三井住友visaデビュープラスカード デメリット。 18歳~25歳限定クレジットカード【三井住友VISAデビュープラスカード】

JCB CARD Wと三井住友カード デビュープラス。25歳までの若者が比べて選ぶならどっち?

三井住友visaデビュープラスカード デメリット

属性や信用情報が悪くスコアリングが基準値を下回った場合、人の手による審査に切り替わるので、1週間以上待たされることもあります。 とはいえ20前後の人や学生はほぼ無関係なはずなので、 当日中には終わるはずですよ。 しかし 2019年9月より「最短翌営業発行」と、大幅に時間が短縮されました。 (一部カードを除く)• 年会費が実質無料• ポイント2倍(還元率1. AmazonなどECサイトで還元率アップ• 26歳になったら三井住友VISAプライムゴールドカードにランクアップ• ETCカードも年会費実質無料• メリットが明瞭なので、 初めて持つカードとしてぬかりない一枚ですよ。 1.年会費が実質無料 三井住友デビュープラスの年会費は1,250円(税別)。 多くの一般カードが年会費無料の中、少しデメリットに感じてしまいます。 しかし 初年度の年会費は無料、さらに2年目以降も年に1回でも利用すれば無料に。 初年度 無料 翌年度〜 年に1回でも使えば無料 つまりは 実質無料ということで、いい節約になりますね。 還元率にして驚異の2. 海外旅行や買い物など、 まとまった出費の前に発行すると、少しばかりですがお得感がありますよ。 必要な最小ポイント 交換先の単位 楽天ポイントへの交換 200ポイント 1,000ポイント Tポイントへの交換 200ポイント 800ポイント Pontaポイントへの交換 200ポイント 800ポイント dポイントへの交換 200ポイント 800ポイント WAONポイントへの交換 200ポイント 800ポイント Walletポイントへの交換 200ポイント 800ポイント nanacoポイントへの交換 200ポイント 800ポイント ANAマイルへの交換 100ポイント 300マイル JALマイルへの交換 — — 交換レートに多少揺らぎはあるものの、 交換先の豊富さは光るものがあります。 交換先はiTunesやGoogle Playのギフトコード、 Amazonギフト券などなど多岐に渡るので使いやすいポイントプログラムです。 クラシックでもOKゴールドカードはあんまり興味ない…。 という場合は一般カードの(年会費1,250円)も選べます。 クレカのスペックは頻繁に変化するので、 26歳になるタイミングで別カードを探すのもアリです。 5.ETCカードも年会費実質無料 三井住友デビュープラスカードでは年会費500円(税別)で ETCカードを発行できます。 ただこれも クレカ本体年会費と同じ仕組みで、実質無料。 初年度 無料 翌年度〜 年に1回でも使えば無料 ETCカード利用分に対しても、きちんと2倍のポイント付与とかなり優良です。 他にも時間帯や曜日によるさまざまな割引サービスを受けられるので、特に 学生はサークルやゼミの合宿、旅行で重宝するはずですよ。 学生の場合限度額の上限は30万円• 海外旅行保険が付帯しない• リボ払いには注意 とはいえカードとしては十分すぎるスペック。 ないものねだりな感じするので、 注意点として捉えておけばOKです。 1.学生は限度額の上限は30万円 三井住友VISAデビュープラスカードの限度額は10〜80万円。 審査によって個別に設定される仕組みです。 しかし残念ながら 学生の場合は最大でも30万円まで。 ただこれはと法律で規制されているからで、 デビュープラスに限った話ではなく仕方がないことです。 むしろ他の学生カードでは最大限度額10万なんてこともあるので、 むしろいいほうでしょう。 2.海外旅行保険が付帯しない 海外キャッシング対応の三井住友デビュープラスですが、 「海外旅行保険が付帯されない」というトラベラーには致命的なデメリットが。 海外での医療費は日本とは比べ物にならないほど高いケースがほとんどなので、旅好きにとって海外旅行保険はもはや必須。 デビュープラス1枚での海外旅行・留学はかなり不安要素です。 そこでイチオシなのが大手デパート丸井のエポスカード。 年会費 1,250円(税別) 実質無料 還元率 0. ただ還元率は0. 締め日はいつ? デビュープラスの締め日と引き落とし日は2種類。 10日払い 26日払い 締め日 毎月25日 翌月10日 引き落とし日 毎月10日 当月26日 いずれも締め日から支払いまではまるまる1ヶ月のゆとりがあります。 都合に合わせて好きな方から選べますが、 バイトや会社の給料日が25日の人は「26日払い」にしておくと、滞りなく支払いできますよ。 最後に重要なポイントをおさらいしておきましょう。 申し込み資格:満18歳~25歳までの方(高校生は除く)• 審査基準:優しめなので通ると考えてOK• 三井住友VISAデビュープラスカードの6つのメリット• 年会費が実質無料• 常にポイント還元率2倍• AmazonなどECサイトで還元率アップ• 26歳になったら三井住友VISAプライムゴールドカードにランクアップ• ETCカードも年会費実質無料• 学生は限度額の上限は30万円• 海外旅行保険が付帯しない• ただし海外旅行保険が付帯していないので、や、などとの併用がおすすめです。

次の

三井住友カード デビュープラスの口コミまとめ!20代から評判が高い理由とは?

三井住友visaデビュープラスカード デメリット

クレジットカードはブランド力も意識したい• ブランド力も重要だけど、せっかくならお得なカードがいい• カードのスキミングなどの犯罪や盗難が怖い• 学生カードでも限度額は高いカードがいい これに全て当てはまる人なら、確実に三井住友VISAデビュープラスカードを作るべきです。 詳しく解説していきます! 三井住友VISAデビュープラスカードの基本情報 まず三井住友VISAデビュープラスカードの基本的な情報を載せておきます。 三井住友VISAデビュープラスカード基本情報 対応ブランド VISA 年会費 通常1,250円(年1回の利用で無料) ポイント還元率 1. 0~1. 5% ETCカード 無料 海外旅行保険 ー 国内旅行保険 ー ショッピング保険 最大100万円(海外利用限定) ポイント名 ワールドプレゼントポイント 申し込み可能年齢 18歳~25歳 発行速度 最短3営業日 18歳~25歳限定カード! 三井住友VISAデビュープラスカードは 18歳~25歳のみが持てるクレジットカードで、若者が最初に作るカードを目指しています。 実は、三井住友VISAデビュープラスカードは社会人用と学生用がある! 意外と知られていないのですが、三井住友VISAデビュープラスカードには学生用と社会人用があります。 スペックに違いは無いのですが、限度額が2. 5倍くらい違ったり、社会人用は収入がないと審査通過が難しかったりします。 学生用のカードでは、高校生を除く大学生が申込可能です。 研究生や聴講生、予備校生は対象になりません。 三井住友VISAデビュープラスは学生におすすめ!メリットを解説 三井住友VISAデビュープラスカードのメリットは大きく以下の通りです。 銀行系カードのブランド力• ポイント還元率が高い• 年会費は実質無料• 学生カードにしては限度額が高い• 不正利用検知などのセキュリティーが強い• 海外で相談窓口がある 早速、三井住友VISAデビュープラスカードの保有メリットについて詳しく解説していきます。 その三井住友とVISAがタッグを組んだ三井住友VISAデビュープラスカードなのです。 お得なだけのカードとは違い、個人の信用力の高さやかっこよさを与えるのがブランド力、ステータスのあるカードです。 将来そんなカードを持ちたいと考えているなら、今から三井住友VISAデビュープラスカードを持っておくと良いでしょう。 ( 参考:) 不正利用、盗難補償などセキュリティーが充実 クレジットカードを初めて持つ学生は盗難やスキミング、不正利用などを心配している方が多いです! でも最初に言っておきましょう。 「現金よりもカードの方が安心」です。 三井住友の不正利用探知システムは業界NO. 1で、セキュリティーの高さを売りにしています。 不正利用を24時間監視していますし、不正利用、盗難利用に対する補償も付帯しています。 現金だと落としたら取られますが、カードだと落として盗まれても補償されます。 カードの方が安心なのです。 海外旅行先で細かい会計全てに使っていたら、三井住友から「不正利用の可能性があります」との連絡が入ったという方もいます。 それほど厳しいです。 しかし、この三井住友VISAデビュープラスカードはブランド力とお得を両取りしたカードなのです! 一般の三井住友VISAカードは通常0. 5%の還元率ですが、この三井住友VISAデビュープラスカードなら還元率が常に 2倍の1. 0%還元になります。 これは、学生が持てる還元率の高いクレジットカードでもトップレベルです! さらに、入会後3ヶ月間はポイント5倍! 新規入会後3ヶ月間は ポイント5倍の2. 5%還元です。 3ヶ月間限定とはいえ、年会費無料カードとしては圧倒的な還元率です。 大きな買い物が控えている方なら確実にお得ですよね。 入学に伴う新居への引っ越しで家具を買ったりする場合、月に10万円使えば3ヶ月でけっこうな額を使うことになります。 見逃すわけにはいきません。 リボ払い登録でポイント還元率UP 三井住友VISAデビュープラスカードのポイント還元率は他の三井住友カードの2倍ですが、これをさらに引き上げる方法が存在します。 それが三井住友のリボ払いサービスの「マイ・ペイすリボ」を利用することです。 リボ払いは利子・手数料がかかるので本来学生にはおすすめ出来ません。 しかし三井住友VISAデビュープラスカードは一円でもリボ払いの手数料を支払えば ポイントが0. 5%増えます。 なのでリボ払いはギリギリの額を設定して、利子分の負担を減らし0. 5%UPのお得な部分だけを取ることができます。 しかしリボ払いのことまで考えながらカードを使うのは面倒くさいという方は、このサービスを使わないほうが良いです。 ポイントUPモール経由で最大20倍 三井住友VISAの会員は「ポイントUPモール」というポイントサイトが利用出来ます。 このポイントサイトを経由してネットでお買い物するだけで、 最大20倍のポイント還元が実現します。 ポイントUPモールではAmazonや楽天市場、ヤフーショッピングなどの有名店を多く扱っています。 ポイントの交換先も豊富! そのうえ、貯まったポイントの交換先も充実しています! ポイント、200以上の商品、キャッシュバック、ギフトカードなど幅広く交換できます。 ポイントなら• 楽天スーパーポイント• dポイント• au WALLETポイント• ビックカメラポイント• ヨドバシカメラゴールドポイント• Tポイント• nanacoポイント ギフトカードなら• 図書カード• iTunesカード• ミスタードーナツ商品券• マックカード• アマゾンギフト券• スターバックスカード Tポイントやnanacoポイントはコンビニやスーパーなどでも使う事ができるので、換金性が高い交換先です。 家具・家電などの商品と交換することも可能ですが、換金率で考えるとどうしても劣るので何らかのポイントに変えるのがお得です。 カードを利用しなければ毎年1,250円(税込)の年会費がかかりますが、お得なカードなので率先して使うべきでしょう。 ETCカードも実質無料! ETCカードも発行手数料、年会費ともに実質無料です。 初年度無料で年に1度でも利用すると翌年の年会費はかかりません。 もし利用しなければ、次年度は540円(税込)の年会費がかかります。 学生のうちはドライブにいきがちなので、作っておくと仲間内で頼りにされるでしょう。 平均的には10万円~30万円のクレジットカードが多いです。 この三井住友VISAデビュープラスカードも基本的には限度額が10万円ですが、それを簡単に30万円に引き上げる方法があります。 それが 「親の同意」です。 本来、成人していれば親の同意が必要無くなるのですが、カード会社はまだまだ信用されていない大学生に多額のお金を貸してはくれません。 親の同意があると、親の後ろ盾があると解釈され 利用限度額が30万円に増加します。 26歳になってから初めての更新で にグレードアップ出来ます。 さらにプライムゴールドカードを持ち続けると、30歳になってから初めての更新で ゴールドカードにグレードアップ出来ます。 通常、ブランド力の高い三井住友VISAのゴールドカードを発行しようとすると、高い年収や社会的な地位が必要になります。 しかし、この三井住友VISAデビュープラスカードを持っていれば、30歳にはゴールドカードが手に入れられるのです! しかも継続ランクアップの際は継続サンクスポイントとしてワールドプレゼントポイント200ポイントがプレゼントされます。 そこではパスポート・クレジットカードを盗難・紛失した時の対処を行ってくれたり、仮の再発行カードを発行してくれることもあります。 その他、現地の観光情報や交通情報、様々なツアーやチケットの予約代行までやってくれます。 初めての土地ならこのVJデスクを利用して 一歩上の海外旅行を実現させてみませんか? さらにVISAブランドは世界中で1番使える店舗が多いカードブランドなので、 海外旅行もしっかりサポートしてくれます! 海外ツアーの割引もある! さらに「VJトラベルデスク」という旅行予約サービスではお得に海外旅行を申し込めます! 日本旅行、JALパック、ANAハローツアーなどで5%引きになります。 旅行費用ってけっこう大きな額なので、5%OFFはとても大きいですし、積極的に利用するのがおすすめです。 お金を引き出す時に数百円の休日料金や、深夜料金って意外と気にしてしまいますよね。 しかしこのカードがあれば手数料を気にしなくてもいいのです。 回数限定ですが、地味にうれしいサービスです。 三井住友VISAデビュープラスカードの学生審査の難易度は? 三井住友VISAデビュープラスカードは学生用のカードもあるため、学生なら審査の難易度はとても低いです。 もっと詳しく知りたい学生はこちらがおすすめです! ( 参考:) 三井住友VISAデビュープラスカードの評判・口コミを紹介! ゼミ長の友人たちが、三井住友VISAデビュープラスカードを保有していたので、評判・口コミを聞いてみました! 私のお姉ちゃんが、「しっかりしたブランドのカードを持っていた同期が、会社の先輩に褒められた」と言っていました。 私も就活しているときに、適当なカードしか持っていなかったので、いいカードを作ったほうがいいのか調べているとこのカードにたどり着きました。 貯まったポイントは全てマックカードに変えています(笑) 使いやすいしお得なカードです! けっこう良いと言っている学生が多かったです。 2人とも海外旅行にはあまり行かないそうなので、海外旅行保険がついていないこのカードでも十分お得に使いこなせていました。 学生が見落としがちな三井住友VISAデビュープラスのデメリット さきほども紹介したような充実のメリットがあるので、三井住友VISAデビュープラスを持っている学生は結構多いのです。 しかしデメリット・注意点もありますので、しっかり解説します! 旅行保険が付帯していない 旅行保険はなにもついていません。 そこが大きなデメリットです。 海外に行かない人なら問題ないですが、学生にオススメするなら海外でも役立ってくれる方が良いですよね。 カードを複数持ちしてしまえば解決しますが、できれば1枚で収めたいなら向いていません。 その代わりショッピング保険が付帯していて、カード決済で購入した商品を90日間補償してくれます。 最大100万円まで補償してくれますが、1商品あたり、3000円の自己負担がかかりますので、そこだけ注意が必要です。 25歳までしか申し込めない 三井住友VISAデビュープラスカードは25歳までしか発行・保有出来ないカードです。 これは26歳以上の方にはデメリットですが、25歳以下の学生にはメリットです!25歳までなら圧倒的にお得だからです! USJ割引はもう終わっている 三井住友VISAのクレジットカードはUSJで特典がありました。 2018年3月でそのキャンペーンは終わってしまいました。 ほかのサイトで割引サービスや貸し切りイベントのキャンペーンがあると書いていてももう終了しているので注意してください。 学生初めてのカードは三井住友VISAデビュープラスに決まり! 三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友のブランド力、プライムゴールドにランクアップできる、セキュリティー充実で最高のカードです。 海外に行く方なら、旅行保険用に別のカードを作ることをおすすめします! 学生に人気のクレジットカード、JCB CARD Wとの比較をしてみた記事はこちら! ( 参考:).

次の

【学生持ちがち】三井住友VISAデビュープラスカードのメリット・デメリット・評判を徹底解説

三井住友visaデビュープラスカード デメリット

三井住友カードは1967年設立の老舗のカード会社• 日本におけるVISAのパイオニア的存在 日本で初めてVISAカードを発行したのも三井住友カードで、VISAのパイオニア的存在でもあります。 三井住友カードは誰もが聞いたことのあるカード会社だと思いますし、VISAと言ったら三井住友カードを思い浮かべるくらい知名度がありますね。 三井住友フィナンシャルグループの一員である三井住友カードは、 銀行系のクレジットカードとしてしっかりしたイメージがあるだけでなく、セキュリティ面やサービス面も充実していることから安心して使うことができます。 そのため、初めてのクレジットカードに三井住友カードを選ぶ方が多いですし、しっかりしたクレジットカードを持ちたい方にも人気があります。 デビュープラス• 三井住友カード• 三井住友カードA• アミティエ 学生が持てる三井住友カードはこの4種類です。 デビュープラスは、18歳から25歳限定で学生や新社会人向けに作られているクレジットカードです。 三井住友カードは、学生でも持てるスタンダードな一般カードです。 アミティエは、女性向けのカードです。 旅行保険が充実しているので、海外や国内での旅行の際に心強いサポート役になってくれます。 この3つのカードの特徴を簡単にまとめてみます。 比較項目 デビュープラス 三井住友カード A アミティエ 初年度年会費 無料 無料 無料 無料 翌年度以降年会費 前年1回以上の利用で無料 在学中無料 275円 在学中無料 旅行傷害保険 なし 海外 海外・国内 海外・国内 特典 ポイント2倍、入会後3か月は5倍、ゴールドカードに自動切替 - 旅行保険が自動付帯 携帯料金ポイント2倍 三井住友カードならどのクレジットカードを選んでもいいですが、学生さんには学生向けの三井住友カードデビュープラスがおすすめです。 デビュープラスは学生限定のクレジットカードではありませんが、年会費実質無料やポイント高還元などのサービスで、学生さんが使いやすいと思います。 18歳~25歳以下限定• 初年度年会費無料• 年1回以上の利用で翌年度年会費無料• ポイントは通常カードの2倍• 入会後3か月間はポイント5倍• 満26歳以降のカード更新時にプライムゴールドにランクアップ 三井住友カードデビュープラスは、18歳以上25歳以下限定の若者向けのクレジットカードです。 学生限定というわけではありませんが、クレジットカードを初めて持つ学生や新社会人用に提供されています。 カード名に「デビュー」とある通りで、 年会費やポイント制度などがクレジットカードデビューする方でも使いやすい内容になっていることが特徴です。 実質年会費無料!年に1回使うと無料になる 三井住友カードデビュープラスは、初年度年会費無料です。 年1回以上カードを使うと、翌年度も無料で使うことができます。 年に1回少額のカード決済でも年会費が無料になるので、実質年会費無料と言ってもいいですね。 学生さんの場合には、年会費無料のクレジットカードがおすすめです。 クレジットカードは年会費無料のものから、年会費が1,375円から1,500円程度の一般カード、11,000円のゴールドカード、それ以上の年会費がかかるプラチナカードやブラックカードなど、ピンからキリまであります。 クレジットカードはグレードが高くなるに連れて年会費が上がり、年会費に応じてサービス内容も比例することが一般的です。 クレジットカードで充実したサービスを受けるのは先々のこととして考えるようにして、学生のうちはまず年会費無料のクレジットカードや学生向けのクレジットカードが良いと思います。 特に学生向けクレジットカードは、年会費や付帯サービスが学生に優しい内容で使いやすいです。 また、学生向けカードの審査基準は一般カードとは違って、大学生や専門学校生でも持てるように作られています。 三井住友カードの通常のポイントプログラム• 1,000円利用につき1ポイント• 1ポイント=5円分相当のポイント移行で還元率0. 5% 三井住友カードのポイント還元率は、通常だと0. 5%程度です。 1ポイントが5円分相当として換算される三井住友カードiD、楽天スーパーポイント、dポイント、Amazonギフト券、ビックポイント等に交換すると、ポイント還元率は0. 5%になります。 (1ポイント=3円分相当になる現金キャッシュバックや、交換レートの下がるポイント移行を選ぶと還元率は0. 5%よりも低くなります。 ) デビュープラスは、通常カードのポイント2倍で、2ポイントもらえるポイントプログラムになっています。 デビュープラスのポイントプログラム• 通常カードの2倍ポイント• 入会後3か月間はポイント5倍• 還元率1. ポイント2倍と聞いても具体的にどれくらいスゴイのか分からないかもしれませんが、 ポイント還元率にすると1. 0%程度です。 さらに入会後3か月間はポイント5倍なので、還元率は2. 5%程度になります。 クレジットカード業界ではポイント還元率が0. 5%だと普通で、ポイント還元率が1. 0%以上のものは高還元と言われています。 大手のクレジットカードは残念なポイント還元率になっていることが多いのですが、三井住友カードデビュープラスは還元率が高くてお得です。 三井住友カードやアミティエの旅行傷害保険付帯も気になりますが、旅行先での補償が不要な場合には特に必要のないサービスとなってしまいます。 それよりも、お得なポイント還元率のデビュープラスを選ぶ方が賢い選択ですね。 クレジットカードの最大のメリットは、ポイントで還元されてお得なこと。 クレジットカードを使う機会が少ない学生の方でも、高還元カードを選べばカードを使った分だけしっかり還元されるね。 使い続けているとゴールドカードにランクアップ 三井住友カードデビュープラスは、使い続けていると満26歳以降のカード更新で、三井住友カードプライムゴールドにランクアップします。 プライムゴールドとは20代限定のゴールドカードで、年会費5,500円で通常のゴールドカードと同等のサービスが受けられます。 (マイ・ペイすリボの登録とWEB明細サービスの利用で、年会費は1,650円に割り引きされます。 ) デビュープラスは、使い続けると自動的にゴールドカードへランクアップするシステムになっています。 18歳から25歳までの間はデビュープラスで… 26歳以降のカード更新時にプライムゴールドへと自動切替されます。 ゴールドカードが不要な場合には、一般カードの三井住友カードへ切り替えることもできます。 ゴールドカードの審査基準は昔ほど厳しいものではなく、年収300万円ほどあれば持てる時代と言われてますが、誰でも簡単に持てるものではありません。 そのゴールドカードをいずれ持てるシステムになっている三井住友カードデビュープラスは、とても良いと思います。 今はそれほどクレジットカードのステータスを気にしないかもしれませんが、 社会人になるとどこで出しても恥ずかしくないステータス性を意識するようになってきます。 プライムゴールドを持っていれば同年代に差がつきますし、誰もが知っている三井住友カードのゴールドの色のカードは、支払いでちょっと良い格好をしたい時に役立つでしょう。

次の