です。

次の

アメブロで著作権侵害を通報をすると効果はあるか検証・分析

アメブロ 誹謗中傷 通報

昨日書いた逆ギレした新田真剣佑ファンの記事、かなりアクセスがありました。 あちらの記事にもアクセスが増えたようで、新田真剣佑とタグのついた記事のランキングで1位になってましたね。 宣伝してくれてありがとう、と喜ばれているのか、早速また無断転載記事を投稿していました。 ははは。 私の方には、DM等で同意のご連絡をくれた方もいて、同じように怒りを抱いている方も多いんだなぁと改めて思いました。 さて、今回のように無断転載・肖像権やパブリシティ権を侵害しているアメンバーブログを見つけた場合、 直接ブロガーに連絡を入れなくても、アメブロに通報をすることができます。 闇雲に自分が気に入らないから通報!ということをしてもだめ。 キチンとアメブロが決めた規約に違反していないかどうか確認し、そこに該当していなければ通報しても意味がありません。 例えばですが、昨日のようなブログの場合は、下記のアメブロに規約に違反していることになります。 通報フォームにアクセス。 サービス名を選択 これは「ブログ」を選択すればOKです。 違反ページのURLを記載 複数あれば全て入れても良いし、代表的なものだけでも良いかと思います。 全記事が違反しているならトップページのURLで良いけど、その内の複数個のみならば代表的な記事のURLを数個入れた方がアメブロスタッフもチェックしやすいですし、通報をスルーされない可能性が上がるかと思います。 違反アメーバID 分からない場合は「staff」と記載すればOKです。 PR 5. 規約違反の内容を選択 芸能人に関わる肖像権やパブリシティ権などの侵害は、この場合「その他」になると思われます。 具体的な理由を記載する これはあくまでも例文です。 あなたが思う理由を明確に記載してください。 これで送信ボタンを押せば、通報は完了します! 但し、真剣佑本人や事務所が通報しない限りは、アメブロは動かない可能性が高いです。 多くの人が同時にどんどん通報したら、ブロガー本人に警告を入れるかもしれません。 ちなみに私はこのブログで某会社の詐欺事件のことを書いた時に、ニュースに記載されていた社員容疑者の名前を入れていたら 「私はただの従業員だったので容疑者じゃない! 転職活動に差し障って迷惑しているから、記事を削除しろ!」 という連絡がブログサービス経由で来たことがあります。 これは当事者本人からの通報だったからでしょうね。 その後ちゃんと削除しましたが、ブログサービスからの連絡は 「 こういうの来てるから自己判断で対応するか決めてね。 でももし今後大きな問題になったら、ブログごと削除するかもよ?」 というふんわりした内容で、速攻削除のような厳しいものではありませんでした。 アメブロだけじゃなく、様々なSNSで通報をすることは出来ます。 それに効果があるかどうか、は明確ではありません。 で書いたように、Twitterは卑猥画像も対応しませんでした。 新田真剣佑のことに関してはやはり、ファンクラブや所属事務所に連絡を入れるのが一番確実です。 で書いたように、トップコートは多くの人の声が集まれば行動をしてくれるようですし。 今回私が通報するかどうかはともかくとして、直接マナー違反をするファンに個人が連絡をしても逆ギレされます。 インスタのストーリー見てたらこんなこと書いてる人いました。 そもそも、あなたは事務所所属してるんですかってwww インスタライブ誰でも見れるのに載せるのダメってどゆことですか? ファンクラブの載せたりしたら良くないけど、インスタライブはフォローしてる限り見れるし何が言いたいのか。 肖像権とかパブリシティ権とか、日本の法律で決まってることを知ろう?と思っても、こんな風に逆ギレされたら、注意した人だって嫌な気持ちになるし、注意された側だって怒るだけ。 だから「公式」なり「SNSの会社」に通報をするのが、一番スマートです。 それで対応してもらえなければ、グレーゾーンなんだな、と理解して忘れましょう! 風紀委員みたいに張り切って文句を言って回るのは、ファンのお仕事ではありません。 楽しくファン活動をしていくために、それを阻害する行動をしてしまっている人がいたら、そっと通報する、くらいでやっていけたら良いですね。

次の

アメーバブログ(アメブロ)の誹謗中傷・風評被害削除対策|ブランドコントロール

アメブロ 誹謗中傷 通報

こちらのコンセプトは、旅行とグルメのブログです。 ここ最近は、グルメばかりですが、ちょっと写真を撮るのを忘れ、掲載ができない事態が続いています。 しかし、整理をするためにアメブロを閉鎖することにしました。 そこで、大変検索の多い記事を一時的にこちらへ退避することにしました。 とても困っている人が多いなあと感じたのが、この記事です。 アメブロにおける誹謗中傷コメントで困っている人、とっても多いのです。 こちらの記事を掲載しておきます。 ====================== ブログお友達からそのお友達が誹謗中傷コメントで凹んでいるけど、何とかならないものかと相談を受けました。 調べてみると、誹謗中傷コメントだけでなく、スパムコメントでも迷惑をこうむっている方が多いことがわかりました。 そこで、本日、ブログでは、誹謗中傷コメントを書いているのは誰かをある程度(あくまである程度です)まで、特定できる方法をまとめてみます。 特定IPからのコメント拒否はアメブロでできますね。 === 一番手っ取り早いのは、ドメイン/IPアドレス【whois情報検索】です。 試しに、自分のIPでやってみたましたら、プロバイダが特定できました。 迷惑メールのドメインを検索するときもこのwhois情報検索を利用しています。 個人名(偽名かもしれませんが)住所(ウソかもしれません)が入っていることがありますので、あまりしつこい迷惑メールを警察へ通報するための、通報材料になると思います。 会社から誹謗中傷コメントが送られてきている場合は、大きい会社ですと、独自ドメインや独自サーバーを持っていますので、それだけで特定されます。 時々、某巨大掲示板では、とある新聞社から誹謗中傷が書き込まれたとか、とあるテレビ局からだったとか特定されています。 それは、このようなIPアドレス/ドメイン検索から割り出されているためです。 会社の場合は、下手をすると、部署もわかり、個人名まで特定できてしまいます。 「してやったり!」と思ったら...ぜーんぶばれていたってことになりかねませんよ。 ただし、ケーブルテレビネットワークの場合は、どこのケーブルテレビネットワークのプロバイダかがわからないので、次の方法がいいと思います。 === === どこの都道府県から発信されたかまでを特定できるのは、 IPひろば です。 ホスト名から、プロバイダを割り出すことも一部できますよ。 === === こちらもホスト名と場所までの特定になりますが、ナスカ nslookup。 自分のをやってみたら、初めてここのサーバーへつながっていたのかーってわかりました(^^; ちなみに、サーバーの地図が出るのには少し時間がかかりますので、表示されるまで我慢してくださいね。 === ちょっと長くなりましたので、アメブロでのコメント拒否設定は、また機会があったら書きます。 ...匿名で誹謗中傷コメントを書いて「してやったり!」と思っている方へ... 自分でできる方法では、特定まではできないにしても、そこから警察へ通報はできます。 警察では、サイバー関連部署がありますから、そこから個人を特定して逮捕へつなげることも可能です。 「わからないから書いてやろう」は、通用しません。 必ず特定されます。 だから、「してやったり!」と思っているあなた、必ず何らかの形で自分も同じ目に合いますよ。 ================== ここまでです。 スポンサードリンク 起業、副業、フリーランスを考えている方必見! - , , , , , ,.

次の