お気に入り 類語。 「お気に入り」の意味とは!類語や言い換え

の意味は「お気に入りの」ではない

お気に入り 類語

皆さんよくご存じの単語だと思います。 では「その意味は?」と聞かれると、かなり多くの人が「お気に入りの」や「好きな」と答えますよね。 厳密に言うと全く間違っているわけではないのですが、大事なポイントを見逃しているんです。 でも「一番好きなもの」って複数あることもありますよね。 どれも同じぐらい好きで、それらがまとめて「一番好きなもの」というような場合ですね。 例えば、• Ramen is one of my favourites. と言うと、ただの「ラーメンが好きです」よりも好き度合いが高いことを表せます。 こうなってくると「お気に入り」のニュアンスに近くなってきますね。 他にも、自分のお気に入りのカフェがいくつかあったとして、どこかがダントツ1位で好きな訳ではなく、どのカフェも「ここはすごく好きなカフェです」というニュアンスを伝えたい場合には、• This is one of my favourites. と言うことができます。 ややこしいですね…。 一番嫌いな科目は何ですか?• Tuesday is my least favourite. 火曜日は一週間の中で一番嫌いなだ みたいな感じで使われます。 また、• Celery is not my favourite. こんなふうに、嫌いなものをやんわり「嫌いです」と伝えることができたら、ちょっと上級者ですよね。

次の

【お気に入り】の例文や意味・使い方

お気に入り 類語

皆さんよくご存じの単語だと思います。 では「その意味は?」と聞かれると、かなり多くの人が「お気に入りの」や「好きな」と答えますよね。 厳密に言うと全く間違っているわけではないのですが、大事なポイントを見逃しているんです。 でも「一番好きなもの」って複数あることもありますよね。 どれも同じぐらい好きで、それらがまとめて「一番好きなもの」というような場合ですね。 例えば、• Ramen is one of my favourites. と言うと、ただの「ラーメンが好きです」よりも好き度合いが高いことを表せます。 こうなってくると「お気に入り」のニュアンスに近くなってきますね。 他にも、自分のお気に入りのカフェがいくつかあったとして、どこかがダントツ1位で好きな訳ではなく、どのカフェも「ここはすごく好きなカフェです」というニュアンスを伝えたい場合には、• This is one of my favourites. と言うことができます。 ややこしいですね…。 一番嫌いな科目は何ですか?• Tuesday is my least favourite. 火曜日は一週間の中で一番嫌いなだ みたいな感じで使われます。 また、• Celery is not my favourite. こんなふうに、嫌いなものをやんわり「嫌いです」と伝えることができたら、ちょっと上級者ですよね。

次の

「お気に入り」の意味とは!類語や言い換え

お気に入り 類語

あなたは敬語の使い方は完璧でしょうか。 日本語はとても難しい言語で、同じ言葉であっても使うときの相手によってその表現を変えていく必要があります。 敬語はただ丁寧に使えばいいというようなものではなく、目上の人に対して使うとき、もしくは目上の人にへりくだって使うときなど、さまざまなシーンに応じた使い分けが必要です。 しかしながら、立派な大人であってもその使い方を誤っていることがあるのが敬語の難しいところであると言えます。 本記事では、敬語の種類についてご紹介しています。 また、「気に入る」という言葉の敬語表現についてを具体的に解説しました。 敬語はビジネスにおいても重要なツールです。 ぜひ参考になさってください。 「気に入る」の敬語表現 さっそくここからは、「気に入る」という言葉の敬語表現についてご紹介していきます。 しかし、まずは敬語についてを復習しましょう。 敬語はビジネスにおいても重要なツールとなりますが、間違って使うことで自分の評価を下げることにもなりかねません。 また、敬語の使い方を誤ることで、相手に大変失礼な事態にもなってしまいます。 敬語には3つの種類がある 敬語は、大きく分けて3種類に分かれます。 丁寧語、尊敬語、謙譲語という3種類です。 それぞれどのような特徴があるのでしょうか。 丁寧語 丁寧語はその言葉どおり、言葉や文章を丁寧に表現するときに使います。 例文 ・私の名前は〇〇〇〇だ。 ・おはよう。 いい天気だね。 いい天気ですね。 このように、文末に「です・ます」をつけたり、「ございます」という言葉がついたりするのが丁寧語の特徴です。 丁寧語は、相手が誰であっても、自分がどんな立場であっても使うことができる言葉です。 家族や友人のようなより近しいコミュニケーションは除きますが、一般的に人と接するときには最低限丁寧語を使うのがマナーと言えるでしょう。 丁寧語で「気に入る」を表現すると、「気に入ります」や、過去形になる場合は「気に入りました」というような表現になります。 続いて尊敬語です。 尊敬語は、目上の人やお客様に対して使う言葉です。 具体的には、そのような目上の人たちの行動を表現するときに使う言葉で、その人たちを敬うような文章が尊敬語です。 例文 ・社長はニューヨーク支社訪問のため、空港に向かった。 ・部長の言っていることが、よくわからない。 このように、尊敬語は目上の人の行動を敬って表現するときに使います。 「気に入る」という言葉の尊敬語は、「気に入られる」のように言い表すことができます。 謙譲語 最後に謙譲語ですが、謙譲語は、目上の人や上司、お客様に対して、自分の行動をへりくだって表現するときに使う敬語のことです。 例文 ・わたしが代わりに大阪に行きます。 ・社長の著書を読んで感動しました。 このように、謙譲語は自分や自分たちの行動をへりくだって表現するときに使います。 そのため主語は「わたし」や「わたしども」もしくはビジネスの場合においては「弊社」などと使います。 謙譲語も完璧なマスターはなかなか難しいと言えるでしょう。 「気に入る」というのは目下の人が使う表現ではないため、「気に入る」には謙譲語が存在しません。 3種類の使い分けは重要 この、丁寧語、尊敬語、謙譲語の使い分けは、わかっているようでも誤ってしまうことがあります。 相手に対して敬った言葉を使っているつもりが、自分に対して尊敬語を使ってしまっていたり、相手に対して謙譲語を使ってしまったりすることもあります。 また、敬った表現を重ねて使ってしまうような二重敬語も避けて使わなければなりません。 また、一般的にビジネスにおける社外とのかかわりの中では、丁寧語は好ましくない場面も多くあります。 あまりにくだけている表現にとらえられてしまうこともあるためです。 ビジネスにおいて誤った敬語を使っていると目立ち、直接評価につながることもあります。 注意して使い分けを行いましょう。 「気に入る」の敬語での使い方 ここまでで敬語の種類についてご紹介してまいりましたが、ここからは本題である「気に入る」という言葉の敬語表現について解説していきます。 「気に入る」という言葉は、具体的にはどのような敬語の表現ができるのでしょうか。 「気に入る」という言葉を尊敬語で表現するときはどのような表現になるのでしょうか。 尊敬語とは相手の行動を敬って表現する言葉ですから、「気に入る」という言葉の尊敬語は「お気に召す」となります。 上司やお客様が、こちらが提示した資料や、こちらが提案した商品を気に入ってくれているかどうか確認したいときなどに、「お気に召しましたか?」などと使いますが、類語として「いかがでしょうか?」という表現も同じ意味を指します。 また、「お気に召したようで何よりです」「お気に召したようで幸いです」のようにも使うことができます。 またメールでも、上記の使い方と同じように使うことができますが、状況に応じて「いかがでしょうか」という表現を使う方がシーンに合致することが多いでしょう。 「気に入る」の謙譲語での使い方・メールでの使い方 続いて「気に入る」という言葉を謙譲語で表現するときは、どのようになるのでしょうか。 実は「気に入る」という言葉の謙譲語は存在しません。 「気に入る」「気に入らない」というジャッジをすること自体が謙譲ではないという考え方からです。 もしそれでも、「気に入る」という言葉に近い表現をする場合には、「ありがとう存じます」「愛読しています」など、気に入ったものごとやできごとが自分にとってどの程度のものかという表現を使って「気に入る」という言葉を表すことになります。 メールでの使い方としても同様で、「ありたがく使わせていただいております」や「もったいなく存じます」などのように、「気に入る」からは離れて表現するのがベターです。 「気に入る」を敬語表現するときの例文 このように、「気に入る」という言葉には謙譲語が存在しないことが分かりました。 そのため、「気に入る」という言葉の尊敬語と丁寧語を使った例文をご紹介しましょう。 「気に入る」という言葉の尊敬語を使った例文です。 <例文> ・部長はそのチョコレートが気に入ったようだ。 このように、必要ならば文章の前後を入れ替えて、尊敬語表現をするほうがスムーズな文章になることもあります。 「気に入る」の丁寧語を使った例文 「気に入る」という言葉の丁寧語を使った例文です。 <例文> ・この赤いコートを買ってあげたら、彼女はとても気に入った。 「気に入る」はこのように、丁寧語として表現することができます。 「気に入る」の別の敬語表現例 「気に入る」という言葉を、ほかの敬語で表現することはできるのでしょうか。 「お気に召す」 「お気に召す」という言葉は既出ですが、「気に入る」の尊敬語として使うことができる言葉です。 「お気に入り」 また「お気に入り」という言葉は、「気に入る」と同じ意味を持っていますが、丁寧語の一種です。 厳密には「美化語」と言います。 <例文> ・わたしはこのカップを気に入っていて、長年使っている。 このように、「お気に入り」というように表現するのはと独特の例ですが、このように文章を変換することで、表現しやすい文章となります。 「気に入られる」 また、「気に入る」の尊敬語として「気に入られる」という言葉を使うのも、文法上は誤りではありません。 「気に入る」という言葉に尊敬の意味を表す助詞である「られる」をつけることによって、目上の人や上司が気に入ったことを尊敬表現していることになります。 しかし助詞の「れる・られる」は尊敬のほかにも、受動、自発などさまざまな意味を持ちます。 特にこの「気に入られる」という言葉は受動の意味を持っているとも受け取られやすいため、「れる・られる」を使わずに表現できる「お気に召す」という言葉が、「気に入る」の尊敬語としては適切であると言えるでしょう。 日本語は難しい 「気に入る」という言葉の尊敬表現についてご紹介してまいりました。 いかがでしたでしょうか。 日本語は、その場面や相手によって言葉を変える必要があり、さらにはだれを立てた表現にするのかをしっかり把握してとらえる必要があるため、難しい言語と言えます。 しかし、器用に丁寧語・尊敬語・謙譲語を使い分け表現しているビジネスマンはとてもスマートで優秀に見えます。 言葉は難しいですが、マスターして使うことができると、ビジネス上でも自信がわきますし、相手に対して安心感を与えることもできます。 今やグローバル社会で、社内共通語が英語である会社も多く存在するなど、日本語以外の言語がビジネスにおいては必須になってきていますが、それと同じくらいに敬語のマスターも必須と言えるでしょう。 普段から身近な上司と接するときや、ホテルマンの言葉の使い方から学ぶなど、敬語についてももう一度学んでみてはいかがでしょうか。

次の