世界 最 弱 オセロ ai。 ゲーム『みんなのオセロ』、弱いAIに圧勝して自己満足♪: テンメイのRUN&BIKE

はじめしゃちょー(hajime)

世界 最 弱 オセロ ai

世界最弱のオセロAI負けるのが難しすぎwwプレイはこちら! AVILEN社CTOである吉田拓真さんという方が作ったオセロAIが弱すぎると話題になっています! こちらがその本人のツイートになりこちらからその最弱AIとのオセロ対戦が楽しめます! 僕もやって見ましたがまったく負けることができなくて難しかったです。 逆転の発想。 【画像で見る:最弱オセロの遊び方】 今回公開された「最弱オセロ」は、PC・スマホを問わずに楽しめるゲーム。 通常は「盤面の石を1つでも多く自分の色に染めた方が勝ち」というルールですが、最弱オセロはその真逆。 盤面上に1つでも自分の石を残さないことで勝ち、つまり負ければ勝ちというルールが採用されています。 ゲームのリリースから間もなく、TwitterではAVILEN社CTOの吉田 拓真( TakuAtCoder1)さんが「負けられるなら負けてみてくれ!」とツイートし、4000件以上のリツイートされるなど話題に。 「AIが負けるように駒を配置してくるから勝つのと同じくらい難しい…」「10回以上やりましたが絶対負けること出来ないですね。 まいりました」「負けようとしても勝ってしまう!強い(いや、弱い!か?)」など、AIにどうしても負けられない人たちからの悲鳴が上がっています。 ねとらぼ編集部でもこのゲームをプレイしてみたところ5戦5勝。 何とか角を取らないでおこうと思っても、どんどん追い詰められて4つ角を取ってしまい、AI相手にボロ勝ちの状態が繰り返されました。 なお記事執筆時点(7月28日12時時点)でのAI戦績は120勝101795敗26引分となっています。 yahoo. 逆に負けた人は誇って良いのがおもしろいですねww 逆に本気で負けてみた!っていう動画が話題に!.

次の

世界最弱のオセロAI負けるのが難しすぎwwプレイはこちら!

世界 最 弱 オセロ ai

どう頑張っても、角を取るよう誘導される 人気YouTuberのはじめしゃちょーさんが動画で紹介したこともあり、リリースから2週間で約100万回プレイされたが、AIの勝ちはわずか約3000回。 オセロのプロではない一般人はどんな工夫をしても負けられず、ネット上では「あまりにも弱い」「わざと負けようとしても無理」と話題になっている。 筆者も挑戦してみたが、何度やっても角を取るよう誘導され、圧勝させられてしまった。 吉田CTOは、このゲームを開発した背景について「大学生だった2年半前に、趣味と勉強を兼ねて約半年間で作りました。 使用言語は『C++』のみです。 その後はしばらく放置していましたが、ふと『Web上で公開して遊んでもらおう』と考え、少し調整してリリースしました。 ユーザー数は100人くらいを想定していたので、反響には驚いています」と話す。 AlphaGoのオセロ版を目指していた AVILENは20代の若手を中心としたベンチャーで、吉田CTOも東京大学大学院を休学して参加している。 化学を専攻していたものの、プログラミングにはまったという吉田CTOは2017年ごろ、世界最強クラスの棋士を続々と打ち破っていた囲碁AI「AlphaGo」に興味を持ち、好きなオセロで再現したいと考えた。 「AlphaGoは、人間の脳を模した『ニューラルネットワーク』というアルゴリズムや、自分自身と対局を繰り返すことで強くなる強化学習の手法を採り入れています。 これらの技術に興味を持ち、AlphaGoのオセロ版を作ろうと決め、勉強を始めました。 最初は人間よりも強いAIを目指していました」(吉田CTO、以下同) 自分ならもっと弱くできる そんな吉田CTOが「弱いAIをつくりたい」と思い立ったきっかけは、YouTubeやニコニコ動画でとある動画を目にしたことだった。 その動画は、投稿者が「わざと負けようとするオセロ用AI」を構築し、人間と戦わせてみるという内容だった。 吉田CTOはそのコンセプトに引かれたものの、動画ではAIが勝つケースがやや多かったため、「自分ならもっと弱くできる」と開発を決意。 ニューラルネットワークや強化学習を使って、自分の手でとことん弱いAIを作ることにした。 「コードの内容を言葉で説明すると、私が参考にした動画の投稿者は、オセロを『石を多く取った方が勝ち』と定義した上で、最も悪い手を打つようにAIを設計していました。 一方私は発想を変え、『石を少なく取った方が勝ち』というルールの中で、最も良い手を打つAIを作りました」 設計の工夫もあり、吉田CTOが開発したAIは、自分自身との対局を繰り返す中でどんどん弱くなっていった。 関連記事• 昨年は3DCG女子高生「Saya」のコスプレ、今年4月には「不気味の谷」を再現した動画を公開し、ネット上で話題を呼んでいる。 アンドロイド役を演じ続ける中で、どんな試行錯誤をしているのか。 第3次AIブームをけん引する技術である「ディープラーニング」。 今回はディープラーニングを活用する上で知っておきたい基礎知識を紹介する。 量子コンピュータよりも速い「シミュレーテッド分岐アルゴリズム」を開発した後藤隼人主任研究員に、開発背景を聞いた。 星新一さんのショートショートを解析し、質の高いショートショートの自動生成を目指すプロジェクトが始まった。 人工知能研究の第一人者ととして知られる松原仁教授など6人がチームを組み、SF作家の瀬名秀明さんが顧問を務める。

次の

AIで作られた「勝つのが難しいほど弱い」オセロ

世界 最 弱 オセロ ai

ちなみにAIZINEの母体のお多福ラボでも将棋のAI(人工知能)開発をしています。 そんなニュースを聞いていると、「AI(人工知能)って人間よりも強いのでは?」と不安がる方も多いはず。 ところがそんな中で、なんと 「世界最弱のオセロのAI(人工知能)」が登場しました!社が開発したは3477勝1134616敗187引分(2019年8月21日現在)とのこと。 実際に開発者がこんなツイートをしています。 世界最弱のオセロAI作りました すでにたくさんの方にプレイされて、いまの戦績は5勝2110敗4引き分け! 負けられるなら負けてみてくれ! — 吉田 拓真 TakuAtCoder1 圧倒的に負けてばかりなのに、 自ら負けにいくって一体どういうことなんだろう?そもそも、 オセロAIはそんなに弱いのか?など気になりますよね。 はやっ! あっという間に私の完封勝ちになりました。 とはいえ、 やっぱりあっさり勝ってしまうともの足りなく、やっていくうちにさらに「負けたい!」という願望がむくむくと出てきました。 こうなったら、意地でもオセロAIに負けてやる! 最弱王決定戦・オセロAIvs私〜3回戦〜 ということで、「勝ちに行く」ではなく 「負けに行く」勝負、3回戦。 「負けられるなら負けてみてくれ!」と言われたなら、今回は「あえて自ら負けに行く」スタイルで行きましょう。 つまり提示されたガイドの中でも、 一番取れる数が少ないところを狙う見込みです。 この赤線で囲われた部分のことです なぜこのマスは危険なのかというと、 その後四隅のマスやその周辺で相手が石をおいたら、確実にひっくり返されるためです。 (わかりやすく言うと、自ら一人で100人いる敵陣に突っ込んでいく感じです)確かにその後ひっくり返して取り戻せる確率が低そうです。 もちろんオセロAIがとっている戦略はこれだけではなく、まだまだたくさんありますが、このような工夫をしながら、オセロAIが自分の打てる場所を減らしていくことで「負ける」方に進んで行くのです。 さあ、負け方の原因がわかったところで最後の試合をしてみましょう。 最弱王決定戦・オセロAIvs私〜5回戦〜 さて、最後の試合も「序盤から攻める」などの負けパターンを使って戦ってみましょう。 負けの道を極めたオセロAI、恐るべし・・・! 世界最弱のオセロAIは全日本チャンピオン以上に「弱かった」! さて、これだけ戦ってきて結果はすべて 「私の圧勝・オセロAIの負け」となりました。 やはり「世界最弱」を名乗っているだけあって、負け方をわかっていてすごいですよね。 でも、そもそもボードゲームって普通では「勝ち」を目指すのに、なぜこのAI(人工知能)は「負け」にこだわるのか、詳しく見ていきましょう。 開発したAVILEN社の吉田拓真さんがオセロのAI(人工知能)を開発する最初のきっかけは、 囲碁のAI(人工知能)「AlphaGo」でした。 「AlphaGo」が学習を続けて人間のチャンピオンに勝ったというニュースは、実際にAIZINEが編集部のテツヤやつっちーがその衝撃を記事にしています。 そこで 「自分も同じものを、オセロで作りたい!」と考えプログラミングを勉強するようになりました。 とはいえ、それなら 「オセロに勝ちまくるAI(人工知能)」を作ればいいのでは?と考えますよね。 吉田さんが「わざと負けようとするオセロAI」を作るきっかけとなったのは、Youtube・ニコニコ動画の「」を見たことでした。 この動画ではAI(人工知能)が勝つ試合が多かったので、吉田さんが 「自分の手でもっと弱いAIを作ろう!」と考えて生まれたのが「最弱オセロAI」でした。 最弱オセロAIは、 通常のAI(人工知能)とは逆に「石を少なくとったほうが勝ち」というルールのもとで学習を続けつつ、私たち人間の打つ先まで読むことができるようになりました。 逆にいうと他の人が3000回もこのオセロAIに「負けている」だなんて、私たち人間もすごいですよね・・・! さて、今回は「世界最弱のオセロAI」と戦ってみました。 この試合から• オセロAIはやっぱり最弱だった(5戦5勝)• オセロAI「負け方」を極めているため、こちらが負けに行こうとしても難しい• オセロAIは全日本オセロチャンピオンが負けに行こうとしても負けない• オセロAIは「全力で負けに行くオセロAIの動画を見て、これならさらに弱いものを作ることができる」という理由で生まれた• 一見すると弱いオセロAIも、「石を少なく取る」「私たちの手の内を読む」などで学習を続けている ということがわかりましたよね。 世界最弱、と言ってもただのヘタレのような負け方ではなく、 「計算して負けていく」という姿勢がなんだか面白い感じがします。 また、「オセロ弱いんだよね・・・」と感じている皆さん、ぜひオセロAIに挑んでみて「どっちが弱いか」という競争をしてみるのもありかもしれません。 頭のいい人は「オセロの負け方」から学んで自分のオセロの戦い方に活かすこともできるでしょう。 とはいえ、「弱い」オセロAIは今後も負け記録を伸ばしていくに違いありません。 どんどん「弱く」なっていくオセロAIにも期待が高まりますよね!.

次の