温泉 体験談。 箱根湯本 天山湯治郷体験談

テンションアゲアゲなおばさん達と温泉ハメ旅行

温泉 体験談

先日、家族4人で毎年恒例にしている松葉ガニを食べにH県のK町の旅館へ行ってきました。 カニを食べに行くのも楽しみなのですが、エッチな体験が出来ないかな、と毎年思い続け早7年・・・未だに何もありません。 (当然なのかもしれません) 今年も妻を酔わせて、みんなが寝たのを確認して1人旅館の温泉へ。 時間は0時過ぎで、毎年誰もこの時間に温泉に来る人はいません。 もし若い女性でも来れば、ちょっと覗いてみようとかなといつも思うのですが、女性が来た事するらありません。 今年も温泉に入り、温泉出入り口付近にあるマッサージチェアに座り「あ〜あ、今年も駄目か」と思っていると、1人の若い女性が温泉から出てきました。 「うそ〜、入ってたんだ〜、くそ〜覗きたかったあ」と心の中で叫んでしまいました。 その女性は私がマッサージチェアに座っているのを確認して一旦どこかへ行ってしまったのですが、1〜2分後にまた戻ってくると、「こんばんは」と声を掛けてきて、もう1台のマッサージチェアに座ってきました。 もうそれだけでドキドキでしたが、その女性が「私マッサージに弱いので時々声が出るかもしれませんので・・・気にしないでください」と言ってきました。 「いいですよ。 気にしませんから」と答えましたが、どんな声が出るのか気になって仕方ありませんでした。 女性がマッサージを始めてしばらくすると、「う〜ん」「あ〜」と小さい声を出しているが聞こえてきました。 エッチな感じの声ではありませんでしたが、その声を聞いただけで、もう息子の方はビンビンでしたが、さらに時間が経つにつれて声が大きくなってきました。 隣にいる女性を触りたく触りたくて、気がどうにかなりそうでした。 その女性は本当にマッサージが弱いようで、体をクネクネさせて耐えているように見えました。 そこまでしてマッサージをしなくてもいいのに・・・と思いましたが、体をクネクネさせているうちに浴衣がはだけてきて生足が見えてくると、「もっと体を動かせ!」と心の中で叫んでいる自分がいました。 女性は、段々体を動かすのが大きくなり(ワザとなの?と思う位でしたが)浴衣はどんどんはだけてパンティがチラチラと見えるようになっていました。 私は、もうマッサージどころではなくなってしまい、女性のパンティばかり見ていました。 すると女性が、私がパンティを見ている事に気付いたようで、「あっ、すみません。 恥ずかしいところお見せしてしまいまして」と言ってきたので、ドキッとした私は「こちらこそ、すみません。 つい我慢出来なくて・・・見てしまいました」と謝りました。 「これはやばいなあ。 どうしよう」と思っていると、女性が「こんな私にでも興味があるのですか?」と笑いながら聞いてきました。 私は「もちろんですよ。 綺麗な足でしたし、妻以外の下着を見るのも何年ぶりかでしたので」と正直に答えてしまいました。 すると女性が「実は私・・・人に裸を見られたいっていう願望が強いんですけど、勇気がなくてなかなか良い場面に遭遇しても行動に移せなくて。 今日思い切ってトライしてみたところなんです。 でも裸まで見せるまでにはいきませんでした」と言ってきました。 私は、温泉に入っている女性の裸が見たくて、覗きをしようと思っていました、とは流石に言えませんでしたが、「私に裸を見せてもらえませんか?」と駄目元でお願いしたところ、「いいですよ。 是非見てください」と予想外の返事が返ってきました。 「じゃあ、こっちへ来てもらえますか?」と女性が案内する場所へ連れて行かれました。 そこは、貸切風呂があるフロアーのトイレで、貸切風呂の使用時間が過ぎているので誰もこのトイレに来ないらしいのです。 女子トイレに入り、女性が「じゃあ、全部脱ぎますので、裸を見てもらえますか?」と言うと浴衣を脱ぎ、パンティを脱いで全裸になってしまいました。 もう私の息子からガマン汁が大量に出ているのが分かりました。 「どうですか?私の体?」と聞いてきたので、「綺麗です。 もしよかったらアソコも見せてもらえますか?」と調子に乗ってお願いすると、ニコッと微笑んで便座に座ると足を広げて「見ていいですよ」と言ってきました。 私は、顔をアソコに近付けてじっと見ていましたが、女性のアソコからおつゆが出ているのを見ると女性の許可も得ずアソコをちょっと舐めてみました。 「アッ」とかわいい声が出たのを聞くと思いっ切り舐めまわしました。 次から次へとおつゆが出てくるので、「すごいですね。 もうグチョグチョになっちゃいましたよ」と言うと、「イヤッ、はずかしい」と恥らっていました。 どの位舐めまわしたでしょうか、このままアソコに私の息子を突っ込んでみようと「私のココ(息子)を入れてもいいですか?」と聞いてみたのですが、「それだけは出来ないので・・・ごめんなさい」と言われてしまいました。 「そのかわり、私のお口で良ければ入れてもいいですよ」と女性が言うので、「じゃあ、お願いします」と私も浴衣を脱ぎ、パンツを脱いでビンビンになった息子を突き出しました。 「絶対に口の中では出さないでくださいね、約束ですよ」と言うとパクッと私の息子を咥えてフェラチオを始めました。 女性に触られただけで発射してしまいそうだった私は、あっと言う間に女性の口の中に発射してしまい恥ずかしいやら情けないやら・・・惨めな気持ちで一杯でした。 女性が「約束破った罰として私のオナニーをしているところ見ながら、そちらもオナニーしているところを私に見せてもらえますか?」と言ってきたので、ちょっと悩みましたが、「おなかの上に出してもいいですか?」とお願いすると「いいですよ」と即答でしたのでOKしました。 しばらくお互いオナニーの見せ合いをしながら2人ともイッてしまいました。 「そろそろ私、部屋に戻ります」と言うので、「じゃあ、最後にもう1回フェラチオしてもらえませんか?」とお願いすると、「絶対口に出さないと約束してもらえますか?」と言うので、「今度は絶対に出しません。 出そうになったら言いますから」と言って最後にフェラチオをしてもらいました。 女性と別れた後、もう1度温泉に入り、さっき起った出来事を思い出しながら1人でオナニーして余韻に浸りました。 オヤG様ご投稿ありがとうございました! 関連: 関連: 関連:.

次の

派遣の温泉の体験談を公開中【時給・年齢層・向いてる人】

温泉 体験談

長野県某所の混浴露天風呂にての放置プレイ 1人で温泉巡りの旅に出ていた時の話です。 白濁したお湯と広い混浴で有名な長野県の某温泉旅館。 よく調べないで行ったら定休日でした・・・ しょうがないので、その宿の前にある旅館も日帰り入浴をしていたので、そこで日帰り入浴をさせてもらいました。 閑散期の平日という事もあり、誰も居なくての~んびりとお湯に浸かっていました。 秋の晴れた日には気持ち良い40度ぐらいの硫黄香る白濁した温泉。 最高です! すると、若いカップルが入ってきました。 ああ、そういえばここも混浴だったな~と。 美男美女のカップルでした。 女性の方はタオル巻きをしていましたが、身長は割りと高く、モデルさんみたいなスタイルで顔もかなり美人でした。 20代前半から中頃かな? 身長が高いのでバスタオル巻をしていても太ももははっきりと出ていて、大変に色っぽかったです。 超ミニのタイトスカートのような感じです。 「こんにちは~」と軽い挨拶を交わして、入り口付近に入っていたので自分は奥に異動。 「何処から来られましたか~」とか聞かれ、軽い会話を交わしました。 5分くらいした頃でしょうか? 男性が「俺、内湯に入ってくる」と言って内湯に行ってしまいました。 つまり、混浴には私とその綺麗な女性のみ・・・・・。 お~い、普通彼女を1人混浴に置いていかないだろう・・・・ 私ももう30分以上入っていたので、そろそろ出たい。 でも、出るためには入り口付近にいる女性の前を通らないといけない。 なんか、通りにくい・・・・ 男性が戻ってくるのを待って、出ようと思いました。 しかし、戻ってきません・・・10分以上は経過したと思います。 女性の方はあまり見ないようにしていましたが、ふと物音がしたので見てみると・・・お湯の中のタオルがまくれて、黒いおケケが・・・ その時、ようやく状況を理解出来ました。 これは、彼女を1人混浴に残してどうなるか、 観察する放置プレイだと。 もう見ないでいよう!と女性の方を見るのはやめました。 こういう時って、逆に怖くなりますよ。 興奮なんて出来ません。 それに美人局だったら怖いしといろいろ考えます。 それから10分後、ようやく彼氏が戻ってきて、私は出る事が出来ました。 こういうプレイに巻き込まれたのは初めてで、本当に放置プレイってあるんだな~と、世界の広さを知りました。 まだまだ井の中の蛙です。 あまりに元気すぎるワニ ワニとは女性の裸を見るために混浴風呂に出没し、女性が入ってくるのをずっと、そう2~3時間でもずっと待って、何としても裸をみようとする男の事です。 九州は別府の有名な混浴露天風呂がある旅館に泊まった時の事です。 チェックインしてさあ!一風呂と思い、露天風呂へ。 まだ日帰り入浴時間なので人はそれなりに多く入っていました。 雨が降っていたのでお湯の温度は多分36度くらいのヌル目の温度。 これなら何時間もで入っていられます。 広い露天風呂は多少周りがうるさくても、のんびりと入れます。 目を開いていると目の中に雨が入るので、目をつむって寝ているかの如く温泉に入っていました。 すると、 「今、通った!」「出てくるぞ!」と割と大きな声で走り回る声が。 目を開けて見てみると、女性が混浴ゾーンに来るところを2人組の若い男が必死で確認しあって、出てきたところを必死で覗こうとしているのです。 元気なワニだな~と思っていました。 しかし、あまりにもうるさいし、女性に対しても迷惑です。 そろそろ注意する人が居ないのなら自分が注意しようと思い、立ち上がったその時 バッターン! と大きな音と共に2人組の男の内、1人が大きく転んだんです。 立ち上がろうとしていると、鼻から大量の血がこぼれ落ちていた。 2人は慌てて、更衣室の方へ戻っていった。 だから、お風呂は滑ったりして危険だから走ってはいけないとあれほど言われているのに・・・・・。 温泉の中では走り回らないようにしましょう!(そこ?) 割りと良い人 でも内心ビクビクの2人だけでの入浴 群馬にある共同浴場に入った時の話です。 内湯なので、ドアをスライドさせて入ってみると目の前には背中に大きな鷲(鷹かも)の絵が入った年配の男性が・・・・・ そして、もう1人男性が。 私が入った瞬間にその男性は、更衣室に出ていきました。 すると、案外気さくに「こんにちは~、どちらから?」と聞かれて、その後はその人が温泉が好きだけど、中々入れる温泉が少なくて苦労しているという話をされました。 「若い時は別に良かったけど、年取るとやはり墨を入れたのは後悔している」と言っていました。 確かに今は良い人だけど、やっぱり身体に絵を書いた人は公衆のお風呂に来てはいけないと思いますね。 やはり怖いというイメージがありますから。 見せたい人がいた混浴露天風呂 岐阜県のキャンプ場にある混浴露天風呂にいった時のことです。 友人と数人で行ったのですが、温泉に入っていると年齢は30代中頃、だけどとても綺麗な女性がタオルを巻いて入ってきました。 タオル巻なので、こちらも緊張せずに入れますが、しばらくした頃 女性が湯船から立ち上がり、タオルを全開に広げて巻き直すんです。 それを数回繰り返す・・・ もちろん丸見えな上に、あそこの毛が一切ありません・・・ そう完全に見せるのが趣味な女性です。 なお後で気がついたのですが、少し離れたところにその女性の旦那さんか彼氏がいて、じっと見ていました。 そういうプレイを楽しんでいるカップルのようです。 後日談 岩手県の有名な混浴で再開 岐阜県での体験から1年くらい後のことです。 岩手県で有名な混浴露天風呂のある温泉にいった時のことです。 いたんです!岐阜県で出会ったそのカップルが! 男性の方が割と特徴のある顔だったし、女性の方も綺麗で覚えやすい顔だったこともあり、すぐにわかりました。 混浴をもとめて(見せるために)、全国を旅しているんだな~と驚いたものです。 ハプニングもいろいろとありましたが今では良い想い出?・・・だと思います(断定出来ない)。 温泉じゃなくても旅をよくしていればいろいろな体験は出来るのですが、温泉だからこそ味わえる体験もあります。 是非、いろいろな温泉にいったり旅行にいっていろいろと体験してくださいね。

次の

萌えた体験談 <温泉帰りに姉と初体験>

温泉 体験談

先日、家族4人で毎年恒例にしている松葉ガニを食べにH県のK町の旅館へ行ってきました。 カニを食べに行くのも楽しみなのですが、エッチな体験が出来ないかな、と毎年思い続け早7年・・・未だに何もありません。 (当然なのかもしれません) 今年も妻を酔わせて、みんなが寝たのを確認して1人旅館の温泉へ。 時間は0時過ぎで、毎年誰もこの時間に温泉に来る人はいません。 もし若い女性でも来れば、ちょっと覗いてみようとかなといつも思うのですが、女性が来た事するらありません。 今年も温泉に入り、温泉出入り口付近にあるマッサージチェアに座り「あ〜あ、今年も駄目か」と思っていると、1人の若い女性が温泉から出てきました。 「うそ〜、入ってたんだ〜、くそ〜覗きたかったあ」と心の中で叫んでしまいました。 その女性は私がマッサージチェアに座っているのを確認して一旦どこかへ行ってしまったのですが、1〜2分後にまた戻ってくると、「こんばんは」と声を掛けてきて、もう1台のマッサージチェアに座ってきました。 もうそれだけでドキドキでしたが、その女性が「私マッサージに弱いので時々声が出るかもしれませんので・・・気にしないでください」と言ってきました。 「いいですよ。 気にしませんから」と答えましたが、どんな声が出るのか気になって仕方ありませんでした。 女性がマッサージを始めてしばらくすると、「う〜ん」「あ〜」と小さい声を出しているが聞こえてきました。 エッチな感じの声ではありませんでしたが、その声を聞いただけで、もう息子の方はビンビンでしたが、さらに時間が経つにつれて声が大きくなってきました。 隣にいる女性を触りたく触りたくて、気がどうにかなりそうでした。 その女性は本当にマッサージが弱いようで、体をクネクネさせて耐えているように見えました。 そこまでしてマッサージをしなくてもいいのに・・・と思いましたが、体をクネクネさせているうちに浴衣がはだけてきて生足が見えてくると、「もっと体を動かせ!」と心の中で叫んでいる自分がいました。 女性は、段々体を動かすのが大きくなり(ワザとなの?と思う位でしたが)浴衣はどんどんはだけてパンティがチラチラと見えるようになっていました。 私は、もうマッサージどころではなくなってしまい、女性のパンティばかり見ていました。 すると女性が、私がパンティを見ている事に気付いたようで、「あっ、すみません。 恥ずかしいところお見せしてしまいまして」と言ってきたので、ドキッとした私は「こちらこそ、すみません。 つい我慢出来なくて・・・見てしまいました」と謝りました。 「これはやばいなあ。 どうしよう」と思っていると、女性が「こんな私にでも興味があるのですか?」と笑いながら聞いてきました。 私は「もちろんですよ。 綺麗な足でしたし、妻以外の下着を見るのも何年ぶりかでしたので」と正直に答えてしまいました。 すると女性が「実は私・・・人に裸を見られたいっていう願望が強いんですけど、勇気がなくてなかなか良い場面に遭遇しても行動に移せなくて。 今日思い切ってトライしてみたところなんです。 でも裸まで見せるまでにはいきませんでした」と言ってきました。 私は、温泉に入っている女性の裸が見たくて、覗きをしようと思っていました、とは流石に言えませんでしたが、「私に裸を見せてもらえませんか?」と駄目元でお願いしたところ、「いいですよ。 是非見てください」と予想外の返事が返ってきました。 「じゃあ、こっちへ来てもらえますか?」と女性が案内する場所へ連れて行かれました。 そこは、貸切風呂があるフロアーのトイレで、貸切風呂の使用時間が過ぎているので誰もこのトイレに来ないらしいのです。 女子トイレに入り、女性が「じゃあ、全部脱ぎますので、裸を見てもらえますか?」と言うと浴衣を脱ぎ、パンティを脱いで全裸になってしまいました。 もう私の息子からガマン汁が大量に出ているのが分かりました。 「どうですか?私の体?」と聞いてきたので、「綺麗です。 もしよかったらアソコも見せてもらえますか?」と調子に乗ってお願いすると、ニコッと微笑んで便座に座ると足を広げて「見ていいですよ」と言ってきました。 私は、顔をアソコに近付けてじっと見ていましたが、女性のアソコからおつゆが出ているのを見ると女性の許可も得ずアソコをちょっと舐めてみました。 「アッ」とかわいい声が出たのを聞くと思いっ切り舐めまわしました。 次から次へとおつゆが出てくるので、「すごいですね。 もうグチョグチョになっちゃいましたよ」と言うと、「イヤッ、はずかしい」と恥らっていました。 どの位舐めまわしたでしょうか、このままアソコに私の息子を突っ込んでみようと「私のココ(息子)を入れてもいいですか?」と聞いてみたのですが、「それだけは出来ないので・・・ごめんなさい」と言われてしまいました。 「そのかわり、私のお口で良ければ入れてもいいですよ」と女性が言うので、「じゃあ、お願いします」と私も浴衣を脱ぎ、パンツを脱いでビンビンになった息子を突き出しました。 「絶対に口の中では出さないでくださいね、約束ですよ」と言うとパクッと私の息子を咥えてフェラチオを始めました。 女性に触られただけで発射してしまいそうだった私は、あっと言う間に女性の口の中に発射してしまい恥ずかしいやら情けないやら・・・惨めな気持ちで一杯でした。 女性が「約束破った罰として私のオナニーをしているところ見ながら、そちらもオナニーしているところを私に見せてもらえますか?」と言ってきたので、ちょっと悩みましたが、「おなかの上に出してもいいですか?」とお願いすると「いいですよ」と即答でしたのでOKしました。 しばらくお互いオナニーの見せ合いをしながら2人ともイッてしまいました。 「そろそろ私、部屋に戻ります」と言うので、「じゃあ、最後にもう1回フェラチオしてもらえませんか?」とお願いすると、「絶対口に出さないと約束してもらえますか?」と言うので、「今度は絶対に出しません。 出そうになったら言いますから」と言って最後にフェラチオをしてもらいました。 女性と別れた後、もう1度温泉に入り、さっき起った出来事を思い出しながら1人でオナニーして余韻に浸りました。 オヤG様ご投稿ありがとうございました! 関連: 関連: 関連:.

次の